車は安く買わなければなりません。

 

新車購入なら3年ほどで半額に、ローン返済後の車価値は信じられない、そうなってしまうでしょう。

 

そんな値下がりキツイ新車を買い続ければ、いつまでたっても貯金なんて出来ません、無理です。

 

仕事とプライベート両方に使え、お金を貯めらるのは格安な中古車しかありません。

 

それも中古の軽自動車に的を絞れば、毎月返済額1万円以内も可能になるお話をします。

 

お忙しいアナタに書いた記事の読み時間1分半です。

 

あなたが知っている中古車情報は3割だけ
中古車を探すときはネットで調べたり、雑誌などを買って調べることが普通ですが、これは全体の3割だけしか見れていないことをご存知でしたか?
残りの7割は流通段階にあって、一般の人が知ることもなく車が売り買いされているのです。
業者でもない限りはすべての非公開情報を見ることはできませんが、実は最近その一部だけなら見ることができるようになりました!!
現在は無料で使えることもあって、多くの人が使い始めていますから、あなたも今すぐ利用して限定情報を逃さないようにしましょう!

限定情報も見て車選びしたい方はこちら【無料】

なびくる+バナー

中古車探しの前にローン探しをする

車探しをした後にローンをどれにしようかと考えますが、それはダメです。

 

ディーラーや中古車店では、車探し&購入の流れのままに10%など高金利ローン(信販会社クレジット)の手続きをしてしまうからです。

 

そんな流れに巻き込まれるなら毎月返済1万円以内は不可能だとお考えください。

 

車購入での最優先事項は事前にローン先を探すことです。

 

そしてお金は借りやすければ金利が高い借りにくければ金利が安い、そのようなルールになっています。

 

ローンで得をするなら「借りにくいけど金利が低い」を選びませんか?

 

次から銀行カーローンとディーラーローンの損得をお伝えします。

車ローンによる損得

アナタが正社員で定収入あれば金利2%前後の銀行オートローンにトライして下さい。

 

審査時間は10日~14日以内ですが、このようなメリットがあります。

 

  • 金利2%前後など販売店ローンとは比較にならない位に金利が低い
  • 車名義&所有権もアナタになる
  • ローン期間中であっても車売却が出来る(車名義がアナタ名だから)

 

次はディーラーや中古車店で100%申し込める信販会社クレジット(俗称ローン)。※これより信販ローンと明記します。

 

アナタがパートやアルバイトでも定収入さえあれば組める信販ローン、そうお考え下さい。

 

審査時間5分から1時間以内と短く、ほとんどその場で答えが出るので楽です。

 

ディーラー信販ローン金利は5%~7%前後でも、中古車店の信販ローンは10%前後の金利になってしまうので注意が必要です。

 

でも&しかし、車ローン金利の安い高いは意外と支払いに影響しないのを誰も知りません。

 

その理由は次でご説明します。

金利差あっても支払総額が変わらない

車ローン、クレジットでは借入金額が数十万円から数百万円と少なく!?、借入期間も3年、4年、5年と短いので金利差2%、3%、4%などでも大きな支払総額の差になりません。

 

もし、5千万円の住宅ローン35年であれば、金利1%どころか0.5%の違いが35年間で100万円単位の大きな金額差となってしまいます。

 

でも&しかし、数年間の車ローン&クレジットであっても金利差が支払に総額に影響するのは確かです。

 

従って銀行オートローン金利2%と中古車店の信販ローン金利10%なら、どちらを選ぶかは一目瞭然でしょう。

 

次に、中古軽自動車のローン支払シュミレーションをご覧下さい!

ローン金額別の支払シュミレーション

ここでは中古車価格30万円、50万円、70万円、90万円とし、ローン期間3年、4年のボーナス支払い無し、金利5%でそれぞれ計算しました。

 

30万円の車

ローン回数(年) 36回(3年) 48回(4年)
毎月支払額  8,991円  6,908円
総支払金額  323,667円  331,599円

 

50万円の車

ローン回数(年) 36回(3年) 48回(4年)
毎月支払額  14,985円  11,514円
総支払金額  539,458円  552,676円

 

70万円の車

ローン回数(年) 36回(3年) 48回(4年)
毎月支払額 20,979円  16,120円
総支払金額  755,247円  773,761円

 

90万円の車

ローン回数(年) 36回(3年) 48回(4年)
毎月支払額  26,973円  20,726円
総支払金額  971,043円  994,843円

 

 毎月の支払いがこれなら行けそう! そう思いませんか※記事の最後に金利2、3、4、5、6、10%を使った数百通りの計算詳細があります。

 

70万円を48回払すれば毎月16,120円とか行けそうな気がしたのは私だけでしょうか?

 

それが5年ローンなら毎月13,210円なのでもっと楽になる、そうお考えになるかもしれませんね?

 

でも&しかし、5年ローンは使わないでください。

車の5年ローンは損になる

関連記事に書きましたが5年の60回払いで良いことはほとんどありません、下記をご覧ください。

 

  • 車体価格が安い場合は長期ローンを組むのがムズカシイ、
  • 5年など長期ローンでは金利負担が増えてしまう
  • ボーナス払いを使えば万が一の出費をカバーできない可能性大
  • 人生で3年や4年先は読めても、5年先は読みにくい(想像できない)

 

3年や4年ローンにする場合には、頭金や諸経費もローンに組み込めることも知っておいて下さい。

 

そうすれば頭金も不要になります。

 

ローン依頼する相手が銀行でも信販会社でも、多くの金額を借りてもらえた方がビジネスになり喜ぶのは間違いありません。

 

しかし、ディーラー&中古車店を経由するローンに含められるのは諸費用くらいしかありません。

 

銀行オートローンなら諸費用+年間維持費(ガソリン、駐車場など)も同時に借りられます(個人の信用により借入金額が違う)。

 

さらに銀行オートローンはなら、万が一の返済不能になってもアナタに車所有権があるので、いつでも車売却で返済できるので安心です。

 

ネットから5秒診断で、借りられるかどうかが分かります。

 

これから車を買うという方は確認してみてください。

 

⇒低金利ローンが借りられるかの簡単診断はこちら

ローンでも金利値下げ交渉する

ここではディーラーや中古車店で使う信販会社クレジット(俗称ローン)の金利値引方法をお伝えします。

 

冒頭で中古車など車ローンは借りる期間が短いので、金利はあまり気にしなくて大丈夫とお伝えしてきました。

 

でも&しかし、金利値下げ交渉をすることはおススメします。

 

理由は新車でも中古車でも、ローン申請仲介の手続きだけで数%の手数料がディーラーや中古車店側にバックされる仕組みだからです。※信販会社からディーラー&中古車店へ支払われます。

 

毎年3月は車業界の本決算月になるので、金利値下げ交渉にはうってつけの月、そうお考えください。

 

新車ならキャンペーン金利が適用される1月〜3月なので数%ダウンはされます。

 

それ以外でも5月ゴールデンウイーク前と8月レジャーシーズン前後の金利値引もあります。

 

中古車の金利は10%前後の店も多いので、特に決算月なら3%、2%、1%、0.5%など様子を見ながら小刻みに金利値引交渉トライしてください。

 

金利値引目安はこう考えてください!

 

ディーラーの通常ローン金利 - キャンペーン金利 = 金利値引の目安

 

個人的に強気なので、どんなローンでも通常金利の60%~70%を値引目安にしています。

 

つまり通常金利10%なら、6%や7%にしてください攻撃です。

 

どうしてそんな掛け率で値引交渉するかと言えば、モノを扱う問屋卸は55%や60%高くても70%の掛け率がとても多いからと単純です。※問屋=信販会社

 

モノの掛け率がそうなら、目に見えない金利(ローン)の卸原価はもっと低いとも考えられませんか!?

 

そんな金利交渉で、アナタが対峙する営業マンの決まり文句はこうです。

 

「ローン金利3%ダウンとかしたら、当社の利益が出ませんよ」

「そんな金利値引したこと一度もありませんよ」

 

ウソを言うなです!

 

営業マンはみんな大げさなフリと言葉で返答してくるもんです。

 

そんな役者的な態度は一切気にすることはありません。

 

強気で金利値引交渉を進めればOKです。

 

値引&金利値下げ交渉の前に希望車種、年式、走行距離、カラー、装備内容基準で大よその価格を確認してください。

 

⇒公開&未公開情報で全国にある希望車種の価格を確認する

成人年齢18歳で金利が下がる?

2018年6月13日のニュースで成人年齢を20歳から18歳へ引き下げる、そう発表されました。

 

法令施行は2022年度ですが、成人を18歳に引き下げるニュースは直ぐに銀行などの融資条件緩和にもつながると考えます。

 

  1. 成人年齢引下げで18歳でも保証人なしで(学生以外)ローンを組める可能性大
  2. 高額品などローンを利用する人口が増える
  3. ローン利用人口が増えれば(増える段階で)金融機関の顧客争奪戦が開始される
  4. ローン金利引下げや融資条件緩和になる可能性大

 

日本企業全般でビジネスチャンスに対応する時間が長すぎる(欧米比較)と考えますが、銀行など金融機関は毎日を1000分の1秒単位で売買取引している最前線であり、成人年齢引下げのニュースですぐに動くと考えます。

 

銀行カーローンでも何でも銀行間で激しい顧客獲得競争開始です!

 

間違いない!!!

 

お金を借りる側の我々は、もっと多くの借入先を選べ、金利を比較し、簡単&短時間で低金利ローンを組める、車が安く買える、そんな時代がきています。

 

⇒銀行系カーローン:金利を確認する

中古軽自動車ローン購入のまとめ

新車であれ中古車であれ、車購入をストレスや苦痛の原因にしてはダメです!

 

絶対にそうしないでください!

 

我々は車を購入するために働いているではありません、生きているのではありません。

 

今のキビシイ時代、車は生活を楽にしてくれる、助けてくれる道具、そう考えられれば車への価値感も変わるのではありませんか?

 

車が安く手に入れば、アナタの年齢と生活変化に合わせて買い替えも可能になるかもしれません。

 

そんな車達を可愛がり、面倒を見てあげて下さい。

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

また「車の買い方【119番】」でお会いしましょう!

 

⇒関連記事「自動車ローン 借入金額・金利・期間で比較しました」

あなたは車選びに自信がありますか?

良い車を購入するためには多くの中古車を比べることが必要です。

 

しかしながら、スマホでGooやカーセンサーなどを見たりしますが、これが中古車の3割しか見られないことをあまり知られていません。

 

実は残りの7割は業者間の流通段階にあり、ここも比較対象に入れることであなたの車選びを劇的に変えることができます!!

 

ただ業者ではない人が非公開情報を自由に見ることは当然出来ませんが、あなたはある車選びサービスを使うことで非公開車両を部分的に見れるのです。

 

最近は多くの方が利用していますので、次はあなたが使ってよい車選びをしてください。

 

⇒非公開車両もみて車選びをしたいならこちら【無料】