「新古車・未使用車の値引き交渉」:サムネイル

車販売表示に「新古車」「未使用車」とありますが、2つとも同じ意味なんです!

 

実はこれ、販売店が高い価格をつけられるように使い分けているのをご存知ですか?

 

正しい単語&表現は「新古車」になります。

 

従って、当記事では「新古車」と統一してお話していきます。

 

そんな車販売表示の違いに加え「自動車販売の仕組み」、もお伝えします。

 

それを少しだけ知るだけで「値引交渉に大きな差が生じる」、だからです。

 

今回は新古車の値引き交渉とナゼ新古車が発生するかも見ていきます。

 

尚、新古車=中古車になるので、中古車でも銀行の低金利ローンが使える、それは先にお伝えしておきます。

 

ではスタート!

あの業者が中古車保証を付けたがらない理由
中古車を探すときはネットで調べたりしますが、これは一部だけしか見れていないことを知っていましたか?
実は良い車は市場に出回る前に買われてしまうことが多く、あなたがいつも見ているのは中古車市場の【残りかす】のようなものです。
良い中古車を買うためには、良い車は流通前から買われてしまうので、流通前の非公開情報を見る必要があります。
最長10年保証を付けられたり、返品まで対応できる業者もいますので、あなたが中古車選びで失敗したくないならば、非公開車両を見れる中古車屋を使うべきです!

スマホから簡単1分入力で非公開車両を見る【完全無料】

ズバット車販売バナー

新古車・未使用車の値引き交渉

ディーラーや中古車店にある新古車は、この様にして値引交渉します。

 

  • 欲しい新古車を決める
  • 中古車店を周りながら希望車種名の「色」「モデルタイプ」「装備」「値引交渉価格」をメモする
  • 新車デーラーで同装備かそれに近いモデルでベストな見積もり価格をもらう
  • どちらか安い方で購入する

  • もし軽自動車であれば、同条件の総合価格差が10万円以上あれば新古車の買いです!

  • 普通車であれば、新車価格の5%から10%値引を目標とする

 

新古車はメーカー保証で安心なのですが、保証期間は登録された日から購入日までの期間を差しひかれるので少し短くなります。※記事下の関連記事参照

 

でも嬉しいこともあります。

 

新古車が登録車であれば、新車ではないので?「自動車税」「取得税」など登録費用はかかりません。

 

従って、新車と新古車の値引交渉には、あらかじめ車登録費用を計算し、残った車両本体価格からの値引5%や10%と考えると明確になります。

 

新古車ってとても魅力があるんです!

 

そんな新古車をもっと簡単に値引する方法があります。

新古車の値切り方法の手順

新古車に限らず、どんな車にも乗り出し価格があります。

 

乗り出し価格とは税金や諸費税や手数料を加えた最終価格=アナタが支払う金額です。

 

こうしてください。

 

  1. 中古車店で新古車の乗りだし価格を「見積書」としてもらう
  2. 新車ディーラーでも乗り出し価格の「見積書」をもらう
  3. 上記の2-1=10~15%安ければ良しとする

 

上記でのポイントはこうです。

 

中古車店にある新古車グレードと装備内容と全く同じモノを新車ディーラーで見積もってもらう」、それです。

 

そうすれば中古車店にある新古車が安いか高いかが瞬時に判断可能になる。

 

個人的な意見では、カラーが人気色でない場合、その分を値引いてもらいます。

 

ちなみに人気色と不人気色はこのように見分けます。

 

  • 人気色はメーカーカタログやサイトの1ページ目=表紙の車にある色
  • 不人気色はメーカーカタログやサイトの後半や最後にある車の色

 

これで多くを考えなくても、新古車を安く買えます。

 

それでも保証継承は大切なので手続きお願いします。※記事下の保証継承をご覧ください。

 

ご自身での手続きが面倒なら中古車店が有料で代行してくれる場合もあります。

 

ご自身で行う場合は、か・な・ら・ず・中古車保証が無くなる分として値引をお願いしてください!

 

⇒保証継承代行も頼める大手中古車店サイトを確認する【無料】

 

次は新古車の税金や諸費用をお伝えします。

新古車の税金と諸費用を知る

新古車は登録済みなので税金不要や税金減額だったりと、少ない支払で済みます。

 

これらを知識があれば販売店との価格交渉で役立つのは間違いありません。

 

では税金毎に説明します。

自動車重量税

新古車(=中古車)に自動車重量税の支払義務は一切ありません。

 

そもそも車検がある時点で自動車重量税は支払済みであり、請求されるとしたら車検費用として行われるものです。

 

従って、中古車店がアナタに自動車重量税を請求する場合はアウトな店となり、絶対取引してはダメです。

自動車税

新車、新古車含め、全ての車に支払義務があるのが毎年5月に支払う自動車税です。

 

普通車なら、毎年4月1日から翌年3月31日迄のいつに購入したかによって税金額が違ってきます。

 

自動車税は現在時点から3月までの月割で計算されるために請求をされますが、最も最長であっても11か月分となるため、若干ながら得が出来ますね。

 

軽自動車なら、毎年4月に一括支払いなので、軽の新古車に軽自動車税は不要となります。

 

次は、ほとんど支払わなくてもよい諸経費です。

登録代行費用

これは販売店の手数料として必ず請求されますが、基本的には無料サービスをお願いしてください。

 

金額的には1万円や1万5千円程度なので値引サービスに含めてもらうことをおススメします。

車庫証明

車庫証明においても値引きサービスに含めて交渉することで、無料で代行を依頼することが可能です。

 

なお、車庫証明の取得を自分で行う場合にも手間はかかりますが難しいことではありません。

納車費用

納車費用も車庫証明同様に、値引きサービスに含めて交渉すると得です。

 

家が近い場合は自分で行うのもありですが、少しでも遠い場合は依頼してしまったほうが、納期が詳細に決まっていない場合などおすすめです。

保証継承

新古車に一番大切な手続きが保証継承です。

 

多くの中古車店が最もしたくない手続きが保証継承である、そうお考え下さいさい。

 

保証継承手続きをしたら、中古車店利益(整備費用等)が大きく減る可能性がある、それが最大の「したくない」理由です。

 

保証継承はご自身でも簡単にできるので、記事末の関連記事「保証継承」をお読み下さい。

 

保証継承は簡単な手続きと費用1~2万円以内で出来て、それが3年や5年間有効なメーカー保証に大変身する、これを使わない手はありません。

 

また中古車店の中には、新古車購入を条件に保証継承をしてくれる店もあります。

 

⇒大手中古車販売店で保証継承を頼めるか確認する【利用無料】

新古車を簡単で効率よく探す方法

新古車の値引交渉が難しい理由の一つに、全く同じ車比較ができにくい点があります。

 

新古車数が増えていても「同じ車種、色、装備、走行距離」の車を探し比較するのがムズカシイからです。

 

新車に近い車を安く買えるとあって、新古車は人気があり取り合っているのが現状です。

 

新古車選びの弱点はこれらです。

 

車の色やグレードや装備+走行距離などを選べない、

同車種でも全く同じモノを探して比較できない、

 

従って多少の妥協をして買うしかありません。

 

そんな状況から新古車比較がムズカシイ、大きな値引きを引き出せていない、そうなっています。

 

しかし、現在では新古車専門店なども登場していることから、ある程度は選びやすく&比較しやすくなりました!

 

メーカー系中古車店=新古車販売店まで行ける方はよいとして、そうでない方はネットの新古車検索サイトをまず確認してください。

 

⇒大手中古車サイトで新古車条件を比較する

 

自分でお店を探して比較交渉するのは大変すぎます。

 

お店に行く前に、ひとりネットでグレードや色で価格の当たりをつけることが先決です。

新古車の定義を知ろう

「一般の手に渡らず、使われていない車」「決算在庫が膨らみ過ぎて仕方なく車を登録する(ナンバーを取る車)」、それらが新古車です。

 

他にはディーラー試乗車目的に一度ナンバー登録されたモノや、販売されても極端に走行距離が短いモノも新古車に分類されます。

 

この時点で新古車定義にアイマイ感が漂い始めている、そう感じませんか?

 

後半で新古車定義による全種類をお伝えするので、ご安心ください。

 

その前に、どうして新古車が存在するか少し詳しくをお伝えします。

新古車が存在する理由

新車ディーラーは、メーカーから要求される目標販売数クリアする毎に奨励金(ボーナス)を与えられます。

 

それと引き換えに「新車をいついつ迄に何台売るノルマ」をメー カーから求められている、そんなシステムです。

 

つまりウソでも新車を売ったことにしなければ、メーカーからの販売奨励金(ボーナス)を得られない!

 

だ・か・ら・新古車がどんどん誕生しているんです。

 

そんなディーラーで目標販売台数達成が難しい場合、何としても目標クリヤするべく、これらを実行します。

 

  1. 在庫期間が長い&在庫数多い車を販売店名義で車登録(番号取得)する=新古車誕生
  2. 目標販売台数達成
  3. メーカーからの販売奨励金が発生
  4. 登録された新古車の一部がディーラー系中古車店で売られる
  5. 残りの多くはオークションにかけられ全国中古車店に並ぶ

 

これが「新古車」を多く生みだす仕組みなんです。

 

特殊に感じるかもしれませんが、これが新古車のルールです。

 

でも&しかし新古車には知られていない種類があったんです。

新古車にも種類があった

新古車が多く発生する理由には、上記ディーラー販売ノルマ含めこれらがあります。

 

  1. ディーラー販売成績アップのために登録された車(登録)
  2. お客が購入直前でキャンセルした登録車(登録)
  3. ディーラー展示車(未登録)
  4. ディーラー登録の試乗車(登録)

 

上記で大切なのは、これらです!

 

新古車と言えども登録車=ナンバープレートを取っている。※展示専用車を除いて。

↓   ↓   ↓

上記中には、ほとんど走行していない新古車= 中古車がある。

↓   ↓   ↓

ディーラーで営業目的に使われた新古車」「営業目的に使われていない新古車の2種類が存在する。

↓   ↓   ↓

2種類を知って価格交渉するとしないでは、値引価格が大きく違ってくる。

↓   ↓   ↓

ポイントは新古車でナンバーを取っている&取っていないで値段が変わること。

↓   ↓   ↓

従って値段交渉が可能になる&するべきである。

 

以上です。

 

ナンバーを取ってない新古車は新車ディーラーで事前交渉するしかありません。ナンバー取っていない段階は新古車と呼べません。

 

ナンバーある新古車ならディーラー系中古車店や大手中古車販売店データから簡単に確認できます

 

店舗に行く前に、地域の大手中古車販売店ネットデータで新古車価格比較を行えば、値段交渉もスムースに進みます。

 

⇒ネットで新古車を探せるサービス【利用無料】

 

次は販売店での交渉方法です。

営業マンから車情報を得る

まずは数件の新車ディーラー(又はディーラー系中古車店)を周りながら、気の合う営業マンがいたら必ずマークしてください。

 

マークと聞いて大変に思うのであれば少し違います。

 

お店なら営業マンの方からアプローチしてくるので、そんな営業マンの中から気の合う人を選ぶだけです。

 

そして、これらを営業マン達の頭にしっかりとインプットするべく伝えてください!

 

  • 車を探していることを明確に伝える
  • 欲しい車の種類を伝える
  • 車購入予定時期を伝える(数か月から半年単位なら現実味あり)
  • 新車希望だけど安ければ新古車も考えていることを伝える
    ※車種(モデル)、色など希望も伝える

 

たったこれだけで、必ず良い知らせが来るでしょう。

 

良い知らせが必ず来る理由は、販売に力を入れる時期が年に4回あるからです。

 

  1. 夏(7月や8月)のボーナス商戦
  2. 半期決算の9月
  3. 年末12月セール
  4. 本決算の3月

 

特に決算期(半期&本決算)に売上を作れない営業マンはお尻ペンペンされるのをご存知でしたか!?

 

ディーラー経営母体の違いで営業手法も変わるので、中にはアナタから聞いた希望車種&色の新古車を意図的に用意してまで売上を考える店もあります!

 

例えば、アナタ希望の新車を系列中古車店に売却してまで新古車提供をしてくれる等々

 

しかし、上記の時期以外なら、在庫期間6カ月から9カ月になった車を新古車にするのが一般的です。

 

営業マンと親しくなれば、ディーラー(含むディーラー系中古車店)新古車情報を良い条件でゲットできる可能性大になる、そうお考えてください。

 

その場合も一般中古車店での新古車価格チェックは値引交渉のために大切です。

 

⇒大手中古車チェーン店などの新古車を確認する【利用無料】

ねらい目の新古車を格付けする方法

営業マンから得られた情報をもとに新古車を格付けすることで、さらなる値引交渉が可能になります。

 

新古車を1番から4番まで設定(想定)してください!

 

  1. お客が購入直前でキャンセルした車(登録車)
  2. カーディーラー販売成績アップのために登録された車(登録車)
  3. カーディーラーの展示車(未登録車)
  4. カーディーラーの試乗車(登録車)

 

  • 1番のねらい目は購入直前でキャンセルされた登録車がもっとも好条件となります。

 

工場から届いたばかりなのでテスト走行しかしていません。 

 

キャンセル車と分かれば、値引き幅も大きくなります。

 

マイナス点は「登録されてある」、それしかありません!

 

従って車の色と装備内容が気に入れば、値段交渉して買うしかありません。

 

  • 2番のねらい目は販売成績アップで登録された車。

 

工場から届き、試験走行のみで基本的には誰の手も触れられていないほとんど新車。

 

どうしてこれが2番目としたかといえば、1番は客からキャンセルされた車なので一番大きな値引交渉が可能=安く買える確率大だからです。

 

2番目は新古車として高条件であっても、値引がシブイであろう、だからです。

 

  • 3番目は展示車となります。

 

ショールームで大勢が乗降り、ドアやトランクをバタン、ペシャン?ですが、走行していません。

 

展示車のメリットは未登録であることです。

 

大勢の人達に触られているので、未登録であっても少し嫌かもしれません。

 

嫌であっても、大き目な値引なら考えても良い新古車となります。

 

  • 4番目は試乗車ですが、走行距離が100Km未満であれば、価格交渉次第でOKとします。

 

上記中では4の試乗車が最大に値引いてもらう必要があります。

 

その次は、3の展示車値引が大きくなります。

 

し・か・し・1と2では、どちらの値引が大きいかは言えません、判断がつきません。

 

理由は、購入直前のキャンセル車か販売成績アップの新古車か、その比較がムズカシイからです。

 

新古車購入&値引に一番大切なのは、ディーラー営業マンと親しくなっていなければならない、それしかありません。

 

そうでなければ、上記の車情報を得られないことになるからです。

 

そのためにも、日頃から数件のディーラーへ出入りしながら、気の合う営業マンを作ることです。

2019年の新古車を予想する

記事冒頭に新古車の数はあまり多くないとお伝えしましたが、補足します。

 

新車ディーラーなら国産でも外車でも、売り上げを伸ばすための新古車を増やせば増やすほど自分の首を絞める行為になる、それを知っています。

 

それでも、そうせざるを得ない状況になりつつある話を輸入車ディーラーの営業マンから聞きました。

 

外車ディーラーの知り合い(昔に数回購入した営業マン)からの情報です。

 

「外車の新車金利1.99%や2.99%と安くしてある」

「それでも売れない車は新古車としてカーオークションに出さざるを得ない」

「新古車にする、その数がどんどん増えている」

「国産車もそれと同じになりつつある、それを価格交渉に使ってください!」

 

従って2019年も新古車がどんどん増産!?される、それは間違いありません。

 

では2019年の新古車は、いつ買うのか?

 

もちろん消費税10%になる前です。

 

まとめ前にもう1つお話させてください。

新古車なら不安なく長く乗れる

車さえあれば、新車、新古車に関わらず本当に助かります。

 

新古車なら保証継承もありディーラーの最新設備で無料定期点検が3年間続く。

 

保証継承された車なら、必要に応じ2年間の延長保証の際にも、2万円程度で受けられるので安心&安全となります。

 

「不景気、消費税10%、そんな厳しい世の中で誰が車を買うんだよ」、そんな言葉をバーで言われたことが数回ありました。

 

便利な交通手段が多い都内や都市部に住む人達には、車がどんなに便利で素晴らしかを感じられないのかもしれません。

 

私はそれを知っているので反論しましたが多勢に無勢!?で超大変でした。

 

不景気だからこそ、夜中でも早朝でも移動できる車が必要なんです。

 

仕事のストレス解消で目的地も決めないでエンジンONで出発、それがどんな天候であろうとも。

 

もし、失業しても車さえあれば何とかなる、離れた仕事先でも2つ掛け持ちできる。

 

新古車で安全装置付きなら、これから5年でも10年でもOKと考えます。

 

そんな新古車は大手販売店なら在庫数も多く比較しやすく便利です。

 

⇒最大手中古車店で長期保証付きの新古車を確認してみる!

新古車・未使用車の値引き交渉:まとめ

2019年は更に多くの新古車が放出されるのは確かである、そう考えます。

 

現在であれば、9月末中間決算を良く見せるために新車値引を大きくする、それでも無理な場合は10月に新古車を量産する、それしかありません。

 

どうしてそう考えるのか?

 

それは銀行や人材会社勤務の友人たちから「今の不景気は長く回復しない」、そう何度も言うからです。

 

そうであれば、いざという時に動ける自分と環境が必要となります。

 

アナタが望む良い新古車を購入できるとを願います。

 

車はとてもありがたい存在です。

 

あなたに素晴らしい車との良い出会いがありますように!

 

最後までお読み頂き、本当にありがとうございました。

 

また「車の買い方【119番】」でお会いしましょう!

⇒関連記事「保証継承の手続きすれば安心な中古車と新古車」

『下取り額が安すぎ!』その理由とは・・・
下取り見直しバナー 実は下取り基準は低く作られていて、高い査定を期待することは難しく、車を高く売ろうとしても売れないのは低い基準の中で交渉しているからなのです。
そのため、車を高く売りたいならもっと査定額基準の高い、下取り以外の査定を利用しなければいけません。
もしあなたが車を高く売りたいなら、下取り以外の査定で本当の車価値を確認してください!

今すぐ車価値を確かめるならこちら【無料】

エイチーム車査定
気づいていましたか?
『あなたが良い車を見つけられない理由』

あなたは車選びをしたときに、「良い車がないなぁ・・・」と思ったことはありませんか?

実はこれ、考えてみれば当然のことであり、良い中古車はすでに買われてしまって、あなたは売れ残りのリストを見ているようなものなのです!

中古車を探しているのは、あなただけでなく、しかも一般の人以外にも業者や、また世界的に見ても日本車は人気がありますので、海外の人や業者も目を光らせているわけです。

こういった状況で出来ることといえば、他の人に買われる前の車情報を見て車選びをするしかありません。

流通前の車情報を見ることは、過去において業者だけの特権だったのですが、現在ではその一部をあなたも見ることが出来ます。

もしあなたが車選びで失敗したくないということならば、市場に出回る前の非公開情報を確認して、良質な情報で車選びをしてみてください。

今すぐ「非公開車両」から良い車を探す【無料】

中古車探しサービス

なお、ネット完結で車選びをすることもできます。今の時代は電話でやり取りするのは何かと面倒ですものね^^;

⇒ネットだけで車選びをしたい場合はこちら【無料】