新車や中古車でも試乗して、試乗を十分にしてから購入してください。

 

車ボディデザインや色は好き嫌いで選んで問題ありません。

 

しかし、試乗しないと分からないことは沢山あります。

 

同車種の排気量1500㏄でも;

 

  • アクセル踏んで走り出しパワーが大きい小さい、
  • ハンドルの遊びが多い少ない、
  • 車内ノイズが大きい小さい、
  • ブレーキの効き始めが早い遅い
  • アクセルのレスポンスが早い遅い
  • 視認性が良い悪い、
  • なんとなく感覚が合わない(合う)、

 

もっと多くあるとお考えください。

 

もし中古車でタバコのニオイがしたら購入中止するしかありません。

 

臭いは深くしみ込むので、シートも全て取り外して洗浄することになり費用も10万円前後だからです。

 

読み時間2分です。

試乗前に使用環境を考える

車購入では試乗ることが一番大切です。

 

その前に、アナタが気になる車が本当に相応しいかどうかを使用環境から考える必要があります。

 

これらを考慮しながら車カタログやネットからピックアップしてください。

 

  • 購入予定金額はいくらのか
  • 車の税金含め年間維持費はどのくらい使えるのか
  • 乗るメンバーは誰と誰なのか
  • 荷物を積む車かどうか
  • 荷物を積みこむ入口ステップまで車高は何センチあるのか
  • 年間の走行距離はどのくらいになるのか
  • 走行する場所は市内、郊外、山坂道などメインはどれか
  • 走行は高速道路中心か街中なのか

 

これら購入予定金額から使用環境を参考にして最低でも3車種以上を決めてから車選びを始めてください。

試乗で分かること

人間は思考や論理の動物のように言われますが、実際は感性や感覚で生きています、物事を判断しています。

 

そんな感を頼りに車の良し悪しを判断するのではなく、「使える&使えない」「良い悪い」の単純論理で車も選べば失敗は少なくて済みます。

 

少なくともネットでの「購入者口コミ」、これは無視してください。

 

理由は、車に乗るアナタが何をどう判断するか、性別や体形も違うアナタが何をどう考えるか、それらが一番需要だからです。

試乗セッティング編

新車や中古車の試乗では、誰もが急ぎ過ぎ、焦り過ぎています。

 

最低でも5分以上、アナタが納得いくまでベストポジションを探し出してから試乗してください。

 

  1. シート前後位置
  2. シートの高低
  3. シート背もたれ角度
  4. ハンドル前後位置
  5. ハンドル角度
  6. 室内バックミラー調整
  7. サイドミラー調整
  8. フロントガラスと頭の位置(近すぎると危険)
  9. アクセルとブレーキは踏みやすい位置にあるかどうか
  10. 自由な左足スペースはキュウクツではないか

 

これら安全に必要な「運転位置設定」がスッキリ&カンタンにできる&できない車があります。

 

理由は室内デザインに原因あったり、シートやハンドル調整機能のどれかが備わっていないがあります。

 

余談ですが、昔にN社が発売した人気ワゴンがありました。

 

その車の運転席に座ってどんなにシート調整しようが、フロントガラスが目の前、少しでも強いショックでもあれば頭ゴッツンコ。

 

車オーナーからは新車ニュースだけで車予約&購入してしまった、そう後悔話を聞かされました。

 

N社は車デザインか車内の使い勝手が優先かの判断で、ドライバー無視の車デザイン優先にしたと考えます。

 

車は前評判や口コミだけで選んではダメなのを知った良い経験でした。

試乗運転編

試乗で分かることには、車ごとに色々な味付け&セッティング違いがあります。

 

それはハンドル、アクセル、ブレーキ、エンジン、サスペンションなどから分かります。

 

それらが良い悪いではなく、アナタに取って違和感がない、普通、運転しやすい、それで判断してください。

 

  1. ハンドル回し直ぐに曲がるのか、ハンドル回しても直ぐに曲がらない、ハンドルに遊びが有るか無いか
  2. アクセルで良いのは踏んだ分だけ加速することです。※少し時間差があって急に加速するのは良くありません。
  3. ブレーキで良い効き方は、踏んだ分だけ減速する&止まるです。※ブレーキ効き始めが遅い=時間差あるのは良くありません。
  4. エンジンもアクセル&ブレーキを踏んだり緩めたりするベストタイミングで音の強弱が変化するのが良いとなります。
  5. サスペンションは路面からの振動を上手く吸収しながらも、少しだけ路面状況を伝えてくれる、それがベストです。

※ハンドルの遊びとは、ハンドルを回してタイヤ角度が変わるまでの時間や数センチの距離を指します。ハンドルが効き始める迄のラグはPC制御による味付けとご理解ください。

 

試乗のセッティング編&運転編を字で書くと難しそうでも、誰でも2台目からの試乗から比較できてしまうのでご安心ください。

 

つまり試乗する車ごとの違いが、何となくでも分かれば良しとすることです。

営業マンに必ず質問をする

試乗では営業マンに何でも質問してください。

 

新車ディーラーでも中古車店でも、営業マンの話を聞いているだけでほとんど質問しない人を良く見かけます。

 

  • 「この車は何がどう良いのか」
  • 「他社の同系列の車とどう違って、どう良いのか」
  • 「競合車種との価格比較では高いのか安いのか」
  • 「アナタが試乗した感想を教えてください」
  • 「値引やオマケはどうなっている」

 

もし本当に良い営業マンなら、アナタの車購入目的&予算など(予定使用環境)を聞き出しながらドンドン自分から説明してくれます。

 

実際、この記事内容の多くは、昔に担当だった営業マンとのやり取りを再現しています。

車は試乗して買うのまとめ

車は新車でも中古車でも高い買い物です。

 

そうであれば、営業マンに質問したり、試乗したり、もちろん値引交渉を行いながらベストな車を選ぶことが必要です。

 

車はネット通販で買って良い商品ではありません。

 

  • 自分の感性にフィットした車、
  • 役立ってくれる車、
  • 壊れにくい車、
  • 安全に運転しやすい車、
  • 同車種比較で性能が良くて価格が安い車、

 

試乗を繰り返すことで、上記に当てはまる車に出会えたら最高です。

 

手間暇かけて良かった、そう思えるはずです。

 

本日も最後までお読み頂き、本当にありがとうごいざいました。

 

「車の買い方【119番】」でまたお会いしましょう。

あなたは車選びに自信がありますか?

良い車を購入するためには多くの中古車を比べることが必要です。

 

しかしながら、スマホでGooやカーセンサーなどを見たりしますが、これが中古車の3割しか見られないことをあまり知られていません。

 

実は残りの7割は業者間の流通段階にあり、ここも比較対象に入れることであなたの車選びを劇的に変えることができます!!

 

ただ業者ではない人が非公開情報を自由に見ることは当然出来ませんが、あなたはある車選びサービスを使うことで非公開車両を部分的に見れるのです。

 

最近は多くの方が利用していますので、次はあなたが使ってよい車選びをしてください。

 

⇒非公開車両もみて車選びをしたいならこちら【無料】