ヴェルファイアとアルファードのどちらを選んでも顔以外は同じ車、だからこそ悩んでしまいませんか?

 

し・か・し・この2車種で本当に悩むのはガソリンかハイブリッドにするかなのをご存知でしたか?

 

ハイブリッドなら燃費は良いが少々パワー不足、そしてセンターコンソールが固定式なので前後ウォークスルーが不可能・・・

 

ガソリンはパワーもあり坂道もなんのそのでも、ハイブリッドより燃費が35%ほど落ちる・・・

 

実はそれだじゃなかったんです。

 

そんな「実は」も含めたメリットとデメリットでアナタの1台が絞りこみましょう!

 

あの業者が中古車保証を付けたがらない理由
中古車を探すときはネットで調べたりしますが、これは一部だけしか見れていないことを知っていましたか?
実は良い車は市場に出回る前に買われてしまうことが多く、あなたがいつも見ているのは中古車市場の【残りかす】のようなものです。
良い中古車を買うためには、良い車は流通前から買われてしまうので、流通前の非公開情報を見る必要があります。
最長10年保証を付けられたり、返品まで対応できる業者もいますので、あなたが中古車選びで失敗したくないならば、非公開車両を見れる中古車屋を使うべきです!

スマホから簡単1分入力で非公開車両を見る【完全無料】

ズバット車販売バナー

走行性能で選ばれるガソリン

ヴェルファイア&アルファードのハイブリッドは2.5ℓ直4にモーターで重い車重となり、それは動力性能にマイナスの影響を与えます。

 

ハイブリッドは中低速の静粛性や乗り心地ではガソリン2.5と3.5を上回っても、それしかありません。

 

ガソリンなら高速の伸び、山坂道の操作性、動力性能もハイブリッドより上になり、それが3.5ℓなら出足から力強く、静かな中にも上質でも重量感あるサウンドが聞けます。

 

しかも、ガソリンはハイブリッドより値段が安い。

 

ただし、燃費は4WD車両比較で、ハイブリッドの方が35%ほど良いパフォーマンス、それは間違いありません。

使い勝手で選んでもガソリン

ハイブリッドモデルは駆動バッテリーが前席床下にあるために、巨大な固定式センターコンソールは動かず、前後ウォークスルー移動ができません。

 

ガソリンは問題なくウォークスルーができるので車内コミニュケーションも万全です。

 

さらにガソリン車だけシートアレンジ多彩で広く使るのも強いメリットを感じます。

 

個人的に多人数乗車であってもロードバイク2台がそのまま積めるるので、買えない私でもウレシイですね!

ハイブリッドを選ぶ理由を探す

ガソリンに比較しハイブリッドは約35%燃費が良い、それが選ぶ主なメリットです。

 

それ以外ではこんなデメリットが考えられます。

 

  • 価格が高い
  • ハイブリッドバッテリーに寿命があり、交換コストは数十万円
  • 車重が重く高速や登り坂では少しパワー不足
  • 前後ウォークスルー移動ができない
  • シートアレンジが弱い(積めないタイプの荷物がある)

 

ハイブリッドのデメリットを見ていると、その原因全てがバッテリーに起因していることが分かります。

 

そんなデメリットとの交換条件で燃費が良いとなりますが、車に運動性能を求める、使用頻度が低い、そんなユーザーであればハイブリッドにする意味がありません。

 

ハイブリッド燃費が35%良くても、そのわずかなガソリン代金差を取り返すには数十万キロ以上も走ら無くてはなりません。
※2017年10月ガソリン価格を参考として。

将来の売却を考えればどっち?

3年後、5年後の売却を考える時に、ガソリンとハイブリッドのどちらが高く売れると思いますか?

 

最近何かと話題になるハイブリッド、PHV、PHEV、電気自動車で問題になっているのが専用電池性能なんです。

 

電池はまだまだ開発段階であり、求められるこれらは各社模索中であると言えます。

 

電池保証、

電池無償交換、

安い価格の電池交換、

 

上記が各社模索中であると言っても、ハイブリッド車が発売されて20年近く経過しているのですが・・・

 

そんな中、トヨタだけがある程度の保証実績を持っていても、完全保証(無料)ではありません。

 

話が少しだけそれますが、2017年9月開催のフランクフルトモーターショーにトヨタは電気自動車を展示していません、ハイブリッドだけでした。

 

それどころか日産&三菱連合は参加自体していません。

 

フランクフルトでは世界中のメーカーが電気自動車展示、これが未来車、来年発売の電気自動車と大宣伝しているのに、日本メーカーはそんな車を展示していません、参加していません。

 

理由はカンタンです。

 

今の電池技術は開発段階、

現在の車用電池はテスト段階、

未完成品、

 

だから日本各社は必死で電池、電気自動車を開発している、それが不参加理由であると考えます。

 

それでも巨大市場の中国とアメリカ向けには電気自動車をやってるぞ的なポーズは世界の各メーカーと伴にしなくてはなりません、大変です。

高く売れるのはガソリン車だった

日本は中古車輸出大国だったのを知っていましたか?

 

約100ヵ国に輸出する人気の理由は、日本車性能と車検などメンテがシッカリしている、だからです。

 

そんな中でもヴェルファイア中古(1年以上経過)のガソリン車なら、海外にとても高く売れています。

 

どうしてガソリンかと言えば、海外では電池の信用性が今一つであり不安がある、そう聞きました。

 

でもどうして新車じゃなくて中古が人気なのでしょうか?

 

それは新車関税100%や200%と高額でも、中古車の関税はとても低かったり&無税だったがあるからです。

 

特にヴェルファイアのガソリンは大人気であり、新車の現地価格は新車1,200万円それ以上にもなりますが、中古なら低関税により現地でも買える価格になる、そうお考えください。

 

そんなアジア、東南アジア、中東で人気のヴェルファイア条件はこれです;

 

カラー  : パール

排気量 : 2.5リットル

駆動  : ガソリンエンジンのみ

装備  : サンルーフとプレミアムオーディオ

 

そんなベルファイアはどこに売却するのでしょうか?

売却には2種類の業者がある

1つは中古車店に売却する、2つ目は中古車輸出専門業者に売却する。

 

その場合の注意点は1つだけ。

 

中古車店に持って行っても買いたたかれるだけなのでお勧めしません。

 

もちろん中古車店に見せてもOKですが、必ずどこかで違う業者での買取価格比較をしてください。

 

それは一括査定などで複数業者に見てもらいながら最新価格をゲットすることが必要だからです

 

 

 

 

 

 

損するハイブリッドのまとめ

ヴェルファイア、アルファードは一番人気なのでガソリン、ハイブリッドでも購入&売却も問題ありません。

 

しかし、電池技術の大改革が数年内にあれば、現在売られている電気自動車、ハイブリッド、PHV、PHEVの価値は大きく下がる、それは仕方ありません。

 

そうであればガソリン車を選ぶ、それも安く燃費が良い車なら申し分ありません。

 

安くて軽い大容量電池、非接触充電、充電時間3分、1回充電800キロ走行、そんな時代が数年、遅くとも5年内に実現されるかもしれません。

 

非接触充電は2019年か2020に一般普及するとあるメーカーが発表していました。

 

アナタが少しでも便利で良い車を安く購入できることを願っています。

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

また「車の買い方【119番】」でお会いしましょう。

『下取り額が安すぎ!』その理由とは・・・
下取り見直しバナー 実は下取り基準は低く作られていて、高い査定を期待することは難しく、車を高く売ろうとしても売れないのは低い基準の中で交渉しているからなのです。
そのため、車を高く売りたいならもっと査定額基準の高い、下取り以外の査定を利用しなければいけません。
もしあなたが車を高く売りたいなら、下取り以外の査定で本当の車価値を確認してください!

今すぐ車価値を確かめるならこちら【無料】

エイチーム車査定
気づいていましたか?
『あなたが良い車を見つけられない理由』

あなたは車選びをしたときに、「良い車がないなぁ・・・」と思ったことはありませんか?

実はこれ、考えてみれば当然のことであり、良い中古車はすでに買われてしまって、あなたは売れ残りのリストを見ているようなものなのです!

中古車を探しているのは、あなただけでなく、しかも一般の人以外にも業者や、また世界的に見ても日本車は人気がありますので、海外の人や業者も目を光らせているわけです。

こういった状況で出来ることといえば、他の人に買われる前の車情報を見て車選びをするしかありません。

流通前の車情報を見ることは、過去において業者だけの特権だったのですが、現在ではその一部をあなたも見ることが出来ます。

もしあなたが車選びで失敗したくないということならば、市場に出回る前の非公開情報を確認して、良質な情報で車選びをしてみてください。

今すぐ「非公開車両」から良い車を探す【無料】

中古車探しサービス

なお、ネット完結で車選びをすることもできます。今の時代は電話でやり取りするのは何かと面倒ですものね^^;

⇒ネットだけで車選びをしたい場合はこちら【無料】