ウインカー合図をしないで右左折、車線変更は合図不履行違反となるのをご存知ですか?

 

合図不履行違反は1点6000円。

 

しかし、この違反に衝突&人身事故が重なれば大変な罪になります。

 

ウインカーを出さない車にヒヤッとさせられた(今朝)私がお伝えします。

ウインカーを出さない理由があるらしい

交通量の多い都市部と地方ではウインカーを出さない理由は少し違いました。

 

都市部では;

  1. ウインカーを出さないで曲がるのはカッコイイ(おバカ)
  2. 渋滞など交通状況でウインカーを出すタイミングが遅れた(早過ぎた)
  3. ウインカーを出すのを忘れた

 

地方では ;

  1. ウインカーを出さないで曲がるのはカッコイイ(やはりおバカ)
  2. 交通量が少ないのでウインカーを出さないで走れる場合いが多いから
  3. ウインカーを出すのを忘れた

 

上記3はお年寄りに多く、実際にウインカー出し忘れにも気づかないで平然と曲がる高齢者を何回も目撃しました。

 

それ以外では、ウインカーを出す&出さないを走る道路で使い分けている、そう考えられます。

ウインカーを出す道と出さない道とは?

私が都内裏道で遭遇したウインカー出さないで左折の女性ドライバーをこう想像します。

 

大通りなど車が行き交う幹線道路ではウインカーを出しても、裏道で信号機なければ出さない。

 

このやり方は都市部でも地方でも同じのようです。

 

大切な合図であるウインカー出す出さないを自己判断に頼るなら、いつか大きな事故につながると考えます。

ウインカーのタイミングがズレている

教習所の教えではウインカーは右左折の30m手前で出す、車線変更する3秒前にはウインカーを出す、そうありました。

 

さらにブレーキの50m~70m前にウインカー出すことで後続車に「止まりますよー」、そんな合図にも使います。

 

し・か・し・ウインカーのタイミングがズレている、個人感覚で使っている人達がいます。

 

  • 右左折の曲がる直前にウインカー
  • 右左折を曲がり始めてからウインカー
  • 車線変更直前にウインカー
  • 車線変更を開始してからウインカー

 

さらに片側2車線道路の交差点手前で、超早過ぎる右車線変更を意味する右ウインカーを出してしまい、交差点を右折する車と衝突した事故もあります

 

そんなウインカー信号無視での事故経験をまとめ前にお伝えします。

事故証拠が無い時の状況判断が怖い

深夜1時過ぎで交通量ゼロ、たった1台の車が一般道を走行中に突然に左から来た車と衝突。

 

数十メートル先の信号は青になっばかりなので、そのまま普通速度で直進していたにも関わらず横から信号無視の軽自動車が交差点に進み衝突ぁあ。

 

これは私の経験です。

 

警察も呼び事故レポートは取りましたが、驚きの展開が・・・

 

長年お願いしている任意保険担当者が「秘密ですよ」、そう言いながら私に見せてくれた交通事故鑑定人の調書メモにこうありました。

 

事故当時、「私が走行する一般道信号の方が赤だった」つまり私の信号無視が事故原因と鑑定されていた、、あ然、騒然。

 

どうしてそうなったのか?

 

それはこうです。

 

私は若く1人で車を運転していた

相手は高齢のご夫婦でご主人が運転していた

助手席に居たご婦人は脚に軽い打撲を負った

私の車は工場のフェンス2枚倒して走行不能

相手の車も破損はしたものの走行可能

 

つまり若い私1人よりも、高齢なご夫婦の証言が有利に採用された、それしかありません。

 

その当時の私は悔しくてたまりませんでしたが、目撃者がいない状況証拠だけではこんな答えしかだせないんだ、そう強く考えさせられた事故でした。

 

もう15年も昔のお話でした。

 

じゃあ、何をどうすれば良いのでしょうか?

ドライブレコーダーが絶対に役立つ

ウインカーを出す出さない、ウインカーのタイミングによる事故は現場状況から判断するしかなく目撃者を見つけるのがムズカシイ、無理な場合もあります。

 

そうであれば360°を撮影できるドライブレコーダーを取りつけることを考えて下さい。

 

どんな事故もあおり運転にも有効で裁判証拠としても使える360°ドライブレコーダーは必需品とお考えください。
※ドライブレコーダー宣伝ではありませんので、悪しからず。

 

ウインカー問題を書いてきましたが、実際は昔からウインカーを出さない人達は多くいました。

 

特に深夜で交通量が少なければ信号無視の交差点Uターン、右左折などあります。

 

そんな気を抜いた時に限って、普段は車が通らない場所に限って、何かが起こります。

 

昔ならドライブレコーダーは裁判の参考資料程度でしたが、今は立派な証拠として現場画像が採用されています。

 

アナタと同乗者の安全も考えれば、何をどうするのが最善かはお分かり頂けたと思います。

ウインカーを出さない事故のまとめ

今朝、私の目の前をウインカー出さないで急左折した女性ドライバーからすれば、ここは裏道、歩行者とは5m程の距離がある、だからウインカー不要、、そう判断したのかもしれません。

 

しかし、ドライバーは自分の行動を当然に把握していても、対人には分かりません、驚きます。

 

車が通る&通れる道は全てウインカーが必要です。

 

そのことは都市部や地方、人口が多い少ないには関係ありません。

 

ウインカーを適切なタイミングで出せさえすれば事故の確率はとても下がります。

 

それでも事故を被る立場も考えてドライブレコーダーを備えればアナタの過失割合はゼロ、もしくはとても低い数字になるでしょう。

 

本日も最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

「車の買い方【119番】」でまたお会いしましょう。

気づいていましたか?
『あなたが良い車を見つけられない理由』

あなたは車選びをしたときに、「良い車がないなぁ・・・」と思ったことはありませんか?

実はこれ、考えてみれば当然のことであり、良い中古車はすでに買われてしまって、あなたは売れ残りのリストを見ているようなものなのです!

中古車を探しているのは、あなただけでなく、しかも一般の人以外にも業者や、また世界的に見ても日本車は人気がありますので、海外の人や業者も目を光らせているわけです。

こういった状況で出来ることといえば、他の人に買われる前の車情報を見て車選びをするしかありません。

流通前の車情報を見ることは、過去において業者だけの特権だったのですが、現在ではその一部をあなたも見ることが出来ます。

もしあなたが車選びで失敗したくないということならば、市場に出回る前の非公開情報を確認して、良質な情報で車選びをしてみてください。

今すぐ「非公開車両」から良い車を探す【無料】

中古車探しサービス

なお、ネット完結で車選びをすることもできます。今の時代は電話でやり取りするのは何かと面倒ですものね^^;

⇒ネットだけで車選びをしたい場合はこちら【無料】