アナタ1人の車であれば中古の軽自動車が一番楽になる、その理由を確認してください!

 

個人的な感覚ですが、車はどんなに高くても乗り出し50万円から90万円以内で、3桁は絶対に超えたくありません。

 

アナタが50歳代でなくても、1人か2人生活での車選びキーワードは;

 

  1. 最小コストの車
  2. 最小コストの税金
  3. 最小コストの燃費(可能なら)
  4. 最小コストの維持費(タイヤなど交換パーツの安さ)
  5. 最大と考えられる安全性能
  6. 最小コストの車でも最大の有効空間

 

これら条件で2つか3つあれば合格なんでしょうが、ほとんど全てをカバーするのは5年落ち以内の軽自動車しかありません。

 

軽自動車の実用性や観念的な部分も併せてお伝えします。

 

読み時間は2分半です。

 

あなたが知っている中古車情報は3割だけ
中古車を探すときはネットで調べたり、雑誌などを買って調べることが普通ですが、これは全体の3割だけしか見れていないことをご存知でしたか?
残りの7割は流通段階にあって、一般の人が知ることもなく車が売り買いされているのです。
業者でもない限りはすべての非公開情報を見ることはできませんが、実は最近その一部だけなら見ることができるようになりました!!
現在は無料で使えることもあって、多くの人が使い始めていますから、あなたも今すぐ利用して限定情報を逃さないようにしましょう!

限定情報も見て車選びしたい方はこちら【無料】

なびくる+バナー

年齢と環境で車は変更せざるを得ない

生活環境は目に見えない程度の早さで絶えず変化している、そう気付くのは少し大人の年齢になってからです。

 

我々はリアルタイムの環境変化は感じにくく、それを客観視、理解するのは時間経過した後にしか分からない、比較ができません。

 

アナタの車は昔の家族構成のまま、あの時のままではありませんか?

 

毎年5月に自動車税納付書が届くたびにもったいない、車を無くそう、変えよう、そう思うのはアナタだけではありません。

 

でも、何故か車を失くしたくない、変えたくない、それが出来なくて時間だけが経過してしまう。

 

その理由は、何となく保持している車でも愛着があるから、必要だから役立つからです。

 

でも大きな車、5人乗りの乗用車が不要なのは感じている、だからアナタにお伝えします。

車を乗りかえるには理由が必要

車を乗りかえるのなら、今より安全で燃費が良くて、小型の安い車しかありません。

 

昔に良く言われた「車が10年落ちになったら年車検になる」、それを気にすることはありません。

 

今は、新車以外は全て2年車検だからです。

 

ただし、13年年過ぎたら普通車は税金1割増しになってしまうのでご注意下さい!

 

従って、アナタが気にしなければならないポイントを知ってください!

 

  • 毎年5月の自動車税、
  • 燃費、
  • 必要最低減の安全装置がない、

 

それだけです。

 

それらに共通のキーワードは「お金」「安全」、それを次でお伝えします。

中古軽自動車が50代のコストを下げる

中古軽自動車だけが車購入費用と維持コストが安くで済む、それが理由です。

 

軽自動車税は¥10,800で普通車の1/3前後、燃費はそんなに良くはありませんが実燃費15キロ〜20キロ/リッターは走ります。

 

ここ数年の軽なら安全装置付なので自動ブレーキ、誤発進抑制機能などもあり任意保険の安さにもつながるようになっています。

 

まあまあ、悪くはないと思いませんか?

 

その、まあまあ、には意味があります。

 

車は便利ですが、そんな性能、安全性だけではツマリマセン。

 

そこで、次に来るキーワードは「楽=楽しむ=楽ちん」です。

 

楽を意味する軽自動車の条件はこうです。

 

  • 楽に疲れず運転できる高目の着座位置(視点)の車、
  • 長3.4m x 幅1.48m x 高2.0m以内の車最小サイズ
  • 最小回転半径4.0m前後
  • フロントが短く、前後左右が目視できる車(多種のミラー利用)、
  • 後部座席が有効に使える車、

 

軽自動車が一番楽に運転できて、維持管理が安い、使い勝手が多い、それは間違いありません。

 

人気で値下がりしにくい中古軽でも、不人気色を選ぶだけで価格は1割から2割下がります。

 

そんな不人気色はメーカーカタログの一番最後に出て来る車(色)であり、逆に人気色はカタログ表紙に使われています。

 

もし同条件で価格が変わっていなければ、値引交渉する余地は十分にあるとお考えください。

軽自動車は小さくても最大に楽しめる

軽は世界最小であっても、普通小型車より大きな有効スペースがある、だから楽しめます。

 

軽自動車荷室は平面で構成されているので四角い箱として使える、最大効率で使えます。

 

軽ワゴンなら後席を折りたためだけで、長さ約190㎝、横幅135㎝、高さ140㎝近い空間が出現します。

 

  • 面積的には畳1枚より広い、
  • 寝れる、
  • ちゃぶ台置ける、
  • 軽作業が出来る、
  • 2人位なら寝れる(少しキツイ)、
  • 何でもできても普通小型車より小さい、

 

私は趣味のロードバイク2台積んで出かけますが、釣りや読書で使っている人達も多く見かけします。

 

ただし、車内泊にはそれほど適しません。

 

車に合わせた小さいバッテリーなので、長時間のエアコンつけっぱなしが苦手です。

 

もし、旅行も軽自動車でするのなら、予備バッテリーは必需品です。※予備バッテリーサイズは20㎝四方で重さ数キロです。

 

しかし、真夏、真冬はやはりムズカシイかもしれません。

 

まとめ前の結論としましては、安くて、小さいのに、使用方法は無限、それが軽自動車であるとお考え下さい。

中古軽自動車と決める前に一言

数日前もロードバイクで川沿いの自転車道を走っていました。

 

関東近辺どの自転車道とその近辺を走っていても目に入るのが「停車中の軽自動車(含むセダン)」です。

 

  • 車内で新聞や本を読んでいる人
  • 音楽を聞いている様に見える人
  • 寝ている人
  • 何かドリンクを飲みながらぼーっと外を眺めている人
  • 車の外で体操したり、離れた場所で釣りをしている人
  • 車だけあって、ドライバーがどこか不明(周囲に施設はなにもないのに)

 

ロードバイクで走りながらそんな多くの人達を見ると、独りも悪くない、独りでも時間の過ごし方はいくらでもある、そう感じます。

 

そんな独りを過ごす&過ごせる車の中は丁度良い個室空間だとも感じます。

 

安全で丁度良い個室空間、誰を気にすることもない、人の視線もない、ない&無いのお独り様専用。

 

独りの時間にでも、たまの集団行動にでも、仕事にでも、自由に安いコストで使えるのが軽自動車です

中古軽自動車のまとめ

若いころは速い車、カッコイイ車、大きな車、それらが車選びのキーワードだった時代がありました。

 

今の50歳代は周囲の目より、今自分がどうあるか、どうしたいか、どうすれば良いのか、それら模索中の人達ばかりです。

 

したがってアナタは何も特別でも、変わってもいません、私も含めて。

 

そんな時代の変化の中で、徐々に人気が高まり、日本の車登録台数の半分が軽自動車である現実は偶然ではありません、必然です。

 

ワタシも、アナタも、ダレかも、似たような方向感覚と価値感があるから軽自動車を選ぶ、それもあまりコストかけない安い軽が人気、それを結論とさせて下さい。

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

また「車の買い方【119番】」で会いましょう!

 

⇒関連記事「中古エブリイワゴンがとっても乗りやすい理由」

⇒関連記事「軽トラックと軽自動車は日本最高の車」

⇒関連記事「トヨタ新型カムリはアメリカ専用!?だから日本で不人気」

⇒関連記事「2017年、最新軽自動車を安全装置ランキングで選ぶ」

⇒関連記事「13年経過で増税になる自動車税と重量税がキツイ!」

 

低金利で車を買いたい人だけみて!
車を買う時に「低金利ローンの審査が厳しいのであきらめる・・・」、ということがあります。
でも、これが無駄にお金を払うことになると知っていますか?
低い金利で借りられるのに、わざわざ高い金利を払っていることもあるのです。
このような損をしない為に、審査が不安でも低金利ローンから考えなければなりません。
ネットで低金利ローンが借りられるか今すぐ分かるので確認してください。

5秒診断で借りられるかチェックする

あなたは車選びに自信がありますか?

良い車を購入するためには多くの中古車を比べることが必要です。

 

しかしながら、スマホでGooやカーセンサーなどを見たりしますが、これが中古車の3割しか見られないことをあまり知られていません。

 

実は残りの7割は業者間の流通段階にあり、ここも比較対象に入れることであなたの車選びを劇的に変えることができます!!

 

ただ業者ではない人が非公開情報を自由に見ることは当然出来ませんが、あなたはある車選びサービスを使うことで非公開車両を部分的に見れるのです。

 

最近は多くの方が利用していますので、次はあなたが使ってよい車選びをしてください。

 

⇒非公開車両もみて車選びをしたいならこちら【無料】