人気のC-HRは当初よりも生産能力アップされていますが、最新2017年8月の納期でも3カ月前後は必要です。

 

そんな中で、大人気ハイブリッドを選ぶのであれば更なる納期が予想され、そんなに待ってもらえるのでしょうか?

 

C-HR発売当初(2016年12月から2017年3月)は月間生産目標6,000台だったところへ、48,000台もの受注台数していていましたが、その頃よりは納期もましになったと聞きます。

 

このサイトでは、人気C-HRはターボかハイブリッドのどちらを選ぶべきなのかを性能、使い勝手と最新納期、そして未使用車や中古の選択も入れてお考え下さい。

あなたが知っている中古車情報は3割だけ
中古車を探すときはネットで調べたり、雑誌などを買って調べることが普通ですが、これは全体の3割だけしか見れていないことをご存知でしたか?
残りの7割は流通段階にあって、一般の人が知ることもなく車が売り買いされているのです。
業者でもない限りはすべての非公開情報を見ることはできませんが、実は最近その一部だけなら見ることができるようになりました!!
現在は無料で使えることもあって、多くの人が使い始めていますから、あなたも今すぐ利用して限定情報を逃さないようにしましょう!

限定情報も見て車選びしたい方はこちら【無料】

なびくる+バナー

どのモデルを選べば少しでも早く手に入るのか

2017年8月の納期は約3カ月前後ですが、ガソリンではなく人気のハイブリッドを選べば更に1カ月必要だと判明しました。

 

どんなモデルがあったか参考にご覧下さい!

 

C-HRスペック&価格

グレード S     /     G S-T     /     G-T
パワートレーン  1.8L直4+モーター
98PS / 53KW
 1.2L直4ターボ
116PS / 18.9KG
駆動方式  FF  4WD
車両重量  1,440KG  1,470KG
トランスミッション 無段変速 CVT
JC08  30.2Km/L  15.4Km/L
 価格  264万6000円(S)

290万5200円(G)

 251万6400円(S-T)

277万5600円(G-T)

 

現状では、納期が早いガソリンを選べば秋口の行楽は確かですね!

C-HRモデルごとの注意点とは

人気のハイブリッドのメカはプリウス譲りなので、ゼロ発進のパワー、そしてEVの静粛走行+燃費、、は魅力ではありますが駆動はFFしかありません。

 

FFは雪の多い地域でも安定して走れますが、悪路走行ではいささか不安が残ると言わざるを得ません。

 

ガソリンの方はと言えば、伸びの良さと、オーリスでは実現できなかったレギュラーガソリン対応もウレシイ点!

 

さらに4WDターボなので悪路でも雪道でもどんと来い、その感覚がたまりません!!!

 

スポーツ志向好みと言えるモデルです。

 

購入での注意点としましては、駆動方式のFF/4WDで選んでしまうとパワートレーンが決まってしまうので、悩む必要がありそうです!

 

あと、不思議なんですが、C-HRは何回見ても、飽きません。

 

個人的に、普通のトヨタ車は直ぐに飽きてしまうのに、C-HRは欧州輸出もされるので、デザインには巨額のお金をつぎ込んだと、それしか考えられません、、イイんです!

 

もう1点は、ダウンサイジングターボなので乗り味は普通なのですが、ボディ剛性が高く感じられ、やはり欧州輸出を意識している、そう感じてしまいました。

機能装備では上級グレードがお得!

グレードのSとGを比べると、Sでも満足するのに、Gはもっと豪華なので価格差25万円も納得しました。

 

Gに装備される本革シート、LEDランプよりも、予防安全措置のブラインドスポットモニター、クリアランスソナー&バックソナーは安全運転には素晴らしい装備です。

 

ただし、S&Gどちらも、オーディオとナビはディーラーオプションなので、カー用品店で安いモノを探さなくてはなりません、、ディーラーは高いから。

 

ちなみに、SグレードとGグレードの基本装備を比較して下さい!

 

S & S-T 基本装備
17インチアルミホイール
ハロゲンランプ
スマートエントリー
フェンダーライナー(フロント)※前後欲しい

 

G & G-T には以下の装備も追加される
18インチアルミホイール
フェンダーライナー(リア)
ピアノブラック&メッキモールディング
車名表示イルミネーション(足元)
ハーフレザーシート
電動ランバーサポート
内装ピアノブラック

 

やはり、ナビとオーディオはどこかで入手しないとデートには使えません。

C-HRを中古(未使用車)で買えばどうなる

未使用車レベルの走行距離10Km以内が市場にあり、1週間程で手に入るでしょう。

 

ただし、価格は新車と同等か、少しプレミアがついているのが現状です。

 

もしノーマル装備、オプションが少ない未使用車であっても、ディーラーにはドレスアップパーツが豊富、そしてカスタマイズパーツには人気のモデリスタあり、相当に楽しめる、それは確実に言えます。

 

もちろん好みはありますが、C-HRの全8色はどれも人気であり、将来の売却時であっても色による買取価格差は小さい、そう考えられるでしょう。

 

C-HRは久しぶりに見た、デザイン性がとても高い車、、それを最終的な感想とさせて頂きます!

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

また「車の買い方【119番】」でお会いしましょう!

あなたは車選びに自信がありますか?

良い車を購入するためには多くの中古車を比べることが必要です。

 

しかしながら、スマホでGooやカーセンサーなどを見たりしますが、これが中古車の3割しか見られないことをあまり知られていません。

 

実は残りの7割は業者間の流通段階にあり、ここも比較対象に入れることであなたの車選びを劇的に変えることができます!!

 

ただ業者ではない人が非公開情報を自由に見ることは当然出来ませんが、あなたはある車選びサービスを使うことで非公開車両を部分的に見れるのです。

 

最近は多くの方が利用していますので、次はあなたが使ってよい車選びをしてください。

 

⇒非公開車両もみて車選びをしたいならこちら【無料】