初めての車を新車にするには期待感と不安感の2つが現われます。

 

新車購入を考えているアナタに失敗しない&後悔しないアドバイスをします。

 

もし新車と中古車で悩んでいたら、車選びに困っていたら関連記事を参考にしてください!

 

⇒関連記事「初めての車購入の流れ・中古車編」

 

新車でも中古車購入でも書類手続きを気にしているようですが心配ありません。

 

それら全は営業マンが代行してくれたり、指示してくれるので気にしないで大丈夫です。

 

それら書類手続きがどうあろうと、損失が生じることはほとんどないからです。

 

それより新車購入で大切な値引き交渉や事前確認方法を確実に知ってください!

新車購入の基本はこれしかない

新車購入では2通りの人がいます。

 

  • 値引交渉をする人
  • 値引交渉をしない人

 

新車購入を考えているアナタは営業マンと値引交渉をしてください!

 

値引交渉には3段階&3通りがあります。

 

  1. 車両価格だけ値引交渉する
  2. 車庫証明や納車費用など手数料関係を無料にしてもらう
  3. ローン金利を値引してもらう(ディーラーローンを使う場合)
    ※銀行マイカーローンは金利が低いので値引はできません。

 

実際の値引交渉では1,2,3の順番で別々に行うのがルールと考えてください。

 

では1,2,3の順番で説明します。

車両価格の値引交渉術

車値引で車両価格+オプション価格+関係手数料の合計された金額から値引交渉してはダメです、損になります。

 

このように段階的な値引交渉がベストな結果をもたらします。

 

  1. 他メーカー数社でライバル車種になりそうな車の見積もりを取る(車両価格見積もりのみ=オプション含まない)

  2. メーカー見積もり内容は口頭でライバル店に伝えるだけで、見積もり書を見せては絶対ダメです

  3. 最低でも数回は各店舗を周り、希望値引に近い提示をする店で本交渉開始

  4. 車両値引に満足したらオプション値引に移る

  5. メーカーオプション値引が少ないので、基本は値引の大きいディーラーオプション中心に行う

  6. ディーラーオプション値引が小さければあきらめて、安いカーショップで後付けする

 

どこのディーラー営業マンでも値引交渉中にワンパターンの表情や発言がよくしてきます。

 

そんな営業マンは大げさな表情&表現でこう言ってきます、必ず!

 

  • 「そんな値引はあり得ません」
  • 「これが精いっぱいの値引きです」
  • 「こんな値引を要求するお客様が初めてです」
  • 「もう値引いっぱいいっぱいです」

 

それら+αは全て営業トークなので無視して問題ありません。

 

車本体値引が終わったら、納車関係費用を削ります。

納車関係費用は無料にする

納車関係費用と言っても税金は義務なので除外します。

 

これらは費用は無料にしてもらってください。

 

費用 内容と金額 無料か値引か
納車費用 近隣は1万円以内
遠方は2万円前後
基本は無料要求する
洗車&社内クリーニング 数万円 同上
車両登録代行費用 数万円 同上
車庫証明 数万円 同上

 

個人的に、日本のどこで車購入をしても上記費用を支払った経験は一度もありません。

 

支払った経験がないどころか、JAF会員券やミニカーまで無料ですが、何か?

 

従ってアナタも無料にしてもらいましょう!

 

でも&しかし、車購入未経験者に当たり前の表情で全てを請求してくる営業マンばかりのでご注意ください。

 

次はディーラー最大の儲けにつながるローン手数料です。

ローン金利の値引交渉術

ローンには基本2通りあります。

 

  1. ディーラーローン(信販系クレジット)=金利が高い=金利の一部がディーラー儲けになる
  2. 銀行マイカーローン=金利が低い=ディーラーは無関係

 

そんなディーラローンと銀行マイカーローンの違いをお伝えします。

 

  • ディーラーローンは審査時間が数十分ほどで簡単に借りられても、金利が5%前後から7%にもなります。
  • ディーラーローン金利には信販会社(実際にお金を貸し出す会社)の手数料が含まれているので、数%の値引交渉が可能です。
  • ディーラーローン支払い終わるまで車所有権は信販会社かディーラーになるので、ローン支払い中の車売却はできません。

 

そんなディーラーローン値引交渉に使えるスーパーウェポンは銀行マイカーローンしかありません。

 

アナタはディーラー営業マンにこう伝えてください!

 

「銀行マイカーローン金利なら2%か3%だから、そっちを使おうかな・・・。」

 

この一言でだけで、ディーラーローン数%は値引かれるかもしれません。

 

もし値引に応じてこなければ、低金利の銀行マイカーローンを使うだけです。

 

銀行マイカーローンは3%以内の低金利で借りられても、審査時間が10日ほどかかるので、そこだけ注意すれば問題ありません。

 

さらに一番のメリットは、銀行マイカーローンは個人の信用に対して融資するので、車所有権は購入者のアナタにあります。

 

従ってローン支払中でもなんでも好きな時に車売却が可能です。

 

もし売却したとしても単にローン完了まで支払続ける義務を負うだけです。

 

銀行でもディーラーローンでも、金利何%の何年払いで(回数)総支払合計がいくらなるか簡単に確認できます。

 

⇒車ローン金額を返済シュミレーションする

営業マンによって値引が大きく違うのナゼ?

車値引交渉ではいろんなタイプの営業マンと駆け引きがるので、初めから100%の成果は出せません、それが誰であってもです。

 

ポイントは気が合わない営業マン、誠意を感じられない営業マンは店長に言って変えてもらって構いません。

 

そうやって気の合う営業マン、誠意を感じられる営業マンに出会えれば、良い成果につながるのは間違いありません。

 

さらに本当に教育された&やる気の強い営業マンとはきっと長く良いお付き合いが可能になるでしょう。※経験済

新車購入で最大値引を引きだすまとめ

私は15台の車購入をしながら、少しずつ学び、良い営業マンと出会い、それら内容を書かせて頂きました。

 

例えアナタに車値引交渉の経験がなくても、営業マン側に「あっ、この人には車値引の知識がる、交渉してくる人だ」そう感じさせるだけで十分です。

 

それを感じた営業マンは、子供をもてあそぶような無礼でなめた態度は絶対にしてきません。

 

初めての車値引とローン金利値引に良い結果ができることを願います。

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました!

あの業者が中古車保証を付けたがらない理由
中古車を探すときはネットで調べたりしますが、これは一部だけしか見れていないことを知っていましたか?
実は良い車は市場に出回る前に買われてしまうことが多く、あなたがいつも見ているのは中古車市場の【残りかす】のようなものです。
良い中古車を買うためには、良い車は流通前から買われてしまうので、流通前の非公開情報を見る必要があります。
最長10年保証を付けられたり、返品まで対応できる業者もいますので、あなたが中古車選びで失敗したくないならば、非公開車両を見れる中古車屋を使うべきです!

スマホから簡単1分入力で非公開車両を見る【完全無料】

ズバット車販売バナー
下取りはなぜ安い?平均18万円査定額を上げる方法とは

下取りを依頼して出された査定額にがっかりすることはありませんか?それは下取りを業者任せにすることが高値の査定額が出ない理由です!

実は下取りも相見積もりすることが可能で、平均18万円の査定額アップが期待できます。(かんたん車査定ガイドアンケートより)

もしあなたが安い下取り額にうんざりしているならば、必ず相見積もりをして査定額平均18万円アップで損をしないようにしてくださいね。

⇒下取りでも相見積もりをして査定額を平均18万円上げるならこちら【無料】

大手車買取業者一覧

お得な非公開車両の情報をゲットする唯一の方法

あなたは一般の方が見ることが出来る中古車情報は全体の3割程度なのをご存知ですか?

残りの7割は業者しか見ることが出来ない流通段階の車で、良い車は業者によってこの時点で買われてしまうのです…

しかし、今はネットで一般人が見られない非公開車両を見ることが可能になりました!もちろん、全部ではなくその一部ではありますが、良い中古車選びをしたいという方に役立つのは間違いありません!

ネットでありがちな「保証なし」とは無縁で、最長10年保証も付けられるのでアフターフォローも万全ですので、失敗のない中古車選びをしたい方は詳細を確認してください。

⇒一般人に非公開な車両情報も含めてよい中古車探しをするならこちら【無料】

ズバット車販売のバナー