車の購入では新車&中古車に関わらずローン頭金の有無、頭金の比率などが気になりませんか?

 

頭金を多く入れればローンが通りやすく、少なければ通りにくいとも考えていませんか?

 

実は車ローンに頭金を入れても入れなくても、どんどん関係なくなっているんです。

 

理由は車離れ&長引く不景気で販売があまりにも落ち込み、頭金の有無やローン回数がどうこう言ってられないからです。

 

車を売る側とすれば、車に興味を持ってくれるだけ、店に足を運んでくれるだけ、購入意思があるだけでウレシイ、そう外車の営業マンからも聞いています。

 

それでも車ローン購入の頭金はアナタにこんなメリットを与えてくれるでしょう。

販売店が頭金を欲しがらない理由

車販売台数が減り、値引要求もキツイ、そして充実させてきたディーラーオプション(販売店が儲かる)も多くは注文してもらえない現在。

 

じゃあどこで儲けを出すかと考えれば、ローンを組んでもらうしかありません。

 

ローン金額の半分が頭金ならあまり儲からなくても、少ない頭金や頭金ゼロならローン金額が増えて儲かります。

 

理由は、高いローン金利に対するバックが信販会社(ディーラーローンの大本)がもらえる仕組みだからです。

 

ローン客を信販会社に投げるだけで、紹介するだけでも儲かるなんて楽そうでウラヤマシイ・・・

 

従いまして、新車ディーラーも中古車店もローン頭金は欲しがりません、現金購入客を好みません。

頭金ゼロのデメリットはあるか

頭金ゼロなら持ちだし金ゼロなので楽になると考えますか?

 

頭金なし=全額ローンなら、こんなデメリットがあります。

 

  1. 毎月のローン返済額が増える
  2. 毎月のローン返済額を小さくするには支払回数を増やすしかない
  3. 支払回数を増やせば、金利部分も大きくなり支払総額が増える

 

アナタの収入に対して高過ぎる車購入なら収入に対してローン返済がムズカシとなります。

 

頭金ゼロのローンが楽そうに見えても、最終的な支払総額ではザンザンになってしまうケースがほとんどでしょう。

 

そうならない頭金ゼロのローンはあるのでしょうか?

頭金ゼロをメリットに変える

頭金を入れない全額ローンをディーラーや中古車店が喜ぶ理由はお伝えしました。

 

ではディーラーや中古車店が喜ばない様にしてあげればどうなるでしょうか?

 

頭金ゼロの全額ローンをメリットにするには金利の値引交渉しかありません。

 

車値引きはシッカリできても、金利値引交渉をしないユーザーが多いのはどうしてか分かりますか?

 

ユーザーがローン金利の仕入れコストも何も知らないからなんです。

 

まずはお店ごとのローン金利を知ってください。※銀行ローン金利は比較で書きました。

 

  • 新車ディーラー : 5%~7%
  • 中古車店    : 9%~10%
  • 銀行      : 2%前後

 

ローン窓口となるディーラー、中古車店、銀行では大きな金利差がありますね?

 

日本銀行の長期貸出金利は都市銀行0.619%、地方銀行0.846%、第二地方銀行0.989%と超低金利です。※2018年3月30日の日銀発表より

 

従って銀行マイカーローンは大儲け、信販会社(ディーラー&中古車店がローン窓口をする)もそこそこ儲け、そして車販売店もローン窓口の役目で手数料が取れます。※特に中古車店の利益は大きい

 

それを知ったアナタは金利値引交渉をすれば、頭金ゼロのローンをメリットに変えられます。

 

もし金利値引交渉なしに低金利を狙うなら銀行マイカーローンしかありません。

 

初めから金利2%前後なので値引交渉の必要ゼロだからです。

 

⇒ネット仮審査が5秒で分かるマーカーローンです。

 

車購入前と後の費用を知る

車見積もり書があれば、下記でローン計算をして下さい。

 

自動車ローン計算に金額と支払回数を入力すれば1秒で判明します。※ボーナス併用は万が一の出金もありおススメしません。

 

⇒一番カンタンな自動車ローン計算!毎月の支払額を試算する

 

車購入でのローン支払例を見て下さい。

 

3年36回払い※金利4%

車購入代金合計 毎月の支払い金額 3年間支払合計金額
   50万円  14,761円      531,415円  
80万円  23,619円     850,272円
 120万円  35,428円 1,275,420円

 

4年48回払い※金利4%

車購入代金合計 毎月の支払い金額 4年間支払合計金額
50万円 11,290円 541,897円
80万円 18,063円 86,036円
120万円 27,095円 1,300,554円

 

金利4%で車購入代金80万円ならば毎月の金利負担はこのようになります。

 

  • 3年36回払い(ボーナス返済ナシ)では毎月1,396円の金利負担
  • 4年48回払い(ボーナス返済ナシ)では毎月1,792円の金利負担

 

毎月の金利負担が安いのなら頭金ゼロのローンにして、大切な貯金は頭金に使わずにキープするべきだと考えます。

 

車ローン金利が〇%でも、毎月の金利負担額を数字で知っているとそうでないのとでは、収入からローン関係費用をどう捻出してよいのかさえ分かりません。

車ローンに頭金が時代遅れのまとめ

車を安く買えたとしても、毎月のローン+維持費もあります。

 

もし税金などの心配があればこの記事をお読み下さい。

 

⇒関連記事「年収200万円」買うべき車、買って良い車とは

 

関連記事も書きましたが、車は購入してから有効に便利に使うことで初めてペイします。

 

そうでなければ、車代金の何十万円がもったいなさすぎます。

 

本日も最後までお読み頂き、本当にありがとうございました

 

「車の買い方【119番】」でまたお会いしましょう!

あなたは車選びに自信がありますか?

良い車を購入するためには多くの中古車を比べることが必要です。

 

しかしながら、スマホでGooやカーセンサーなどを見たりしますが、これが中古車の3割しか見られないことをあまり知られていません。

 

実は残りの7割は業者間の流通段階にあり、ここも比較対象に入れることであなたの車選びを劇的に変えることができます!!

 

ただ業者ではない人が非公開情報を自由に見ることは当然出来ませんが、あなたはある車選びサービスを使うことで非公開車両を部分的に見れるのです。

 

最近は多くの方が利用していますので、次はあなたが使ってよい車選びをしてください。

 

⇒非公開車両もみて車選びをしたいならこちら【無料】