オリコのオートローンならディーラーや中古車店どこでも扱っているので安心だと考えていませんか?

 

ローンと名前が付けば銀行のイメージから来る安心感もあるでしょう。

 

しかし銀行や農協など金融機関だけで扱えるのがローンであり、オリコなど信販会社が扱うのはローンではなく全てクレジット=月賦なのをご存知でしたか?

 

従ってディーラーや中古車店でローンと称している全ては信販会社のクレジットなんです。

 

オリコのオートローンと銀行マイカーローンの金利と審査内容を比べることで多くの事実が分かるようになります。

 

そうすればアナタが借りるべきローンがどれなのか直ぐに判断できるようになります。

 

読み時間1分30秒です。

オリコと銀行マイカーローンを比較する

オリコのオートローンでも銀行マイカーローンでも、自分に使い安くて金利が低い方を選ぶべきです。

 

オリコのオートローンと銀行マイカーローン比較です。

 

オリコ 銀行
申込み方法 販売店で申し込む ネットサイトから申し込む
必要書類 オートローン契約書に書き込む
※別途の郵送書類が必要な場合有あり
ネットサイトからデータ送信
※別途に郵送書類必要の場合あり
審査時間 当日中に販売店経由で回答 ネット仮審査から本審査完了まで10日以内
※5秒簡単診断などもある
金利 7%~10%前後 2%~3%以内

 

この比較だけでは金利の低い銀行マイカーローンの勝となりますが、実際に借りやすいかどうかは調べなければ分かりません。

 

ポイントは「借りやい=お得か」です。

 

その説明の前に、どうしてオリコと銀行でこんな大きい金利差があるのかを知ってください。

ローンとクレジットに金利差ある理由その1

銀行マイカーローンとオリコのオートローンに金利差がある理由は、銀行はローンでオリコはクレジットだからです。※俗称ローンのクレジット

 

  • 銀行マイカーローンは人の信用に対してお金を貸すシステム※車を担保にとらない
  • オリコのオートローン(クレジット)は車を担保にとってお金をクレジット払いにできるシステム

 

銀行マイカーローンの審査時間が長いのは個人の信用情報を確認しているからです。

 

ディーラーや中古車店のローン(クレジット)審査時間が数分や1時間と短いのは、提携するオリコが車担保にお金を貸すからです。

 

従って車検証名義はオリコとなり、オリコ以外は誰も車転売できないとなります。

 

さらに銀行マイカーローンの金利(利益)は100%銀行のモノになりますが、オリコのオートローン金利は違います。

 

オリコはディーラーや中古車店へ顧客紹介手数料を支払わなければなりません。

 

従って高金利7%~10%(予想)の中から数%!?をディーラーや中古車店へバックするシステム。

 

そんな高金利のオリコオートローンを選ぶ人が年間150万人もいるのは何故でしょうか?

 

次の次にその原因究明します。

 

その前にローンとクレジットの違いをもう少しお伝えします。

ローンとクレジットに金利差ある理由その2

銀行ローンとオリコローン(クレジット)の決定的な違いを知ってください。

 

まず両方ともお金を貸す&建て替えてくれる意味では、大きなくくりでは金融業となります。

 

でも&しかし大きな違いがあったんです。

 

1.銀行や農協などの金融機関はお金を貸すことが国によって認められている

 

2.クレジット(オリコなど信販会社)はお金を貸せない、貸す許可を持っていない、だから商品やサービスを後払い(月賦)にできるシステムとして使っている

 

もっと簡単に言えば、銀行が現金を貸せても、オリコは現金を貸せない、そうなります。

 

だから車などモノを介在させる、月賦販売方式を取っています。

 

そんなオリコなど信販会社が提供するクレジットは、いつの間にかローンと呼ばれるようになりました。

 

その語源&イメージは銀行ローンから来ているのは間違いありません。

 

クレジットをローンと称することで信用イメージにつながる、借りやすいとなる、だからです。

 

次はどうしてオリコローンが選ばれるか知ってください。

オリコのオートローンを選ぶ人の心理

オリコのオートローンは色んな意味で「借りやすいから借りる」、だから年間150万人も利用する、そうしか考えられません。

 

利用する理由は、車販売店カウンターやテーブルにオリコのサインスタンドがあるから、それだけです。

 

誰であってもあまり考えずに借りられる方が楽なのは間違いありません。

 

車販売店で価格交渉を終えたら、その流れのままに支払&ローン手続きとなるので簡単に済んでしまう、だからオリコとなります。

 

それ以前に我々はローンの仕組みも金利差による支払差額も知らない、だから金利10%でも車検証名義がオリコでも利用してしまうんです。

 

もし車購入その場で金利計算ができていれば、オリコとは違ったローンを選択するかもしれません。

 

ローン選択だけで20万円や30万円も違うなら、車両価格とオプション値引も納車費用ゼロ円交渉の努力もザンザンです。

 

⇒金利ごとでローン返済シュミレーションをする

 

シュミレーションが苦手な人は、次の金利違いによる支払差額を確認してください。

オリコと銀行の大き過ぎる支払差額に驚く

乗り出し180万円の軽自動車を3%銀行マイカーローンと10%オリコのオートローンで比較しました。

 

※イエローマーカー部分の支払い差額を後に計算してありますが驚かないでください。

 

ローン金額180万円コース

ローン 180万円・金利 2%

 ローン回数  毎月  年間  支払合計
 36  51,556  618,672  1,856,021
 48 39,051  468,612 1,874,431
 60 31,549  378,588 1,892,972

 

ローン 180万円・金利 3%

 ローン回数  毎月  年間  支払合計
 36 52,346  628,152  1,884,444
 48 39,841  478,092  1,912,384
 60 32,343  388,116 1,940,597

 

ローン 180万円・金利 4%

 ローン回数  毎月  年間  支払合計
 36 53,143  637,716 1,913,136
 48 40,642  485,54 1,950,802
 60  33,149  397,788  1,988,957

 

ローン 180万円・金利 5%

 ローン回数  毎月  年間  支払合計
 36  53,947 647,364 1,942,089
 48  41,452  497,424 1,989,696
 60 33,968  407,616 2,038,048

 

ローン 180万円・金利 6%

 ローン回数  毎月  年間  支払合計
 36  54,759  657,108 1,971,324
 48 42,273  507,276  2,029,078
 60  34,799  417,588 2,087,908

 

ローン 180万円・金利 10%

 ローン回数  毎月  年間  支払合計
 36  58,080  696,960 2,090,881
 48  45,652  547,824  2,191,286
 60  38,244  485,928 2,294,626

 

ローン180万円、金利3%、 48回払い支払総額1,912,384円

 

ローン180万円、金利10%、48回払い支払総額2,191,286円

 

2,191,286円 - 1,912,384円 = 278,902円(支払差額=損)

 

180万円の車で約28万円の支払差額(損)なら、300万円の車なら40万円の損になるかもしれません。

 

金利が低いか高いかでこんな大金が失われてしまう、それは間違いありません。

 

オリコのオートローンは誰でも簡単に使える代わりに金利が高い、ローン期間によっては給与の1カ月や2カ月分が金利で消えて無くなる可能性がある。

 

そうならオリコの前に銀行マイカーローン仮審査を受けておくことも少ない出費には有効です。

 

⇒銀行マイカーローン:借りられるか5秒診断で確認する

ローン金利は値引できるのにしない理由

車購入では車両本体値引、オプション値引、諸費用値引などに頑張っても、何故かローン金利値引を頑張る人は少数派かもしれません。

 

ローン金利はどこかで決められたモノ、だから値引交渉ができない、そう考えているなら修正してください。

 

それが銀行ローンなら金利2%~3%以内と低金利なので値引余地がない、値引すれば銀行利益がなくなる!?、だから値引できません。

 

でも&しかしオリコなど信販クレジットは金利6%~10%前後と高く、その中にはオリコの利益と車販売店の手数料がシッカリと入っている、だから値引が可能となります。

 

もちろんアナタが金利値引を要求すれば、こんなシナリオ通りのコメントが返ってくるでしょう、それも驚いたフリをしながら。

 

「ローン金利値引なんて聞いたことありません」

「車お値引きに加えてローン金利値引なんてできません」

 

そんな役者さん達に、アナタはこう言ってやってください。

 

「もしローン金利値引できないなら、銀行マイカーローンにします」

「銀行マイカーローン金利が数%なのに、どうしてオリコはこんな高金利なんですか」

 

普通の営業マンなら、このコメントで1~2%は金利値引きしてくれるはずです。

 

理由は金利値引をしなければ、車自体が売れない可能性=オリコからの手数料がゼロ円になる、です!

 

従ってオリコローンを利用する際には、金利値引交渉は絶対に必要であるとお考え下さい。

 

値引目安は新車なら2%前後、中古車なら3%~4%とお考えください。

 

それがもし銀行マイカーローンならこうなります。

銀行マイカーローンならこうなる

銀行マイカーローンなら審査時間に約7日あっても金利3%以内、車所有権もアナタなので得しかありません。

 

そんな銀行マイカーローンは各銀行で審査基準が違います。

 

ローン審査が厳しいメガバンク、そして審査基準が少し!?ユルメの地方銀行などです。

 

そうなる理由は、三菱などメガバンクは大企業や世界中のビジネスネットワークがあるので不況下でも経営にさほど影響ありません。

 

地方銀行なら地元中小企業が中心顧客だったのが、20年以上も続く不景気で融資先が激減し経営難。

 

数年後の地方銀行は現在106行からもっと少なくなる、合併するしかないのが地方銀行の現状です。

 

地方銀行が頼りにしていた住宅ローン顧客も激減、最後に残るのは融資金額が住宅ローンに次いで多いマイカーローンしかありません。

 

だ・か・ら・地方銀行マイカーローン審査が通りやすくなっている、それが2018年の現状です。※融資基準は各地方銀行で違います。

 

メガバンクより地方銀行が使いやすい=ローンを組みやすいのは間違いありません。

 

⇒地方銀行マイカーローンを確認してみる

オリコのオートローン金利と審査比較まとめ

誰でも初めはローンの知識なんてありません。

 

昔の私はディーラーローンしか使ったことがありませんでした、損をしてしまいました。

 

でも&しかし、知り合った銀行マンからローン金利1%が違うだけでどんな支払差額になるのか、損になるのかを聞いてから変身しました。

 

簡単に借りられる&手に入るモノには理由がある、損がある、そうも学びました。

 

今は時間と手間がかかったとしても、損しないで得する方法を選んでいます。

 

それが限られた収入を最大有効活用する方法につながるからです。

 

いつも最後までお読み頂き、本当にありがとうございます。

 

「車の買い方【119番】」でまたお会いしましょう。

 

車ローン審査の予約が始まりました!

低金利ローンは審査が1ヶ月近くと長く待たされることがありますが、今は事前に仮審査をしておくというローンがありますので、長い間審査が受かるかどうかを待つ必要がなくなります。

 

仮審査の有効期限は1年間ですから、申し込んでおいて困ることはありませんし、結局使わなくても無料でキャンセルできます。

 

いくら借りることが出来るのか5秒ぐらいで分かりますので、今すぐ確認してください。

  静岡銀行マイカーローンバナー1
あなたは車選びに自信がありますか?

良い車を購入するためには多くの中古車を比べることが必要です。

 

しかしながら、スマホでGooやカーセンサーなどを見たりしますが、これが中古車の3割しか見られないことをあまり知られていません。

 

実は残りの7割は業者間の流通段階にあり、ここも比較対象に入れることであなたの車選びを劇的に変えることができます!!

 

ただ業者ではない人が非公開情報を自由に見ることは当然出来ませんが、あなたはある車選びサービスを使うことで非公開車両を部分的に見れるのです。

 

最近は多くの方が利用していますので、次はあなたが使ってよい車選びをしてください。

 

⇒非公開車両もみて車選びをしたいならこちら【無料】