2018年も中旬となり、どこの新車ディーラーや中古車店でも新たなセールスに向けて集客に余念がありません。

 

3月末までに車を購入して、アナタが一番に得したのはキャンペーン特別金利でした。

 

今回は金利2.4%や3.4%と安くても手続きが必要な銀行マイカーローンの意外なメリットをお伝えします。

 

⇒関連記事「低金利の銀行マイカーローン」それで得られる社会的信用度

⇒関連記事「車ローン審査が通る信用力をつける方法」

銀行マイカーローンで信用力構築する

車のローンで信用力構築とはなんだ?

 

そう考えるのは普通です。

 

お金を借りる手続きや何かの試験で共通にあるのが以下です。

 

  • 時間を費やさないカンタンなものからはリターンがない(少ない)
  • 手間と時間をかけるものからは必ずリターンがある(多い)

 

ディーラーローン(信販系クレジット)審査は5分や長くても30分で完了、それも少々の問題点がっても融資実行です。

 

その代わりに高い金利6%や7%を払います。

 

中古車店のローンなら金利10%は普通です。

 

銀行マイカーローンは仮審査5秒でも、本審査に進めば融資まで2週間を要します。

 

その代わり安い金利2%前後で済みます。

 

そうなんです!

 

手間暇をかければ良いリターン、メリットが得られます。

 

でも&しかし、銀行マイカーローンを使うもっと大きなメリットがあります。

アナタの信用力構築が可能になる

私が15台以上の車を保有してきたお話は、いくつかの記事でお伝えしました。

 

お金が無いので弟からもらった車あり、安い中古車の現金購入あり、ディーラーローン多数、銀行マイカーローンも数回ありました。

 

これら購入方法の中で後々になって役立ったのが、銀行マイカーローンでした。

 

役立ったのは銀行マイカーローン完済から数年後、5年後だったかもしれません。

 

あることで資金が必要になり、銀行へ融資を申し込んだ際にそれが分かりました。

 

  • 「銀行マイカーローン数回が問題なく完済されていた」
  • 「その他の公共料金支払い、クレジットカード等々に何も支払漏れなど問題がなかった」

 

だから銀行からの新たな融資が受けられた、そう知りました。

 

融資を受けた銀行からは「調べましたが特に問題ありませんね」、それしか言われませんでしたが、銀行勤務の友人がこう話してくれました。

 

  • 「銀行マイカーローン他で信用力構築ができてたんだね」
  • 「過去からの支払い等クレジットデータに何も問題なかったからだ」

 

そのコメントで信用力構築の意味を認識できました。

 

そんなマイカーローンは大きく進歩し、5秒仮審査なのでカンタンです。

若い時から信用力構築を始める

少し手間がかかる銀行マイカーローンが組めれば、後々に融資をうける際の信用力になるお話をしました。

 

会社勤務のアナタだと「信用力構築」の意味会いが感じられにくいかもしれませんね?

 

しかし、会社を辞めてフリーランサーになったり、自分で起業する、何をするにしても信用力ほど大切なものはありません。

 

フリーランサーなど独立&起業した人達の多くが直面することに「社会的信用不足」があります。

 

昔に勤務した企業名、公務員、名刺などの肩書はエネルギー充てん150%!?役に立ちません。

 

まずは生活費などの支払関係もカードや口座引き落としにして、支払い漏れがない様に、マイナスのクレジット評価を受けないようにします。

 

そんな中で、家に次いで2番目に大きな買い物となる車に銀行マイカーローンを使えれば、将来の信用力構築につながります。※経験者談

人に貸すお金とモノに貸すお金の違い

銀行マイカーローンとディーラー&中古車店のローン(信販系クレジット)の説明で補足させてください

 

  • 銀行はお金を人に貸すにので審査がキビシイ
  • 信販系クレジットはお金をモノに貸すので審査がカンタン

 

銀行オートローン審査に時間がかかるのは、アナタ個人の信用調査して融資を実行するからです。

 

銀行から信用されての融資なので、お金はアナタの口座に直接に振り込まれ、極端に言えば融資金を車購入に使わなくても構いません。

 

車検証名義、車名義はアナタの名前になり、ローン支払い期間中でもいつでも売却できます。

 

ディーラーの信販系クレジットは車購入のためにお金を融資します。

 

従って、融資金額は直接ディーラーへ振り込まれ、車検証名義、車名義は「ディーラー名か信販会社」となり、ローン(クレジット)全てが完了するまで売却できません。

 

余談ですが、アメリカの住宅ローンは人ではなく家にお金を貸すシステムです。

 

従って、住宅ローン返済できない場合は、家を手放して全て終わりとなります、ローンの残債とか一切ありません。

 

日本も人でなく家にお金を貸してもらえたら、そう思いませんか?

 

現実は信用構築もあり、可能な限り低金利で借りて返済義務を果たすことがベストです。

 

いくら借りてどう払うかを確認してください。

 

⇒返済シュミレーション

 

手間でも銀行マイカーローンまとめ

アナタにも私にも時間がとても大切です。

 

そんな忙しいアナタが同じように使う時間でも、優先順位(時間を使う量とタイミング)をつけてください。

 

この今に頭と体と時間を使う対象が、いつ、どこで、どのように役立つのか、少しだけ考えると中年になってからリターンがあります(キッパリ)。

 

本日も最後までお読み頂き、本当にありがとうございました。

 

「車の買い方【119番】」でまたお会いしましょう。

気づいていましたか?
『あなたが良い車を見つけられない理由』

あなたは車選びをしたときに、「良い車がないなぁ・・・」と思ったことはありませんか?

実はこれ、考えてみれば当然のことであり、良い中古車はすでに買われてしまって、あなたは売れ残りのリストを見ているようなものなのです!

中古車を探しているのは、あなただけでなく、しかも一般の人以外にも業者や、また世界的に見ても日本車は人気がありますので、海外の人や業者も目を光らせているわけです。

こういった状況で出来ることといえば、他の人に買われる前の車情報を見て車選びをするしかありません。

流通前の車情報を見ることは、過去において業者だけの特権だったのですが、現在ではその一部をあなたも見ることが出来ます。

もしあなたが車選びで失敗したくないということならば、市場に出回る前の非公開情報を確認して、良質な情報で車選びをしてみてください。

今すぐ「非公開車両」から良い車を探す【無料】

中古車探しサービス

なお、ネット完結で車選びをすることもできます。今の時代は電話でやり取りするのは何かと面倒ですものね^^;

⇒ネットだけで車選びをしたい場合はこちら【無料】