展示車と試乗車のどちらを買っても損するのには理由があります。

 

展示車は番号を取ってない新車扱いでも、展示車になるべくしてなった車とは考えられませんか?

 

展示車はディーラーが決めるのではなく、メーカーが用意する場合いが多くあります。

 

工場で完成した新車でピンピカならモッタイなくて展示車としてディーラーへ安値供給!?しません。

 

試乗車だって同様です。

 

メーカーから届いた新車走行距離が数キロで内装&外装も素晴らしければ試乗車にしません、モッタイナイ!

 

そこには全て理由があったんです。

 

あの業者が中古車保証を付けたがらない理由
中古車を探すときはネットで調べたりしますが、これは一部だけしか見れていないことを知っていましたか?
実は良い車は市場に出回る前に買われてしまうことが多く、あなたがいつも見ているのは中古車市場の【残りかす】のようなものです。
良い中古車を買うためには、良い車は流通前から買われてしまうので、流通前の非公開情報を見る必要があります。
最長10年保証を付けられたり、返品まで対応できる業者もいますので、あなたが中古車選びで失敗したくないならば、非公開車両を見れる中古車屋を使うべきです!

スマホから簡単1分入力で非公開車両を見る【完全無料】

ズバット車販売バナー

展示車や試乗車購入の考え方とは

展示車は新車(番号未取得なので)試乗車は中古車(番号取得済なので)となり、新車比較で10万円~20万円など安く買えるのが普通です。

 

試乗車がいろんな人達に運転され、数百キロ走っているから値引されます。

 

それなら走行距離が数キロ(テスト走行距離)の展示車は値段次第で買っても良いかと聞かれればそうではありません。

 

車生産メーカー工場で外装や内装にキズがあった車をよけた、それら補修した後に展示車としてディーラーに貸し出される(安く売却される)そう考えられるからです。※外車ディーラー勤務のロードバイク仲間からの情報

 

100%何も問題ない新車を展示車や試乗車にはしません。

 

ユーザーが展示車や試乗車を少し安く買えたとしても、理由を知れば価値が半減するのではありませんか?

 

従って展示車も試乗車も買えません。

 

そうであれば、限りなく新車に近い未使用車(展示車や試乗車は除く)を少しでも安く購入する方法をお伝えします。

仕方なく未使用車にした車をねらう

新車ディーラーは仕入れて半年~9カ月間経過した全く問題ない在庫車を未使用車として「仕方なく」放出する時期が必ずきます。

 

それらは展示車でも試乗車でもありません。

 

アナタが狙うのは仕方なく未使用車となった車しかありません。

 

仕方なく未使用車にされた車が多く現れるのは、3月本決算後と9月中間決算後です。
※夏のボーナス期や12月年末商戦の未使用車数は決算期の次に有効

 

従って10月と4月に大量の未使用車が市場に供給されます。

 

ディーラーは決算月に可能な限りの売上アップに努力しています。

 

その売上アップには、自社で仕入れた車に番号を付けてでも未使用車に仕立てメーカー系中古車店やオートオークションで売却することも含まれています。

 

その努力はディーラー本社のためであり、同時に多く車を売ったことを評価される「販売奨励金」をメーカーから得るためです。
※販売奨励金はメーカーからディーラーへのボーナスと考えてください。

 

仕方なく未使用車となった車が多く出現する時期は分かったとして、どう安く買えば良いのでしょうか?

 

次は未使用車をどうやって安く買う方法です。

仕方なく未使用車にした車の購入方法

ディーラー決算期(9月と3月)の2カ月ほど前からディーラーに通い始め、気の合う営業マンを見つけてください。

 

営業マンには決算月頃までに新車が欲しいと伝えると同時に、もしかしたら予算の関係で未使用車になる可能性を示唆しておいてください。

 

こうすれば2つの良いことが起きます。

 

  1. ディーラー決算期の売上のために仕立てられた未使用車情報を得られる
  2. 新車を未使用車並みに値下げしてでも売りたい、買ってもらいたいとなる

 

この方法なら1と2どちらに転んでも使えます。

 

理由はディーラー営業マンがこれらを考えるからです。

 

  1. 決算期を過ぎても、ディーラー系列中古車店へ未使用車の客を紹介できる=売り上げに協力できる
  2. 未使用車にする位なら、可能限り安くして決算期内に販売したい

 

やはり1と2どちらに転んでも使える方法です。

未使用車と新車の価格比較が大切

未使用車は番号登録済みの中古車であり、新車ほど税金含め諸費用はかかりません。

 

特に自動車重量税と自賠責保険は購入時には不要です。

 

そうであっても未使用車価格には、それら税金や手数料も含めて高目の価格設定をしてあります。

 

従ってアナタは新車購入と未使用車購入でどれだけの価格差があるかを確認しなくてはなりません。

 

アナタが希望する車の「新車見積もり」と「中古車(未使用車)見積もり」の両方を取って必ず比較してください。

 

新車と中古車の購入総額を比較することで初めて両車価格差を把握できるからです。

 

その方法を「乗り出し価格で比較する」、そう言います。

 

良く見かけるのは、車両価格値引だけで満足してしまい税金や経費を気にしていない人が多くいることです。

 

一番大切なのは見積書の総支払額(乗り出し価格)を比較することで高い安いを判断できる、そうお考えください!

 

⇒大手中古車販売店の未使用車価格(乗り出し価格)を確認する【利用無料】

 

新車と未使用車での乗りだし価格比較は絶対です。

 

もし未使用車だけの見積書なら高いか普通か安いかの何も分かりません!

 

買ってもOKな未使用車とは、新車乗り出し価格より10%~15%安い場合だけです。

 

もしそうでなければ値引交渉をする、値引されないのなら買ってはダメ、そうお考え下さい。

 

次は展示車、試乗車、中古車(未使用車)から話がズレますが、超簡単な金利値引方法をお伝えします。

ディーラーや中古車店ローン金利は直ぐ下がる

アナタはディーラーで未使用車となる運命だった車を見つけ値下げ交渉中でしょうか?

 

それともディーラー系中古車店若しくは大手中古車店で良い未使用車を見つけたところでしょうか?

 

次にするのは車両値引にも匹敵するローン金利の値引交渉をすることです。

 

  • ディーラーローンなら金利5%~7%
  • ディーラー系中古車店及び大手中古車店なら金利10%ほど

 

どちらも金利が高すぎます!

 

そんな高金利なら安い未使用車購入努力もゼロになってしまうほどにアウトです。

 

それらローン金利を聞いたら、アナタは「ビックリした表情」を営業マンに見せてください。

 

そしてこう一言!

 

「こんなローン金利が高いのなら、銀行マイカーローンを使うよ」

「銀行マイカーローンなら金利2%少し、どんなに高くても3%以内だからね」

 

これだけで販売店側は数%の金利値引に応じます、こんなセリフと伴に。

 

「今回は特別ですよ、お客様だけに金利値引きします、他で言わないで下さいね」←セールストーク!

 

ディーラーや中古車店ローン金利には、ローン引受先である信販会社からもらえる手数料が含まれています。

 

そんな手数料分となるであろう金利数%を値引いてもらいましょう。

 

もしディーラーや中古車店での金利値引が面倒なら、初めから2~3%など低金利な銀行マイカーローンしかありません。

 

この方法は使えます。

 

⇒まずは銀行マイカーローン金利を確認してみる【利用無料】

 

次は一番メリットある銀行マイカーローンでも金利値下げができない理由をお伝えします。

銀行マイカーローン金利値下げできない理由

銀行とローン利用者は直接取引であり、低金利2~3%は値引けません。

 

ディーラーや中古車店はローン利用者を信販会社に紹介する手数料ビジネスです。

 

従って車販売店の紹介手数料+信販会社利益=高金利=値引可能、そうなります。

 

下記にまとめます。

 

  • ディーラー&中古車店ローンは高金利なので金利値引可能
  • ディーラー&中古車ローンは審査が甘い代わりに高金利でリスクヘッジ
  • ディーラー&中古車ローンなら車検証名義は信販会社か販売会社名(リスクヘッジ)
  • ディーラー&中古車店ローンならローン完済まで車売却できない(リスクヘッジ)
  • 銀行マイカーローンなら低金利なので金利値引不可能(低金利なので)
  • 銀行マイカーローンなら審査が少しキビシイ(低金利+車検証名義が個人名)
  • 銀行マイカーローンなら車検証名義は個人名=いつでも自由に売却できる
  • 銀行マイカーローンに一度でも通れば、二回目からは無審査で借りられる場合が多い

 

アナタならディーラー&中古車店ローンと銀行マイカーローン、そのどちらにメリットあると考えますか?

 

次はなんと保証継承を使った未使用車の値引方法です。

保証継承を値引に使う方法

この値引方法は最後の最後に使ってください。

 

特に大手中古車店で未使用車を購入する際は有利な値引ができます。

 

大手中古車店では全ての車に保証が付いています。

 

その保証は無料と言うよりは車価格に含まれるとお考え下さい。

 

従って未使用車購入最後の一言は「保証を外して値引をもっとしてください!」、それしかありません。

 

お店側がシブイ顔をしても、そうすることでメリットがあります。

 

未使用車は3年間のメーカー保証を受けられる権利を持っているので、メーカー側にその権利を使いたいと伝えればOKです。

 

それを「保証継承」と言います。
※手続き費用は1~2万円以内です。

 

詳しくは関連記事の保証継承をお読みください。

 

 

ハッキリ申し上げれば、中古車店よりディーラーで受ける正規保証の方がレベルが相当に上なのは間違いありません。

 

専門設備と優秀な整備士、短時間での完璧調整&修理対応、それに勝るものはありません。

 

そうでるからこそ、中古車店で3年落ち以内を安く購入し、ディーラーで保証継承するしかありません。

 

大手中古車販売店で、こうすればOKです。

 

新車保証期間にある中古車購入では必ず値引をしてもらう

ポイントは中古車店側の保証を全て外すことでの値引要求が大切となる

 

それら踏まえながら中古車を探してください。

 

⇒保証継承に応じる大手中古車販売店を確認する【利用無料】

 

上記は車の安心と値引の両方に使えるベストな方法です!

 

是非、参考にされてください。

値引に勝るメーカー保証1

メーカー保証(保証継承)を受ける意味をさらに詳しくお伝えします。

 

  • 新車(未使用車)に有りがちな初期不良(リコールなど)の連絡と対応が早い
  • ディーラーにある車種別設備でしかできないメンテを受けられる
  • ディーラーで最善のメンテを受けることでベストな車コンディションを保てる
  • ディーラー定期点検を受け続けた車とそうじゃない車では将来の売却価格も変わる

 

どうですか?

 

購入する未使用車にディーラー保証を付ける、それほど安心なことはありません。

 

さらに車を4年や5年と乗り続けるなら、3年目以降の延長保証(2年間)を申し込めばOKとなります。

 

やはり未使用車+メーカーへの保証継承=使えます!

値引に勝るメーカー保証2

上記の1でディーラー定期点検を受け続けた車とそうじゃない車では将来の売却価格も変わる、そうお伝えしました。

 

未使用車購入+ディーラー新車保証=数年後の高額査定に++になる、それは間違いありません。

 

完璧な専門機材で整備や修理を行うディーラーと中古車店では大きく違う、そう数年後の買取店が判断するのは当然です。

 

もちろん、リコール等あってもアナタに直接連絡が行きます。

 

メーカー保証(保証継承)さえあれば、売却時にも有利になる、そうお考え下さい。

 

未使用車+メーカー保証(保証継承)=使えます。

展示車と試乗車購入で損するのまとめ

展示車と試乗車を安く買うより、ディーラーが売上のために仕方なく仕立てた未使用車の魅力は知って頂けましたか?

 

車の購入基準に値段の安さもありますが、少し安くても不安のある車なら買わない方が良いと考えます。
※スーパーな値引きあれば別です。

 

そうなら展示車でもない、試乗車でもない!

 

初めから100%販売目的で仕入れた車を未使用車として買う方が気持ちが良い&満足できるのは間違いありません。

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

「車の買い方【119番】」でまたお会いしましょう!

⇒関連記事「未使用車・新古車」の値引き交渉が簡単になる方法」

低金利ローンをあきらめていませんか?

せっかく低金利で借りられるのに高い金利でローンを組む方は多く、これってもったいないと思いませんか?

 

↓融資できるか「5秒かんたん診断結果」↓静岡銀行マイカーローン診断2

 

このように意外に融資可能な結果が出ることも多く、今すぐ無料で確認できますので審査が不安な人ほど確認してみましょう!

  静岡銀行マイカーローンバナー1
気づいていましたか?
『あなたが良い車を見つけられない理由』

あなたは車選びをしたときに、「良い車がないなぁ・・・」と思ったことはありませんか?

実はこれ、考えてみれば当然のことであり、良い中古車はすでに買われてしまって、あなたは売れ残りのリストを見ているようなものなのです!

中古車を探しているのは、あなただけでなく、しかも一般の人以外にも業者や、また世界的に見ても日本車は人気がありますので、海外の人や業者も目を光らせているわけです。

こういった状況で出来ることといえば、他の人に買われる前の車情報を見て車選びをするしかありません。

流通前の車情報を見ることは、過去において業者だけの特権だったのですが、現在ではその一部をあなたも見ることが出来ます。

もしあなたが車選びで失敗したくないということならば、市場に出回る前の非公開情報を確認して、良質な情報で車選びをしてみてください。

今すぐ「非公開車両」から良い車を探す【無料】

中古車探しサービス

なお、ネット完結で車選びをすることもできます。今の時代は電話でやり取りするのは何かと面倒ですものね^^;

⇒ネットだけで車選びをしたい場合はこちら【無料】