今までに2回ほどクレジットカードで車が買えるかどうかの記事を書きました。

 

どちらの記事もクレジットカードと車の問題点を説明できていたと考えます。

 

それに加え、新たに検証できた内容を今回お伝えします。※ここよりクレジットカード会社=クレジット、クレジットカード=カードと表記します。

 

⇒関連記事「クレジットカードは使えません!」

⇒関連記事「中古車ならクレジットカードで買える!」

 

ではスタートします。

クレジット会社は一切を関知せず

クレジット会社の管理部門と話した際に、こうに言われました。

 

「お客様がカードを何にどう使われるのか、当方では購入商品&目的の一切を関知していません、分かりません」

 

つまり、鉛筆でも車購入でもセキュリテイ含めカード認証さえあれば何でも買える、そう教えられました。

 

カードで車を買えるかどうかの判断の全ては、ディーラーと中古車店の考え方1つで決まる、それが答えです。

 

そうならカード会社は無視して、ディーラーや中古車店のカード対応を細かく再チェックするしかありません。

新車ディーラーとカードの関係

基本的なディーラーのカード支払対応はこうなっています。

 

  • 新車購入にカードは一切使えない
  • 新車購入で数十万円など限度内でのみカードを使える
  • 修理、メンテ、車検にはカードが使える

 

上記のカード支払ルールをまとめるとこう考えられます。

 

  • 仕入れコストが高い新車は儲けが少なくカードは使えない
  • 利益率が高い修理、メンテ、車検にはカードを使える

 

まあビジネスなので、上記の考え方があるのは分かります。

 

しかし、ディーラーと一言でいっても、各地域ブロックごとに多くの運営会社&グループに分かれています。

 

同じ車を扱うディーラー同士でも激しい競争を日々している、ディーラー運営会社ごとに経営方針や決算期が違っている。

 

もし売上が少ないディーラー(経営会社)があれば、メーカーからの販売奨励金も少なくなります。

 

結果として、社員へのボーナス減少や車仕入れコスト上昇も考えられ真っ青は間違いない、、です。

 

そんな時には、値引しようが、利益率が下がろうが、カード決済であろうが、車の数を売るしか方法はありません。

 

経営母体の違うディーラーごとに見積もりをもらっていれば、そんなカード使用可能な感触が伝わる&検証可能となります。

中古車店とカードの関係

中古車店がディーラーよりは、カードを楽に使える場所なのは確かです。

 

理由は、定価販売が基本の新車ディーラーと違い、中古車店は仕入れた車を高く売っても構わない、利益率を自由に決められるからです。

 

さらに中古車店のローン金利は10%前後(ディーラー金利は5%~7%)が普通であり、ローン金利の儲け(信販会社からの金利バックによる)+高い車販売利益から成り立っています。

 

つまり、中古車店ならカード会社に支払う利用手数料2%や3%など問題ない程の販売利益がある、そうお考えください。

 

新車や中古車に共通である税金関係や車庫証明など現金前払いが通常であっても、アナタの交渉次第ではカード支払1本に全てまとめることが可能にもなります。

 

それが可能になるのも、中古車の高いとされる利益率によるものです。

カード支払のメリットを考える

カード支払ならポイントバックを中心に、これらメリットがあります。

 

  • 締日の翌日にカード使えば、最大1カ月~2カ月の支払い猶予になる
  • 大量ポイントが得られる
  • カード会社のアナタに対する信用に貢献する

 

これらメリットはカードだから可能になります。

 

ではデメリットの可能性はないかといえば、1つあります。

 

カード分割支払いをしてはダメなことです。

 

カード分割支払は金利が高く、車購入の大量ポイントなど直ぐに消えてしまいマイナスになる、デメリットの極地になるとお考えください。

カード利用限度額を変更できるか

車購入金額に満たないカード利用限度額なら、2枚、3枚と違うカードを組合わせることで使えます。

 

個人名義カードでも足りなければ、奥さんなど親族なら利用可能な場合もあります。

 

もう1つあまり知られていない方法がこれです。

 

カード会社に直接に電話して、「利用限度額を一時的に〇〇万円アップしてください」、とリクエストします。

 

それが認められれば、アナタが希望する金額を指定期間だけ使えるシステムです。※カード会社で事前確認が必要です。

クレジットカード車購入まとめ

2018年の経済状況を見れば、カード支払OKのディーラーはもちろん、中古車店を見つけられると考えます。

 

毎年3月はディーラーや中古車店の本決算月です。

 

日産は検査問題で売上が900億円も減少したとニュースにありました。

 

そうでなくても不況で新車&中古車とも売上減少が続いている2018年。

 

ディーラーや中古車店は、何がなんでも3月末までに目標売上を達成しろ、そう上から言われ続けているのは確かです。

 

そんな現在は有利なキャンペーン金利もありますが、ポイント大量バックのカード支払も魅力的なのは間違いありません。

 

ディーラーや中古車店の交渉では、まずキャンペーン金利に乗ったようなフリをしながら、最後にカード支払を伝えれば車値引とカードポイントのWチャンスになるかもしれません。

 

いつも最後までお読み頂き、本当にありがとうございました。

 

また「車の買い方【119番】」でお会いしましょう。

気づいていましたか?
『あなたが良い車を見つけられない理由』

あなたは車選びをしたときに、「良い車がないなぁ・・・」と思ったことはありませんか?

実はこれ、考えてみれば当然のことであり、良い中古車はすでに買われてしまって、あなたは売れ残りのリストを見ているようなものなのです!

中古車を探しているのは、あなただけでなく、しかも一般の人以外にも業者や、また世界的に見ても日本車は人気がありますので、海外の人や業者も目を光らせているわけです。

こういった状況で出来ることといえば、他の人に買われる前の車情報を見て車選びをするしかありません。

流通前の車情報を見ることは、過去において業者だけの特権だったのですが、現在ではその一部をあなたも見ることが出来ます。

もしあなたが車選びで失敗したくないということならば、市場に出回る前の非公開情報を確認して、良質な情報で車選びをしてみてください。

今すぐ「非公開車両」から良い車を探す【無料】

中古車探しサービス

なお、ネット完結で車選びをすることもできます。今の時代は電話でやり取りするのは何かと面倒ですものね^^;

⇒ネットだけで車選びをしたい場合はこちら【無料】