注文した新車がディーラーに届き登録完了との連絡あり!

 

数日内に納車と思いきや、なんと3週間も待たされて月をまたいでしまった。

 

9月納車予定が10月になったことで、自動車税1ヵ月分を損をしてしまうし、車も1ヵ月分年を取ってしまった。

 

これっとクレームにならないのでしょうか?

 

そんな問題の原因と対策を考えて行きましょう!

 

⇒関連記事「絶対にダメ営業マンから車を買ってはいけません!」

⇒関連記事「車購入の良し悪し全ては営業マンで決まる!」

大問題は車が1歳年を取ること

9月登録で10月納車なら、車に乗れてない一カ月分の自動車税の損失だけで済むかもしれません。

 

それが12月登録で翌年1月納車なら、平成29年登録車は30年度納車なら1歳年を取ってしまい、将来の売却価格への影響は必至です!

 

そんな1カ月、1年の価値が下がらない注文方法を確認して下さい。

車登録と納車に日数がかかる理由

製造から6カ月以内の新車であれば陸運局に持ち込まないで種類だけで登録完了します、、それも書類手続き代行を使いながら。

 

登録が午前中なら最短で午後にはナンバーが取れて納車、、それが最短となります。

 

しかし、忙しい時期では納車の準備のボディ保護コーティング落とし、装備取付、付属品などで時間がかかり、納車遅れの主要因になるとお考え下さい。

 

従って、登録(ナンバー取得)から納車まで10日前後かかるのは良く見ます。

車販売ノルマの納車遅れとは

営業マンが売上ノルマ達成に必死なのはどこのディーラーでも同じです。

 

車を買う側のアナタは契約した9月登録よりも翌月10月登録の方が1カ月間の得をしますが、営業マンとしては、なんとか9月の売上にしたい、ノルマがぁあ、、それが本心でしょう。

 

「絶対販売ノルマを達成するために9月内の登録必至」、これが営業マンです。

 

そんな勝手な理由で車の価値が少し下がり、自動車税の1カ月分を損してしまうなんて・・・。

 

そんな損を営業マンにぶつけたとしても、、こんな返事が一般的でしょう。

 

  • 「納車時期は注文書に明記されていません」
  • 「車登録時期は9月と言いましたが、確実な納車時期はお伝えしていません」
  • 「納車時期の明記が無い注文書にハンコが押してあります」

そうです、ほとんどの営業マンはこのスタイルで逃げ切りますね!

 

真面目に腹が立ちますが、契約内容が最優先されてしまう世の中なんです。

車登録月と納車月を揃える方法

アナタに時間的な余裕があれば、営業マンに対して「車登録と納車月を揃えて欲しい」、それが車購入条件と伝えて下さい。

 

それだけ言えば、営業マンの販売ノルマによる月内登録だけ、、は避けられます。

 

そして、それが12月であったら1月登録&納車とするだけで、最新年式の車が手に入りますね?

 

これは10万円ゲットしたことにも匹敵するでしょうし、おめでたいことです!

本当に良い営業マンと出会う

何かディーラー営業マンの悪口ばかり書いてしまいましたが、みんな売上アップ、最低でも売上維持するのに事業部長、店長みんな必死なの分かりますね?

 

そんな販売に必死な人達の中には、とても素晴らしい人、お客の中でもアナタにマッチした、顧客思いの営業マンに出会えれば最高です!

 

私は十数台以上の車を保有しましたが、購入に際してほとんど多くの営業マンは口だけ、買う時だけの営業手法であり、その後のお付き合いはありませんでした。

 

でも&しかし、そんな中1人だけは不定期に連絡をもらえ、親身に相談に乗ってくれています。

 

車は好きで乗っていても、基本は素人であり、プロからのアドバイスは本当に助かるものだなぁあ、そう何回も実感した記憶があります。

 

今は中古軽なので、その営業マンから車は買っていませんが、それでも年に数回は連絡し合う仲間、それが継続されているのがウレシイ、そう思います。

 

最後までお読み頂き、ありがとうございまました。

 

また「車の買い方【119番】」でお会いしましょう!

あなたは車選びに自信がありますか?

良い車を購入するためには多くの中古車を比べることが必要です。

 

しかしながら、スマホでGooやカーセンサーなどを見たりしますが、これが中古車の3割しか見られないことをあまり知られていません。

 

実は残りの7割は業者間の流通段階にあり、ここも比較対象に入れることであなたの車選びを劇的に変えることができます!!

 

ただ業者ではない人が非公開情報を自由に見ることは当然出来ませんが、あなたはある車選びサービスを使うことで非公開車両を部分的に見れるのです。

 

最近は多くの方が利用していますので、次はあなたが使ってよい車選びをしてください。

 

⇒非公開車両もみて車選びをしたいならこちら【無料】