軽自動車は小さいからロードバイクを何台も積むのは大変ではないのか?

 

そんな質問にお答えします。

 

私はロードバイカーなので、毎週のように近所の自転車専用道路で競輪選手と思われる人達が軽から自転車を降ろす光景を見ています。

 

そんなプロの多くが日常の足として使うのが背が高い軽自動車ワゴンであり、練習用自転車2台は必ず積んでありますね。

 

リヤ、荷室部分の室内高が140㎝前後あれば、少し乗りこんでロードバイクを取り出す際にも楽なもんです。

 

もしこれが普通セダン&ワゴン車であれば背が足りないので、後部座席を倒してから前輪を外して積み込む、若しくは前輪を外しルーフキャリアになるでしょう。

 

しかしルーフキャリアは問題があるので、TV宣伝以外では誰も使いません。

 

大型セダンなら前輪を外した状態でトランクに積むのも可能なので、実際Sクラスのベンツでそうしている人がいました。

 

さらにママチャリや27インチ大型自転車も積めるのはハイルーフの軽自動車ワゴンならではないでしょうか?

 

アナタのロードバイクと奥様やガールフレンドのチャリを積んでどこかユックリ走る、、それって修復改善? もっと仲良くなれるかもしれませんね?

 

軽自動車とロードバイクの組合せが最高!そんな現場レポート含めお伝えします。

 

あなたが知っている中古車情報は3割だけ
中古車を探すときはネットで調べたり、雑誌などを買って調べることが普通ですが、これは全体の3割だけしか見れていないことをご存知でしたか?
残りの7割は流通段階にあって、一般の人が知ることもなく車が売り買いされているのです。
業者でもない限りはすべての非公開情報を見ることはできませんが、実は最近その一部だけなら見ることができるようになりました!!
現在は無料で使えることもあって、多くの人が使い始めていますから、あなたも今すぐ利用して限定情報を逃さないようにしましょう!

限定情報も見て車選びしたい方はこちら【無料】

ズバット車販売バナー

自転車が積める軽自動車

自転車の相棒と言える軽自動車!

 

ここ数年ではこんな車種をよく見かけます。

 

  • ダイハツ 「ウェイク」と「タント」
  • ホンダ「N-BOXシリーズ」
  • スズキ「スペーシア」
  • ニッサン「デイズルーク」

 

などが中心車種でしょうが、もし選ぶのなら全てターボ付き64馬力(軽のターボは64馬力規制)にしてください。

 

ターボだけが高速道路を余裕持って走れる、2人+自転車2台の移動が楽にできる、それは間違いありません!

 

特に高速道路でスピードを上げる度に強くなる空気抵抗は、背が高い箱型、フロント真っ平らな!?軽ワゴンにはキツクてもターボがあればしのげます。

 

軽に積めるロードバイク台数他をご紹介します。※前輪は外さない状態での積載能力です。

車名 自転車他 積載能力
ウェイク 自転車2台 + 2人
※27インチ1台またはロードバイク2台
N-BOX 自転車2台 + 2人
タント 自転車2台 + 2人
スペーシア 自転車2台 + 2人
デイズルーク 自転車2台 + 2人

 

私見ではありますが、これだけ大きなモノを積めて尚且つ車の四隅スペース、シート下 + 小物入れが至るところに配置され、相当に便利に使えてしまいます。

 

これら荷物スペースは小型ミニバン、普通車をはるかに超えています、本当に便利です。

 

その理由は荷室が長四角形で背が高く、変な出っ張りがないことにあるのは確かです。

 

⇒背が高く長四角形の中古軽ワゴンを確認する

 

次に自転車搭載ノウハウをスタートしましょう。

軽の屋根に積むルーフキャリア

ロードバイク、スポーツバイクの前輪を外して屋根専用ルーフキャリアに積んでいる人は見たことがありません。

 

TV宣伝でたまに見るロードバイク2台そのままをルーフキャリアに積んでいる光景、アナタなら絶対にそうしないでしょう!?

 

それ以前にルーフキャリア1番の問題は積みにくい&降ろしにくいことです。

 

ルーフ積載には脚立が必要でもTV宣伝には映っていませんでしたね!?

 

もしルーフ積載にメリットがあるとすれば、車に多く人が乗れることしかありません。

 

従って、ロードバイク仲間3名と出かける時だけのルーフキャリアとお考え下さい。

軽の後ろに積む背面キャリア

この積載方法は法律違反です! 止めましょう。

 

TVでは良く見かける背面キャリアはイメージでしかなく違法です。

 

違法の理由はこうです。

 

  • 自転車でナンバープレートが隠れる
  • 車横幅より自転車が飛び出てしまう
  • リヤテールランプが見えにくくなる等

 

特に視界が悪い天気や夜間はとても危険であると認識してください。

車内に積む車載キャリアはどうか

前輪を外し、フレームを固定するキャリアであれば2台から3台積めます。

 

ロードバイクを1台しか保有してない頃は固定キャリアは使わず、毛布に包み左を下にして優しく寝かせてありました!

 

現在はタイプの違う2台を積んで風の吹き具合や気分で使い分けるようにしています。

 

軽自動車の車載では輪行袋に入れ、後席に置いたりフックに引っ掛ける方法も便利でした。

 

これら方法の中では、もちろん「車載キャリア」愛する自転車をシッカリ固定し守ってくれるのでお薦めです。

ロードバイクはどうやって運ぶのがベストか?

ロードバイクを走らせる場所が自宅から遠ければ遠いほど電車での輪行が最適となるのは実感でした。

 

電車なら疲れて寝るのも、本を読むのも自由です!

 

目的地が近くなってくれば電車内でも、少し人目を気にしながらのストレッチもOK!

 

一番良いのは車運転しない分として、疲れも少なく、現地に着いたら元気一杯でダッシュ! 

 

気持ちいいですよね?

 

もちろん、初心者なら自宅で自転車の分解&組立練習をする必要はあります。

 

国内ではあまり聞きませんが、海外レースに参加するので飛行機に預けたらワイヤが強く曲がってしまいまともに走れなかった、そんな話も自転車屋のオヤジさんから聞いています。

 

海外へは自転車専用ボックスに入れ飛行機に預けるようにする、これもオヤジさんからアドバイス受けました。

 

個人的には時速50キロ近辺で空中1回転&不時着!?したらリヤカーボンフレーム他損傷、同じく専用ボックスに入れてカーボン修理専門店に送りました。

 

個人的にカーボン素材知識があるから分かるのですが、そのカーボン修理があまりに完璧なのに驚きました、京都のショップです。

 

話を戻して、電車内でロードバイクを置く最適な場所は、先頭車両か最後尾車両の運転室裏側の壁に立てかけるかバーに引っ掛けるがベストです。

 

理由はフラットな壁面であり、そこに設置されている手づかみバーに輪行袋を結んで置けるので安心して!?爆睡も可能となるからです。

便利な軽自動車でも運転に気を付ける

軽自動車でロードバイクを運ぶ最大メリットは分解しない&前輪しか外さないので、現地に着いたら前輪だけ履かせて即スタート。

 

目的地に着いて直ぐロードバイクを楽しめても、帰りの運転に集中&維持できる体力を残して置く必要があります。

 

私もそうですが、走り環境が良いとついついハシャギ過ぎる傾向があり、、帰りに頬を何回も叩きながらの運転は危険と言わざるを得ません。

 

今回は軽自動車では、どのようにロードバイクを運べば良いのかがテーマでしたが、、、、。

 

ロードバイカーは、その時々の自分に合った運搬方法を取るのが最善である、それを中間結論とさせてください。

 

その時々のベストな方法であっても、悲しいことは起こります。

もしもの交通事故では

我々ロードバイカーは公道を走ることになっていても、たまに聞かされる交通事故は悲しすぎます。

 

「ロードバイクで悲しい事故に遭った仲間を想い、止めた人は何人もいるよ」、そう自転車のオヤジさんが一言。

 

一言イイですか?

 

日本の道路環境はロードバイカーに危険過ぎる道がとても多い、それが現状です。

 

日本は経済大国だと誰かが言っても、車道と歩道がごっちゃになっている経済大国は稀です。

 

狭い道でトラック荷台に右肩をこすられながらのロードバイクなんて危険が危ない!

 

素晴らしいロードバイクなのに、危険と背中合わせなんて、、です。

 

だ・か・ら・車や電車で安全地帯へGOしてからのロードバイクを沢山楽しんでください。

 

地名を申し上げて何ですが、関東では茨城県にある「霞ヶ浦」の専用コース(人と自転車)なら一周で120~140キロ走れて快感です!+!

ロードバイクが積める軽自動車まとめ

便利な車移動でも、渋滞や疲れでのコックリには気を付けましょう!

 

もし一度でも事故をすればロードバイクに乗りたくない、そんな気持ちになってしまうかもしれません。

 

ずうっと乗っていたいですよね? 私はそうです。

 

電車、バスの輪行でも行き返りのラッシュには気を付けたい、それが避けられなければ周りの目が怖すぎます&怖かった!

 

先日などは秋葉原駅近くでロードバイクを輪行袋に入れている人を見て心配になりました。

 

だって夕方のラッシュ時間帯だったらからです。

 

何か気になって少し見ていましたが、改札に向かって行きマジ心配に・・・。

 

自転車搬送方法もそうですが、何よりも大切なのは安全にロードバイクを転がすことです。

 

私も周りの仲間も、ロードバイクで危険な目に遭ったのは1度や2度ではありません。

 

安全にロードバイクを楽しめる自分の精神&体力、そして場所を選んで走りましょう! オモキッキリ!

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

また、いつか車の買い方【119番】でお会いしましょう!

⇒関連記事「車と自転車の事故では過失率が危険すぎる!」

買う前にローン審査ができることを知っていますか?

低金利ローンは審査時間が長いこともあって、急に用意することが難しい場合がありますよね。

 

そのため、すぐに借り入れが出来る融資となればディーラーローンや残クレになりますが、これらは金利や総支払い金額が高くなることから、できれば避けたい借入先です。

 

ただ、これはもう昔の話で今は事前に仮審査をしておくというローンがありますので、何ヶ月も長い期間、審査が受かるかどうかを待つ必要がなくなります。

 

もしあなたが今後車を買う予定がある場合には、事前に仮審査を通しておくことで、いざというときに高い金利のローンで損をすることを防げるでしょう。

 

仮審査の有効期限は1年間ですから、申し込んでおいて困ることはありませんし、結局使わなくても無料でキャンセルできます。

 

「審査に時間を取られたくない方」や「高い金利を払いたくない方」は、いくら借りることが出来るのか5秒ぐらいで分かりますので、今すぐ確認してください。

  静岡銀行マイカーローンバナー1
気づいていましたか?
『あなたが良い車を見つけられない理由』

あなたは車選びをしたときに、「良い車がないなぁ・・・」と思ったことはありませんか?

実はこれ、考えてみれば当然のことであり、良い中古車はすでに買われてしまって、あなたは売れ残りのリストを見ているようなものなのです!

中古車を探しているのは、あなただけでなく、しかも一般の人以外にも業者や、また世界的に見ても日本車は人気がありますので、海外の人や業者も目を光らせているわけです。

こういった状況で出来ることといえば、他の人に買われる前の車情報を見て車選びをするしかありません。

流通前の車情報を見ることは、過去において業者だけの特権だったのですが、現在ではその一部をあなたも見ることが出来ます。

もしあなたが車選びで失敗したくないということならば、市場に出回る前の非公開情報を確認して、良質な情報で車選びをしてみてください。

今すぐ「非公開車両」から良い車を探す【無料】

中古車探しサービス

なお、ネット完結で車選びをすることもできます。今の時代は電話でやり取りするのは何かと面倒ですものね^^;

⇒ネットだけで車選びをしたい場合はこちら【無料】