免許は取れたし、あとは新車の値引方法を勉強しなくちゃ!?

 

それは少し違います。

 

初めての車購入でも「月間自家用車」を読んでいるから値引にトライするのも悪くはありません。

 

しかし初心者だからこそ、車雑誌にある新車をおススメしない理由があるんです。

 

さらに購入方法も現金よりローンの方が損をしない現実も併せて知ってください!

 

あなたが知っている中古車情報は3割だけ
中古車を探すときはネットで調べたり、雑誌などを買って調べることが普通ですが、これは全体の3割だけしか見れていないことをご存知でしたか?
残りの7割は流通段階にあって、一般の人が知ることもなく車が売り買いされているのです。
業者でもない限りはすべての非公開情報を見ることはできませんが、実は最近その一部だけなら見ることができるようになりました!!
現在は無料で使えることもあって、多くの人が使い始めていますから、あなたも今すぐ利用して限定情報を逃さないようにしましょう!

限定情報も見て車選びしたい方はこちら【無料】

なびくる+バナー

車の好みが直ぐに変わってしまう現実

車に限らず、人間の良い悪い&好き嫌いの選択は100%感情&感覚で行われています。

 

感情&感覚決定後に購入決断をした経緯を論理展開をする、それが一般的だとご理解ください。※行動学者いわく

 

  • 雑誌やネットで見ている新車の好き嫌い
  • 友達の車何台かに乗った経験での好き嫌い
  • 色んなディーラーの説明や試乗からの好き嫌い

 

上記の車選択基準も自分が想像&理想とする不確定な車イメージだけで決められている、そうお考え下さい。

 

多くの車に試乗する経験と十分な時間がなければ、自分の本当の好みは理解できません、感じられません。

 

不確定な好みのままで車購入すれば、直ぐに飽きてしまう、持て余してしまう可能性があるとお考えください。

 

そうなればせっかくの新車購入を1年以内!?に後悔してしまう、毎月のローン支払も嫌になってしまう可能性も出てくるでしょう。

 

もちろん、現実の車選びには思考錯誤など多くの時間を費やすかもしれませんが、人間は誰でもイメージや感覚だけで車を選んでしまい、現実的&論理的メリットは後付けにする傾向がある&乗り続けて初めて分かることが多くある、それは間違いありません。

 

それが車初心者ならもっとそうなる確率が高くなってしまう、そうは考えられませんか?

 

では初心者でも失敗しない&する確率がとても低い車とは何なんでしょうか?

中古車なら損しない理由の1

最初の1台を中古車にすれば、価格的に少し気楽&便利に使えるので得することはあっても、損したと後悔するこはほとんどありません。

 

アナタが若ければ若いほど安くて便利な中古車を購入して下さい。

 

中古車店にはこれらがあります。

 

  1. 全国的に有名な大手中古車販売店
  2. 地元密着の中小販売店
  3. もっと地元密着の個人店

 

上記で一番問題なく初心者でも買いやすいのは大手中古車販売店です。

 

どうして大手中古車販売店なのか?

 

理由はこうです。

 

  • 販売前の必要整備が行き届いている
  • 何台でも何回でも試乗できて車比較が簡単
  • 保証範囲が広く保証期間が長い(中小&個人店比較にて)
  • 万が一の返品&交換を認める大手中古車販売店がある(手数料が必要)

 

一番の利点は中古車価格に見合うであろう半年、1年、3年、5年保証があって安心なことです。

 

価格だけならヤフーオークションや個人売買が安く買えても無保証なので万が一ではアウト、それしかありません。

 

さらに個人売買が安くても万が一の事故車や重大欠陥があって何の保証もありません、返品&返金一切できません。

 

保証無しと保証有りの価値比較は、販売価格+アナタの手間暇+故障の確率をどう捉えるかだけです。

 

⇒大手中古車店の保証内容を確認してみる

中古車なら損しない理由の2

新車購入後の値下がり率は3年ほどで約1/2にもなってしまいます。

 

もし新車200万円を3年ローン購入でも、3年後の価値は100万円かそれ以下を想定するしかありません。

 

中古車ならどんな値下がり率なのでしょうか?

 

中古車年式にもよりますが、毎年15%程度の価値が目減りする=落ちるのは日本もアメリカも同じだと聞きました。※アメリカで日本向け中古車輸出をする友人より

 

つまり新車200万円が3年後に100万円以下で査定されるよりも、50万円の中古車が翌年に75,000円ほど値下がる方が問題ない!?そう考えます。

 

車は「動産」と定義されていても、実際には財産にはなり得ません。※動産=不動産以外の財産を意味します。

 

車は楽しむ道具、働き者の道具と考えてください。

 

特に車初心者なら、道具の車に大金を投じるのは少しギャンブルになる、そうお考えください。

中古車購入は保証比較が一番大切

新車ならメーカー保証が受けられ故障など120%何も気にすることはありません。

 

でも&しかし中古車なら年式からくる故障もあるので「保証命」です。

 

昔の中古車さんは儲かっていましたが、2018年は儲かっていません。

 

理由は台数が売れない、昔のように何でもかんでも中古車を仕入れれば売れる&儲かる時代ではなくなったからです。

 

今は良い中古車しか売れない、そんな時代に入っています。

 

良い中古車を仕入れるには、全国オートオークションで少し高めの金額で落札するしかありません。

 

オークション参加社(者)はみんなプロ中のプロなので、良い車は高値落札となってしまいがちです。

 

高く落札するには大資本が必要になります。

 

つまり大手中古車店の価格が少し高めでも良い車+多くの保証を付けて売る、それが可能になっているとお考えください。

 

少なくとも中小や個人の店ではムズカシイとなります。

 

そんな大手販売店なら店舗ごとのネット在庫比較をすれば安く買える確率がアップします。

 

  1. 同じ車種、年式、走行距離の車を大手中古車店同士で比較しする
  2. 同じレベルの車同士なら、保証期間が長く内容が良い方の車を選ぶ

 

上記比較はネットだから使える方法です。

 

ネット比較の車選びならユーザー需要が高くなる高くなるボーナス時期は外してください。

 

そして販売店側の売りたいが最高潮の半期決算9月と本決算3月を選びます。

 

そうすればお店側の「売りたい」から「どうしても売りたい」、となるので使えます、値引できます。

 

そんな時期にトライする場合も、まずは全国主要店を眺めるように価格チェック&比較からスタートし、徐々に購入可能店をしぼるようにしてください。

新車は2台目からにする

私なんか新車は4台目か5台目でした、自慢にはなりませんが・・・。

 

初めはブツケタリ、コスッタリ、軽い事故したりといろいろあったおかげで運転技術もそこそこに。

 

そして何よりも自分の車に対する好みを本当に感じられるようになりました。

 

  • スーパーなデザインでも前や左右が見にくい&感覚がつかみにくい車、
  • スタイル良く見えてもフロントウインドウが顔に近すぎる変な車(事故では危険)、
  • 体が低く沈み込む運転スタイルなのに車間&車幅がつかみやすい魔法のような車、
  • 軽自動車ワゴンの見下ろす運転席なら前後左右を目視でできる&感覚が直ぐにつかめる、

 

本当に予想外の車達と出会うことができました。

 

車種は生活環境で変えざるを得ませんが、基本的に見切りが良く、ハンドル重め、少し重めのアクセル、シッカリ止まるブレーキ、路面状況を細かく教えてくれる足回り、それがベストだと感じられる自分になりました。

 

いくらデザインが派手でも軽い運転感覚の車!?は好みではありません。

もし1台目から新車にするなら

「失敗したくない」が口ぐせのアナタが1台目に新車を選ぶのなら是非参考にして下さい。

 

カーシェアリングかレンタカーで購入予定車種を借りて、プライベートで好きなように転がすことをオススメします。

 

理由はディーラー試乗で横に誰かがいる運転とは大違いに、車を強く&リラックスしながら感じられるからです。

 

独りで車コントロールしているのを感じることで、いつもと少し違う運転感覚の自分を知ことになるでしょう。

 

一番のアドバイスは、車をどこか安全なところに止めて、独りじっと何も考えずにリラックス、超リラックスして下さい。

 

その時、本当にリラックスできたり、良い感じだなぁあ、そう思えれば大体に於いてOKです。

 

本当は友達、家族、親しい人を乗せて行っても良いのですが、車初心者で初めての慣れない車もあり、少し慎重にするしかありません。

 

大切なお金で購入する新車なら、この方法はおススメです。

 

でも&しかし新車は高額なので車両値引交渉はもちろんですが、ローンも支払が少ない低金利を使ってください。

 

大手中古車販売店なら金利10%、新車ディーラーでも金利6%前後(メーカーによる)も払わなければなりません。

 

一番安く借りられる金利のローンを使えれば、車値引き交渉と同じ位の効果があると考えます。

 

⇒銀行系オートローン:現在の金利を確認する

初心者に絶対必要な保険

新車購入しても、年齢が若ければ価格の高さに驚くのが任意自動車保険です。

 

新車購入で目いっぱいとなり、最低保証の自賠責保険にしか加入していなければ、万が一の事故では弁護士費用にも満たない補償レベル、そうお考え下さい。

 

新車でも中古車購入でも少しだけお金に余裕を残しておけば、無制限補償の任意保険加入ができます。

 

ただし中古車なら万が一の事故予防での購入条件があります。

 

購入価格範囲内で可能な限りの安全装置(対人&対物感知などの自動ブレーキ等々)ある車を選ぶことです。

 

初心者であれば安全装置の有る無しで運転が楽になる、大きな緊張をしない、安全運転にもつながるからです。

 

そして安全装置があれば任意保険もそれを考慮するので安くなる!です。

初めての車購入で損をしないまとめ

初心者の新車運転は緊張しまくりです。

 

高い車、ぶつけたりしたら大変、少しでもキズを付けたらショック!

 

新車購入でも初めからそんなストレスを感じてしまったら、楽しみも半減してしまうでしょう。

 

安全運転、運転を楽しむためにも、リラックスして気楽に乗れる車にすることがとても大切です。

 

中古車ならそんなアナタを初めからリラックスさせてくれるかもしれません。

 

最後までお読み頂き、本当にありがとうございました。

 

また「車の買い方【119番】」でお会いしましょう。

車ローン審査の予約が始まりました!

低金利ローンは審査が1ヶ月近くと長く待たされることがありますが、今は事前に仮審査をしておくというローンがありますので、長い間審査が受かるかどうかを待つ必要がなくなります。

 

仮審査の有効期限は1年間ですから、申し込んでおいて困ることはありませんし、結局使わなくても無料でキャンセルできます。

 

いくら借りることが出来るのか5秒ぐらいで分かりますので、今すぐ確認してください。

  静岡銀行マイカーローンバナー1
あなたは車選びに自信がありますか?

良い車を購入するためには多くの中古車を比べることが必要です。

 

しかしながら、スマホでGooやカーセンサーなどを見たりしますが、これが中古車の3割しか見られないことをあまり知られていません。

 

実は残りの7割は業者間の流通段階にあり、ここも比較対象に入れることであなたの車選びを劇的に変えることができます!!

 

ただ業者ではない人が非公開情報を自由に見ることは当然出来ませんが、あなたはある車選びサービスを使うことで非公開車両を部分的に見れるのです。

 

最近は多くの方が利用していますので、次はあなたが使ってよい車選びをしてください。

 

⇒非公開車両もみて車選びをしたいならこちら【無料】