アナタが購入したい中古車(含む未使用車)が3年落か5年落ち以内ならメーカー新車保証を継承できるのをご存知でしたか?

 

もちろん走行距離8キロの未使用車にも絶対必要な保証継承です。

 

「保証継承」さえ完了していれば、こんなに安心なんです。

 

新車一般保証は電装系など一般部品保証が3年間または60,000キロの早い方までを保証!

 

新車特別保証はエンジンなど基本部品を5年間または100,000キロの早い方までを保証!

 

車は少し不思議でデリケートなマシンなんです。

 

理由は、所有者が変わると前とは違う運転方法や扱われ方などでダダをこねる、不具合が起きる場合があるからです。

 

そんな中古車になったばかりの車達にこそ新車時代からの保証継承がなされるべきなんですが、それが適用される車とされない車があるんです。

 

もし購入する車が未使用車や数年落ちの中古車なら、保証継承手続きを知らなくてはなりません。

 

知れば得するだけの保証継承を2分で説明します。

 

あなたが知っている中古車情報は3割だけ
中古車を探すときはネットで調べたり、雑誌などを買って調べることが普通ですが、これは全体の3割だけしか見れていないことをご存知でしたか?
残りの7割は流通段階にあって、一般の人が知ることもなく車が売り買いされているのです。
業者でもない限りはすべての非公開情報を見ることはできませんが、実は最近その一部だけなら見ることができるようになりました!!
現在は無料で使えることもあって、多くの人が使い始めていますから、あなたも今すぐ利用して限定情報を逃さないようにしましょう!

限定情報も見て車選びしたい方はこちら【無料】

ズバット車販売バナー

未使用車(中古車)に保証継承を受ける条件

車ディーラーに電話連絡して、このように問い合わせ&手続きを行ってください。

 

  1. 車種、年式、走行距離などを伝え、保証継承ができるかどうかを聞きます。
  2. 上記OKならディーラーで保証対象かどうか12カ月点検と同じような細かな点検を受けます。
  3. 問題なければメーカー保証書にディーラー店名ハンコが押されます。

 

たったこれだけなんですが、、、。

 

ただし、事故車や改造車などは保証継承を受けられません。

 

もう1つ大切なことは、メーカー指定12カ月や24カ月点検を受けていることも「保証継承」の条件です。

 

それも含めて整備手帳を見たり、ディーラーで確認してもらいましょう。

保証継承を受けるための費用

保証継承に必要な車の点検と書類手続きには1万円から2万円以内が一般的です。

 

この金額はとても安いと思いませんか?

 

大手中古車店ならお客様に売却する前に点検整備をして販売店保証も付けてくれますが、万が一の有償修理ではディーラーの方が安い上に完璧な修理をしてくれます。

 

理由はメーカーから直接購入する部品システムチェック専用PC専門整備士が常駐しているからです。

 

そうであっても中古車店は自社の保証と整備工場を使って欲しいと考えているんです。

 

それは儲かるから次の販売につなげられる可能性を考えてのこと、そうご理解ください。

中古車店は保証継承をしたくない?

個人の意見として、中古車店は3年、5年以内の中古車でも保証継承をアナタにススメたくない、そう考えています。

 

中古車店が提供する保証&保証外で儲けたいもありますが、これら理由からです。

 

  • 中古車に保証付とするだけで高い価格設定ができる
  • もし保証範囲外の故障なら修理で儲かる

 

中古車店とメーカーでは保証内容&範囲&修理技術に差がある、従ってどちらが安心かは考える間もありません。

 

メーカー保証内容が中古車店より良いに決まっているので、保証継承手続きする方が安心な訳です。

 

こう考えることで中古車店の保証が分かります。

 

中古車(未使用車)の価格構成要素には保証費も組み込まれている保証は無償サービスではない!

 

アナタが購入予定の中古車が保証継承対象車と判明すれば、その保証部分だけ値引交渉に使えます。

 

中古車店は「そ、そんなぁあ」、と役者をするでしょうが無視してかまいません。

 

ただし、その値引方法を使うには、中古車店の保証期間(内容)と保証継承期間(内容)を比較して判断してくださいね!

 

そんな保証継承を受けられる車はどこで探せば良いのでしょうか?

保証継承を受けられる車の探し方

保証継承できる車を見つける方法はこの2つです。

 

1.アナタご自身で年式や走行距離、事故車か否かを確認しながら保証継承車を探す

大手中古車販売店に「希望車種」+「保証継承できる車」を条件に探してもらう方法

 

1の方法ではアナタご自身の時間を使ってしまいます。

 

2の方法では中古車販売店の費用が掛かるので事前確認をおススメします。

 

もし個人で保証継承できる車を探すのなら、メーカー指定12カ月や24カ月点検を受けていることを必ず確認してください。

 

そこを確認するには、やはり大手中古車店にお願いする方のが正解かもしれません。

 

⇒「車種」+「保証継承」キーワードで大手中古車販売店サイトを確認する【利用無料】

 

次は保証継承を使った値引方法をお伝えします。

保証継承を使った値引方法とは?

もし中古車店保証よりメーカー保証継承を望む場合はこのようにできます。

 

  1. 中古車店だけで有効な車保証を無しにする代わり、更に値引いてもらう
  2. ディーラーで1万円(要確認)支払い、新車一般保証3年か60,000キロ、新車特別保証5年か100,000キロを手に入れる
    ※注意点は希望する車内容を予めディーラーに問い合わせてから車購入を考えることです。

 

上記1の値引では、中古車価格10%より大きい値引を要求しても良いと考えます。

 

理由は3年から5年以内の中古車はまだまだ高額であり、10年保証を付ける中古車店もあるからです。

 

10年保証するならば、最低でも1年に1万円程度の中古車店コストを想定するべき、それが私の考えです。

 

⇒最高10年保証を付ける大手中古車販売店を確認する

保証継承を使えれば高く売れる

アナタが購入する中古車にメーカー保証があり、車検もディーラーで受け続けるのなら、将来の車売却でも査定額プラスは確かです。

 

  • メーカー保証書には保証継承するディーラーのハンコ
  • 整備手帳にはディーラースタンプや担当者名がある

 

買い手がプロなら間違いなくメーカー保証の車、保証継承された車なら高く評価されます。

 

理由は、その車にとって最善&最良のメンテナンスを受け続けていることでの安全性や信頼性につながる、高く売れるからです。

 

そんな保証継承ができる車選びはメリットがあるとお考え下さい。

 

保証継承を受けた車なら高く売れるで思いだすのがレクサスです。

次は購入経験のあるレクサスに関する保証継承が使える話です。

レクサスの保証継承が最高な訳

レクサスなら認定中古車でも一般中古車店から購入しても、製造から5年以内なら新車継続保証が受けられます。

 

レクサスは初めから5年保証しかないので使えます。

 

それもエアコン、オーディオ、ナビなど電気製品まで5年保証なのはレクサスしかありません。

 

高級なレクサスはCPO(認定中古車)じゃなと保証継承ができない、そうお考えの方がいるようですが違います。

 

レクサスディーラーで車両点検を行い認められればどこで購入したレクサスでも問題ありません。

 

個人的に最も使いたいのは、レクサスにしかないG-LINKサービスです。

 

これさえあればオペレーターに何でも教えてもらえます、探してもらえます。

 

万が一の事故で動けなくなっても、意識を失っても自動対応で救急車が駆けつけてくる魔法のようなサービス、それがG-LINKなんです。

 

従ってG-LINK使用料さえ払えば保証継承の車に使えます。

 

ちなみにベンツも同じようなシステムを持っていますが、レクサスには敵いません。

保証継承デメリットをメリットへ

ここまで保証継承のメリットばかり書いてきましたが、デメリットもあります。

 

それは「中古車店で購入した車を、初めての新車ディーラーで保証継承をお願いする」ことです。

 

ひょっとしたら、保証継承を少しだけ受け付けたくないディーラーがあるかもしれません。

 

アナタが保証継承をディーラーに申し込む際に、こう伝えてください。

 

  • 前から欲しかった〇〇〇をやっと購入できました
  • この車が好きなのでモデルチェンジでは早目の情報をください

 

これだけディーラー側に伝えれば、アナタは将来も有望なお客様になる、保証継承も快く受付けてもらえる、そう思って間違いありません。

 

まとめ前にもう1つお伝えします。

新車購入でも使える保証継承ヒストリーとは?

保証継承をしてまで、中古車(未使用車)を手に入れたアナタなら、新車ディーラーからこう見られます。

 

「将来も有望な顧客の1人である」

 

アナタの大切な時間と手間、そしてディーラーに1万円も支払って新車保証継続した、そのことが認められない訳がありません。

 

こうお考え下さい。

 

数年後に同ディーラーから新車購入しようとするアナタは、初めてのお客さんではありません。

 

常連さんです。

 

常連さんに不義理をするディーラーなどありません、少なくとも日本には。

 

保証継承は使えます。

保証継承の手続き方法のまとめ

中古車の保証継承がこんなに簡単にできるのなら使いたい、そう思いませんでしたか?

 

車は安く買えればウレシイのは誰も同じですが、その感覚はその場限りで終わってしまいます。

 

それよりも買った車が故障して何万円、何十万円も出費する方がどれほど大変かキツイかです。

 

もし、アナタが購入したい車に保証継承を受けられるのであれば是非トライして下さい。

 

それが可能になったのなら、車を保有する安心感が根本より違ってくるからです。

 

さらに将来の新車購入でも役立つ保証継承です。

 

最後までお読み頂き、本当にありがとうございました。

 

また「車の買い方【119番】」でお会いしましょう。

⇒関連記事「ガリバーで車を買うのには理由があった」

車ローン審査の予約が始まりました!

低金利ローンは審査が1ヶ月近くと長く待たされることがありますが、今は事前に仮審査をしておくというローンがありますので、長い間審査が受かるかどうかを待つ必要がなくなります。

 

仮審査の有効期限は1年間ですから、申し込んでおいて困ることはありませんし、結局使わなくても無料でキャンセルできます。

 

いくら借りることが出来るのか5秒ぐらいで分かりますので、今すぐ確認してください。

  静岡銀行マイカーローンバナー1
気づいていましたか?
『あなたが良い車を見つけられない理由』

あなたは車選びをしたときに、「良い車がないなぁ・・・」と思ったことはありませんか?

実はこれ、考えてみれば当然のことであり、良い中古車はすでに買われてしまって、あなたは売れ残りのリストを見ているようなものなのです!

中古車を探しているのは、あなただけでなく、しかも一般の人以外にも業者や、また世界的に見ても日本車は人気がありますので、海外の人や業者も目を光らせているわけです。

こういった状況で出来ることといえば、他の人に買われる前の車情報を見て車選びをするしかありません。

流通前の車情報を見ることは、過去において業者だけの特権だったのですが、現在ではその一部をあなたも見ることが出来ます。

もしあなたが車選びで失敗したくないということならば、市場に出回る前の非公開情報を確認して、良質な情報で車選びをしてみてください。

今すぐ「非公開車両」から良い車を探す【無料】

中古車探しサービス

なお、ネット完結で車選びをすることもできます。今の時代は電話でやり取りするのは何かと面倒ですものね^^;

⇒ネットだけで車選びをしたい場合はこちら【無料】