外車は在庫または入庫予定リストから購入するのが一般的です。

 

しかし、それで納得できない、こだわりたい時は注文になります。

 

そこで問題になるのが5カ月後の下取り価格と長期間の代車が可能かどうか!?

 

私の経験も含めお答えします。

 

読み時間は1分以内です。

下取り車の査定と再査定とは

国産車でも外車でも下取り車の査定有効期間は納車までの1カ月から2カ月ほどです。

 

しかし、外車で納期が長い場合は、納車時に「再査定」となる、そうご理解ください。

 

もし外車注文時に100万円の査定でも、5カ月後の再査定ではダメージが増えていて70万円もあり得るでしょう。

 

国産&外車を問わず納期が長い車は、再査定時の減額が必ず問題になります。

 

そうであれば購入契約時に下取り車を渡すか、他へ売却すれば問題ありません。

 

しかし、長期間も車がないと不便になります。

 

その際は代車を借りる交渉をします。

5カ月間も代車を借りられるか

5カ月間など長期間の代車は普通できません。

 

数か月間であれば代車を出す店もあるようですが、それは良い店または販売する車がとても高額な場合など超限定的です。

 

そんな長期間の代車なら任意保険に入っているのが普通でも、必ず確認して下さい。

長期間の代車が不可能な場合

車を5カ月先に下取りに出す「購入契約」なら、5カ月間も車を維持しなくはなりませんん。

 

しかし、その間に下取価格が下がる可能性があります。

 

上手い方法があります。

 

注文書の備考欄にこの様に記載してもらって下さい。

 

「下取り車を、いつでも他に売ることを認める」、これだけです。

 

車は人間の様に年を取ります、時価があります、旬もあります。

 

新車が届く5カ月後より、この今に車を売る方が10万円、20万円も高くなる可能性を考えて下さい。

一番安い車の借り方

カーシェアリングが一番安い車の借り方です。

 

  1. ネット予約は24時間できる
  2. 料金は15分で206円、ガソリン代込み
  3. 直前キャンセルも利用1分前でOK
  4. 近所のタイムズなど駐車場で予約した車をピックアップ
  5. 返却は車内のゴミを片付ける程度で元の駐車場へ戻す、給油不要

 

レンタカーの様に係員が一切介在しないので、一番楽な車利用方法です。

 

もしアナタの車使用頻度が週に数回ならカーシェアリングをお考え下さい。

 

カーシェアリングにも外車が多数あり、ひょとしたら購入契約したのと違う外車を気に入る可能性がないとも言えません!?

納期が長い外車購入まとめ

個人的には注文した外車を3カ月間+ほど待った経験がありました。

 

車が届くまでとても楽しみで、連絡もないのに不定期にディーラー駐車場を眺めていた記憶は今でもあります。

 

大好きな外車にオプション満載!

 

従って、メーカーへ注文するしかありませんでした。

 

その際は、親切なディーラー営業マンから、「お乗りの車は下取りにしないで、直ぐにどこかの買い取り店で査定してもらって下さい」、そうアドバイスされました。

 

こうも言われました「弊社では高い下取りができないんです」

 

本日の記事が、少しでもアナタのお役に立てたのなら幸いです。

 

最後までお読み頂き、本当にありがとうございました。

 

「車の買い方【119番】」でまたお会いしましょう。

あなたは車選びに自信がありますか?

良い車を購入するためには多くの中古車を比べることが必要です。

 

しかしながら、スマホでGooやカーセンサーなどを見たりしますが、これが中古車の3割しか見られないことをあまり知られていません。

 

実は残りの7割は業者間の流通段階にあり、ここも比較対象に入れることであなたの車選びを劇的に変えることができます!!

 

ただ業者ではない人が非公開情報を自由に見ることは当然出来ませんが、あなたはある車選びサービスを使うことで非公開車両を部分的に見れるのです。

 

最近は多くの方が利用していますので、次はあなたが使ってよい車選びをしてください。

 

⇒非公開車両もみて車選びをしたいならこちら【無料】