車を盗まれたことはありませんか? 

 

車に初めて見るキズや凹みでもショックなのに、盗難となれば精神的にアウトでしょう。

 

車両保険加入でも条件や盗難状況から保証されるのは全体の3%未満のデータがあります。

 

2016年(1月ー12月)の盗難被害数11,655件あっても、状況から保険対象は3%未満しかありませんでした。

 

一番安くて確実な盗難対策を見ていきましょう。

 

読み時間1分です。

一番確実なのは盗難防止方法とは

「ハンドルロック」これしかありません、、いろいろな盗難防止方法の中で一番安全&確実そして安いです。

 

最近の盗難ではリレーアタックと呼ばれる、車スマートキーからの微細電波を受信&コピーされて盗難も増えていますが、そのコピー防止の対策システムは10万円もするので買えません、、無視しかありません。

 

ハンドルロックにはカギ式とダイアルロック式があり1万円前後で購入できます。

 

個人的には4桁のダイアルロック式が良いと考えます、、それが5桁ならもっと良いのですが。

 

その理由は、ハンドルロック本体は特殊合金製で大型金属カッターでも切断不可能なのに加え、4桁のダイアルロック番号解除しようと手作業をしても長い時間が必要になるからです。

 

どうやって4桁を解読&解除するのかですって? 

 

経験者の私が語ります。

ハンドルロックの番号解除

昔、フライトバッグの両サイドに3桁ダイアルロックがあったのですが、ミスで番号を変更した状態でロック完了!?

 

飛行機着陸前にパスポートをフライトバッグから取り出そうとしたら、、ロック&ロック、、汗です、、真面目に。

 

硬い革製バッグ切断かとも考えていたら気付きました。

 

3桁式なので001から初めて999まで順番にダイアルを回し、開錠トライし続ければその番号に適合することをです。

 

飛行機の中で延々とダイアル合わせを続け、1時間ほどで開錠、、番号も再設定完了した経験です。

 

もし4桁のダイアルロックなら0001〜9999まで順番に番号を合わせて開錠トライしない限り開けられません、、、数時間以上は必要でしょう。

 

泥棒がダイアルロック解除で、他人の車に数時間も居れる訳がありません。

 

ちなみに、同製品はお店でみかけた「HORNETハンドルロックLH 12R」でした。

 

宣伝ではないので名称だけお伝えしました。

車が盗まれやすい国は日本

日本は車盗難対策がほとんどなされていない、、それを表しているのが、2016年(1月ー12月)の盗難被害数11,655件、、です。

 

盗難にあっても車保険がカバーすると考えたら大きな間違いがあります。

 

施錠、無施錠、窓が開けっぱなし等々の状況により盗難保険対象になる確率3%未満だからです。

 

国名を忘れて申し訳ありませんが、昔、ヨーロッパ下町で路上駐車する車の列を見ていたら、ほとんどの車がハンドルロックをしていたのに驚いた記憶があります。

 

そんなハンドルロック無しでは、窓を割られコード直結でエンジンスタート、それが当たり前と聞きました。

 

日本で11,655台の車が盗まれても、ほとんどが東南アジア他に輸出され、我々に車が戻ることはありません。

 

そんな海外では車のセキュリティーは普通であり、、日本は平和なので!?盗難される意識が弱い、そうしか言えません。

 

車窃盗団、そんなプロが1年で11,655台も盗んだ事実を考えれば盗難防止は必要であるとお考え下さい。

 

万が一にでも、車保険で盗難保証されなかったとしら、、、言葉がない、、です。

タイヤ&ホイール4本全て盗まれた

2005年頃と記憶していますが、ホンダのスポーツモデル(車名は伏せます)が同じ駐車場にありました。

 

朝に行くと、ホンダ車が石ブロックの上に乗せられ、タイヤ&ホイール4本とも外されメンテなのかと思っていたところ、、後日に駐車場管理者から盗難被害だったと聞かされました。

 

盗まれた時間帯は知りませんが、そんな大胆な盗難行為でも「愛車をメンテしている」、そう通行人から見られているのを犯人は分かっていたかもしれません。

 

プロの仕事は怖い、、いつどこで何をするか予測できません。

盗難防止方法のまとめ

PCシステムや関係ソフト同様にデジタル方式の盗難防止ではイタチごっこに近いモノがあります。

 

今回のハンドルロック、そしてタイヤロックなどアナログ方式が安くて効果絶大なアイテムが多くあることに気が付き、お伝えしました。

 

余計なコメントであっても以下お伝えします。

 

日本が不景気でもまだまだマシな国、安全な国である、優しい国民性であることを知って、車を盗み続けるやからが多く存在するのは事実です。

 

ハンドルロックなどしなかったとしても、貴重品は見える車内に絶対置かない、窓&ドアロックは忘れないで下さい。

 

本日も最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

また「車の買い方【119番】」でお会いしましょう。

あなたは車選びに自信がありますか?

良い車を購入するためには多くの中古車を比べることが必要です。

 

しかしながら、スマホでGooやカーセンサーなどを見たりしますが、これが中古車の3割しか見られないことをあまり知られていません。

 

実は残りの7割は業者間の流通段階にあり、ここも比較対象に入れることであなたの車選びを劇的に変えることができます!!

 

ただ業者ではない人が非公開情報を自由に見ることは当然出来ませんが、あなたはある車選びサービスを使うことで非公開車両を部分的に見れるのです。

 

最近は多くの方が利用していますので、次はあなたが使ってよい車選びをしてください。

 

⇒非公開車両もみて車選びをしたいならこちら【無料】