初めての車選びには二つのパターンがあります。

 

1は車雑誌やサイトで気に入ったも車を見つける

 

2は友達や車販売店で勧められた車にする

 

個人的な話ですが、1台目はもらったので選んでません。

 

2台目は紹介されたディーラー営業マンに勧められるがままに中古車購入。

 

どちらも個人的な好き嫌いに関係ない車でした。

 

その理由はお金がないのと、好みを言えるほどの車知識がなかったからです。

 

今のアナタもそうではありませんか?

 

私のアドバイスは国内外の車を15台ほど乗ってきた経験からです。

 

それで宜しければお読み下さい。

 

あなたが知っている中古車情報は3割だけ
中古車を探すときはネットで調べたり、雑誌などを買って調べることが普通ですが、これは全体の3割だけしか見れていないことをご存知でしたか?
残りの7割は流通段階にあって、一般の人が知ることもなく車が売り買いされているのです。
業者でもない限りはすべての非公開情報を見ることはできませんが、実は最近その一部だけなら見ることができるようになりました!!
現在は無料で使えることもあって、多くの人が使い始めていますから、あなたも今すぐ利用して限定情報を逃さないようにしましょう!

限定情報も見て車選びしたい方はこちら【無料】

なびくる+バナー

最初の車は捨てられる寸前がイイ

車経験がない、好みが分かってないなら安く便利な車を選ぶしかありません。

 

私の記念すべき国内1号車はタダでもらいました。

 

古い、カッコ悪い、艶消し塗装!?でもちゃんと走ってくれたので本当に助かりました。

 

もし初めての車を新車にすれば、必ずブツケマス、コスリマス、車が納車されたその日から中古と呼ばれる運命にあります。

 

ローン返済中でも3年後には半額以下になるのが新車の運命です。

 

それ以前に車は何台か乗らないと何がどう良いのか、自分に相応しいのかどうかさえ分かりません。

 

つまり初めての車は少し位ダメージしいても大丈夫な中古車が良いと考えます。

中古車をどこでどう選ぶのか

始めはネットで気になる車に当たりをつけてから、近くの大手中古車販売店で見て触って試乗して2次元と3次元情報の違いを感じて下さい。

 

とにかく片っ端から気になる車の中に乗りこんで感じて下さい。

 

車のサイズ、デザイン、色、車内の雰囲気や臭い、何でも感じて見ましょう。

 

もし時間に余裕あればこれらもチェックしてください。

 

  • パワーウインドウ操作、
  • エアコン(暖冷房の両方を必ずON)
  • ラジオなどオーディオ、
  • ナビ(あれば)、
  • ドア&トランク、ボンネット開け閉め、
  • 4本同じメーカーのタイヤか減り具合は均等かどうか

 

全部をチェックしてください。

 

そうこうしたら、その日は店から引き上げます。

 

夜、独りになったら昼間に見た車達を思い出して、妙に頭に残っている、気になる車があればOKです。

 

気になる車を想像しながら、それを何にどう使うか含め数年後近辺までイメージしてください。

 

そんな車用途イメージがどんどん湧き上がる車なら買って良いかもしれません。

 

最終的にどの車にするかは、上記方法でいくつかの古車店を見てから決めます。

車用途のイメージヘルプ

車用途イメージがあまり湧かないなら、これら状況&用途を参考にしてください。

 

  • 24時間いつもでもどこへでも移動できる
  • 1人だけで居られるリラックス空間
  • ヘッドセット無しで音楽を大音量で聴ける&歌える!?
  • 誰にも見られずにどこへでも行ける
  • どんな天候でも外出できる
  • 公共交通がない離れた場所へ行ける(通勤&通学など)
  • 荷物を積めるワゴンなら自営業に使える
  • 背の高いワゴンなら車椅子も乗せられる
  • ワゴンなら190㎝もある荷室で寝れる&っ数日な泊まれる(予備電源必要)
  • 趣味のロードバイクを積んで景色の良い場所を走る

 

用途はもっとありますが、アナタの生活に役立つ車をイメージできれば選びやすくなります。

 

そして車がとても役立つなら、購入コストを短期間でペイさせることができます。

 

もし短期間(数年)でペイしないであろう車なら、購入すること自体を考え直す必要があります。

 

次はどうして大手中古車販売店なのかを知ってください。

大手中古車販売店を選ぶ理由の1

昔の私は日本でも北米でも個人経営か小さな中古車店で車を買っていました。

 

小さい店の方が入りやすい&価格的に安いのではないか、そう自己判断したからでした。

 

し・か・し・そんな小さい店には「保証が無かった」、それを全く気にしていなかった自分。

 

お金がないので車の安さにしか目が行かなかったのもあるでしょう。

 

結果は故障続き=修理費用が高過ぎて手放すことになったのはお伝えしておきます。

 

大手中古車販売店なら資本力もあって、中古車購入後も(車の価格によって)数か月、半年、1年、3年と保証があるので少し安心です。

 

そして多くの在庫車を比較&試乗しながら選べるのも大きなメリットであるとお考えください。

 

大きな国道沿いの中古車店なら試乗コースも完備しているで安心です。

 

試乗コースが安心な理由はこうです。

 

試乗車=販売する中古車は任意自動車保険に未加入、

もしも一般道試乗で事故があればアナタにも過失が問われる可能性がある、

 

だから試乗コースがあれば安心なんです。

 

試乗には気を付けて下さい!

 

大手中古車販売店で買う理由をもう1つお伝えします。

大手中古車販売店を選ぶ理由の2

中古車は年式、走行距離、装備内容が同じか近い車同士で安い高いを比較&値引交渉をします。

 

実はもっと大切な比較項目があるのに誰も教えてくれません。

 

それは保証期間、保証項目の多さです。

 

中小や個人経営の中古車店なら、こんなセールストークがあります。

 

  • 「保証のことなら任せてください」
  • 「保証ならどこにも負けませんよ」
  • 「当店は高品質の中古車しか扱っていません」

 

でも&しかし中小&個人店から保証書など渡されたことは一度もありませんでした。※日米での中古車購入経験より

 

新車ならメーカー保証3年と延長保証2年あって安心でも、中古車にはありません。

 

5年落ち以上の中古車で一番の頼りは販売店が独自に提供してくれる保証だけです。

 

大手中古車販売店なら10万円、20万円、50万円の車でも半年、1年、3年、5年など年式と販売金額に応じた保証を必ず付けてくれて安心です。

 

さらに保証項目も50カ所、100カ所、170カ所とユーザーが気が付かないところまでカバーしているので購入後も不安がありません。

 

保証内容&期間=お金です。

 

もし同じ年式の車種が中小店で安くても保証が少な過ぎるのなら、万が一の故障では実費負担になるでしょう。

 

大手中古車販売店で同じ年式の車種が少し高くても、多岐にわたる保証項目と数年保証があれば万が一でも実費負担は不要です。

 

アナタの中古車選びには必ず保証内容比較も加えてください!

 

⇒保証内容が充実している車を確認する

中古車と営業マンの良い悪いが分からない

車への知識がないアナタだから、大手中古車販売店をお勧めしました。

 

大手だからこそ評判を落としたくない、だから良い車を仕入れるとなります。

 

そんな大手であっても営業マンがダメな場合いがあります。

 

営業マンが何か面倒くさそうにしているとか、素人のアナタを適当にあしらおうとしていると感じたなら、他の営業マンに代わってもらいます。

 

営業マンに言いにくければ、店長に電話すればOKです。

 

アナタにとって大切な1号車、もし数十万円を出すのなら良い営業マンを求めるのは当然の権利、そう覚えておいて下さい。

 

基本的な中古車の選び方は、記事終わり関連記事を参考にしてください!

得する支払い方法が分からない

中古車店は新車ディーラーには無い支払方法があります。

 

現金とローンならどこでもありますが、クレジットカードを使える点がそれです。

 

実は中古車店にはクレジットカードを使える店が多くあり、それが最大メリットと考えてください。※カード分割払いは金利が高過ぎるので使用禁止です。

 

アドバイスはクレジットカード締日直後に利用すれば、口座引き落としは翌月か翌々月となるので1カ月~2カ月の支払い猶予があるのでお得しかありません。

 

滅多にない大量ポイントも獲得できます。

 

もう1つアドバイスします。

 

アナタのカード利用限度額より大きい支払額であれば、事前にクレジットカード会社へこう電話してください。

 

  • 「いついつに〇〇万円の車を購入します」
  • 「カードの利用限度額をあと〇〇万円アップお願いします」

 

これだけで、アナタのカードは中古車を買える金額にアップされます。

 

クレジットカード会社はカードをどんどん使って欲しい、そうすれば儲かる、だから審査も不要で利用限額がアップされる仕組みです。

 

もし一枚のクレジットカード利用可能額アップしても足りなければ、二枚使っても構いません。

 

私は車でなくても、このカード利用限度額アップは何回も使っています。

 

例えば海外に出発する前や大きな買い物がある時などがそうです。

買いたい・欲しい車がない時まとめ

一番最初に乗る車の基本は、保証付の安い中古車を購入する、可能なら現金購入で。

 

車ローンなら毎月の返済+駐車場、ガソリン、メンテ等で出費がキツクなる=何かを我慢する生活パターンになる可能性があるからです。

 

車購入で大切なのは、生活パターンを変えずに車を有効活用する&楽しむ、そう覚えておいてください。

 

本日も最後までお読み頂き、本当にありがとうございました。

 

「車の買い方【119番】」でまたお会いしましょう。

⇒関連記事「長く安全に乗れる中古軽自動車の走行距離と選び方」

あなたは車選びに自信がありますか?

良い車を購入するためには多くの中古車を比べることが必要です。

 

しかしながら、スマホでGooやカーセンサーなどを見たりしますが、これが中古車の3割しか見られないことをあまり知られていません。

 

実は残りの7割は業者間の流通段階にあり、ここも比較対象に入れることであなたの車選びを劇的に変えることができます!!

 

ただ業者ではない人が非公開情報を自由に見ることは当然出来ませんが、あなたはある車選びサービスを使うことで非公開車両を部分的に見れるのです。

 

最近は多くの方が利用していますので、次はあなたが使ってよい車選びをしてください。

 

⇒非公開車両もみて車選びをしたいならこちら【無料】