車ローン購入で気になるのが「何年ローンにするのか」、そうではありませんか?

 

それらを決定する要因です。

 

  1. 手取り年収
  2. 購入する車価格
  3. 車維持費

 

そしてもう1つが、アナタが仕事を続けられるか、給料が上がれば良くても、下がる可能性はないか?

 

もっと言えば、失業する可能性は有るのか無いのか!?

 

他サイトにない車維持費アイデア含めお伝えしていきます。

 

あの業者が中古車保証を付けたがらない理由
中古車を探すときはネットで調べたりしますが、これは一部だけしか見れていないことを知っていましたか?
実は良い車は市場に出回る前に買われてしまうことが多く、あなたがいつも見ているのは中古車市場の【残りかす】のようなものです。
良い中古車を買うためには、良い車は流通前から買われてしまうので、流通前の非公開情報を見る必要があります。
最長10年保証を付けられたり、返品まで対応できる業者もいますので、あなたが中古車選びで失敗したくないならば、非公開車両を見れる中古車屋を使うべきです!

スマホから簡単1分入力で非公開車両を見る【完全無料】

ズバット車販売バナー

ローン金額と支払回数を考える前に

本題に入る前に知ってください、気付いて欲しいことがあります。

 

これから車購入しようとするアナタは過去の支払いパターンを考え直す時期にあるということをです。

 

景気の良い昔であれば、給料も定期昇給、臨時ボーナス、増額ボーナスもありました。

 

2019年なら仕事があってもこうです。

 

  • 給料もボーナスも低いまま、
  • 昇給幅がとても小さい、
  • 昇進するのは確率論!?の問題、
  • 外国人労働者をどんどん増やす法案が2018年に可決した
  • 外国人労働者が増えることで平均賃金も低下する=収入減、
  • 同じビジネスモデルが長続きしない=転職の可能性
  • 5年どころか数年で次の仕事を探す可能性もある、

 

そんな中、年収の(手取り年収と定義します)100%、50%にもなる車を5年ローン、7年ローンで購入する方法は危険過ぎます。

 

そんな車購入はできません。

 

年収に対して高額過ぎる車購入や長期ローンは、先の見えない現在に於いてリスクが大き過ぎる、そうお考えください。

 

では、アナタにふさわしローン期間と毎月のローン支払金額の基準を提案します。

車購入金額の目安を設定する

年収ありきの車購入ではボーナス払い無しで、そして少ないローン金額と短いローン期間設定しかありません。

 

この例ではアナタの手取り年収を300万円以内に設定し、昇給も退職も未定として考えます。
※大きな借金もない状態。

 

  • 購入車の乗り出し価格を収入1/2以内の150万円に設定
  • ローン期間はボーナス支払い無しで3年間(36回)
  • ディーラーローン金利4%

 

それらを計算するとこうなりました。

 

ローン総額150万円 
3年(36回)払い
ローン金利4%

毎月支払金額 1年間支払合計 3年間総支払金額
44,286円 531,432円 1,594,295円

 

手取り年収300万円を毎月になおすと25万円です。

 

毎月のローン支払額44,286は手取り月収の18%相当となり返済可能な金額です。

 

さらに年間の車税金+ガソリン+駐車場分を月平均にならした金額を17,500円(月収の7%)とすればこうなります。

 

44,286円 + 17,500円=61,786円となり手取り月収の(25%)以内で済みます。

 

つまり車関係総支出を手取月収の25%に抑え、それもボーナス支払い無しの3年間(36回)で完済できます。

 

この方法は借金が多い人には使えませんが、それ以外のアナタには有効な方法と考えます。
詳細は100通り以上の試算をした関連記事「借入金額・期間・金利」を参照ください。

 

 

さらに銀行マイカーローン利用なら金利2%~3%なので、さらに車関係出費を減らせます。

 

⇒銀行マイカーローン:金利を確認してみる【利用無料】

 

どうして車関係支払合計を手取り年収の25%以内にするのか?

 

その理由はこうです。

環境変化予想は3年を最長と考える

アナタの環境変化を想像できたとしても3年以内だと考えます。

 

5年、7年の長期ローンでは早く変化するであろう環境に適合できない時間軸、そう考えます。

 

転職時期、引越し、結婚、家族を持つなど、予測不能な変化に迅速対応するには、短いローン期間と少ない支出にするしかありません

 

こんな想定ができます。

 

  • 1年後に結婚して1~2年間の共働き、
  • その1年後に家族が増える期間を併せて3年間
  • そう計算できれば3年間ローンなら問題ない、

 

もし手取り年収100%以上の車を5年や7年ローンで買っても、5年後のアナタの環境変化に車が合わなくなったり、毎月のローン支払が重荷になる可能性も想像できるのではありませんか?

 

そうであれば高級車や趣味性ある車購入は5年かそれ以降にして、今は生活に使える車を考えることが大切です。

 

購入するのが中古車ならどうなるのでしょうか?

中古車購入ならこうなる

日本では、どうしても新車にばかり目が行ってしまいます。

 

これが欧米ならまず中古車となります。

 

理由は安い価格にあります。

 

新車200万円でも中古なら90万円と半額以下。

 

税金や維持費は新車と中古で変わらなくても、同じ走行距離なら中古の方がペイします、お金も貯まります。

 

そんな中古車購入で問題なのがローン金利10%です。

 

新車ローン金利5~7%でも、中古だけ高い金利には訳がありました。

中古車ローン金を下げる方法

中古車店はローン金利でも儲けたい、車保証コストをローン金利利益でヘッジしたいもあります。

 

だから10%の高金利。

 

それでも心配ありません。

 

経験では2~3%は金利値下げ交渉が可能だからです。

 

それが可能であっても金利7%や8%なら、まだ高金利の範囲です。

 

銀行マイカーローンなら金利2~3%であり使えます。

 

まずは簡単5秒診断を使えば、借りられるかどうか直ぐ判明します。

 

⇒銀行マイカーローンか使えるか5秒診断で確認する【利用無料】

 

中古車購入で低金利ローン使えば、車維持費を加算しても出費は手取り年収25%で収まる可能性があります。

車を道具と考える時代

若いアナタが今に生き残るには、高級車や趣味性の高い車は必要ありません。

 

20代から30代頃はそんな車に惚れてしまいますが、リーマンショック以降の現代では不要な考えです。

 

今は仕事に困らなくても、将来的には良い給料や昇給はムズカシイ時代だからです。

 

それでも大丈夫です。

 

今を進めることに注力すれば、5年や10年もしない間に好きな車に乗れる様になります。
※経験者は語る

 

そんな車が軽自動車なら新車や中古に関係なく、これらができます。

 

  • 車さえあれば24時間移動可能、
  • 家とは違う場所でストレス発散、
  • 交通不便な仕事場へも通える、
  • 軽ワゴンなら何でも積めて便利
  • 家に直ぐ戻りたくなければ車内でリラックス、

 

車が有りさえすれば便利に使えるんです。

 

100万円以上のローンが可能なら、軽自動車の新車や未使用車も買えるかもしれません。

 

そこに手取り月収の25%迄を車関係総支出とできるのなら、次のステージが見えてきます。

 

⇒手取り年収25%以内で買えるであろう車を確認して見る【利用無料】

車維持費計算は購入前にする

車も異性と同様に第一印象で選んでいるのを知っていましたか?

 

車に限らず人間は動物的(人間を高等動物と定義する)本能&感覚で選び、その後に好き勝手な理由づけをすることで自分自身を納得させています。

 

アナタも私も同じ動物的本能で車を選んでる確率高いのかもしれません。

 

話が少し脱線しましたが、車の維持費計算は購入前に必ずして下さい。

 

その計算があれば、正しい&余裕ある車選びにとても役立つ、そうお考えください。

 

一番良い車維持費費の計算方法は車関係費用と税金を合算し、月割平均にして安いか高いかを判断するしかありません。

 

  • 自動車税(÷12ケ月)
  • 重量税(÷24カ月)
  • 車検費用(÷24カ月)※新車÷36ヵ月
  • 自賠責保険(÷24カ月)
  • 任意保険(÷12カ月)
  • 車ローン金額(毎月分)
  • ガソリン代(毎月分)
  • 駐車場(毎月分)
  • タイヤ&オイル交換、バッテリー、その他メンテ必要経費(÷12カ月)

 

上記を合算して月単位での車維持費を計算してみてください。

 

毎月の車維持費+毎月の車ローン=月収手取り25%ほどになりましたか?

 

誰であっても毎月の生活費は大よそ決まっているので、そこに車維持費が予定より増えれば何かを削る必要が出て来ます。

 

それによって購入車種や金額変更もあります。

 

是非、車購入前に維持費シュミレーションを行ってください。

 

更に毎月の車維持費分としてキープしたお金を貯め続ければ、1年後の任意保険料&自動車税や2年後の車検費用分も自動的に手元に残るので安心です。

 

従って1年後や2年後になっても金策の必要がありません!

不安ないローン金額のまとめ

ローン支払額は手取り月収の25%、20%でも構いません。

 

ローン金額は維持費を含めても生活に困らない、キツクならない支払金額にすることが大切です。

 

ボーナス併用支払いも基本ダメです。

 

不思議なんですが、か・な・ら・ず、ボーナス期は急な&予想外の出費がぁあ、となります。

 

頭金を支払える貯金があれば、毎月の返済額を小さくするのに使えますが、いざと言う時の為に一定額キープは必ずして下さい。

 

アナタが次のステップ、ステージに向かうための車に出会えることを願います。

 

最後までお読み頂き、本当にありがとうございました。

 

また「車の買い方【119番】」でお会いしましょう。

低金利ローンをあきらめていませんか?

せっかく低金利で借りられるのに高い金利でローンを組む方は多く、これってもったいないと思いませんか?

 

↓融資できるか「5秒かんたん診断結果」↓静岡銀行マイカーローン診断2

 

このように意外に融資可能な結果が出ることも多く、今すぐ無料で確認できますので審査が不安な人ほど確認してみましょう!

  静岡銀行マイカーローンバナー1
気づいていましたか?
『あなたが良い車を見つけられない理由』

あなたは車選びをしたときに、「良い車がないなぁ・・・」と思ったことはありませんか?

実はこれ、考えてみれば当然のことであり、良い中古車はすでに買われてしまって、あなたは売れ残りのリストを見ているようなものなのです!

中古車を探しているのは、あなただけでなく、しかも一般の人以外にも業者や、また世界的に見ても日本車は人気がありますので、海外の人や業者も目を光らせているわけです。

こういった状況で出来ることといえば、他の人に買われる前の車情報を見て車選びをするしかありません。

流通前の車情報を見ることは、過去において業者だけの特権だったのですが、現在ではその一部をあなたも見ることが出来ます。

もしあなたが車選びで失敗したくないということならば、市場に出回る前の非公開情報を確認して、良質な情報で車選びをしてみてください。

今すぐ「非公開車両」から良い車を探す【無料】

中古車探しサービス

なお、ネット完結で車選びをすることもできます。今の時代は電話でやり取りするのは何かと面倒ですものね^^;

⇒ネットだけで車選びをしたい場合はこちら【無料】