中古車を買う段階でローン金利10%と言われたら高いと感じますか?

 

そう感じるアナタはOK!

 

感じなければアウトです。

 

理由は、国産新車ディーラー金利は3.5%(ホンダなど)から7.5%(トヨタなど)であり、それが普通だからです。

 

ナゼ中古車ローン金利だけが10%前後と高いのでしょうか?

 

ちなみに、中古車販売最大手ローン金利が10%、つまり主流なんです。

 

中古車ローンが、どうして高金利なのかを知れば、金利値引=車値引、車が安く買えるお話をします。

 

なぜか中古車選びがうまくいかない理由とは
突然ですが、ネットで中古車を探すと微妙な車って多くないですか?実はこれ、良い車を先に業者に買われていることが原因なんですよ!(だから良い車は高い殿様価格なんです…)
「これでは一般人が太刀打ちできないのか…」といえば、今は部分的に業者と同じことが出来ます!ネットから業者だけが見られる流通前の非公開情報をあなたも知ることが出来ちゃうんです!
「ネットで車を買うの?」と心配になりますが、最長10年保証や返品対応など下手したら実店舗よりも保証が厚いので、すでに中古車の商談をしていても比較したい内容になっています。
一般人が見られる中古車情報は全体の3割と言われています。もしあなたが残り7割の非公開情報を見て車選びをしたいなら、ネットから優良中古車をお得に探してみてくださいね!

非公開車両からの車探しを「スマホから簡単1分」で試してみる【無料】

ズバット車販売バナー

中古車ローンの引受先は信販会社!

中古車店がアナタのローンを引き受けてくれるわけではありません。

 

中古車店はローン引受先である信販会社にアナタを紹介するだけの仕事なんです。

 

ローン客を紹介すれば手数料が必ず儲かる仕事、簡単には紹介業、その事実を覚えておいてください。

 

ではアナタが絶対に損をしない中古車ローンをお伝えしていきます。

中古車店ローン金利だけが高い理由

中古車ローン(含む新車)は銀行などが扱う正式ローンではない、だから金利が高いと考えください。※ここより中古車ローン=含む新車ローンとなります。

 

中古車ローンの正式名は信販クレジット、簡単に言えば「月賦払い=月賦販売」のことです。

 

中古車で利用するローン信販クレジット月賦の意味です。

 

  • 月賦は簡単審査なので、お金を貸す側(信販会社)リスクが高い、
  • リスクが高い分だけ高金利にしてある ← ポイントです!
  • 信販会社は中古車店にローン顧客紹介手数料を払う
  • だから金利が高い ← ポイントです!
    中古車店は販売利益が少ない分をローン金利でも補っている

 

中古車店ローン=月賦払いだからこそ5分審査で簡単&便利に使えますが、その代わりに金利が高くなります。

 

そんな高金利以外にデメリットはないのでしょうか?

 

シッカリあります。

車担保に取られるローン&取られないローン

中古車ローンは動産である車を担保にするので、車検証名義が信販会社になることも知ってください。

 

車が担保になるとはこんな意味です。

 

  1. 中古車店で高額な車を月賦(ローン購入する)
  2. 月賦を払い終えるまで車検証名義が信販会社となる
  3. 車検証名義が信販会社の期間はアナタの車ではない
  4. ローン支払完了までは車を売ることはできない

 

これが銀行マイカーローンならこうなります。

 

  1. 銀行マイカーローン審査期間は約7日間
  2. シッカリ審査する代わりに2~3%の低金利
  3. 車検証は初めからアナタ名義になる(車を担保に取られない)
  4. ローン支払途中でも自由に車売却できる

 

そうであっても、簡単に使える新車や中古車店ローンが便利なことは間違いありません。

 

そうなら車値引した後は、必ずローン金利値引きもしてもらってください。

 

金利値引はするのが常識ともお考えください。

 

理由は、販売店ローンには必ず店舗利益(口利き利益=手数料)が入っているからです。

 

それとは逆に銀行マイカーローンなら金利値引はできません。

 

理由は、初めから低金利+保証人なし+車所有権までアナタにあるからです。

 

⇒初めから低金利の銀行マイカーローン:簡単5秒診断で借りられるか直ぐわかる

交渉なしに金利値引は実行されない

車でも金利でも値引要求をしなければ何も起こりませんお店の言い値で購入するしかありません。

 

新車には定価があるので、定価基準に値引交渉をします。

 

逆に定価があるので値引交渉を一切しない、そう考える人たちも多くいます。

 

それも考え方ではあります。

 

デパートや高級店で値引する人はほとんどいない、それが常識と考えているのでしょう。

 

それと同じにローン金利も決まっているモノ、値引交渉できないモノ、そう考えている人が多いのも事実です。

 

もし、そう考えているなら違います。

 

中古車店は車販売+ローン金利からも利益をシッカリ得ている」、だから金利値引交渉する必要があると考えてください。

 

中古車にもローン金利にも仕入れコストがあり、そのコストは販売価格(数字)より必ず低い、その論理です。

 

そんな金利値引方法は後半に伝えします。

 

その前に中古車ローン金利だけが突出して高い理由を知ってください。

中古車店販売利益とローン金利の関係

中古車には決まった仕入れ価格も販売価格も存在しません!

 

景気や車需要、人気車&不人気車、車年式とコンディションなどによって仕入れ価格も販売価格も変動しています。

 

厳密には「3~4週間単位で車オークション価格が下がっている」「値下がりしている」、それが中古車の現実なんです。

 

従って決まった販売価格設定も利益率もありません。

 

そうなら勝手に!?ローン金利10%とすることで、お店側には決まった利益が入ります。

 

そして決まった利益(定価)である金利から値引したくないのがお店です。

 

もし中古車がどんな値引攻勢に合おうとも、金利手数料さえ守れば損はありません、10%ゲットです!

 

中古車販売利益を補う分としてローン金利は10%前後と高く設定されています。

中古車販売利益の実態とは?

よく中古車業界で言われるのが車仕入れ価格に25%や35%を乗せて販売している、それです。

 

中古人気車種なら利益を少なくしても短期間で多くの台数を売って儲ける。

 

その話はバーで知り合った中古車屋さんから聞いたことがありました。

 

でも&しかし、中古車販売は日々変動する仕入れ金額と販売金額によって利益率はいつも違います。

 

つまり中古車販売はこうなります。

 

  1. 決まりきった仕入れ価格がない、
  2. 決まった販売価格もない、
  3. 安く仕入れたらその分を高く売る、
  4. 高く仕入れたら、少しでも利益を取れる価格で売る、

 

だから、いつも必ず安定した利益である金利10%ゲットとなります。

 

そうであっても車購入では金利値引をしてもらいたい、安く買いたい、それが我々です。

 

どうするかお伝えします。

ローン金利のコストを知れば値引できる

中古車店がアナタをローン顧客として信販会社に紹介する際の利益想定、それが可能になれば金利値引交渉が進められます。

 

記事冒頭に、中古車ローンは信販クレジット月賦払い(月賦販売)、そう書きました。

 

そして中古車店はローン顧客(信販クレジット)を信販会社に紹介するだけの窓口として存在しています。

 

中古車店はローン顧客紹介をするだけで信販会社から手数料をもらえます。

 

では中古車店は何%のローン客紹介手数料を信販会社からもらうのでしょうか?

 

まず各ローンの金利違いから想定します。

 

  • ディーラーローン金利5%~6%(キャンペーン時の金利3.5%~4.5%)
  • 中古車店ローン金利9%~11%
  • 銀行マイカーローン金利2.5%~3%前後

 

上記想定(ほぼ現実)から、こう考えます。

 

  • ディーラー&大手中古車店ローン受け入れ先は信販会社
  • 信販会社の資金調達コストはマイカーローンの銀行金利より高いと考える
  • 銀行金利の仕入れコスト1.0~1.2%と考えれば、信販会社の仕入れは+0.5%と想定する
  • 従って信販会社の金利仕入れコストは1.5~1.7%前後となる

 

上記から推論すると、ディーラーは2%~3%前後の金利手数料もらい中古車店は5%前後の金利手数料を信販会社からもう、そう考えます。

 

それら手数料%は下記によっても変わってきます。

 

  • 信販会社毎の資金調達コストの違い
  • 信販会社毎の手数料設定の違い
  • 信販会社と中古車店との取引金額の違い
  • ディーラーと中古車店のローン金利設定の違い

 

そうであっても「中古車店ローン金利に大きな手数料収入がある」、それはご理解して頂けたのではありませんか?

 

では実際の金利値引交渉に入りましょう。

中古車店ローン金利値引のタイミングと方法

車に何台も試乗して、これはと思った1台に絞り込めたら車値引き交渉を開始します。

 

車両値引+納車や車庫証明費用など可能な限りコストカット&ゼロにした後にローン金利値引開始!

 

アナタが金利値引5%などを言えば、とても驚いた表情をする営業マンの顔が目に浮かびます!?

 

きっと営業マンは、こんなコメントでしょう。

 

  • 中古車だからローン金利が高いのは仕方ないんです(仕入後のメンテなど)
  • 新車販売は儲かるから低いローン金利でも、中古車は全て弊社保証でコストがかかるんです
  • 車値引+金利値引では販売できません

 

予想できるであろう普通の受け答えです。

 

そんなワンパターンな営業トークなら、こう言って上げてください。

 

「金利が安ければ御社の信販クレジットを使おうと思ったけど、安くならないなら金利2%か3%の銀行マイカーローンにするよ」

 

「銀行マイカーローンなら審査完了まで7日かかるので、また来月か再来月にでも来ます」

 

この一言、二言で金利は下がります。

 

中古車店がローン金利を下げる理由はこうです。

 

  • 他店で車を買われてしまうかもしれない
  • もし当店で買ってもらえたとしても売上は来月か再来月になってしまう
  • 車を気に入ってもらえている間に金利値引して売ろう

 

中古車店に限らず、販売最前線の営業マンには必ずノルマがあります。

 

それも毎月20日過ぎると月末までに上司と約束した月間販売台数をクリアでるかどうかが不安でたまりません。

 

従って「中古車店で値引交渉するなら20日過ぎに行って月内に納車してもらいたい意思を示せばもっとメリットある」、そうお考え下さい。
※中古車はローン手続き含め約1週間で納車可能

 

それでもOKしない中古車店なら、新車でも中古車でも使える銀行の低金利ローン(2~3%)があります。

 

加えて新車でも中古でも維持費まで借りられるのが銀行マイカーローンなんです。

 

⇒維持費まで借りられる銀行マイカーローン金利を確認する【検索無料】

 

そろそろまとめですが、その前に1つお伝えします。

中古車ローン値引での金銭感覚とは?

車購入なら数十万円、100万円単位もあるでしょう。

 

そんな高額商品を買うのなら、ネット検索で車種選考、価格比較、販売店で試乗などあります。

 

そして、最後は車両とローン金利の値引交渉となります。

 

そんな時に思い出し欲しいのはアナタご自身の「給料や時給」です。

 

高額な車では千円単位が小さく感じられても、千円単位を意識する値引交渉をお願いします。

 

もし1万円値引無理なら、5千円を値引いてもらってください。

 

ローン金利もそれと同じです。

 

ローン元金、金利、借入期間にもよりますが、金利1%の違いが10万円どころか20万円にも大きく変身するかもしれません。

 

従って中古車店ローン金利値引交渉の2~3%は絶対です。

 

それが銀行マイカーローンなら元々が低金利なので値引交渉ゼロ、何もしなくて済みます。

 

元々が低金利なので、数十万円など少ない支払総額になるのは確かです。

 

⇒中古車店の見積書で銀行マイカーローンが借りられる【確認無料】

中古車店ローン金利を安くさせるまとめ

アナタは心が優しい人であっても、人と話すのが少し苦手であっても、定価販売でない中古車とローン金利はできるだけ下げてもらってください。

 

アナタが一度でも値引交渉の場に身を置けば、そのメリットを感じない訳がありません。

 

もしローン金利値引交渉に1時間かかったとしても、金利10%から7%や6%になれば時給数万円の仕事をしたのと同じになるかもしれません。

 

そんな交渉する雰囲気と味を一度でも覚えたなら、またそうしたくなるでしょう。

 

次回の交渉が新車や家なら、アナタの交渉力による時給は20万円、100万円にもなる可能性があると考えてください。

 

いつもお読み頂き、ありがとうございました。

 

「車の買い方【119番】」でまたお会いしましょう!

あの業者が中古車保証を付けたがらない理由
中古車を探すときはネットで調べたりしますが、これは一部だけしか見れていないことを知っていましたか?
実は良い車は市場に出回る前に買われてしまうことが多く、あなたがいつも見ているのは中古車市場の【残りかす】のようなものです。
良い中古車を買うためには、良い車は流通前から買われてしまうので、流通前の非公開情報を見る必要があります。
最長10年保証を付けられたり、返品まで対応できる業者もいますので、あなたが中古車選びで失敗したくないならば、非公開車両を見れる中古車屋を使うべきです!

スマホから簡単1分入力で非公開車両を見る【完全無料】

ズバット車販売バナー
下取りはなぜ安い?平均18万円査定額を上げる方法とは

下取りを依頼して出された査定額にがっかりすることはありませんか?それは下取りを業者任せにすることが高値の査定額が出ない理由です!

実は下取りも相見積もりすることが可能で、平均18万円の査定額アップが期待できます。(かんたん車査定ガイドアンケートより)

もしあなたが安い下取り額にうんざりしているならば、必ず相見積もりをして査定額平均18万円アップで損をしないようにしてくださいね。

⇒下取りでも相見積もりをして査定額を平均18万円上げるならこちら【無料】

大手車買取業者一覧

お得な非公開車両の情報をゲットする唯一の方法

あなたは一般の方が見ることが出来る中古車情報は全体の3割程度なのをご存知ですか?

残りの7割は業者しか見ることが出来ない流通段階の車で、良い車は業者によってこの時点で買われてしまうのです…

しかし、今はネットで一般人が見られない非公開車両を見ることが可能になりました!もちろん、全部ではなくその一部ではありますが、良い中古車選びをしたいという方に役立つのは間違いありません!

ネットでありがちな「保証なし」とは無縁で、最長10年保証も付けられるのでアフターフォローも万全ですので、失敗のない中古車選びをしたい方は詳細を確認してください。

⇒一般人に非公開な車両情報も含めてよい中古車探しをするならこちら【無料】

ズバット車販売のバナー