車はローン購入がお得だとお伝えしています!

 

理由はこうです!

 

  1. ディーラーでローンを使えば、ディーラーは信販会社から手数料をもらえる
  2. ディーラーは手数料欲しさに現金客よりローン客に値引やサービスを頑張る
  3. アナタはローン金利分以上の値引かサービスを受けられる可能性がアップする
  4. アナタが遅滞なくローン完済すれば、金融機関情報に+評価データがアップされる※銀行ローンの場合のみ
  5. 将来、どこかで受けようとする融資案件に良い影響を与える※銀行ローンの場合のみ

 

さらにアナタがもっとローン支払いをセーブしたければ「繰上げ返済」があります。

 

繰り上げ返済とはローン金額の一部や全額を返済することを言います。※繰り上げ返済=一括返済を含む

 

もしかしたらの繰上げ返済テクニックとリスクをお伝えします。

 

読み時間2分です。

 

あなたが知っている中古車情報は3割だけ
中古車を探すときはネットで調べたり、雑誌などを買って調べることが普通ですが、これは全体の3割だけしか見れていないことをご存知でしたか?
残りの7割は流通段階にあって、一般の人が知ることもなく車が売り買いされているのです。
業者でもない限りはすべての非公開情報を見ることはできませんが、実は最近その一部だけなら見ることができるようになりました!!
現在は無料で使えることもあって、多くの人が使い始めていますから、あなたも今すぐ利用して限定情報を逃さないようにしましょう!

限定情報も見て車選びしたい方はこちら【無料】

なびくる+バナー

契約時に繰上げ返済を確認する

基本的に繰上げ返済はディーラーローン(信販クレジット)も銀行オートローンもできます。

 

しかし、繰上げ返済で発生する手数料は、それぞれ多い少ないあるので必ず事前確認をしてください。

 

経験からお伝えすると、銀行オートローン繰上げ返済手数料は数千円など少額であり、尚且つ手続きも簡単です。

 

理由はアナタと銀行との直接契約であり、手続きも直接に行われるからです。

 

これと逆なのがディーラーローン(信販系クレジット)なんです。

 

ディーラーローン(信販系クレジット)では信販会社がディーラーにアナタの紹介手数料を払っているので、高い「繰り上げ返済手数料」となります。

 

従ってディーラーローンでの繰り上げ返済には要注意、そうなります。

繰上げ返済は要注意

ディーラーローンで営業マンがアナタにささやいた言葉を覚えていますか?

 

  • 現金購入ではなくローンを利用してもらえれば、もっと車のお値引ができます
  • ローン金利も少しであればサービスします
  • 2年から3年ローン契約でも繰上げ返済や一括返済ができます

 

営業マンが言う「何々します、何々できます」には必ず裏があると考えて間違いない!です。

 

下記を事前確認することで一括返済や繰上げ返済に必ず役立ちます。

 

  • いくら車値引きしてくれるの?
  • ローン金利は何%下がるの?
  • 一括&繰上げ返済手数料はいくらなの?

 

もしアナタが上記の事前確認をしなければ、一括や繰上げ返済で高額手数料を支払わなくてはなりません。

 

銀行オートローンならアナタと直接取引なので繰上げや一括返済手数料は数千円と安くても、ディーラーローンなら数万円単位は間違いありません。

 

⇒銀行マイカーローン:低い金利と安い手数料を確認する

繰上げ返済手数料が高い理由

ディーラーが直接ローン取り扱うことはなく、外部契約の信販会社やメーカー系クレジット会社がローンの引き受けて手となり全てを行っています。

 

アナタのローン金利一部は、信販会社からディーラーへキックバックされる仕組みなので営業マンはローン契約を取りたい、そうなります。

 

逆に一括返済や繰上げ返済ならディーラーへのキックバックはどうなるんでしょうか?

 

答えは一括返済&繰上げ返済でも信販会社はディーラーへキックバックを支払います。

 

つまりディーラーはアナタから往復ビンタで手数料をゲットする、それも高額キックバックをです。

 

もしアナタがローン繰上げ返済や一括返済しようとすればとても高い手数料を信販会社が請求してきます。

 

その高額手数料の中からディーラーへキックバックされるのでたまったものではありません。

 

繰り上げ返済での金利はマチマチですが3%ならどうでしょうか?

 

100万円借入であれば3万円、150万円なら4万5千円など、借入金額、金利、借入期間によって違ってきます。

 

そんな繰り上げ返済額は、信販会社で事前確認&計算してもらうことがとても大切なんです。

繰り上げ返済手数料を確認する

実際の繰り上げ返済では必ず信販会社に事前計算をしてもらってください。

 

ネットには簡単計算できるサイトもありますが、そこにアナタの正確な支払い残高、金利、手数料を含めることができません、ご自身では分かりません。

 

それはこれら内容です。

 

  • 〇月〇日時点での正確な支払い残高
  • そこから繰り上げ(含む一括返済)〇〇万円をすれば支払合計がいくらになる
  • 繰り上げ返済をしない場合とした場合の金額差を確認する
  • 信販会社の手数料を含めた支払合計金額を確認する

 

上記は必ず信販会社に行ってもらうことをお勧めします。

 

アドバイスとしては一部返済や全額返済など、アナタの得になるであろう返済パターンをいつくか計算してもらうことです。

 

それって信販会社に悪い&手間になるとお考えになりますか?

 

違います。

 

信販会社はアナタの一部か全額返済でもシッカリ手数料を取るので、何回でも計算を頼めます、お金を払うアナタの権利として。

繰上げや一括返済のタイミング

返済手数料の安い高いは別として、繰上げや一括返済するタイミングをお伝えします。

 

ローンを組んで早ければ早い程に繰上げや一括返済効果が高まるとお考えください。

 

ローン金利は元金に応じて計算されるので、繰上げ返済でローン元金100万円が半分の50万円に減れば金利も安くなります。※繰上げ返済金はローン元金に直接適用されるのが一般的です。

 

3年ローンなら1年以内、5年ローンなら1年半以内に繰上げ返済(一括返済)すれば効果があります。

 

それがローン支払期間が半分以上も過ぎていれば繰上げ返済(一括返済)の効果はほとんどありません。

繰上げ返済の中間結論

中間結論としてディーラーローンは値引交渉の目的でしか使わない、そうご理解ください!

 

理由はローン利用で手数料を取られ、繰上げ返済(一括返済)手数料を取られるダブルコミッションだからです。

 

そうであってもローン購入するのなら、営業マンに「ローンを使うから車両値引を最大にしてください」、そうやって数十万円!?の大幅値引をゲットできた後なら往復ビンタローンを使っても良いとお考えください。

 

それなら、もしもの繰上げ返済(一括返済)しても損はしません。

ディーラーローン繰上げ&一括返済の最終結論

もし繰上げ返済(一括返済)を利用するのであれば、とても高い手数料を支払うことになります。

 

現在の車ローン金利6%なら、繰り上げ返済手数料で3%も取られるなら全体のローン金利を押し上げることになるのは間違いありません。

 

簡単に使えても、一度組んだディーラーローンを安いコストで解約することは出来ません。

 

それが銀行オートローンなら簡単には組めませんが、もしもの繰上げ返済(一括返済)でも数千円しか手数料でかかりません。

 

アナタは将来にどちらを選びますか?

 

本日も最後までお読み頂き、本当にありがとうございました。

 

また「車の買い方【119番】」でお会いしましょう。

買う前にローン審査ができることを知っていますか?

低金利ローンは審査時間が長いこともあって、急に用意することが難しい場合がありますよね。

 

そのため、すぐに借り入れが出来る融資となればディーラーローンや残クレになりますが、これらは金利や総支払い金額が高くなることから、できれば避けたい借入先です。

 

ただ、これはもう昔の話で今は事前に仮審査をしておくというローンがありますので、何ヶ月も長い期間、審査が受かるかどうかを待つ必要がなくなります。

 

もしあなたが今後車を買う予定がある場合には、事前に仮審査を通しておくことで、いざというときに高い金利のローンで損をすることを防げるでしょう。

 

仮審査の有効期限は1年間ですから、申し込んでおいて困ることはありませんし、結局使わなくても無料でキャンセルできます。

 

「審査に時間を取られたくない方」や「高い金利を払いたくない方」は、いくら借りることが出来るのか5秒ぐらいで分かりますので、今すぐ確認してください。

  静岡銀行マイカーローンバナー1
あなたは車選びに自信がありますか?

良い車を購入するためには多くの中古車を比べることが必要です。

 

しかしながら、スマホでGooやカーセンサーなどを見たりしますが、これが中古車の3割しか見られないことをあまり知られていません。

 

実は残りの7割は業者間の流通段階にあり、ここも比較対象に入れることであなたの車選びを劇的に変えることができます!!

 

ただ業者ではない人が非公開情報を自由に見ることは当然出来ませんが、あなたはある車選びサービスを使うことで非公開車両を部分的に見れるのです。

 

最近は多くの方が利用していますので、次はあなたが使ってよい車選びをしてください。

 

⇒非公開車両もみて車選びをしたいならこちら【無料】