今、売れている車を知れば、その車に大きな魅力や市場性があることを教えてくれます。

 

つまり3年後、4年後に売却したとしても、高く売れる可能性がある、そう思いませんか?

 

人気ある車を基準に購入すれば、間違いが少ない車選びができる、そうも考えられませんか?

 

さらに売れている車を新車でなく中古車から選べば、大量の市場在庫から良いコンディションの車をカンタンに選べてしまうでしょう。

 

そんな2017年6月、7月に月間販売台数1万台クリアしたベスト販売車種からご覧ください。

月間販売台数が1万台を超える車達

不景気の日本で毎月1万台をクリアする、その販売数を維持し続けている車達には驚きをかくせません。

 

そんなスーパーカー達をご紹介します!

2017年6月(普通車) 販売台数
順位 車名 ブランド 台数
1 プリウス トヨタ 17,946
2 C-HR トヨタ 14,318
3 ヴィッツ トヨタ 11,743
4 ノート 日産 11,601
5 アクア トヨタ 11,453

 

2017年7月(普通車)販売台数
順位 車名 ブランド 台数
1 ノート 日産 12,431
2 プリウス トヨタ 12,057
3 アクア トヨタ 12,005
4 フィット ホンダ 11,908

 

そんな人気の車達に共通するのがモーターを使って走れることです。

 

ノートは電気自動車、そしてプリウス、アクア、フィットはハイブリッドとなり、その中でフィットだけはガソリン仕様モデルも販売台数を伸ばしています。

 

つまり、今後もガソリン消費をできるだけ少なくする車、ハイブリッド車、そして電気自動車が市場から求められ続ける、そうお考え下さい。

 

これら小さいエネルギーで動く車達をどう選んで購入したら良いのでしょうか?

用途と価格差で仕訳をしてみる

ノート e-POWER、プリウス、アクア、フィットの全てがコンパクトカーであり、それらは人間中心に運び、荷物はあまり積めません。

 

大まかなのですが、価格的には各車こんなレンジにあります。

 

ノート 電気自動車 約140万円前後から
プリウス ハイブリッド 300万円前後
アクア ハイブリッド 200万円前後
フィット ハイブリッド 200万円前後

 

価格戦略的に見れば日産ノートやってくれましたね、、でしょうか?

 

電気だけで走り、安い車両価格であれば、もし日産リーフのような電池性能問題によって70万円を支払ったとしても、行ける車かもしれません。

 

ただし、ノートe-POWERが本当に400Km走るのか、電池劣化問題は改善に向かっているのか、電池保証が無料になるのか、、それを確認する迄は勝手はダメです、、ハイ!

 

⇒ 関連記事 「日産リーフ!新型になっても買ってはダメな理由」

 

電気自動車とハイブリッドをどう考えるか

ノートは価格も安く電気自動車なので、車両&維持費ともに完璧かもしれません。

 

しかし、電気自動車はエアコンなど電装品の使用量や走行スピードによって、電気エネルギー量が大きく下がってしまう点がまだまだ心配になるのは私だけでしょうか?

 

ハイブリットであればガソリンと電気の両方が使えるので安心、ドライバーも精神的に楽に感じられることが大きなメリットになる、そう考えられます。

 

そんなハイブリッドであれば、価格的に200万円前後のアクアかフィットを選択するしかありません。

 

プリウスは素晴らしい車なのですが、300万円前後の価格はキツイ、そう思いませんか?

 

では価格的に安いハイブリッドのアクアとフィットでは、どちらがお得になるのでしょうか?

アクアとフィットでは決定的な違いがある

ハイブリッドカーの命とも言える電池とその保証に対するメーカーサポートの違いがあり過ぎる。

 

トヨタは初代プリウスを除けば明確な電池保証をしているので、万が一のトラブルでも14万円程の出費で電池交換ができています。

 

日産やホンダは工賃込みで60万円、70万円となってしまい、そこが一番の不安材料でしょう。

 

もし詳しい内容をご覧になるのであれば下記をクリックして下さい!

 

⇒ 関連記事 「ハイブリッドカー購入に意味があるのか?」

プリウスを基準に考える車選びまとめ

時代はハイブリッドカーであり、それも価格的に安いコンパクトな車種を選ぶ、そう結論させて頂きます。

 

日産ノートも電気自動車で低価格はスゴイと思いますが、使用状況による電池の減り方そして航続可能距離を考えますと、安くて便利な理由だけでは選べない、それが感想でもあります。

 

もう1つ、電池は開発途上の技術なこともあり、各メーカーは電池、蓄電技術の開発に巨額の投資を行っている現状を考えますと、今年よりも来年、来年よりも再来年と、もっとスーパーなハイブリッド、電気自動車を発表してくることが予見できてしまいます。

 

そうであるならば、中古のハイブリッドカーで今を楽しめれば、もっとお得になるかもしれません。

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

「車の買い方【119番】」でまたお会いしましょう!

あなたは車選びに自信がありますか?

良い車を購入するためには多くの中古車を比べることが必要です。

 

しかしながら、スマホでGooやカーセンサーなどを見たりしますが、これが中古車の3割しか見られないことをあまり知られていません。

 

実は残りの7割は業者間の流通段階にあり、ここも比較対象に入れることであなたの車選びを劇的に変えることができます!!

 

ただ業者ではない人が非公開情報を自由に見ることは当然出来ませんが、あなたはある車選びサービスを使うことで非公開車両を部分的に見れるのです。

 

最近は多くの方が利用していますので、次はあなたが使ってよい車選びをしてください。

 

⇒非公開車両もみて車選びをしたいならこちら【無料】