急な検問あり、財布の中を見ても 「免許証が見当たらない」

 

免許不携帯は反則金3,000円支払い、でも減点なし。

 

し・か・し・免許不携帯のまま検問後に車を運転しても良いのですか?

 

車なしでは家に帰れません。

 

免許不携帯のままでも、警察官は必ず「気を付けて運転して帰って下さい」、そう過去2回は言われ、それがいつもです。

 

アナタが岡山県の検問で免許不携帯が判明したとして、東京の家に新幹線で戻り、岡山の車へとんぼ返りするなんてあり得ません!

 

次に多いご質問が免許不携帯とゴールド免許の関係です!

あなたが知っている中古車情報は3割だけ
中古車を探すときはネットで調べたり、雑誌などを買って調べることが普通ですが、これは全体の3割だけしか見れていないことをご存知でしたか?
残りの7割は流通段階にあって、一般の人が知ることもなく車が売り買いされているのです。
業者でもない限りはすべての非公開情報を見ることはできませんが、実は最近その一部だけなら見ることができるようになりました!!
現在は無料で使えることもあって、多くの人が使い始めていますから、あなたも今すぐ利用して限定情報を逃さないようにしましょう!

限定情報も見て車選びしたい方はこちら【無料】

なびくる+バナー

免許不携帯でゴールド免許はどうなる

免許不携帯は反則金3,000円を支払えば、同じ反則を何回犯しても点数には一切関係なくゴールド免許のままです。

 

そんなゴールド免許を維持し続ける条件はご存知ですか?

 

  • 「5年間無事故無違反」
  • 「免許更新をしている」

 

それだけです。

 

免許不携帯は軽い「反則」であり、重い「違反」とは全然ちがいます。

 

反則金3,000円を取られても違反点数0なのは、免許不携帯は「反則」であり、「違反」ではない、そうご理解下さい。

 

ちなみに免許不携帯の反則金3,000円は;

  • 「大型」
  • 「普通」
  • 「バス」
  • 「原付」

 

車種に問わず全てに共通です。

 

どちらにしましても減点はゼロなので一安心。

ゴールド免許のカラーコピーは有効か

免許不携帯で減点0(加点0)の前に、ゴールド免許カラーコピーをいつも財布の中に入れておけばどうなんだろう?

 

もちろん、少しお金を使っての両面カラーコピー。

 

答えは「警察は本物しか受け付けない、本物の免許証しか証明にならない」でした。

 

理由は紙切れならPC画像処理で誰でも作れてしまうからです。

 

ではスマートフォンに運転免許証の両面画像を残せばどうでしょうか?

 

答えは「画像は処理できる、本物しか認められない」です。

 

くれぐれも免許証は絶対に忘れない場所にキープして下さい。

免許点数は減点方式ではなく加点方式だった

免許取得時点では持ち点0からスタートしています。

 

アナタの0点は最大15点まで加点できますが、そうなったら大変です!

 

  1. まず6点まで点数が加点されると免許停止となり、30日間の免停。
  2. 免停よりも重い処分の「免許取消」なら、前歴無しの場合で累積15点以上。
    ※前歴とは過去3年間の免停回数を指す。
  3. 免停1回なら10点以上、2回なら5点以上、3回以上なら4点以上の点数で免許取消。

 

免許停止の回数が増える毎に条件が厳しくなるとお考え下さい。

 

これら免許停止、免許取消の前歴は、1年以上の無事故無違反で全てリセットさるので、ご安心下さい!

自分の免許点数を調べる方法

免許の点数は持ち主でも分かりません。

 

もし何回か違反を犯している人は、自分はあと何点まで加点しても大丈夫なのかが気になるでしょう。

 

それには累積点数等証明書の発行手続きを行い、証明書の入手すれば直ぐにわかります。

 

同書類申込み先は、警察署、交番、駐在所、自動車安全運転センターで入手、記入しセンター事務所へ郵送すれば約2週間で届きます。

 

ちなみに、発行手数料は630円。

 

もし、気になるようであれば申請して下さい。

ゴールド免許がブルーになる時とは

事故や違反をして加点されている場合は、5年更新時に受取る免許の色はシッカリと「ブルー」になります。

 

免許不携帯だけならゴールドはゴールドのままです!

 

もし長年、持ち続けていた免許の色が変わってしまうのはショックですね。

 

特に年齢が行ってから受けるショックは別次元かもしれません。

 

具体的に何がどうショックとは表現しずらいのですが、一番はステータス、信頼という言葉が頭に浮かびます。

 

金銭面では、ゴールド免許のままなら「任意保険割引」が最もメリットある具体的な内容です。

 

あとは、免許更新の講習時間が短い、料金が安い、それだけです。

免許不携帯で減点0のまとめ

免許不携帯の減点0であっても、いつも所持している必要があります。

 

どこに所持するのが良いのでしょうか?

 

私はいつも財布をどこかへ忘れるので、免許は車検証と伴に車のダッシュボードにあります。

 

そして両面カラーコピーを財布に入れてあるんです。

 

普段の銀行やどこかの身分証明は免許コピー+保険証+名刺などの組合せで十分です。

 

従って、車運転中に警察に求められても、ダッシュボードから「ハイどうぞ!」

 

以上、免許不携帯の罰金と加点、それによる免許の色が変わる可能性も含めての説明でした。

 

この記事が皆様のお役に少しでも立てたのであれば幸いです。

 

最後までお読み頂きましてありがとうございました。

 

「車の買い方【119番】」でまたお会いしましょう!

低金利で車を買いたい人だけみて!
車を買う時に「低金利ローンの審査が厳しいのであきらめる・・・」、ということがあります。
でも、これが無駄にお金を払うことになると知っていますか?
低い金利で借りられるのに、わざわざ高い金利を払っていることもあるのです。
このような損をしない為に、審査が不安でも低金利ローンから考えなければなりません。
ネットで低金利ローンが借りられるか今すぐ分かるので確認してください。

5秒診断で借りられるかチェックする

あなたは車選びに自信がありますか?

良い車を購入するためには多くの中古車を比べることが必要です。

 

しかしながら、スマホでGooやカーセンサーなどを見たりしますが、これが中古車の3割しか見られないことをあまり知られていません。

 

実は残りの7割は業者間の流通段階にあり、ここも比較対象に入れることであなたの車選びを劇的に変えることができます!!

 

ただ業者ではない人が非公開情報を自由に見ることは当然出来ませんが、あなたはある車選びサービスを使うことで非公開車両を部分的に見れるのです。

 

最近は多くの方が利用していますので、次はあなたが使ってよい車選びをしてください。

 

⇒非公開車両もみて車選びをしたいならこちら【無料】