ウインカー合図をしないで右左折、車線変更は合図不履行違反となるのをご存知ですか?

 

合図不履行違反は1点6000円。

 

しかし、この違反に衝突&人身事故が重なれば大変な罪になります。

 

ウインカーを出さない車にヒヤッとさせられた(今朝)私がお伝えします。

ウインカーを出さない理由があるらしい

交通量の多い都市部と地方ではウインカーを出さない理由は少し違いました。

 

都市部では;

  1. ウインカーを出さないで曲がるのはカッコイイ(おバカ)
  2. 渋滞など交通状況でウインカーを出すタイミングが遅れた(早過ぎた)
  3. ウインカーを出すのを忘れた

 

地方では ;

  1. ウインカーを出さないで曲がるのはカッコイイ(やはりおバカ)
  2. 交通量が少ないのでウインカーを出さないで走れる場合いが多いから
  3. ウインカーを出すのを忘れた

 

上記3はお年寄りに多く、実際にウインカー出し忘れにも気づかないで平然と曲がる高齢者を何回も目撃しました。

 

それ以外では、ウインカーを出す&出さないを走る道路で使い分けている、そう考えられます。

ウインカーを出す道と出さない道

私が裏道で遭遇したウインカー出さないで左折の女性ドライバーはこうではないか? そう感じました。

 

大通りなど車が行き交う幹線道路ではウインカーを出しても、裏道では出さない。

 

このやり方は都市部でも地方でも同じです。

 

大切な合図であるウインカーを交通状況の自己判断に頼るなら、いつか大きな事故につながると考えます。

ウインカーのタイミングがズレている

教習所の教えではウインカーは右左折の30m手前で出す、車線変更する3秒前にはウインカーを出す、そうありました。

 

さらにブレーキの50m~70m前後にウインカー出すことで後続車に「止まりますよー」、そんな合図にも使います。

 

し・か・し・ウインカーのタイミングがズレている、個人感覚で使っている人達がいます。

 

  • 右左折の曲がる直前にウインカー
  • 右左折を曲がり始めてからウインカー
  • 車線変更直前にウインカー
  • 車線変更を開始してからウインカー

 

さらに片側2車線道路の交差点手前で早過ぎる右車線変更を意味する右ウインカーを出してしまい、対向車線で交差点を右折する車と衝突した事故もあります

ドライブレコーダーが絶対に役立つ

ウインカーを出す出さない、ウインカーのタイミングによる事故は現場状況から判断するしかなく目撃者を見つけるのがムズカシイ、無理な場合もあります。

 

そうであれば360°を撮影できるドライブレコーダーを取りつけることを考えて下さい。

 

ウインカー問題を書いてきましたが、実際は昔からウインカーを出さない人達は多くいました。

 

特に深夜で交通量が少なければ信号無視の交差点Uターン、右左折など目撃したことがあります。

 

そんな気を抜いた時に限って、普段は車が通らない場所に限って、何かが起こります。

 

昔ならドライブレコーダーは裁判の参考資料程度でしたが、今は立派な証拠として現場画像が採用されています。

ウインカーを出さない事故のまとめ

今朝、私の目の前をウインカー出さないで急左折した女性ドライバーからすれば、ここは裏道、歩行者とは5m程の距離がある、だからウインカー不要、、そう判断したのかもしれません。

 

しかし、ドライバーは自分の行動を当然に把握していても、対人には分かりません、驚きます。

 

車が通る&通れる道は全てウインカーが必要です。

 

そのことは都市部や地方、人口が多い少ないには関係ありません。

 

ウインカーを適切なタイミングで出せさえすれば事故の確率はとても下がります。

 

それでも事故を被る立場も考えてドライブレコーダーを備えればアナタの過失割合はゼロ、もしくはとても低い数字になるでしょう。

 

本日も最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

「車の買い方【119番】」でまたお会いしましょう。

あなたは車選びに自信がありますか?

良い車を購入するためには多くの中古車を比べることが必要です。

 

しかしながら、スマホでGooやカーセンサーなどを見たりしますが、これが中古車の3割しか見られないことをあまり知られていません。

 

実は残りの7割は業者間の流通段階にあり、ここも比較対象に入れることであなたの車選びを劇的に変えることができます!!

 

ただ業者ではない人が非公開情報を自由に見ることは当然出来ませんが、あなたはある車選びサービスを使うことで非公開車両を部分的に見れるのです。

 

最近は多くの方が利用していますので、次はあなたが使ってよい車選びをしてください。

 

⇒非公開車両もみて車選びをしたいならこちら【無料】