私が所有した15台の車の中からドイツ車が最高だったお話を聞いてください!

 

基本的に保有したのはベンツ、BMW、アウディ、VW(フォルクスワーゲン)の下記車両です。

 

ベンツSクラス

ベンツEクラスワゴン

BMW3シリーズ

アウディRS4アヴァント

アウディA4

VWゴルフGTI

 

アメ車も2台所有しましたが、強い個性と高性能のドイツ車には敵わないので書きません。

 

そんなドイツ車性能やメンテ中心の記事であれば、人気記事の下記参照ください。

 

当記事では、どうしてドイツ車が世界中で愛されるのか、10年以上など長期保有できるのか、それらをドイツ人キャラからも交えてお伝えします。

 

ちなみにドイツ渡航歴は十数回あるので、ドイツ人は仕事でもプライベートでも良く知っているつもりです。

 

あの業者が中古車保証を付けたがらない理由
中古車を探すときはネットで調べたりしますが、これは一部だけしか見れていないことを知っていましたか?
実は良い車は市場に出回る前に買われてしまうことが多く、あなたがいつも見ているのは中古車市場の【残りかす】のようなものです。
良い中古車を買うためには、良い車は流通前から買われてしまうので、流通前の非公開情報を見る必要があります。
最長10年保証を付けられたり、返品まで対応できる業者もいますので、あなたが中古車選びで失敗したくないならば、非公開車両を見れる中古車屋を使うべきです!

スマホから簡単1分入力で非公開車両を見る【完全無料】

ズバット車販売バナー

ドイツ車なら長く乗り続けられる理由

ドイツ人は簡単にはモノを買いません。

 

その考えは安価な日用品から高額品まで全て共通ルールなんです。

 

理由はこうです。

 

「10年でも20年でも長く使い続けられるモノが良いと考えている」

 

従ってモノを購入するには慎重であり、長い時間をかける国民なのは間違いありません。

 

そんなドイツ人は子供のころから、こう教育されるとドイツ人から聞きました。

 

「全て自分で考え行動する」

 

車のお話の前に、そんなドイツ人を現す経験をお伝えします。

 

それが分かれば、ドイツ車デザインも性能も含め、意味が分かります。

主義主張がとても強いドイツ人

日本で昼食を4人で取れば、定食A,B,C,Dとのチョイスあれば、少なくとも2人か3人は同じメニューを頼みます。

 

し・か・し・ドイツ人は意図的なのか、毎回必ずバラバラのメニューを頼むんです。

 

初めは偶然かと思いましたが、聞くとこんな返事が返ってきました。

 

「人と同じメニューは頼みたくない」

 

そうなんです!

 

ドイツ人は個人主義者であり、個人意識が強くあるんです。

 

日本人とは大違いなんです。

 

日本人はこんなではありませんか?

 

  • と会話する時は笑みを絶やさない
  • 顔は笑っていても内心はそうではない
  • 個人主義者ではない
  • 多数の意見や行動に賛同しやすい

 

ドイツ人が日本人の考えや個性と真逆であるからこそ、会社としてチームとして何かを成す際には有効な方向に力を発揮するんです。

ベンツ工場の張り紙

知り合いでもベンツ大好き人間がいます。

 

日本の輸入代理店に頼んだのか、ドイツ社員旅行ではベンツ工場見学して喜んでいました。

 

工場見学最中に案内する人があるサイン(張り紙)を指さしこう言ったそうです。

 

「有か無か」

100か0か」

「最善か最悪か」

 

意味としは「最善の努力で完璧な車を作る」そう受け取ったそうです。

 

それを聞いた私は、だからベンツなんだ、そう理解しました。

 

さらにドイツ人のイメージでは「物事をとことん突き詰める」、それがあります。

 

ドイツ人にとって時間はとても大切であり、残業もほとんどしません。

 

もし仕事が押していても(一般職)、早朝から仕事を開始し4時には帰宅しようとするのが普通です。

 

帰宅する際も、アウトバーン200キロ走行すれば早く家に帰れる、自分と家族の大切な時間を多く過ごせる、その論理がドイツ人なんです。

 

だ・か・ら・「最善か最悪か」で考え抜かれ製造されたベンツは最高になる、そう考えます。

ドイツ車デザインはすご過ぎる

若い頃は意識にありませんが、車を1台また1台と乗り継ぐ度に、こう感じる様になりました。

 

ドイツ車ボディデザインには各メーカーを代表する強い個性がある、アイデンティティがある!

 

だから最新モデルはもちろん、20年や30年前のモデルであっても、ベンツ、BMW、VWと簡単に言い当てられる訳なんです。

 

ドイツ車は性能も同じにアイデンティティを持っていると考えます。

 

下記もベンツ工場見学の際にベンツスタッフから自信を持って言われたそうです。

 

「全車メーカーの中で、最新ベンツにはどこにもない最新装備が必ず搭載されている」

 

その言葉だけで、どれだけ大きな開発費でベンツをデザイン&製造しているかが分かります。

 

日本車は政府からの補助金が少ないせでしょうか?

 

世界に先駆けての先進装備をした車は、とても少ないと認識しています。

 

車デザインも同じにキャラが強いデザインはほとんどありません。

 

従って各メーカーエンブレムを外したとしたら、トヨタ、日産、ホンダ、マツダのメーカーを言い当てられないかもしれません。

ドイツ車は国をあげて生産される

ドイツでは最先端の宇宙産業や通信などは二の次です。

 

メイン産業が車と言っても過言ではありません。

 

従って、ドイツ政府は巨額資金を車産業に投じている、補助金を与えています。

 

だからベンツ、BMW、アウディ、VW、ポルシェなのから分かるのではありませんか?※アウディとポルシェはVW資本傘下のめーかーです。

 

個人的に2010年頃のベンツEワゴン購入で驚きの装備がありました。

 

  • ミリ波レーダー(77GHZと24GHZ)
  • ステレオカメラ

 

ベンツ最新ミリ波レーダーでは用途別に2種類の周波数を使い、カメラもステレオ(2台)装備。

 

日本車メーカーにはどれも装備されていませんでした。

 

そんなベンツ安全装装置なら下記参照してください。

 

ベンツ最強の安全装置:「レーダーセーフティ」の評判を考える!

 

ベンツに限らず国を挙げて生産されるドイツ車には「いつも最新装備がある」、そうお考え下さい。

 

従って数年落ち程度のドイツ車なら、最新日本車メーカー比較で遜色ない装備とも言えます。

死にたくないならドイツ車の考え

昔に海外の超有名人が交通事故で亡くなられたニュースがありました。

 

そのニュース報道でインテビューを受けていた一般女性のコメントです。

 

「ベンツSクラスに乗っていて事故死なんて信じられない」

 

私もSクラスに乗りながら「こんなスゴイ車なら万が一の車事故で死ぬことはない」、真面目にそう思ったのを覚えています。

 

他の車で安全そうなのは、ランクル、ハマー2、キャデラックSUV(大型)、そしてダッヂラムP/Uくらいかもしれません。

 

ここでは大型の車ばかり紹介しましたが、ドイツ車なら大型~小型まで各クラスで最強の安全性能がある、そう個人的に信じてます。

 

詳しくは上記の「ベンツ最強の安全装置」にあります。

 

次は個人の事故経験からドイツ車をお伝えします。

ドイツ車はナゼ事故に遭い難いのか?

アウディA4で信号無視の車に衝突した反動で路肩乗り越え工場フェンス数枚を倒す事故。

 

それでも私の体はなんともありませんでした。

 

ダメージした車も、短い修理で復活です。

 

上記は信号無視(深夜の交差点)もあっての事故です。

 

しかし、ドイツ車って意外と事故に遭わない、そんなお話です。

 

理由はドイツ車が発するオーラ(おらおらではない)ではないでしょうか?

 

「あっドイツ車だ」

 

そんな意識が日本車ドライバーにあると勝手に想像してしまいます。

 

だ・か・ら・ドイツ車と日本車の事故はほとんど見かけたことがありません。

 

更に中型や大型なら間違いなく「あっ、ドイツ車だ」、その意識が働いて事故にならないと考えます。

 

多くのドイツ車を乗ってきた私でも、走行中のベンツSやEクラス、BMW7や5シリーズを見ると「あっドイツ車だ」になります。

 

それが小型ドイツ車であっても、ドイツ車だ意識は少しパワーダウンした形で発動!?するのは間違いありません。

 

話がズレますが、沖縄でゴルフGTIに乗っていて注目されたことを今でも覚えています。

 

そんなドイツ車キャラなら車種に限らず全国的に有効利用できると考えます。

 

⇒キャラ強いドイツ車でも大切な長期保証提供する大手中古車店を確認してみる【検索無料】

ドイツ車と日本車の寿命を比較する

ドイツのタクシー運転手に走行距離を聞きました、約7年前のニュルンベルク市内。

 

ベージュ色のベンツステーションワゴンは50万キロ越の走行距離でした。

 

そんな運転手さんコメントは「あと30万キロ以上は走れるだろう」でした。

 

2018年10月、千葉市でタクシーさんに走行距離を聞いたところ約40万キロでした。

 

続けてタクシーは何キロまで走れば廃車になるのかと尋ねれば、70万キロ越~80万キロ以内との返事あり。

 

従ってドイツ車も日本車も長い距離を走れる優秀な工業製品と言えます。

 

しかし、日本には高額な車検制度しかありません。

 

ドイツならほぼ自己申告の簡易車検制度(日本円で数千円程度)のみです。

 

何が簡易かと言えば、悪くなった部分のみ修理&交換するからです。

 

ドイツでは大きな洗車場で整備や修理の多くを個人が行っています。※自宅洗車できないルールあり。

 

個人に任せた簡易車検でも、ドイツ車は50万キロでも70万キロでも走れるほど優秀で丈夫な車、そう言えるかもしれません。

 

日本車も何十万キロでも走れますが、ドイツ車ほどの安心感が無いのはナゼでしょうか?

ドイツ人と日本人では車デザイン発想が違う

ドイツ人と交流していると、こんな考え浮かびます。

 

  • ドイツ人にとって自分にとって本当に価値ある欲しい車を発想し製造する
  • 自分達の強い発想&考えで製造された車だからこそ世界中で受け入れられる
  • 個性の強い優秀な車が完成&供給される

 

日本人はこう考えます。※個人的な意見

 

  • 日本や世界の人達はどんな車が欲しいのか市場調査を優先する
  • 市場調査+他メーカー車を参考&研究しながら製品化する
  • 個性が弱いそこそこの車が完成&供給される

 

これは昔に私が北米で言われたことと同じです。

 

欧米人は自分で強く発想する&考える、つまり能動的である。

 

日本人は相手の状況などから発想する&考える、つまり受動的である。

 

だから、どちらが、どれが良い悪いのではなく考え方の違いと言えます。

 

しかし、初めに自分の思いを強く現す、それがベンツなどドイツ車の強い個性と突出した性能に結び付いていると考えます。

 

アナタはどうお考えになりますか?

10年以上も乗れる中古ドイツ車まとめ

添付記事にドイツ車を安く修理する方法を掲載してあるので、当記事では掲載しません。

 

ドイツ車デザインは個性的であり、飽きないで長く愛せるのは確かです。

 

個性的デザインキャラ+走行性能+運転の楽しさ+突出した安全性能=10年でも20年でも使える!

 

そんなデザインはどこでも目立つので事故にも遭い難いので安心です。

 

2019年も構造的不況が続き、車も売れていません。

 

でも&しかし、車さえあれば便利に使える、生活の支えに成り得る、それは間違いありません。

 

車が高性能(走行性能+安全性)なら、10年やもっと使えるので買い替え頻度は下がる=ペイする、そうなります。

 

アナタはどんなドイツ車を考えますか?

 

最後までお読み頂き、本当にありがとうございました。

 

また「車の買い方【119番】」でお会いしましょう。

低金利ローンをあきらめていませんか?

せっかく低金利で借りられるのに高い金利でローンを組む方は多く、これってもったいないと思いませんか?

 

↓融資できるか「5秒かんたん診断結果」↓静岡銀行マイカーローン診断2

 

このように意外に融資可能な結果が出ることも多く、今すぐ無料で確認できますので審査が不安な人ほど確認してみましょう!

  静岡銀行マイカーローンバナー1
気づいていましたか?
『あなたが良い車を見つけられない理由』

あなたは車選びをしたときに、「良い車がないなぁ・・・」と思ったことはありませんか?

実はこれ、考えてみれば当然のことであり、良い中古車はすでに買われてしまって、あなたは売れ残りのリストを見ているようなものなのです!

中古車を探しているのは、あなただけでなく、しかも一般の人以外にも業者や、また世界的に見ても日本車は人気がありますので、海外の人や業者も目を光らせているわけです。

こういった状況で出来ることといえば、他の人に買われる前の車情報を見て車選びをするしかありません。

流通前の車情報を見ることは、過去において業者だけの特権だったのですが、現在ではその一部をあなたも見ることが出来ます。

もしあなたが車選びで失敗したくないということならば、市場に出回る前の非公開情報を確認して、良質な情報で車選びをしてみてください。

今すぐ「非公開車両」から良い車を探す【無料】

中古車探しサービス

なお、ネット完結で車選びをすることもできます。今の時代は電話でやり取りするのは何かと面倒ですものね^^;

⇒ネットだけで車選びをしたい場合はこちら【無料】