オリコのオートローンならディーラーや中古車店どこでも扱っているので安心だと考えていませんか?

 

ローンと名前が付けば銀行イメージからくる安心感もあるでしょう。

 

しかし銀行や農協など金融機関だけで扱えるのがローンであり、オリコなど信販会社が扱うのはローンではなく全てクレジット=月賦なのをご存知でしたか?

 

従ってディーラーや中古車店でローンと称している全ては信販会社のクレジットなんです。

 

オリコのオートローンと銀行マイカーローンの金利差と審査内容を比べることで多くの事実が分かるようになります。

 

それが分かればアナタが借りるべきローンがどれなのか直ぐに判断できる、そんな内容を知ってください。

 

読み時間1分30秒です。

 

なぜか中古車選びがうまくいかない理由とは
突然ですが、ネットで中古車を探すと微妙な車って多くないですか?実はこれ、良い車を先に業者に買われていることが原因なんですよ!(だから良い車は高い殿様価格なんです…)
「これでは一般人が太刀打ちできないのか…」といえば、今は部分的に業者と同じことが出来ます!ネットから業者だけが見られる流通前の非公開情報をあなたも知ることが出来ちゃうんです!
「ネットで車を買うの?」と心配になりますが、最長10年保証や返品対応など下手したら実店舗よりも保証が厚いので、すでに中古車の商談をしていても比較したい内容になっています。
一般人が見られる中古車情報は全体の3割と言われています。もしあなたが残り7割の非公開情報を見て車選びをしたいなら、ネットから優良中古車をお得に探してみてくださいね!

非公開車両からの車探しを「スマホから簡単1分」で試してみる【無料】

ズバット車販売バナー

オリコと銀行マイカーローンを比較する

オリコのオートローンでも銀行マイカーローンでもアナタにとって使い安く金利が低い方を選ぶべき、そうお考えください。

 

オリコのオートローンと銀行マイカーローン比較です。

オリコ 銀行
申込み方法 販売店で申し込む ネットサイトから申し込む
必要書類 オートローン契約書に書き込む
※別途の郵送書類が必要な場合有あり
ネットサイトからデータ送信
※別途に郵送書類必要の場合あり
審査時間 当日中に販売店経由で回答 ネット仮審査から本審査完了まで約7日間
※5秒簡単診断などもある
金利 7%~10%前後 2%~3%ほど
借入の難易度 低い 少し高い
車検証名義 オリコかディーラー名 本人
購入車売却可能時期 ローン完済後 ローン中でもいつでもOK

 

この比較だけでは金利の低い銀行マイカーローンの勝となりますが、実際に借りやすいかどうかは調べなければ分かりません。

 

ポイントは「借りやすいのか」「お得なのか」どうかです。

 

その説明の前に、どうしてオリコと銀行でこんな大きい金利差があるのでしょうか?

ローンとクレジットに金利差ある理由1

銀行マイカーローンとオリコのオートローンに金利差がある理由は、銀行はローンでオリコはクレジットだからです。※俗称ローンのクレジット

 

  • 銀行マイカーローンは人の信用に対してお金を貸すシステム※車を担保にとらない
  • オリコのオートローン(クレジット)は車を担保に取ってお金を分割払いにできるシステム

 

銀行マイカーローン審査が約7日間と長いのは個人の信用情報をしているからです、正式なローンだからです。

 

ディーラーや中古車店のローン(クレジット)審査が数分や1時間と短いのは提携するオリコが車担保にお金を貸すクレジットだからです。

 

車を担保に取っているから車検証名義はオリコとなり、オリコ以外は誰も車転売できません。

 

さらに銀行マイカーローンの金利(利益)は100%銀行のモノになりますが、オリコのオートローン金利は違います。

 

オリコはディーラーや中古車店へ顧客紹介手数料を支払わなければなりません。

 

従って高金利7%~10%(予想)の中から数%!?をディーラーや中古車店へバックするシステム。

 

そんな高金利のオリコオートローンを選ぶ人が年間150万人もいるのは何故でしょうか?

 

次の次にその原因究明します。

 

その前にローンとクレジットの違いをもう1つお伝えします。

ローンとクレジットに金利差ある理由2

銀行ローンとオリコローン(クレジット)の決定的な違いを知ってください。

 

両方ともお金を貸す&建て替えてくれる意味では、大きなくくりでは金融業となります。

 

でも&しかし大きな違いがあったんです。

 

  • 銀行や農協などの金融機関は、車ローンで融資したお金を個人口座へ振り込める
  • クレジット(オリコなど信販会社)は業者間だけでお金のやり取り行う、個人口座へは振り込めない

 

もっと簡単に言えば、こうなります。

 

  • 車ローンで銀行は個人へお金を貸せる、
  • 車ローンでオリコは個人へお金を貸せない、

 

そうなります。

 

だからオリコなど信販会社(クレジット)は、担保となる車を介在させる月賦販売方式を取っています。

 

月賦販売=クレジットでも、車両金が買高くローン期間も長いので高金利+車担保にする、です!

 

そんなオリコなど信販会社が提供するクレジットは、いつの間にかローンと呼ばれるようになりました。

 

その語源&イメージは銀行ローンから来ているのは間違いありません。

 

クレジットをローンと称することで信用イメージにつながる、借りやすいとなる、だからです。

 

次はどうしてオリコローンが年間150万人にも選ばれるのか知ってください。

オリコのオートローンを選ぶ人の心理

オリコのオートローンは色んな意味で「借りやすいから借りる」、だから年間150万人も利用する、そうしか考えられません。

 

利用する理由は、車販売店カウンターやテーブルにオリコのサインスタンドがあるから、それだけです。

 

誰であってもあまり考えずに借りられる方が楽なのは間違いありません。

 

車販売店で価格交渉を終えたら、その流れのままに支払&ローン手続きとなるので簡単に済んでしまう、だからオリコとなります。

 

それ以前に我々はローンの仕組みも金利差による支払差額も知らない、だから金利10%でも車検証名義がオリコでも利用してしまうんです。

 

もし車購入その場で金利計算ができていれば、オリコとは違ったローンを選択するかもしれません。

 

ローン選択だけで20万円や30万円も違うなら、車両価格やオプション値引した努力もザンザンになるからです。

 

そうなら初めから金利が安い銀行マイカーローンも考えます。

 

まずはオリコローンと銀行ローンで金利比較を支払総額比較をしてはどうですか?

 

ローン予定金額、ローン期間(年数)、ローン金利を入れれば毎月の支払+支払総額が分かります。

 

⇒金利ごとでローン返済シミュレーションをする【利用無料】

 

シミュレーションが苦手な人は、次の各金利による支払差額を確認してください。

オリコと銀行の大き過ぎる支払差額に驚く

乗り出し180万円の軽自動車を3%銀行マイカーローンと10%オリコのオートローンで比較しました。

 

イエローマーカー部分の支払い差額を表の後に計算してありますが驚かないでください。

 

ローン金額180万円コース

ローン 180万円・金利 2%(銀行ローン)

 ローン回数  毎月  年間  支払合計
 36  51,556  618,672  1,856,021
 48 39,051  468,612 1,874,431
 60 31,549  378,588 1,892,972

 

ローン 180万円・金利 3%(銀行ローン)

 ローン回数  毎月  年間  支払合計
 36 52,346  628,152  1,884,444
 48 39,841  478,092  1,912,384
 60 32,343  388,116 1,940,597

 

ローン 180万円・金利 4%(新車販売店ローン)

 ローン回数  毎月  年間  支払合計
 36 53,143  637,716 1,913,136
 48 40,642  485,54 1,950,802
 60  33,149  397,788  1,988,957

 

ローン 180万円・金利 5%(新車販売店ローン)

 ローン回数  毎月  年間  支払合計
 36  53,947 647,364 1,942,089
 48  41,452  497,424 1,989,696
 60 33,968  407,616 2,038,048

 

ローン 180万円・金利 6%(新車販売店ローン)

 ローン回数  毎月  年間  支払合計
 36  54,759  657,108 1,971,324
 48 42,273  507,276  2,029,078
 60  34,799  417,588 2,087,908

 

ローン 180万円・金利 10%(中古車店ローン)

 ローン回数  毎月  年間  支払合計
 36  58,080  696,960 2,090,881
 48  45,652  547,824  2,191,286
 60  38,244  485,928 2,294,626

 

金利1%アップするごとに、どんどん支払額がアップしています。

 

そんな銀行マイカーローンなどの金利3%とオリコなどの金利10%なら、こんな支払額が違ってきます。

 

ローン180万円、金利3%、48回払いの支払総額1,912,384円

 

ローン180万円、金利10%、48回払いの支払総額2,191,286円

 

2,191,286円 - 1,912,384円 = 278,902円 ⇔(支払差額=損)

 

180万円の車で約28万円の支払差額(損)なら、300万円の車なら40万円の損になるかもしれません。

 

金利が低いか高いかでこんな大金が失われてしまう、それは間違いありません。

 

オリコのオートローンは誰でも簡単に使える代わりに金利が高い、ローン期間によっては給与の1カ月や2カ月分が金利で消えて無くなる可能性がある。

 

そうならオリコと比較するためにも、銀行マイカーローンが使えるか簡単5秒診断を受けておけば安心です。

 

⇒銀行マイカーローン:借りられるか簡単5秒診断で確認する【利用無料】

 

そんな簡単5秒診断でOKになっても、次の仮審査に進むかどうかは自由です。

 

さらに仮審査に受かっても、次の本審査に進む義務はありません。

 

理由は仮審査段階を1年間は維持できる、1年間は車探しに充当できるからです。

 

最終的に本当に欲しい車が見つかれば本審査に進む、見つからなければキャンセルできるんです。

 

使える方法です。

ローン金利は値引できるのにしない理由

車購入では車両本体値引、オプション値引、諸費用値引などに頑張っても、何故かローン金利値引を頑張る人は少数派かもしれません。

 

ローン金利はどこかで決められたモノ、だから値引交渉ができない、そう考えているなら修正してください。

 

それが銀行ローンなら金利2%~3%以内と低金利なので値引余地がない、値引すれば銀行利益がなくなる!?、だから値引できません。

 

でも&しかしオリコなど信販クレジットは金利6%~10%前後と高く、その中にはオリコの利益と車販売店の手数料がシッカリと入っています!

 

だからアナタは金利値引が可能となります

だから販売店は金利値引をしたくありません

 

もちろんアナタが金利値引を要求すれば、こんなシナリオ通りのコメントが返ってくるでしょう、それも驚いたフリをしながら。

 

「ローン金利値引なんて聞いたことありません」

「車お値引きに加えてローン金利値引なんてできません」

 

そんな販売店側の役者さん達に、アナタはこう言ってやってください。

 

「もしローン金利値引できないなら、銀行マイカーローンにします」

「銀行マイカーローン金利が数%なのに、どうしてオリコはこんな高金利なんですか」

 

普通の営業マンなら、このコメントで1~2%は金利値引きしてくれるはずです。

 

理由は金利値引をしなければ、車自体が売れない可能性=オリコからの手数料がゼロ円になる、です!

 

従ってオリコローンを利用する際には、金利値引交渉は絶対に必要であるとお考え下さい。

 

値引目安は新車なら2%前後、中古車なら3%~4%とお考えください。

 

そんなローン金利値引に満足できないのなら、次の手があります。

金利値引1%違いは5万円以上の支払差額になる

購入する車価格によって金利1%の重みが違います。

 

下記の金利シミュレーション100パターンデータで確認してください。

 

金利1%の違い&意味が感じられるのは間違いありません。

 

 

ローン購入価格によって金利1%が数万円もあれば、5万円や10万円の価値になる場合があります。

 

そんなローン金利値引交渉は最後の最後に行いますが、金利を下げてもらえなければ奥の手しかありません。

 

再び車両やオプションなどに戻って「金利が下がらなかったぶん値引」、その交渉をしてください。

 

そうすることで金利値引に引き当てる、そうなります。

 

私ならこんな値引を考えます。

 

ディーラーならこうします。

 

JAF1年間無料、

ディーラーオプションの無料サービス、

納車費用は全カット

車庫証明費用も全カット

新車保証3年間を無料で5年に延長、

 

中古車店ならこうします。

 

「保証期間延長と内容拡大」

 

以上です。

 

それがもし銀行マイカーローンを使うのならこうなります。

銀行マイカーローンならこうなる

銀行マイカーローンなら審査時間に約7日あっても金利3%ほど、車所有権もアナタなので得でしかありません。

 

銀行マイカーローンに金利値引が無くても、オリコなど信販会社ローン金利の1/2や1/3でしかありません。

 

そんな銀行マイカーローンは各銀行で審査基準が違います。

 

ローン審査が厳しいメガバンク、そして審査基準が少し!?ユルメの地方銀行などです。

 

各銀行で審査の厳しさが違う理由です。

銀行であっても勝ち組と負け組がある

そうなる理由は、三菱などメガバンクは大企業や世界中のビジネスネットワークがあるので不況下でも経営にさほど影響ありません。

 

地方銀行なら地元中小企業が中心顧客だったのが、20年以上も続く不景気で融資先が激減し経営難。

 

数年後の地方銀行は現在の103行からもっと少なくなる、合併するしかないのが地方銀行の現状です。

 

地方銀行が頼りにしていた住宅ローン顧客も激減、最後に残るのは融資金額が大きいマイカーローンしかありません。

 

だ・か・ら・地方銀行マイカーローン審査が通りやすくなっている、それが2019年の現状です。
※融資基準は各地方銀行で違います。

 

何とかやれているメガバンクより、危険が危ない経営の地方銀行も方が使いやすい=ローンを組みやすいのは間違いありません。

 

次は銀行マイカーローンを使うメリットを知ってください。

銀行マイカーローンにあるメリット1

オリコローン(クレジット)なら、簡単に借りられても何もメリットがありません。

 

それどころか高金利で車所有権(車検証名義)もローン返済完了までオリコが持つので損しかありません。

 

銀行マイカーローンなら低金利+車所有権(車検証名義)も全てアナタなので、いつでも自由に売却可能です。

 

実は銀行マイカーローンにはもう1つ大きなメリットがあるんです。

 

銀行はアナタのローン審査に7日間かけて「信用ある人」そう確認したから融資実行となります。

 

アナタは銀行が認めた「信用ある人」なんです。

 

その信用は今回のマイカーローンだけでなく、いつか借りるかもしれないローン&融資にも自動的に適用されれる、そうお考えください。

 

その際には過去の信用によってこんなメリットがあると考えます。
※私個人は経験しました

 

  • 短い審査時間若しくは無審査融資が行われる
  • 新たな低金利が融資に適用される

 

そんな信用獲得が可能なのは銀行しかありません。

 

銀行マイカーローンは使えます。

 

⇒地方銀行中で有名な静岡銀行マイカーローン:借りられるか簡単5秒診断をしてみる(利用無料)

 

まとめ前に、銀行マイカーローンのメリットをもう1つお伝えします。

銀行マイカーローンにあるメリット2

銀行マイカーローン完済すれば信用が得られることはお伝えしました。

 

その信用はもっと多用途に使えることはあまり知られていません。

 

短い審査時間と低金利融資の可能性はもちろんですが、こんな経験があります。

 

「信用があれば起業や事業資金も借りられる」

 

もし会社を作りたいと思えば、2019年の今は資本金1円でも株式会社設立可能です。

 

現実には法人登記費用で20万円少しかかりますが・・・・

 

将来のアナタが自営業になると決めても法人登記してある&してない、それだけで社会的信用が違ってきます。

 

法人登記してあっても、資本金の多い少ないでの信用がまた違ってくるんです。

 

同じ業種&設立時期で、資本金1円と300百万円の会社ならどうしますか?

 

アナタはどちらの会社と取引をするでしょうか?

 

資本金が多い会社と取引をする、そうではありませんか?

 

つまり銀行マイカーローンで信用がつけば、将来の事業資金も借りられる、それも通常より低金利で、そうなります。

 

もし、取引ゼロの銀行で法人設立の話をしてもアウトしかありません。※経験済

 

銀行マイカーローンは使えます!

 

⇒使える銀行マイカーローンを確認してみる【利用無料】

オリコのオートローン金利と審査比較まとめ

誰でも初めはローン知識なんてありません。

 

昔の私は中古車店かディーラーローンしか使ったことがありませんでした、損をしてしまいました。

 

でも&しかし、知り合った銀行マンからローン金利1%が違うだけでどんな支払差額になるのか、損になるのかを聞いてから変身しました。

 

簡単に借りられる&手に入るモノには理由がある損がある、そうも学びました。

 

今は少しの時間と手間がかかったとしても、損しないで得する方法を選んでいます。

 

それが限られた収入を最大限に有効活用する方法につながるからです。

 

いつも最後までお読み頂き、本当にありがとうございます。

 

「車の買い方【119番】」でまたお会いしましょう。

あの業者が中古車保証を付けたがらない理由
中古車を探すときはネットで調べたりしますが、これは一部だけしか見れていないことを知っていましたか?
実は良い車は市場に出回る前に買われてしまうことが多く、あなたがいつも見ているのは中古車市場の【残りかす】のようなものです。
良い中古車を買うためには、良い車は流通前から買われてしまうので、流通前の非公開情報を見る必要があります。
最長10年保証を付けられたり、返品まで対応できる業者もいますので、あなたが中古車選びで失敗したくないならば、非公開車両を見れる中古車屋を使うべきです!

スマホから簡単1分入力で非公開車両を見る【完全無料】

ズバット車販売バナー
下取りはなぜ安い?平均18万円査定額を上げる方法とは

下取りを依頼して出された査定額にがっかりすることはありませんか?それは下取りを業者任せにすることが高値の査定額が出ない理由です!

実は下取りも相見積もりすることが可能で、平均18万円の査定額アップが期待できます。(かんたん車査定ガイドアンケートより)

もしあなたが安い下取り額にうんざりしているならば、必ず相見積もりをして査定額平均18万円アップで損をしないようにしてくださいね。

⇒下取りでも相見積もりをして査定額を平均18万円上げるならこちら【無料】

大手車買取業者一覧

お得な非公開車両の情報をゲットする唯一の方法

あなたは一般の方が見ることが出来る中古車情報は全体の3割程度なのをご存知ですか?

残りの7割は業者しか見ることが出来ない流通段階の車で、良い車は業者によってこの時点で買われてしまうのです…

しかし、今はネットで一般人が見られない非公開車両を見ることが可能になりました!もちろん、全部ではなくその一部ではありますが、良い中古車選びをしたいという方に役立つのは間違いありません!

ネットでありがちな「保証なし」とは無縁で、最長10年保証も付けられるのでアフターフォローも万全ですので、失敗のない中古車選びをしたい方は詳細を確認してください。

⇒一般人に非公開な車両情報も含めてよい中古車探しをするならこちら【無料】

ズバット車販売のバナー