車が1人で買えない、維持費がねん出できなければ共同購入を考えるかもしれません。

 

共同購入&維持は可能でも、車は動産(財産)なので共同購入に適さないモノです。

 

それでも共同購入を考えるアナタへお伝えします。

 

共同購入には夫婦、親子、友人などありますが、今回は友人同士のケースです。

 

理由は夫婦や親子の共同購入よりも、友人同士(他人同士)での問題が多い&大きい現実があるからです。

 

普段は仲間で楽し過ごせていても、各人の性格の違い、常識範囲の違いが共同購入では露呈し大爆発する、そうお考えください。

 

読み時間1分30秒です。

 

低金利ローンをあきらめていませんか?

せっかく低金利で借りられるのに高い金利でローンを組む方は多く、これってもったいないと思いませんか?

 

↓融資できるか「5秒かんたん診断結果」↓静岡銀行マイカーローン診断2

 

このように意外に融資可能な結果が出ることも多く、今すぐ無料で確認できますので審査が不安な人ほど確認してみましょう!

  静岡銀行マイカーローンバナー1

法的に車共同購入できない理由とは

車を法人購入するのなら、会社社員となる人はだれでも乗れます。

 

それが法人でも何でもない複数個人が車を共同購入&所有するなら多くのリスクが伴います。

 

もし動産(財産)である車を2人かそれ以上で購入しようとすれば、これら問題が発生します。

 

  • 複数人数で車ローン購入しようとしても、所有権問題で銀行も信販会社も拒否する
  • 任意保険は年齢や運転歴そして事故歴も加味されるので、複数人名義は認められない
  • 車検証に夫婦など複数名義可能であっても、所有する人数分の印鑑証明&委任状に実印+司法書士料金が必要
  • 車売却時も上記と同じ書類と手続きが必要
  • 車は動産(財産)であり、万が一の場合には遺産として引き継がれるますが、複数所有ではそれもできない

 

車現金購入なら共有名義車検証が可能になったとしても、万が一の場合は夫婦や親族でもない仲間同士での共同購入には問題があり過ぎます。 

 

それでも共同購入の必要性あれば次をお読みください。

代表者1人だけで車購入手続きを行う

複数名義の購入がムズカシイ場合は、代表者を1人決めて購入手続きを行なえば問題ありません。

 

問題がないと言う以前に、それは普通の車購入方法だからです。

 

それでも共同購入する場合のアドバイスをします。

 

  • 任意保険が一番安い人が車購入手続きすれば少額でもコストダウンになる
  • 任意保険でもっとも重要なのは、共同購入の誰が運転しても万が一の保険が適用されることです。つまり一番年齢の低い人をカバーする保険契約は絶対必要。
  • 車購入頭金は均等で支払う(可能な限り均等な所有権を考える)
  • 車の各人使用頻度&スケジュールには可能な限りの公平性を考える
  • 毎月のローンやガソリン、駐車場など維持費用は均等割りにする
  • 洗車や修理&メンテに対応するメンバーも持ち回りとする
  • 毎年5月に支払う自動車税、2年に一度の車検費用も同上
  • 万が一の事故でも、事故当事者に限らず全員が支払う(保険補助がない場合)
  • 共同購入メンバーが抜けても、その人に車財産権はないとする
  • 車は残ったメンバーで維持する
  • 最終的に売却になれば残ったメンバーで均等割り分配する
  • その他全ての権利&役割を均等にすることを考える

 

上記を考慮しても厳密には、これら問題があります。

 

  • 各人が車を使いたい時にあまり使えない、
  • 特定者の洗車がいい加減すぎる、
  • 特定者が車を何回もコスル等々ある、
  • 事故で廃車になった、

 

それでもアナタは車共同購入しますか?

車を仲良く使える一番の方法

一台の車を共同購入して仲良く使える方法はありません。

 

仲間と共同生活をすると分かりますが、たまに会って遊ぶのは楽しくても、共同生活するとなれば各自の考え方がバラバラなのが嫌でも分かります。

 

そんな他人で性格の違う仲間と車共同購入しても、問題がどんどん発生し空中分解&ケンカ別れもあるでしょう。

 

それでも仲間と楽しくやりたいなら、アナタ個人で車を購入し、みんなで出かける時にだけ使えば問題ありません。

 

万が一の事故なども想定して、仲間への車貸し出しは禁止です。

 

もし貸した車で仲間が事故でもすれば、共同生活も何もかも終わってしまう可能性大でしょう。

 

アナタ独りで購入するのなら銀行系カーローンを考えます。

 

理由は低金利なので出費が少なくて済む、そして車所有権はアナタ名義になるのでローン途中でも車売却が100%自由だからです。

 

車販売店のローンは簡単手続きでも金利が高く、そして車所有権は販売店か信販会社なのでローン完済するまで売れません。

 

⇒銀行カーローンなら借りかれるかどうか5秒でネット診断します

 

それでも車共同購入するのなら

1台の車を3人以上で共同購入するから問題が起きる&使いたい時に使えません。

 

もし3人以上の共同購入なら安い中古車&税金の車を2台購入すれば多くの問題が解決します。

 

例えば安い軽自動車と普通車を比べればこんなにコストが違います。

 

軽自動車 普通車
自動車税 毎年10,800円 毎年29,500円以上
車検費用 普通車より安い 軽より高い
燃費 良い 普通
定期交換部品 安い 普通
高速料金 安い 普通
駐車場 安い 普通
自賠責保険 安い 普通
任意保険 安い 普通
事故率 小さい 普通

※軽の事故率が低いことは保険料の安さが証明しています。

 

中古の軽自動車価格にもよりますが、普通車より安く買えて税金や維持費も安いので、軽2台=普通車1台または1.5台分コストも可能です。

 

さらに車所有者2名なら、万が一のリスク分散にもなります。

 

コスト面では普通車税金29,500円が最低なので、次は34,500円、39,500円となり、軽自動車10,800円だけが税金優遇されているメリットを使わない手はありません。

 

中古軽自動車2台購入しても、普通車1台分もしくは1.5台分なら考えられるかもしれません。

 

まずどんな軽自動車があって、年式、装備、価格を比較することから始めます。

 

大手中古車販売店なら全国店舗に集まった非公開情報をネットで見れます。※約1週間で情報入れ替え

 

⇒非公開情報を見たい方はこちら [利用無料]

車共同購入のムズカシさまとめ

独り生活の人が、どうして車を欲するかご存知ですか?

 

それは自分がふと思った時に好きな場所に移動できる、雨や嵐でも関係なしに24時間それが可能になる、そんな自由にしたい&動き回ることでストレス発散し心が楽になるからです。

 

車でアナタの自由度が心が120%アップすれば、デートもシフト勤務も離れた場所への買い物全てが楽で便利に感じてしまうでしょう。

 

アナタが面倒や苦しいと感じた何かを少し楽にしてくれるのが車だと考えます。

 

その代わりに車代金、ガソリン、駐車場、税金、車検、メンテ費用などをお金と交換しなくてはなりません。

 

世の中全てはバーター(物々交換)なんです。

 

それなのに車共同購入すれば、アナタが受けるべき楽しさ&便利さが半減するどころか、何かの突発問題でアウトになることさえあるでしょう。

 

是非、アナタご自身で車を購入し、独り占め200%で楽しんで下さい。

 

本日も最後までお読み頂き、本当にありがとうございました。

 

また「車の買い方【119番】」でお会いしましょう。

気づいていましたか?
『あなたが良い車を見つけられない理由』

あなたは車選びをしたときに、「良い車がないなぁ・・・」と思ったことはありませんか?

実はこれ、考えてみれば当然のことであり、良い中古車はすでに買われてしまって、あなたは売れ残りのリストを見ているようなものなのです!

中古車を探しているのは、あなただけでなく、しかも一般の人以外にも業者や、また世界的に見ても日本車は人気がありますので、海外の人や業者も目を光らせているわけです。

こういった状況で出来ることといえば、他の人に買われる前の車情報を見て車選びをするしかありません。

流通前の車情報を見ることは、過去において業者だけの特権だったのですが、現在ではその一部をあなたも見ることが出来ます。

もしあなたが車選びで失敗したくないということならば、市場に出回る前の非公開情報を確認して、良質な情報で車選びをしてみてください。

今すぐ「非公開車両」から良い車を探す【無料】

中古車探しサービス

なお、ネット完結で車選びをすることもできます。今の時代は電話でやり取りするのは何かと面倒ですものね^^;

⇒ネットだけで車選びをしたい場合はこちら【無料】