今は2017年12月、この週末もアナタがディーラー年末商戦に向かうのは分かっています。

 

ディーラーは必ず12月登録を強く押してきます、12月登録なら大幅値引+無料オプションパーツ攻撃(口撃)ではありませんか?

 

ここでアナタが不安に思うことは1つだけ!

 

1月になったら同じ値引はしてもらえないのか?

 

答えは、1月になればなったで初売り名目、キャッチで似たような販売攻勢をかけてくる、だから1月に購入(納車)で大丈夫です。

 

⇒関連資料「車の値引交渉に「落とし技」を使う使わない?」

そんな年明け購入のメリットデメリットをお伝えします。

登録が12月と翌年1月では査定が変わる

もし12月26日と翌年度1月12日登録なら18日間しか違いませんが、将来の車下取り、買取では数十万円の差になってしまうかもしれません。

 

12月購入なら平成29年度の新車登録、1月購入では平成30年度の新車登録!

 

わずか18 日間差が1年差に大変身してしまう、18日間で1歳を年を取ってしまう、そうお考え下さい。

 

ディーラーがどれほど値引他サービスをすると言えっても数十万円の追加値引はしてくれません。

 

それでもディーラーが執拗に12月購入を勧めてくるのなら、次の内容を参考にバトルして下さい。

登録年度と走行距離は査定に大きく影響する

走行距離が査定に関係するのはご存知ですね?

 

5万キロよりは3万キロ走行の方が査定は良くなるのは一般的です。

 

そんな走行距離よりも大きな査定要因は登録年度なんです。

 

もしアナタが中古車で走行距離含めたコンディションも全く同じ車種に出会ったと想定して下さい。

 

違うのはこれだけ;

 

  • 平成24年登録の5年落ち
  • 平成25年登録の4年落ち

 

どう感じますか?

 

12月登録か年明け1月登録の僅かな差が記録では1年もの違いとなります、それも公的書類の車検証に明記されている。

 

中古車を下取りするディーラーも買取の中古車店であっても登録年度違い、〇年落ち、その1年差が価格に影響しない訳がありません。

 

あなたが知っている中古車情報は3割だけ
中古車を探すときはネットで調べたり、雑誌などを買って調べることが普通ですが、これは全体の3割だけしか見れていないことをご存知でしたか?
残りの7割は流通段階にあって、一般の人が知ることもなく車が売り買いされているのです。
業者でもない限りはすべての非公開情報を見ることはできませんが、実は最近その一部だけなら見ることができるようになりました!!
現在は無料で使えることもあって、多くの人が使い始めていますから、あなたも今すぐ利用して限定情報を逃さないようにしましょう!

限定情報も見て車選びしたい方はこちら【無料】

ズバット車販売バナー

登録年度の違いが必ず価格差になる

買取店で使われる登録年度が1年違うことによる価格差はこうなっています。

 

  • 一般の普通車 10万円前後
  • 軽自動車   5万円〜10万円前後
  • 高級車    10万円〜30万円前後

 

登録年度が1年違うだけで、これだけなら1月登録で間違いありません。

 

確かにネットや中古車雑誌でまず見るのが年式と行距離、そして価格なのも間違いありません。

 

従って、1月登録です。

 

『下取り額が安すぎ!』その理由とは・・・
実は下取り基準は低く作られていて、高い査定を期待することは難しく、車を高く売ろうとしても売れないのは低い基準の中で交渉しているからなのです。
そのため、車を高く売りたいならもっと査定額基準の高い、下取り以外の査定を利用しなければいけません。
もしあなたが車を高く売りたいなら、下取り以外の査定で本当の車価値を確認してください!

今すぐ車価値を確かめるならこちら【無料】

エイチーム車査定

それでも12月登録にする場合は

もし12月登録する場合には、3つのテクニックを使って下さい。

 

  • 1つ目は、登録年度が1年違うことからくる査定差額かそれに近い金額の値引を強くお願いして下さい。
  • 2つ目は、12月に行っているキャンペーン金利を更に下げてもらう交渉です。金利下げ目標は1%死守。
  • 3つ目は、値引交渉して合意した内容にプラスして、10万円単位のオプションなど値引要求をする。

 

上記に共通なのは、登録年度違い1年(1歳)分の価値となる普通車10万円前後、軽自動車5万円〜10万円、高級車の数十万円に匹敵する値引きをゲットして+-ゼロにする、それです。

 

低金利で車を買いたい人だけみて!
車を買う時に「低金利ローンの審査が厳しいのであきらめる・・・」、ということがあります。
でも、これが無駄にお金を払うことになると知っていますか?
低い金利で借りられるのに、わざわざ高い金利を払っていることもあるのです。
このような損をしない為に、審査が不安でも低金利ローンから考えなければなりません。
ネットで低金利ローンが借りられるか今すぐ分かるので確認してください。

5秒診断で借りられるかチェックする

登録を12月か年明け1月にするかまとめ

一番良い購入時期は1月である、そう申し上げます。

 

結論の理由は、ディーラー値引ではどうしても不十分、12月年末商戦だからと言っても身を切るような値引はしてこないからです。

 

もちろん、赤字商売はディーラーにはあり得ません。

 

シッカリ値引き交渉をして1月に車購入、将来の車売却時には必ず+査定要因となる1年若い車を複数業者に査定してもらう、そこで答えをだす、そう考えました

 

アナタが良い車を良い条件で購入できることを願います。

 

本日も最後までお読み頂き、本当にありがとうございました。

 

「車の買い方【119番】」でまたお会いしましょう。

気づいていましたか?
『あなたが良い車を見つけられない理由』

あなたは車選びをしたときに、「良い車がないなぁ・・・」と思ったことはありませんか?

実はこれ、考えてみれば当然のことであり、良い中古車はすでに買われてしまって、あなたは売れ残りのリストを見ているようなものなのです!

中古車を探しているのは、あなただけでなく、しかも一般の人以外にも業者や、また世界的に見ても日本車は人気がありますので、海外の人や業者も目を光らせているわけです。

こういった状況で出来ることといえば、他の人に買われる前の車情報を見て車選びをするしかありません。

流通前の車情報を見ることは、過去において業者だけの特権だったのですが、現在ではその一部をあなたも見ることが出来ます。

もしあなたが車選びで失敗したくないということならば、市場に出回る前の非公開情報を確認して、良質な情報で車選びをしてみてください。

今すぐ「非公開車両」から良い車を探す【無料】

中古車探しサービス

なお、ネット完結で車選びをすることもできます。今の時代は電話でやり取りするのは何かと面倒ですものね^^;

⇒ネットだけで車選びをしたい場合はこちら【無料】