アナタは手持ちのカードローンで車購入しようとしていませんか?

 

生きるか死ぬかでない限り止めてください!

 

車をカードローン購入してリボルビング払いならもっとダメです。

 

アナタがカードローン支払から二度と逃れられなくなるのは目に見えています。

 

ただ1つ、高額なカードローン金利14%~18%を払い続けてもペイする仕事ができるなら借入に賛成します。

 

このサイトはカードローンと150%無関係なので、アナタが経験するかもしれない危険の全てを事前アドバイスします。

 

⇒関連記事「貧乏で車が買えない&買い替えられない!?」

中古車がカード購入できる理由

新車ディーラーに比べ中古車店は車に多くの利益を乗せている、だからクレジットカード&カードローン購入ができます。

 

アナタがカード利用すれば販売店側はカード会社に1%~5%程度の手数料を払わなくてはなりません。※小売店で4%程度、飲食で5%程度。

 

さらに販売店はカード会社からアナタが利用したお金を受け取るのに30日~60日もかかるので金利が発生します。

 

中古車販売店はカード手数+金利を払っても、それでも十分な利益を上げられる、それが中古車なんです。

 

と言うことは、利益が多く乗っている中古車+カードローン金利14%~18%を支払うアナタはどうなってしまうのでしょうか?

 

アナタのカードローンをもう少しだけ知ってください。

カードローン利用するとこうなってしまう

カードローンの支払い方法は2つありますが、ほとんど多くのユーザーは1の方式中心なので支払残高がどんどん膨れ上がっているのに気付きません(気にしません)。

 

カードローンで選べる2つの返済方式です。

 

1.毎月の元金を定額払いする方式

利用残高がどんどん膨らんでも、毎月の返済額1万円、2万円など定額で変動することがない。

 

2.残高スライドの元金定額払い方式

毎月の締日による利用残高に応じて支払額が変動する。

 

アナタがカードローンで70万円の車購入したことで、過去の借入残高30万円と合わせて100万円になったら、もー大変な計算です。

 

1,000,000円(借入金額)を金利16%で36カ月借りただけで支払合計1,265,652円

 

銀行ローンで1,000,000円を金利2%で借りれば、36カ月後の支払い合計1,031,133円、です。

 

金利の2%と16%の違いだけで8.53倍の利子を支払わなければなりません。

 

現実には毎月の資金不足をカードローンでカバーし続ければ、直ぐに200万円、300万円とふくらみ、何年どころか10年でも20年で支払はなければなりません。

 

カードローンの金利も定額払い方式も怖すぎます。

本当に怖いのは銀行系カードローン

消費者金融系カードローンは最高金利18%なので怖いと思うかもしれませんが違います。

 

怖いのはTV宣伝バリバリの銀行系カードローンなんです。

 

それは「総量規制」無いのが銀行、有るのが消費者金融だからです。

 

総量規制とは借入金額が年収の1/3を超えないようにする法律。

 

政治の力もあり消費者金融は総量規制を守ってお金を貸さなければならない。

 

銀行は自主的な銀行法で貸し出しを規制するとして、総量規制を使わない貸し出しができます。

 

つまり総量規制に関係なく簡単に多くのお金を借りられる銀行カードローンは怖いとなります。

もっと怖い中国での借金

日本のカードローンなど他愛もなく感じられる中国の借金事情をお伝えしたい、そう強く感じました。

 

消費者金融など可愛いモノで、個人の金貸しから超高金利で借金しながら日々の生活をおくる若者が中国には無数います。

 

中国も南東部に東京より人口の多い大都市「深せん=しんせん」があり、世界中ほとんど多くの人達が手にするPC、スマートフォンを生産しています。

 

香港からも電車で行ける人口1200万人以上の大都会が深せん。

 

現地には数百の派遣会社があり、無数にある電子部品工場のワーカーを日給1500円、1600円(90元)で送りこんでいます。

 

そこで働く人達のほとんど多くは地方出身で戸籍もなく(中国内陸部には戸籍が無い人達がとても多い=人口統計にカウントされない人達)、仕方なく工場で派遣。

 

日給1500円を手にすれば数百円の安宿に泊まりながら1日か2日遊んで、また派遣会社めぐりを繰り返す日々。

 

若いからそんな生活を続けられても、やがて30歳、40歳、そしてザンザンしかありません。

 

だ・か・ら・そんな人達は借金返済不能を知っていながら、正規&違法なとこからお金を借り続けています、逃げ回りながらでも・・・。

 

日本は階級社会ではないので理解しにくいかもしれませんが、現地の彼らは親もそうだったし自分達もそうなるしかない、だから無気力な日々を送り続けています。

 

日本は学歴社会的な部分があったとしても階級社会ではありません。

 

階級社会でなければ、自分のアイデアを使いながら起業するのも何でも可能です。

 

現実として、昔のアナログ時代も今のネット時代でも起業する若い人達を多くみてきました。

 

中国の無国籍の人達なら投げやりな人生も仕方ないと考えても、日本なら無計画&本能のままに借金する、カードローンするのは少し?です。

 

日本で仕事があっても一般労働者の賃金が低いまま固定されているは知っています。

 

従って、人より多くの給料をもらうには残業する&2つの仕事をかけもちするしないのが日本です。

 

それでも中国よりは200%以上もましな国が日本、そう考えてください。

車のカードローン購入まとめ

車をカードローンで購入できたとしても高金利など将来的なリスクが高過ぎます。

 

人に見せる車ならオンボロは嫌でしょうが、仕事やプライベート充実なら車検1年以上ある10年落ちなら現金で買えるかもしれません。

 

それが嫌なら仕事を2つかけ持ちしてでも数十万円以上の車購入資金を貯めてください。

 

トップページ関連記事「貧乏で車が買えない」には、アメリカへ不法移民(無国籍)したメキシコ人の車購入話があるのでお読み下さい。※当サイトでも多く読まれている記事の1つです。

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

「車の買い方【119番】」でまたお会いしましょう。

低金利ローンをあきらめていませんか?

せっかく低金利で借りられるのに高い金利でローンを組む方は多く、これってもったいないと思いませんか?

 

↓融資できるか「5秒かんたん診断結果」↓静岡銀行マイカーローン診断2

 

このように意外に融資可能な結果が出ることも多く、今すぐ無料で確認できますので審査が不安な人ほど確認してみましょう!

  静岡銀行マイカーローンバナー1
あなたは車選びに自信がありますか?

良い車を購入するためには多くの中古車を比べることが必要です。

 

しかしながら、スマホでGooやカーセンサーなどを見たりしますが、これが中古車の3割しか見られないことをあまり知られていません。

 

実は残りの7割は業者間の流通段階にあり、ここも比較対象に入れることであなたの車選びを劇的に変えることができます!!

 

ただ業者ではない人が非公開情報を自由に見ることは当然出来ませんが、あなたはある車選びサービスを使うことで非公開車両を部分的に見れるのです。

 

最近は多くの方が利用していますので、次はあなたが使ってよい車選びをしてください。

 

⇒非公開車両もみて車選びをしたいならこちら【無料】