免許取ってから数年経過、いろいろあって苦手な車を買って運転しなくてはなりません。

 

何をどうして車を選べばいいんでしょうか?

 

本当は新車じゃなくても良いのでしょうが、資金源のスポンサーから、「どうせなら新車にしなさい」、そんな一言があればそうせざるを得ません。

 

どんな車を選んで、何をどうしたら安全運転につながるんでしょうか?

 

お答えします!

 

そんな今回は、ご希望により「新車編」をお届けします。

 

あなたが知っている中古車情報は3割だけ
中古車を探すときはネットで調べたり、雑誌などを買って調べることが普通ですが、これは全体の3割だけしか見れていないことをご存知でしたか?
残りの7割は流通段階にあって、一般の人が知ることもなく車が売り買いされているのです。
業者でもない限りはすべての非公開情報を見ることはできませんが、実は最近その一部だけなら見ることができるようになりました!!
現在は無料で使えることもあって、多くの人が使い始めていますから、あなたも今すぐ利用して限定情報を逃さないようにしましょう!

限定情報も見て車選びしたい方はこちら【無料】

ズバット車販売バナー

ペーパードライバーの新車選びはこれ!

小型、四角形、少し背が高い、視覚的&感覚的に運転しやすい車を選ぶ!

 

その車種は軽自動車や小型車のワゴンタイプ、それしかありません。

 

予算が許すのなら、普通小型車の方が装備される自動ブレーキのレベルも高く、もしもの危険な状況になっても対応可能です。

 

軽自動車なら現在発売中にホンダ、N-BOXシリーズなら最新安全装置が全て標準なのでとても便利です。※関連記事参照

 

今回は運転初心者の車選びと安全運転に大切な安全ドライビングポジションのお話を中心にします。

安全運転ベストポジションの重要性

運転しやすいベストポジション確保、それと同時に最大視界確保がペーパードライバーの事故率を大きく下げることに役立ちます。

 

ベストポジションを設定するには、それなりの装備があるかどうかをまず確認しましょう!

 

アナタが教習車で車に乗っていた頃を思いだして下さい!

 

車の長さと幅、前後左右が広すぎて車体感覚がつかめない、どこで脱輪しそうなのか、ブツカリそうなのか、内輪差で車体後部をこする、、そんな恐怖を思いだしませんか?

 

それは坂道発進の次に恐怖だったかもしれません。

 

そんな話をする私は路上教習で土手道を走る度に、教官から「左側のタイヤが脱輪しそうだぞ」、そんな注意を度々されていました。

 

そりゃあ、教官は生徒と一緒に土手から落ちたくなんかありません。

 

まぁあ、結果として教習所は中途退学し、海外で免許取得してしまいましたが・・・。

 

従いまして、経験が必要な都内の縦列駐車が今でも苦手なんです!

ベストポジションに必要なハンドル調整機能

ハンドルがアナタの体形で操作しやすい場所にあるのは安全運転に必ず必要です。

 

ハンドルには2つ調整機能があります。

チルト機構

ハンドル位置を上下に調整します。
上なら胸元の方へ、下なら膝の方と動かせる機能。

テレスコピック機能

ハンドルを前後に調整します。
前ならメーターの方へ、後ろならドライバーの方へ動かせる機能

 

これら安全運転に必要な2つのハンドル調整機能ですが、特にテレスコピック(ハンドル前後移動)を装備している車は少ないのが現状です。

 

従って、テレスコピックが無ければ、シートを前後させてベストポジション確保しなければなりません。

 

もし軽自動車であればチルト(ハンドルを上下移動)も装備されていない可能性もあるので、それらハンドル位置調整は新車選びの基準、安全運転ポジションを得る基準であると覚えて下さい。

ベストポジションに必要なシート調整機能

ハンドル位置に合わせシート調整ができれば、ベストなドライビングポジションの完成です!

 

シートは前後、上下に動かせますが、軽自動車や一部の車種にはシートを上下させる機能がありません。

 

車は選べてもアナタの体系は変えられません。

 

そうであればベストポジションを得るためのシート機能が備わっているかどうかを初めに確認しましょう。

 

シート調整方法をご覧下さい!

正しい座り方

シートに座り腰後ろの隙間を埋めるように深くシッカリ腰かけることが一番大切です。

 

そうすれば万が一の衝突でも身体がシートベルトの隙間から抜け出てしまう事故にはなりません。

正しいシートスライド(前後)調整

まずブレーキペダルに右足を乗せてながらペダルを一番深くまで踏んでも、アナタの膝が伸びきらない位置までシートを前に動かしながら合わせます。


もしブレーキを踏み込んだ状態で足が真っ直ぐ伸びきっていて、膝関節に余裕がなければ、万が一のブレーキングでは膝をヒドク痛めてしまいます。

バックレスト(背もたれ)の角度調整

背もたれ位置は、両手をハンドルに置きながらでも肘の曲がり方に余裕がある位置がベストポジションであり、そうすれば万が一のシートベルトの効果も十分に得られます。

 

背もたれの位置によって、アナタの身体がハンドルから近すぎても遠すぎてもダメ、そうご理解下さい。

 

新車を購入するアナタには基本のシート調整を多く書きましたが、これらシートポジションが運転リスクを軽減し、万が一の事故でもアナタを守ってくれます!

ベストポジションが取れない車は選ばない

新車ディーラーでは出来るだけ多くの車にトライ、試乗することが大切です!

 

デザイン優先の車選びではなく、アナタが必要とする機能を有し、運転しやすい車を選んで下さい!

 

ペーパードライバーの車選びに最優先されるのは、安全性と運転のしやすさ、それしかありません。

 

その運転しやすさには、アナタの体系と車のマッチングがあるので必ず運転席に座り、気に入れば試運転は絶対にしてください。

 

もしカッコイイ好みのデザインであっても、シート&ハンドル調整機能が少なかったり体系に合わなければダメです。

 

デザインはイマイチでも、乗って見たら、ベストドライビングポジション確保、視界が広く、車の前後左右のサイズ感覚もつかみやすい、そんな車なら安全です。

ペーパートライバーの新車選びまとめ

昔、N社で大人気のステーションワゴンにビックリしたことがありました!

 

その車はフロントガラスが顔のすぐ側にある、その圧迫感、息苦しさ、万が一の衝突事故ならエアバッグ作動しても頭をガラスにゴン、そんなモデルでした。

 

今であれば、そんな不自然な危険なドライビングポジションは絶対に認められません。

 

やはりどんな車も試乗しなければ、安全性も使いやすさもわりません。

 

理由はハンドルとシートの調整機能もありますが、車がアナタの体系にフィットしているかどうかです。

 

ハンドルのチルトとテレスコピック機能、シートの前後&上下調整があれば、小柄な女性やハンディある方にも必ず有効となります。

 

それら機能のある車であっても、時間かけての調整をしてから試乗してください。

 

良くある車初心者のコメントに、お店の人を待たせては申し訳ない、だから簡単な調整だけで出発する、そう聞きます。

 

ダメです。

 

高いお金で購入するなら、安全第一の車ならハンドル&シート調整は完璧にしなくてはなりません。

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

また「車の買い方【119番】」でお会いしましょう!

 

⇒関連記事「車購入!年収に対し問題ないローン支払額」

 

関連記事「新型N-BOXカスタム試乗でショックだったこととは」

 

⇒関連記事「ペーパードライバー初めての車選び!中古車編」

 

低金利で車を買いたい人だけみて!
車を買う時に「低金利ローンの審査が厳しいのであきらめる・・・」、ということがあります。
でも、これが無駄にお金を払うことになると知っていますか?
低い金利で借りられるのに、わざわざ高い金利を払っていることもあるのです。
このような損をしない為に、審査が不安でも低金利ローンから考えなければなりません。
ネットで低金利ローンが借りられるか今すぐ分かるので確認してください。

5秒診断で借りられるかチェックする

気づいていましたか?
『あなたが良い車を見つけられない理由』

あなたは車選びをしたときに、「良い車がないなぁ・・・」と思ったことはありませんか?

実はこれ、考えてみれば当然のことであり、良い中古車はすでに買われてしまって、あなたは売れ残りのリストを見ているようなものなのです!

中古車を探しているのは、あなただけでなく、しかも一般の人以外にも業者や、また世界的に見ても日本車は人気がありますので、海外の人や業者も目を光らせているわけです。

こういった状況で出来ることといえば、他の人に買われる前の車情報を見て車選びをするしかありません。

流通前の車情報を見ることは、過去において業者だけの特権だったのですが、現在ではその一部をあなたも見ることが出来ます。

もしあなたが車選びで失敗したくないということならば、市場に出回る前の非公開情報を確認して、良質な情報で車選びをしてみてください。

今すぐ「非公開車両」から良い車を探す【無料】

中古車探しサービス

なお、ネット完結で車選びをすることもできます。今の時代は電話でやり取りするのは何かと面倒ですものね^^;

⇒ネットだけで車選びをしたい場合はこちら【無料】