アナタが車値引交渉をしたくない理由は分かります!

 

昔の私も車の知識がない、人との駆け引きが苦手、値引交渉する時間と努力がもったいない、そんなタイプAでしたか!?

 

しかし、お金を得るために我々は時間を使っている、努力している、そう気付いた時点から、カンタンで短時間の努力で値引を得られる方法を学びました。

 

学んだもありますが、同じ町内会の人がディーラー勤務だったので教えてもらいました、いろいろと。

 

本当は電話かネットで車注文+値引できれば超カンタンなんでしょうが、、それはちょっと、、、なので最短、最小努力での車購入方法を書かせて下さい。

ディーラーには車値引のルールがない

どこのディーラー営業マンでも、「車は値引して売るモノではない」、そう教えられてます。

 

値引をするのは最終手段であり、それがお客様のサービスになる場合に限る、、だそうです。

 

従って、値引要求をしなければ、値引もオマケも何も発生しません。

 

しかし、現実にはディーラー営業マンは毎月の値引持ち分があります。

 

そんな値引の持ち分、予算の中で、あの人は値引しなくても買ってくれる、このお客様は交渉上手なので中位の値引、強面のあの人には少し多目の値引、、などを使い分けている、そう聞きました。

 

アナタが値引き交渉を100%しないお客であれば、定価販売+オマケ程度になるのは間違いありません。

 

それはいくらなんでも嫌、避けたいのであれば、こんな現場を知ってもらうことで役立つと考えます。

注文書にハンコでも営業成績にならない

営業マンの成績は契約書にハンコだけでは認められず、車を登録して初めて1台売ったとカウントされるのをご存知ない方がほとんどの様です。

 

つまり毎月1日から月末までに登録できた車の台数が成績になるとご理解ください。

 

となれば、アナタが月内に登録または納車可能な車を選べば営業マンは内心で大喜びでしょう、絶対に!※発注車両なら1カ月以上の納期が必要

 

では、いつ頃にディーラーに出向くのか、どんな車を選べば良いのかをご覧ください。

毎月20日前後にディーラーへ出向く

営業マンの売上最終締日は月末であり、20日前後に交渉がまとまれば月末までに車庫証明、登録可能となります。

 

それ以前に、毎月20日頃の営業マンは売上アップに焦っている頃でもあります。

 

アナタは営業マンにこれだけ伝えて下さい、必ず!

 

  • 「売上ノルマ達成の月末登録に協力するので値引をしてください」
  • 「この1台売上でメーカー報奨金やアナタの成績にも貢献することになるんですよね?」

 

このコメントで値引しない訳がありません、、そんな営業マンは知りません。

営業マンに恩を売る方法

営業マンは在庫車を優先的に勧めてくるので、それを利用して値引交渉をしましょう。

 

在庫車から選んでもらえれば、月末登録となり営業マンの内心は大喜び必然です。

 

そんな在庫車で値引交渉できるカンタンワードはこの2つです。

 

  • 「これとあれのオプション装備は不要なんだけど、どうにかならない?」
  • 「在庫車の色が好きじゃないんだけど・・・」

 

営業マンはきっと、人気オプションだとか、人気色だとかセールスしてきますが、それを聞き終わったらトドメを刺します。

 

  • 「在庫車のままだとしたら、値引次第で購入考えますよ」

交渉テーブルにハンコを置く理由

このハンコ作戦は営業マンの心理ゆさぶりにとても有効です。

 

ハンコ持参=当日契約の意思がある、、絶対に買う気がある、、そう営業マンは確信する&したい、それです。

 

そんなハンコを見せながら最終の値引を獲得しましょう!

 

参考にですが、控え目の私が最後にトドメを刺す値引はこれしかありません、、ハンコを手に持ちながら。

 

  • 納車費用カット、
  • 車庫証明カット、
  • JAF入会費用サービス、
  • ガソリン満タン納車プリーズ!

以上です。

苦手な値引交渉でも最低2回必要

普通の値引交渉では3回、4回は必要になります。

 

もし営業マンが値引をしたい!?、このお客様に車を売りたいと思っていても、初回交渉から大幅値引すること許されていません。

 

理由は、上司の許可を取りつけるながらの段階的な値引のストーリーが必要だからです。

 

従って、ご紹介した値引方法でも最低2回はディーラーで交渉するフリが必要だとお考え下さい。

カンタン車値引方法のまとめ

アナタは営業マンが自然に値引しやすい環境を作ってあげれば、それなりに自然に値引が積みあがって行くとこをご理解頂けたと思います。

 

営業の現場では、もっとシビアでえぐい値引交渉と対峙している営業マンなので、優しいアナタ、交渉苦手のアナタなどの要求なんかヘッチャラなんです。

 

そんなアナタももう少し歳を重ねると、シビアでえぐい値引の達人にならないとは言えませんよ。

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

いつかまた「車の買い方【119番】」で会いましょう!

気づいていましたか?
『あなたが良い車を見つけられない理由』

あなたは車選びをしたときに、「良い車がないなぁ・・・」と思ったことはありませんか?

実はこれ、考えてみれば当然のことであり、良い中古車はすでに買われてしまって、あなたは売れ残りのリストを見ているようなものなのです!

中古車を探しているのは、あなただけでなく、しかも一般の人以外にも業者や、また世界的に見ても日本車は人気がありますので、海外の人や業者も目を光らせているわけです。

こういった状況で出来ることといえば、他の人に買われる前の車情報を見て車選びをするしかありません。

流通前の車情報を見ることは、過去において業者だけの特権だったのですが、現在ではその一部をあなたも見ることが出来ます。

もしあなたが車選びで失敗したくないということならば、市場に出回る前の非公開情報を確認して、良質な情報で車選びをしてみてください。

今すぐ「非公開車両」から良い車を探す【無料】

中古車探しサービス

なお、ネット完結で車選びをすることもできます。今の時代は電話でやり取りするのは何かと面倒ですものね^^;

⇒ネットだけで車選びをしたい場合はこちら【無料】