アナタの愛車を中古車オークションに出すかどうか検討されているんですか?

 

中古車オークションでの車売却や購入すれば、買取&販売業者を通すよりも15%前後、または数十万円はお得になると考えられています。

 

そんなオークション車取引量は、日本全体の40%から45%を占めている程に盛んであり、毎日どこかの会場で行われています。

 

でもどうしてオークションがもっと一般ユーザーに利用されないのでしょうか?

 

それはプロすぎる業者の世界、プロがしのぎを削りながらの世界であるが故の高いリスクが存在するからです。

 

一般人がオークションに参加する「メリット」よりも「リスク」が大きい、得より損をする確率が高いからなんです

 

中古車オートオークションの恐ろしい現実を知ってください!

 

あなたが知っている中古車情報は3割だけ
中古車を探すときはネットで調べたり、雑誌などを買って調べることが普通ですが、これは全体の3割だけしか見れていないことをご存知でしたか?
残りの7割は流通段階にあって、一般の人が知ることもなく車が売り買いされているのです。
業者でもない限りはすべての非公開情報を見ることはできませんが、実は最近その一部だけなら見ることができるようになりました!!
現在は無料で使えることもあって、多くの人が使い始めていますから、あなたも今すぐ利用して限定情報を逃さないようにしましょう!

限定情報も見て車選びしたい方はこちら【無料】

なびくる+バナー

オークション代行業者は責任を持たない

オートオークションに参加するには代行業者を頼むしかありません。

 

しかし、車購入&売却どちらのオークション代行でも業者には一切責任が伴いません。

 

ミスによる事故車購入や予算より高く競り落しても、いつも故障ばかりする車であっても責任は代行業者には問えません。

 

それがルールなんです。

 

オークション代行で車購入する場合のメリットは1つだけ「車を市場価格より安く買える」、それだけです。

 

そして車をオークション売却するメリットも1つだけあり、「車買取店よりも高く売れる」、です。

 

代行業者は、近所の修理工場経営者だったり、改造車専門店のお兄さんだったりと以外に近くにいます。

 

つまりそんな車関係業者が片手間=アルバイト感覚でやっているのが中古車オークション代行なんです。

オートオークション代行との決め事とは

そんなオートオークション代行で車を探してもらう場合は、こんな決め事と内容で進むとお考え下さい。

 

  • 車の車種と装備と色そして金額的な条件を決める
  • 車の画像はネットで見ることはできる
  • 試乗や実物確認は出来ない
  • 購入決めても実物が届くまで良いかどうか不明

 

これから分かるのは、アナタのアバウトな希望と予算だけで購入を決め、そして支払わなけらばならない、そんなリスクがあることです。

 

代行業者には、そんなリスクをヘッジする際に決めの一言があります。

 

それは、、「もし乗って見て、ちょっとオカシイと思うとこがあれば修理するよ」・・・

 

なんですが、修理にはまたお金が必要であり、大修理の可能性も想定する必要があるでしょう。

 

もし安く車が買えたとしても、これらリスクがアナタに取って相当のストレスとなるのは間違いありません。

 

  • アナタ自身が直接に車を見れない、
  • 車に触れられない、
  • 車に試乗できない、
  • 購入後に自費で修理が必要かもしれない、

 

安く車を買いたいと思っても、高額なオークション参加料、代行手数料、陸送費までの支払いを考えれば、成功より失敗の確率が高いかもしれません。

オークションで車売却するリスクが怖い

アナタの車が人気車=需要が高い車ならオークション売却にピッタリです。

 

買取専門店より数割は高く売れる可能性が大であると言えます。

 

しかし、こんなに大きなリスクも同にあることをご存知でしたか?

 

  • 初めてのお願いする代行業者をどれだけ信じられるのか?
  • 信頼ある有名な代行業者を探す必要がある
  • オークションでの車売却率は40%~50%と低い現実
  • 車が売れなくても高額な代行費用を負担しなければならない

 

そんな車売却でのオークション代行費用比較です。

オークションの車売却代行費用に驚く!

平均的なオークション代行の関係費用をご覧下さい。

費用 有名A社 有名B社
代行手数料 35,000円 50,000円
出品料 10,000円 10,000円
成約料 10,000円 10,000円
陸送費 地域による 10,000円
合計 55,000円 80,000円

 

これら高額費用かけても売却可能な人気車であればオークション利用も問題ありません。

 

しかし、不人気車、高年式車など売却見込み額が50万円以下であれば、オークション利用することがリスクになる可能性がとても高くなります。

 

逆に、安い車を購入する際にも代行手数料他が高過ぎるので意味がありません。

 

それでも、オークションやりますか? 

 

ここではオークション代行での車売買を否定している訳ではありません。

 

大切なのはアナタが損をしないで得をすること、だからお伝えしています。

これでもオークション代行を頼めますか

車売買で得をする可能性は信頼できるオークション代行を見つけるだけです。

 

もしとても安価で良いオークション代行業者が見つかったとしても、車売買が成立なら損するのは間違いありません。

 

万が一の際にはこれら問題を受入れる覚悟が必要です。

 

車購入の場合

  • オークション代行費用等が必要
  • 購入された車に故障があっても保証がない
  • 万が一の事故車購入でも自己責任の範ちゅう
  • 指し値上限を超えた買い付けの可能性あり

 

車売却の場合

  • オークション代行費用等が必要
  • 売却不成立では再度の代行費用等が発生する
  • 万が一の売却不成立の可能性(約46%前後)

 

これらリスクを考えてからオークション参加&不参加を決めてください。

 

もし最小リスクで安心&安全な車を選ぶのであれば、大手中古車専門店や一括査定となるでしょう。

 

理由はオークションより高くても、事故車は100%無い、メーター巻き戻しもない、あるのは保証だけ。

 

⇒大手中古車販売店の保証内容170項目以上を確認する

中古車オークション代行での損得まとめ

記事を書きながら再認識したことは、オートオークションでの車売買ではこれらリスクが高過ぎることです。

 

  • オークション代行費用が高過ぎる
  • 事故車購入しても代行業者に一切の責任がおよばない
  • 売却&買取不成立でも手数料を払う
  • 売却不成立の可能性46%前後
    ※手数料2回支払う場合もあります。

 

これって素人相手の往復ビンタ的ビジネスかもしれません。

 

結論は素人が参加する世界ではない、です。

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

また「車の買い方【119番】」でお会いしましょう。

あなたは車選びに自信がありますか?

良い車を購入するためには多くの中古車を比べることが必要です。

 

しかしながら、スマホでGooやカーセンサーなどを見たりしますが、これが中古車の3割しか見られないことをあまり知られていません。

 

実は残りの7割は業者間の流通段階にあり、ここも比較対象に入れることであなたの車選びを劇的に変えることができます!!

 

ただ業者ではない人が非公開情報を自由に見ることは当然出来ませんが、あなたはある車選びサービスを使うことで非公開車両を部分的に見れるのです。

 

最近は多くの方が利用していますので、次はあなたが使ってよい車選びをしてください。

 

⇒非公開車両もみて車選びをしたいならこちら【無料】