外車を購入する意味を考えたことはありますか?

 

高性能、カッコいい、安全性などで購入するのは当然であり、私もそうでした。

 

今ならこんな言葉が頭に浮かびます。

 

楽しい、ウレシイ、ワクワクする、最高、財産になる、そしてアナタの代わりに自己主張までしてくれる外車です。

 

今回は外車が財産であること、何がどう自己主張してくれるかをお伝えします。

 

あなたが知っている中古車情報は3割だけ
中古車を探すときはネットで調べたり、雑誌などを買って調べることが普通ですが、これは全体の3割だけしか見れていないことをご存知でしたか?
残りの7割は流通段階にあって、一般の人が知ることもなく車が売り買いされているのです。
業者でもない限りはすべての非公開情報を見ることはできませんが、実は最近その一部だけなら見ることができるようになりました!!
現在は無料で使えることもあって、多くの人が使い始めていますから、あなたも今すぐ利用して限定情報を逃さないようにしましょう!

限定情報も見て車選びしたい方はこちら【無料】

なびくる+バナー

外車購入は海外の文化を手に入れること

何か堅苦しい目次で申し訳ありません。

 

日本で外車に乗っていると少し不思議でウレシイ気持ちになります。

 

それは日本人と大きく違う思考と発想のドイツ、フランス、イタリア、アメリカでデザイン&製造された車だからです。

 

従って外車を運転していると海外の文化を感じてしまう、海外に居る気になってしまう、それは私だけでしょうか?

 

こう考えることで車への愛着が増し、車に対する価値も大きく増していく、そうお考えください。

 

では本題に入ります。

車はアイデンティティのかたまり

またまた変な書き出しでも、アイデンティティ(個性、主体性、独自性)はうまく日本語に置き換えらません。※ここからアイデンティティ=個性と書きます。

 

こんな話を海外で教えてもらいいました(ドイツ)。

 

「メーカーの強い個性でデザインされたのが車である」

 

そうであれば会社個性を主張する車デザインには多大なコストと意識が必要になると考えます。

 

どうしてそこまでのコストを車デザインに投じるかと言えばこうです。

 

  • 個性を主張することはとても大事である、
  • メーカーをイメージできる個性があれば他と見間違われることはない

 

だから外車は一目でどのメーカーなのかが分かります。

 

ベンツ、

BMW、

VW(フォルクスワーゲン)、

ルノー

アウディ

ポルシェ、

フェラーリ

 

などなど。

 

アメリカ車も個性はありますが、少し大味なのでメーカー毎の見分けがつきません。

 

じゃあ日本車はどうかと言えば、アメリカ車よりもっと弱い個性と考えます。

 

こんな多くある日本車メーカーと車種からメーカーエンブレムを取ったら、メーカー識別の半分以上は不可能と思われるからです。

 

日本車メーカー毎に感じられる個性が希薄だから、それが理由です。

車に個性があれば飽きられない

そんな個性ある車とない車ならどちらを選びたいと思いますか?

 

私なら「ある」方の車を選びます。

 

個性ある車を選ぶ理由です。

 

  • 一目で〇〇〇社の車だと分かる

  • 一目で分かる車には個性がある
  • 個性あれば周りから認識される
  • 認識されれば更なる個性=自己主張につながる
  • 自己主張できている車には愛着を感じられる
  • 愛着を感じる車には飽きず長く大切に乗れる

 

もう1つ加えれば、車に強い個性があれば周りから強く認識されるので事故にも合いにくい、そう考えます。

 

それが個性希薄の車なら周りから認識されにくい=事故確率アップの可能性もあるでしょう。

 

もしアナタが優しく静かな人であっても、車がアナタの代わりに個性を発揮してくれる、自己主張をしてくれます。

 

従って派手な運転をしなくても、特殊な注意喚起をしなくても目立つので安心してください!?!?

 

外車がどれだけ無言の自己主張をしているかを確認したいなら、街中を走る外車の目立ち度を見れば直ぐに分かります。

 

それが小型、中型、大型であっても、それなりに個性を発揮している、それもドライバーが無意識であってもです。

個性ある高価な外車を購入する理由

ドイツでは高価なベンツやBMWを大学生が乗っている、普通のサラリーマンでも乗れているのはナゼでしょう?

 

個性ある外車を購入すれば、自然と長く乗り続けられて愛着がわく、そのパターンになるのは間違いありません。※経験者は語るです

 

そんな個性(アイデンティティ)のオーラをまとった車は並みの開発コストではありません、だから高価です。

 

高価でも安心&安全だからこそ長く乗ってペイさせる、それがドイツ人の考え方です。※長く乗る=20万キロ~50万キロ以上

 

従ってドイツ人が日本の様に5万キロや10万キロで車を買い替えることはほとんどありません。

 

そんな短期間&短い走行距離で次の車に乗りかえるのならペイしません、愛着もあまり湧きません。

 

そんな愛着がわくのは個性満載の高性能車です。

愛着がわく個性ある外車の定義

定義するのはドイツ車中心にさせてください。

 

車でも何でも性能が良いモノを長く使い続けられればペイできて愛着もわきます。

 

それが日本車メーカーなら想定使用期間は5年~10年なのであまりにも短いと言わざるを得ません。

 

もしそんな想定での車設計なら長持ちしない=ペイしにくい車であり、結果として愛着もわきにくいとなります。

 

ドイツ車メーカーならその発想や想定が全く違います。

 

ドイツ車は設計段階から数十年間乗れること、50万キロや70万キロでも乗り続けられる、それらが最初に想定されています。

 

特にドイツ人は直ぐに使えなくなるモノは絶対に買いません。

 

それは値段の高い安いではなく、モノは長く使い続けられなければダメ、だから購入するモノには品質と性能を求めます。

 

そんなシビアなドイツ人が家に次いで高価な車を購入するなら、どれだけの品質と性能を車に求めるのか簡単に想像がつくと思いませんか?

外車を購入する意味まとめ

家に次いで高額な車にはこれら品質と性能が求められます。

 

  • 何十万キロでも走れる頑丈な基本設計(含む安全性)
  • 時速200キロなど万が一の高速走行性能を持っている
  • 高速走行性能を持つ=A地点とB地点を最短時間で移動可能
  • どんな高速からでも最短距離で止まれる強力なブレーキ性能
  • どんな高速運転でも安全&安定した走りで怖くない
  • 運転に集中できる車(気が散る余計なスイッチ不要=シンプルな車内)

 

さらにベンツ、BMW、VW(フォルクスワーゲン)、アウディならノーマルからチューン車まで全て同じ基本設計=同じシャーシを使用しています。

 

ベンツAMG、BMWのM、VWのGTIやR、アウディSやRSのシャーシはノーマルと同じ設計です。

 

それもあってノーマル車で高速走行していても安定感&守られ感がありミシリとも音がしません。

 

だ・か・ら・楽しい、ウレシイ、ワクワクする、最高、財産になる、です。

 

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

また、いつか「車の買い方【119番】」でお会いしましょう!

あなたは車選びに自信がありますか?

良い車を購入するためには多くの中古車を比べることが必要です。

 

しかしながら、スマホでGooやカーセンサーなどを見たりしますが、これが中古車の3割しか見られないことをあまり知られていません。

 

実は残りの7割は業者間の流通段階にあり、ここも比較対象に入れることであなたの車選びを劇的に変えることができます!!

 

ただ業者ではない人が非公開情報を自由に見ることは当然出来ませんが、あなたはある車選びサービスを使うことで非公開車両を部分的に見れるのです。

 

最近は多くの方が利用していますので、次はあなたが使ってよい車選びをしてください。

 

⇒非公開車両もみて車選びをしたいならこちら【無料】