外車のデザインや個性に魅力を感じていても、価格と維持費で敬遠しているアナタにお伝えしたいことがあります!

 

特にドイツメーカーのベンツ、BMW、アウディ、フォルクスワーゲンにご興味あれば一読下さい!

 

現在は軽自動車の愛好家でも、ドイツ4メーカー中核車種中心に大型を所有した経験から現場の声で書かせて頂きます。

 

読み時間は3分です。

 

あなたが知っている中古車情報は3割だけ
中古車を探すときはネットで調べたり、雑誌などを買って調べることが普通ですが、これは全体の3割だけしか見れていないことをご存知でしたか?
残りの7割は流通段階にあって、一般の人が知ることもなく車が売り買いされているのです。
業者でもない限りはすべての非公開情報を見ることはできませんが、実は最近その一部だけなら見ることができるようになりました!!
現在は無料で使えることもあって、多くの人が使い始めていますから、あなたも今すぐ利用して限定情報を逃さないようにしましょう!

限定情報も見て車選びしたい方はこちら【無料】

なびくる+バナー

外車は値段も高く維持費もかかる!?

書きだしから外車に興味あるあなたの心をくじくお話ですが、必ずお伝えしなくてはなりません。

 

購入する外車の新車3年間はメンテナンスパックもあって維持修理にお金は不要です。

 

新車なら問題は3年目以降とお考えください。

 

もし2年延長パックに加入すれば新車購入から5年間は無料になるのでおススメです。

 

中古車購入の場合は、メーカー指定の定期点検で毎年4万円、5万円とかの出費があります。

 

私はどの新車も延長パックに未加入でしたので、4年目や5年目の出費は本当にグッドタイミングだなぁあ、そう思っていました!

 

⇒関連記事「中古車にこそ必要な保証継承の手続き方法」

 

グッドタイミングとはお金が必要な時に限って、点検のハガキまたは車メーターに定期点検の10月になりましたとか表示されるからです。※購入月=点検月となります。

 

メーカー名は申しませんが、メーター点検表示とハガキを1カ月以上無視していたら、なんと赤い警告ランプで「タイヤのエア漏れ」がアップ!

 

仕方なく毎年の68,000円検査を受けることに。

 

定期点検一か月前の9月に最新型タイヤに交換&窒素ガス満タンにしたばかりだったのでオカシイなぁあと思いつつも検査に出したんですが、やはりエア漏れは無かった、、でした。

 

まあ、いろいろとあるようです・・・。

 

外車の定期点検は国産車より高いのですが、問題は部品交換になった時です。

 

どんな修理部品もドイツから輸入しているので部品代が高く、更に工賃も同様にた・か・い・です。

 

ここまで外車コスト悪口の全てを書かせて頂きましたので、次からは盛り上がっていきましょう!

外車の修理を安くする方法

主要ドイツ車メーカー、アメ車の修理&整備を得意とする認定&指定整備工場が必ずあります。

 

若しくは「外車専門」、と書かれた整備工場もみかけます。

 

そんな整備工場の工賃はディーラーより安い、そして部品代金も同様です。

 

感覚的にはディーラーより数割は安いと感じたことがありました。

 

しかし、数割安い程度では外車維持が楽になるはずもありません、特にシビアな修理では。

 

もし交換部品で高価なパーツがあれば、欧米のパーツ専門店から直接購入すれば激安なのは間違いありません。

 

ご興味あれば「auto parts」で検索すれば北米やヨーロッパ通販サイトが見れます。

 

どこも購入方法はカンタンで、メーカー、車種、年式を入力することで各カテゴリー毎のパーツリストがアップされるのでクリックするだけ。

 

クレジットカード番号と住所入力すれば、約1週間ほどで届きます。

 

そんな輸入パーツ価格は輸入経費(DHLやFEDEXなど)含めても日本の1/2、1/3、1/5は普通であり、中には1/10の激安品もあります。

 

つまり日本のディーラー(輸入元)価格がどれほど高いのかに驚くのは間違いありません。

 

そんなパーツ自主購入なら、整備工場に事前承認さえもらえば問題ありません。

 

パーツの自主購入を拒否する民間整備工場はないので、安心してください。

 

私個人の経験からは、「パーツ代金は無料になる」「若しくは気持ち分だけチャージされる」そのどちらだけです。

 

余談ですが整備工場で喜ばれるのは気持ちを持参することです。

 

「今回はお世話になります。皆さんでお召し上がりください」攻撃(口撃)です!

 

日本人なので、気持ちを伝えるのは長く付き合うのにとても有効な方法です。

 

もしアナタが個人輸入するパーツがとても安いのなら、整備工場側が逆に興味を持つかもしれません。

 

次は個人輸入するとコスト高になるタイヤのお話です。

外車に安いタイヤは使えない

車整備費用は安くできても、タイヤだけはそうはいきません。

 

理由は外車(特にドイツ車)の走行&安全性能を発揮させるには、それなりのタイヤが必要になる、そうご理解ください。

 

ドイツ車も車種でタイヤサイズ多くありますが、4本で10万円、15万円、20万円、30万円など高価でも使ってください。

 

私の愛車ホンダ「N-WGN」にもミシュランを履かせているのは高い安全性能を知っているからです。※輸入タイヤでミシュランだけが軽自動車用を製造しています。

 

タイヤの詳しい内容は最後にある関連記事「コンチネンタル・ミシュラン」をお読み下さい。

 

ちなみにタイヤが一番安くいつも利用しているのはコストコです。※宣伝とは無関係です。

 

外車ディーラーの営業マンから教えてもらったので間違いありません。

 

次は、外車に関する税金の誤解を解消してください。

誤解が多くある外車の税金

たまに聞かれますのが、「外車って税金も高いんですよね?」 なんですが・・・

 

そんなことはありません。

 

自動車税は排気量基準なので外車も国産車も同じです。

 

排気量ごとの自動車税です。
※登録から13年超えると増税になるのでご注意ください。

排気量 通常税額 13年超税額 増税率%
軽自動車 10,800 12,900 19%
1リットル以下 29,500 33,900 15%
1.5リットル以下 34,500 39,600 15%
2.0リットル以下 39,500 45,400 15%
2.5リットル以下 45,000 51,700 15%
3.0リットル以下 51,000 58,600 15%
3.5リットル以下 58,000 66,700 15%
4.0リットル以下 66,500 76,400 15%
4.5リットル以下 76,500 87,900 15%
6.0リットル以下 88,000 101,200 15%
6.0リットル以上 111,000 127,600 15%

 

昔の輸入車は大排気量中心でしたが、今は中型や大型車でも2,000㏄や2,500㏄など税額が安い排気量がメインなので安心です。

 

排気量ベースの税金は国産と外車が同じでも、1つ違うところがあります。

 

同じ排気量でも、外車パワーが2割ほど勝っていて低回転からモリモリと力を出す、それは日本車と大きく違うところです。

 

同じ税金を払っても、力で勝っている外車とお考えください。

少し不明な外車の自動車保険

自動車保険には外車と国産車の区別は基本的にありません。

 

車両価格は外車が高めなので車両保険料には少し不利でも、安全性能評価は国産車より高いので引き分け若しくは外車の方が少し安い場合があります。

 

まずは保険屋さんに保険料比較で問合せすることをオススメします。

 

今でも保険会社毎に違う保険料を知らない人が多くいるようなので、まずは比較検討してください。

 

それも代理店タイプとネットタイプ数社を比較することで、安い保険料を必ずゲットできます。

 

最低でも代理店タイプとネットタイプ各3社で見積もりをすれば良い保険屋さんが見つかります。

 

自動車保険(任意保険)を安くするには、現在の保険屋さん含め比較することが最善、そうお考えください。※保険屋の回し者ではありません。

 

次は、お待たせしている安全性能に関してです。

速度制限で分かる車の性能

北米でもドイツでも感じられるのは、運転スピードが日本よりはるかに速いことです。

 

アメリカやドイツなら一般道でも100キロ走行は普通です(片側2&3車線など広い一般道)。

 

日本の道はよく整備されていても、欧米ならあまり整備されていない一般道を速く走らなくてはなりません。

 

そんな道を速く走るためは高速の直進安定性能とブレーキ性能、そして安定した旋回性能が求められます。※北米はカーブは少ないです。

 

そんな道路環境だったから今のドイツ車に至ったとも考えられます。

 

まあそれ以前にドイツ人はとても合理的な考えだからそうなのかもしれません。

 

今回は、そんなヨーロッパ各国の速度制限を中心に調べてみましたが、北米でもほとんど同じなのが分かりました。

 

各国の速度制限があまりにも似ているで1つの表にまとめてしまいました。

 

ヨーロッパ各国+北米の速度制限

走行道路 基本速度制限
高速道路 120〜130キロ
一般道 80〜100キロ
市街地 50キロ

 

これらは全て基本速度制限なので、実際はもっと速いスピードで運転しています。

 

日本と欧米で大きく違うのは一般道走行スピードであり、ほとんどの国で100キロ走行をしていました。

 

日本と比較すれば速すぎると感じるかもしれませんが、道幅が広かったり、交通量が少なければ普通に出せる、出してしまうスピードです。

 

ドイツのアウトバーンは速度無制限なので、ゴルフなど200キロ走行は日常の光景です。

欧米と日本で違う道の成り立ち

欧米と日本で車走行スピードが違うのは、道の成り立ちにも起因してます。

 

大昔から日本の道は人や荷車が通るところでしたが、ヨーロッパや北米は馬や馬車が通るために作られました。

 

それが道幅の違いとなり、人と車の通る道が完全に分けて造られ、そして走行スピード差になったのだと考えます。

 

ちなみにドイツの高速道路アウトバーンは速度無制限で知られていますが、全て無制限ではありません。

 

アウトバーン総延長約13,000キロ

 

総延長中の速度無制限区域6,000〜7,000キロ

 

アウトバーンの約半分で速度無制限が可能になっています。

 

そんなアウトバーンだからこそ交通ルールがシッカリ守られていました。

 

追い越し車線で後ろから速く迫ってきた車には必ず道をゆずるルールです

 

ベンツSやBMW7、ポルシェ911ターボであろうと後ろからくるゴルフに道をゆずるのは当然の光景、ルールであります。

 

これって日本でも守って頂きたいルールだとお思いませんか?

 

従って、追い越し車線で絶えずパッシングしながら走っている大型車は考えモノです。

外車に安全性を感じる時

昔に速いアメ車も乗っていましたが、その後ドイツ車に変更したのには理由があります。

 

車の大きさや質量で安全性をかせぐのが昔のアメ車でした。

 

従って衝突のエネルギーがボディー全体に分散られず、残りの大きなエネルギーはドライバーに来てしまう、でした(経験者は語る)。

 

ドイツ車はボディサイズに関わらず衝突エネルギーがバンパー、ボンネット、フレーム、ドア、ルーフなど可能な限り車全体で吸収するシステム、強度ある素材で衝撃分散構造となっているので安心感が全然違うと感じました、これも経験者は語るです。

 

そんな素材強度も日本車より高い、または強化素材の使用比率がとても高いので安心できます。

 

ベンツ、BMW,アウディ、フォルクスワーゲンのドアを開ければ、その瞬間からタイトなボディ感、密閉度、質量の違いを感じられるでしょう。

 

昔は意識しませんでしたが、車に使用するスティールやアルミ素材の品質や厚み、接着剤の強度と接着&溶接ポイントの多さ、部品同士のかんごう度合、もっと多くの要素が合わさって製造されているのがドイツ車だと知りました。

 

ドイツ車製造には日本車で考えられない位に手間がかかっている、製造コストが高い、そう言えます。

 

さらに高速からの強いブレーキングでは、少しずつ車体を低く沈ませながら止まるので安心感が違います。

 

ブレーキングの制動距離&停止姿勢などの性能はポルシェターボのオーナーとも同意見であり、大きな安心感につながる高性能ブレーキ、それは間違いありません。

 

サスペンションが優れているのは道の悪いヨーロッパ育ちだからでしょうか? 

 

日本の運転でも路面の凸凹を細かく追従することでショックを最小限にしてくれ、同時に路面情報を細かく伝えてくれます。

 

それら全ての要素が相まって、速く安全で長距離運転でも疲れないドイツ車だと言えます。

 

⇒時速200キロ以上走行を想定して製造された輸入車価格を確認する

ドイツ人が車維持費を安くできる訳とは

ドイツにも車検制度ありますが日本円で5千円~1万円程度しかかかりません。

 

さらに必要部分しか修理しない&部品交換しないので同様に安くあがります。

 

つまり車検も部品代金も整備費用も格安なのがドイツです。

 

そして一番に車維持費を格安にする方法は、長期保有して何十万キロでも走る、車が本当に使えなくなるまで走る、それです。

 

日本の様に短期間所有や5万キロや10何キロしか走っていないのに買い替えるなんてドイツではあり得ません。

 

1台の車に長く乗ることが購入費用&維持費を極限にまで下げる方法なんです。

 

日本でも民間整備工場と高額部品の個人輸入を使えばそれが可能になります。

 

どうですか?

 

やれそうな感じがしてきませんか?

 

日本で買う外車なら何十万キロ走行の車は見かけません。

 

そうであれば、中古外車であってもまだまだ走れる車は山ほどある、それも低価格で!

 

⇒大手中古車販売店の外車走行距離を確認する

外車維持費を安くする方法まとめ

日本車に比べ維持費が多くかかる外車ですが、その安全性と運動性能は日本車の上をいっているのを体感できれば、安い買い物!?かもしれません。

 

それが中古車なら特にです。

 

でも一番大切なのは安全性能につきます。

 

事故をしない安全システムはもちろんですが、最も重要なのは事故にあった時にどれだけドライバーを守ってくれるか、その一点しかありません。

 

アナタが素晴らしい中古外車と出会えることを願います。

 

最後までお読み頂き、本当にありがとうございました。

 

また「車の買い方【119番】」でお会いしましょう。

⇒関連記事「コンチネンタルとミシュラン」タイヤ比較

⇒関連記事「日本の洗車と海外の洗車が違うのはナゼ?」

⇒関連記事「ドイツ車は本当に事故に強いのか?」

⇒関連記事「運転しやすい左ハンドル車なら損しない」

⇒関連記事「大型の外車に乗ると良いことが一杯ある」

⇒関連記事「50代・60代の車選び!中古外車編」

⇒関連記事「年収300万円台の中古外車」!ドイツ車を買っても良い理由

 

車ローン審査の予約が始まりました!

低金利ローンは審査が1ヶ月近くと長く待たされることがありますが、今は事前に仮審査をしておくというローンがありますので、長い間審査が受かるかどうかを待つ必要がなくなります。

 

仮審査の有効期限は1年間ですから、申し込んでおいて困ることはありませんし、結局使わなくても無料でキャンセルできます。

 

いくら借りることが出来るのか5秒ぐらいで分かりますので、今すぐ確認してください。

  静岡銀行マイカーローンバナー1
あなたは車選びに自信がありますか?

良い車を購入するためには多くの中古車を比べることが必要です。

 

しかしながら、スマホでGooやカーセンサーなどを見たりしますが、これが中古車の3割しか見られないことをあまり知られていません。

 

実は残りの7割は業者間の流通段階にあり、ここも比較対象に入れることであなたの車選びを劇的に変えることができます!!

 

ただ業者ではない人が非公開情報を自由に見ることは当然出来ませんが、あなたはある車選びサービスを使うことで非公開車両を部分的に見れるのです。

 

最近は多くの方が利用していますので、次はあなたが使ってよい車選びをしてください。

 

⇒非公開車両もみて車選びをしたいならこちら【無料】