車の現金一括払いをディーラー営業マンに伝えると値引に応じてもらえないのは何故でしょうか?

 

答えはアナタがローンを使えば、ローン会社から手数料がもらえるからです。

 

ディーラー営業マンからすれば、車販売とローン手数料ダブルで利益を期待しているとお考え下さい。

 

でも&しかし、お金があるのに金利を払ってまでローンを組むなんてあり得ない、そんなアナタへアドバイスをさせてください。

 

私が経験したローンを組むメリットも併せてご紹介します。

 

あなたが知っている中古車情報は3割だけ
中古車を探すときはネットで調べたり、雑誌などを買って調べることが普通ですが、これは全体の3割だけしか見れていないことをご存知でしたか?
残りの7割は流通段階にあって、一般の人が知ることもなく車が売り買いされているのです。
業者でもない限りはすべての非公開情報を見ることはできませんが、実は最近その一部だけなら見ることができるようになりました!!
現在は無料で使えることもあって、多くの人が使い始めていますから、あなたも今すぐ利用して限定情報を逃さないようにしましょう!

限定情報も見て車選びしたい方はこちら【無料】

ズバット車販売バナー

車を現金一括購入するメリット

現金一括購入のメリットは金利がゼロであること、そして毎月の車維持費に車ローン金額を入れなくて済むことです。

 

毎月の生活費中から6万円のローンが出ると出ないのとでは大違いだと思いませんか?

 

私の経験ですが、ディーラーは現金一括購入のお客にあまり値引ができなかったとしても、店の上顧客リストにアップされる、そう感じました。

 

そうであれば、いや、そうであったからこそ、私好みの新車が発売になる度に営業マンから必ず連絡が入っていたんだ、それを覚えています。

 

新車購入した直後、半年、1年後であっても営業マンから新車情報やサービスの連絡があったので、そう思い込んでしまったのかもしれません。

 

そんな現金客=上顧客の論理があるのなら、誰より早く新車情報が入手できるのと同時に、2台目の新車は現金でもローンでも有利な値引き交渉ができる、そんな可能性もあります。

 

まぁあ、そんな2台目の値引はさて置き、あまり知られていない現金一括購入のやり方をご紹介しましょう。

現金一括での支払い方法

現金一括払いの話をしてきましたが、これら車を購入する場合の支払い方法について今一度確認してみましょう!

 

  1. 現金一括購入
  2. 借り入れ(ローン=銀行・クレジット=信販会社)
  3. 現金と借り入れの混合(多額の頭金や半金など)
  4. 金利が付かない短期支払い先延ばし(一番お得な方法)

 

最後の【金利が付かない短期支払い先延ばし】については、次の項目で詳しく説明しています。

 

さて、車購入する場合は借り入れか現金か、またはその混合かという選択になるわけですが、最適な支払い方法についてはアナタの状況によります。

 

お金があっても金利を払いたくないという方であれば当然現金一括払いという選択になりますが、お金がない場合は借り入れをする選択といった具合です。

 

ただ、お金が多少なりともあるので、有利に購入する方法を考えたいとなれば選択肢は増えます。

 

では現金一括購入での先延ばし方法など、裏技をご紹介します!

現金一括購入でお得な支払方法その1

車代金190万円を現金で払うのにメリット有る無しなんて関係無い、そう考えてはいけません。

 

現金一括購入では、納車時、または登録手続き完了時点で全額を支払うのが一般的です。

 

しかしそれは原則であり、アナタの交渉次第で数回の分割支払いにしても「現金一括購入」とされるのをご存知でしたか?

 

もちろん3回、4回ローンを組んだ訳ではないので金利はゼロです。

 

私の経験は、3回に分けての現金支払でした。

 

  • 1回目は納車時に半金支払、
  • 2回目は一カ月後に残金一部を支払、
  • 3回目は翌月ボーナス時に残金全て支払、

 

併せて3回でお願いしました。

 

その時の私は現金分割払いが必要だったので、そうディーラー側にお願いをしました。

 

ローンの車購入では金利支払いがもったいない、そう考えた私でしたが約190万円は手元にありませんでした。

 

そこで、ディーラーで車選定し値引交渉、そして支払の話になった際に現金の分割支払いのお願いをしました。

 

結果的にディーラー店長承認を得て、このようにな「現金三括払い??」の支払計画にしてもらいましいた。

 

  • 注文した新車登録手続き完了時に100万円振込む
  • 納車一カ月後に50万円振込む
  • さらに一カ月後ボーナス時に40万円振込んで完済

 

これら全てを支払終えるまでに約三カ月必要となりましたが、車検証名義人(所有者)は私の名前です。

 

支払い方法のポイントは3回全てで「何月何日に支払い実行する」、それをディーラー側にシッカリと書面で伝えることです。
※支払方法も明確にします。

 

ちなみに現金3回払いの理由は、車購入時期に新たな未確定出費が予想されていたからでした。

現金一括購入でお得な支払方法その2

実は現金一括払いにはもう1つあります。

 

中古車(国産&外車とも)もクレジットカード一括購入がそれです。

 

これも1度経験済なので誰でも使えます。

 

これが方法です。

 

  1. 中古車店にクレジットカード払いがOKかどうかたずねる(ほとんどの店でOKです)
  2. 車購入金額が決まったらクレジットカードの利用限度額を確認する
  3. 中古車購入金額がクレジットカード利用限度額以内なら1枚のカード
  4. 中古車購入金額がクレジットカード利用限度額より上なら2枚のカード
  5. もしそれでも支払に足りなければカード会社に電話してこう伝えます
  6. 「大きな買い物があるので、今月だけ利用限度額を〇〇万円に上げてください」

 

1~6まで簡単に書きましたが、問題なく普通に使える方法です。

 

アナタはそんな簡単に利用限度額アップに応じてもらえるのか、そう思っていませんか?

 

ご安心ください!

 

カード会社は信用あるアナタに千円でも一万円でも多く使ってもらいたい、そう考えているのは間違いありません。

 

私個人では車で一回、海外渡航では何十回(仕事なので)も利用限度額アップお願いをしてきました。

 

そんなクレジットカード利用では、こんなメリットもあるんです。

 

クレジットカード利用のメリットです。

 

  • クレジットカードは請求締日の翌日以降に使えば、請求は1カ月か2カ月後になってお得
  • クレジットカード利用で見たこともないような大量ポイントが付く!

 

そしてアドバイス(注意点)はこうです。

 

絶対にリボルビング払(均等分割払い)を使わない!(金利15%など超高金利なので損をする)

 

現金でもクレジットカード支払いでも便利に使える、そう思いませんか?

 

それでも現金とローン比較では、ローンだけにあるメリットが使えます!

 

次は改めて現金とローン購入の損得を考えましょう。

現金一括購入とローン支払の損得を考える

現金一括購入ならローン会社選びや金利も考える必要がなくて楽で便利です。

 

しかし、現金購入のメリットはそれだけかもしれません。

 

ローン購入では金利交渉、審査など煩わしいのですが、実は良いところもあるんです。

 

ローン金利の6%、7%とかで頭を悩ませがちであっても、車はローン元金が小さく支払い期間が3年~5年と短いために支払う金利も小さくなるのをご存知ですか?

 

例としてローン金額190万円を3年36回払い、金利7%で借りても毎月の金利部分は5千円だけです。

 

5千円はアナタが行く居酒屋のお金1.5回分ほどの金額だと感じませんか?

 

つまり現金一括購入でもローン購入でも実質的な大差はありません。

 

もしそれが住宅ローン3千万円なら、35年間も払い続けるので金利7%なら支払総額は借入金額の倍以上になるかもしれません。

 

従って住宅ローンは金利0.1%の違いにもシビアにならざるを得ません。

 

でも車なら現金やローンでもシビアにならなくても大丈夫です。

 

車購入を現金かローンにする場合、そこにあるのは精神的に「楽か」「楽じゃない」それを感じるかどうかだけなんです。

 

そうであっても、ローンか現金一括か、もう少し考えていきましょう。

車を買うとき「ローン」か「現金一括」か?

ここまでは心理的な話でしたが、実際の話としては低金利で借り入れができるならローンを利用した方が良い、そのことをことをお伝えします。

 

もし、あなたが消費者金融や消費者向けのカードローンなどを利用したことがあれば分かるように、目的がないフリーローンでは金利が年利10%超ということも珍しくありません。

 

ただ、車の場合には銀行系ローンを利用すれば年利は2%から3%と、生活全般での借り入れではとても金利が安いのです。

 

車は使っていると故障したり事故でお金がかかることもありますので、低金利で借りられるローンというのは使っておいても損はないということになります。

 

手元にお金を置いておきたいという方や他に借り入れがあって、それが金利が5%超だったりする方は銀行系の車ローンも確認しておくのはオススメです。

 

思ったよりも審査が通ることもありますから、最初からあきらめるようなことはないようにしてくださいね!

 

⇒借りられるか5秒診断できる低金利カーローンを確認してみる

販売店キャンペーン金利は必ず利用する

ディーラーのローン購入ならキャンペーン金利を絶対に利用して下さい。

 

ディーラーや中古車店がキャンペーン金利(金利値引)を実施する時期です。

 

  • 3月本決算、
  • 7月ボーナス販売期、
  • 9月中間決算、
  • 12月の年末商戦、

 

最も多くの車を売りたいためにローン金利を数%下げる、これがキャンペーン金利です。

 

車値引き交渉だけでも苦労しますが、最後の最後に行うローン金利値下げ交渉をしなくても金利が安くなっているのであれば、楽です!!!

 

そうであれば疲れを残さずにお盆休みや新年を迎えられる、そうなります。

 

この計算式を使って、金利2%、3%下がればどんな得になるか試算して見て下さい。

 

⇒簡単な車ローン返済シュミレーション

 

しかし、ディーラーや中古車店のキャンペーン金利にも敵わない金利が銀行オートローンの2%〜3%です。

 

銀行オートローン金利が一番安く、車所有権も始めからアナタ名義、従ってローン返済中でも車売却ができてしまいます。

 

そんな銀行オートローンの仮審査5分でも、本審査に時間が掛かるのを嫌い現金かディーラーローンを選ぶ購入者がとても多いのが現状でしょう。

 

しかし、審査が通れば金利負担はディーラーローンの1/2〜1/3、銀行への信用構築にもなり将来の別件融資にも効果があります。

 

実は銀行オートローンならではのメリットがありました。

銀行オートローンがとても借りやすくなる

申込みから融資実行まで約7日ほど必要な銀行オートローンでも、ほとんどの手続きはネットで完了するので店舗に出向くことはありません。

 

そんな銀行オートローンを1回でも使えば、2回目からの手続きがとても簡単になり、融資条件が良くなるのはあまり知られていません。

 

1回目のローン審査&融資実行&完済によってアナタの信用構築がなされた、だから2回目は短時間審査や金利優遇となります。

 

もし車など高額商品を現金一括購入できたとしても、それでは銀行に恩を売れません、銀行での信用構築はできません。

 

そんな銀行に恩を売る&信用構築にどんな意味があるのでしょうか?

銀行融資の全てに使える信用構築とは?

個人的に2回の銀行オートローン(昔の厳しい書類審査時代)と数回の一般融資を受けた経験でお伝えします。

 

昔も今も銀行は信用のある法人と個人を必死に探し顧客にする行動を続けています。

 

特に2000年以降からの不景気、リーマンで終わった地方銀行の法人融資、だからこそ融資できる個人顧客を求めている、そうお考えください。

 

今回は車を現金一括にするかローンかのお話でも、高額融資が楽に通れば家やビジネスなど何にでも利用できます。

 

アナタが銀行オートローンを【借りて完全返済】する信用構築ができれば、将来の起業に向けた事業資金も簡単(新規との比較)に借りられる可能性大。

 

それが2度目のオートローンなら前回よりも低金利で借りられる、それはアナタの信用構築によるモノとなります。

 

全て私個人の経験からお伝えしました。

 

ではもう一度、現金一括購入のお話に戻ります。

損な現金一括購入が選ばれる理由

車ローン購入ではローン元金が小さく(住宅ローン比較)金利も低いので、190万円の36回払いであっても、毎月の金利負担は5千円ほどだとお伝えしました。

 

そんな小さい金利負担であればローン車購入もお得であると考えます。

 

じゃあ、何故に現金一括購入をする人が多いのか?

 

それはこれら理由からです!

 

  1. 毎月ローン支払いの不便さ、

  2. そのローン支払い分を差し引いた生活になる

  3. 今までとは違う生活になってしまう、

  4. そうなると、できない&買えない&使えない、だらけになる?

 

190万円の車ローン元金と金利を併せ毎月約6万円の出費が3年間続くこと、それを今の現実に重ね合わせた結果として、現金購入に踏み切った人達も多いのではないかと想像してしまいます。
※プラス車維持費もあります。

 

現実的なローン金額+車維持費を毎月数万円とすれば、モォオー大変状態を予想してしまうのかもしませんね?

 

それであっても現金一括購入とローン購入のメリットもリスクも半々であると考えください。

 

理由は個人の価値感(含む生活)による優先順位はその人だけのモノであり、良い悪いのリスクもそれに準じるからです。

 

それでも現金さえ持っていれば・・・・

現金を持っていることの安心感とは

私個人の経験も踏まえてお伝えしたいことが最後にあります。

 

勤務してお給料をもらう生活なら毎月の生活不安や漠然とした不安はあまり感じません。

 

それは毎月25日などお給料日に決まったお金が振り込まれるのが分かっているからです。

 

フリーランサーなど自営業やアルバイトなら、毎月の収入は不安定どころかゼロ円の可能性があるかもしれません。

 

それを一言で表すと「不安」です。

 

そんな不安定な心と生活であれば、ある程度の現金を持ってさえいればしのげます、つなげられます、生きられます。

 

しつこい様ですがもう一度お伝えします。

 

「ある程度や少額の現金さえ持っていれば何とかなる」それは間違いありません。

 

そんな現金を残せる車購入なら、あとは保証を多く提供する中古車店を選ぶだけです。

 

⇒大手中古車販売店で手厚い保証の車を確認する【利用無料】

車現金一括払いのメリット有無まとめ

本当は欲しい時に、欲しいモノを買う、それが精神的にベストなのを承知していても支払は別です。

 

それは自分の精神をベストな状態に維持するための生活費=お金が優先的に必要だから。

 

従って現状生活維持を完璧にするための現金払い、または現状生活に大きな影響を及ぼさない低金利での数年ローン、その両方で考える必要があります。

 

そのどちらかを選ぶかは、今の仕事と将来の自分を想像することで答えが出ます。

 

想像とは誰もが人生で経験する転職、結婚、家族を持つ、病気や事故などです。

 

最後までお読み頂き、本当にありがとうございました。

 

また、いつか「車の買い方【119番】」でお会いしましょう!

⇒関連記事「車を現金一括で買って損をした」

⇒関連記事「中古車ならクレジットカードで買える!一時的な限度額アップとは?」

買う前にローン審査ができることを知っていますか?

低金利ローンは審査時間が長いこともあって、急に用意することが難しい場合がありますよね。

 

そのため、すぐに借り入れが出来る融資となればディーラーローンや残クレになりますが、これらは金利や総支払い金額が高くなることから、できれば避けたい借入先です。

 

ただ、これはもう昔の話で今は事前に仮審査をしておくというローンがありますので、何ヶ月も長い期間、審査が受かるかどうかを待つ必要がなくなります。

 

もしあなたが今後車を買う予定がある場合には、事前に仮審査を通しておくことで、いざというときに高い金利のローンで損をすることを防げるでしょう。

 

仮審査の有効期限は1年間ですから、申し込んでおいて困ることはありませんし、結局使わなくても無料でキャンセルできます。

 

「審査に時間を取られたくない方」や「高い金利を払いたくない方」は、いくら借りることが出来るのか5秒ぐらいで分かりますので、今すぐ確認してください。

  静岡銀行マイカーローンバナー1
気づいていましたか?
『あなたが良い車を見つけられない理由』

あなたは車選びをしたときに、「良い車がないなぁ・・・」と思ったことはありませんか?

実はこれ、考えてみれば当然のことであり、良い中古車はすでに買われてしまって、あなたは売れ残りのリストを見ているようなものなのです!

中古車を探しているのは、あなただけでなく、しかも一般の人以外にも業者や、また世界的に見ても日本車は人気がありますので、海外の人や業者も目を光らせているわけです。

こういった状況で出来ることといえば、他の人に買われる前の車情報を見て車選びをするしかありません。

流通前の車情報を見ることは、過去において業者だけの特権だったのですが、現在ではその一部をあなたも見ることが出来ます。

もしあなたが車選びで失敗したくないということならば、市場に出回る前の非公開情報を確認して、良質な情報で車選びをしてみてください。

今すぐ「非公開車両」から良い車を探す【無料】

中古車探しサービス

なお、ネット完結で車選びをすることもできます。今の時代は電話でやり取りするのは何かと面倒ですものね^^;

⇒ネットだけで車選びをしたい場合はこちら【無料】