自動車ローン審査が一度でも通らなければ、ずうっとそのままなのでしょうか?

 

アナタがローンを組めないとしたら、1ヶ所での勤続年数不足、過去に支払い遅延や債務不履行があったからかもしれません。

 

そんな信用力不足であっても、対応方法はあります!

 

まず自動車ローンに通る方法にトライすることです。

 

もし自動車ローンに通らないままなら「将来に組むであろう様々なローンにも悪影響を及ぼしてしまう」、それは間違いありません。

 

今のアナタは新たな借り入れ先を探している最中でしょうが、その前に大切な借入ルールを知ってください

 

借入ルールさえ分かれば、これからのどんなローンにも必ず役立つからです。

 

読み時間は2分ですが、必要な項目だけチェックしても必ず役立ちます。

 

あの業者が中古車保証を付けたがらない理由
中古車を探すときはネットで調べたりしますが、これは一部だけしか見れていないことを知っていましたか?
実は良い車は市場に出回る前に買われてしまうことが多く、あなたがいつも見ているのは中古車市場の【残りかす】のようなものです。
良い中古車を買うためには、良い車は流通前から買われてしまうので、流通前の非公開情報を見る必要があります。
最長10年保証を付けられたり、返品まで対応できる業者もいますので、あなたが中古車選びで失敗したくないならば、非公開車両を見れる中古車屋を使うべきです!

スマホから簡単1分入力で非公開車両を見る【完全無料】

ズバット車販売バナー

誰でも自動車ローンに通る方法

自動車ローンに通らなかった理由を知る一番の近道は「どうしてローンに通らなかったのかその情報を明確に知ることしかありません。

 

その情報全てを持っているのが「個人信用情報センター」です。※記事最後のまとめに連絡先あり

 

個人信用情報センターは日本に3カ所だけあり、金融機関が信用照会に使いますが個人利用もできます

 

アナタの個人信用情報を自身で確認すればこうなります!

 

  • 何が原因でローンが通らないのかが分かる、
  • どうすればお金をかりられるかの判断がつく、

 

今すぐ借りられなくても、数カ月先、半年先、1年先に借りられる状態になる方法を具体的にお伝えしていきます。

 

それをお伝えする前に、アナタが申し込んだローンの種類を知ってください。

 

ローン種類によって、審査が簡単やキビシイがあるからです。

銀行自動車ローンとクレジットどちらが簡単か?

答えは、クレジットの方がはるかに簡単です!

 

ローンじゃなくてクレジットと思いませんでしたか?

 

実はディーラーローンや中古車店ローンは、信販会社が提供しているクレジットのことなんです。※これ以降は信販ローンに統一します。

 

 

英語で申し訳ありませんが信販=信用販売=Sales on Credit =月賦販売、そうなります。

 

本来のローンとは、銀行が個人信用力を審査し、そのデータを元に融資実行するモノです。

 

銀行自動車ローン審査が通れば、融資はアナタの口座に直接振り込まれるので返済も銀行へ行います。※銀行によりディーラーや中古車店への口座振込もあります。

 

さらに車所有権も始めからアナタになるので、銀行自動車ローン返済中いつでも車売却ができます。

 

従って銀行自動車ローンは個人信用力が不可欠な融資とお考えください。

 

ではディーラーローンや中古車ローンなら何がどう違うんでしょうか?

 

その前に、銀行自動車ローンと信販ローンの金利差に驚いてください。

銀行自動車ローンと信販ローン金利さに驚く

一般的にこれらが各ローンの金利範囲です。

 

  • 銀行自動車ローンは 2%~3%前後
  • 新車の信販ローンは 4%~7%前後
  • 中古の信販ローンは 10%(どこの販売店もほぼ同じ)

 

なんで、こんなに違う金利のでしょうか?

 

特に同じ信販会社ローンなのに、新車と中古車で違う金利はナゼでしょうか?

 

理由はこうなります。

 

  • 銀行自動車ローンは約7日間かけて個人信用情報を調べる

    安心な顧客に貸せるので低金利+車所有権は個人になる

 

  • 新車ローンは10分~1時間程度の簡単審査だけ

    少しリスクある人でも貸せるように高金利にする

    万が一でも、車所有権は信販会社にあるのでリスクヘッジできる

 

  • 中古車ローンも10分~1時間の簡単審査だけ

    少しリスクある人でも中古車購入が可能なように超高金利にする

    万が一でも車所有権は信販会社にあるのでリスクヘッジ可能

 

そんな信販ローンは、信販会社がディーラーや中古車店に車代金を支払い、アナタは信販会社に返済するシステムです。

 

従って返済完了するまでの車所有権はディーラーや信販会社となり、ローン期間中に車を売りたくても売れません。

 

信販ローンは金利5%~10%など高い上に車まで担保に取るので、個人信用が不十分であっても借り入れできる確率が高くなります。

 

信販ローンならどうして借りやすいんでしょうか?

 

信販ローンって何なんでしょうか?

 

信販ローンの正体をお伝えします!

ディーラーや中古車ローン正体に驚く

ここから衝撃の事実!?【ローンの正体は月賦販売だった】、それをお伝えします。

 

ディーラーローン(含む中古車ローン)と呼ばれているモノが信販ローン(信販会社クレジット)であるお話はしました。

 

車メーカー名が付くローン含め全てが信販クレジット、そうご理解ください。

 

全て車メーカーの金融子会社が運営しています。

 

車メーカー系でも一般信販会社でも、なぜどうしてそんな簡単に信販ローン審査が通るのでしょうか?

 

信販ローンを申し込んで5分や1時間程でお金を借りられるのはどうしてなんでしょうか?

 

ローン審査や手続きに必要書類はまだ何も提出していない状態、なのに審査が通るのはナゼ?

 

答えは、信販ローンの正体は単なる月賦(分割払い)だったからです。

 

月賦とするのには金額が大きいので、月賦を払い終えるまで車所有権が信販会社になっています、担保に取られます。

 

もっと簡単に表現すればクレジットカードの分割払いと同じようなモノなんです。

 

クレジットリボ払いにすれば、リボにした分だけ金利15%前後にはね上げるのをご存知ですか?

 

だからディーラーでのローン審査時間が5分~1時間以内と短い、そうご理解ください。

 

ではディーラーでクレジットカード支払いができないのはナゼでしょうか?

クレジットカード手数料が高すぎてアウト

ディーラーでもクレジットカード払いができれば良いのに、そう誰もが考えます。

 

購入金額が大きい車なら、今まで見たことも無いカードポイント付くのに使えません。

 

理由は、ディーラーがクレジットカード会社に3~5%前後の手数料を支払わなくてはならないからです。

 

新車の乗り出し価格200万円なら、3%は6万円で5%なら10万円にもなります。

 

クレジットカードが使えれば、ゲットするポイントは数万円以上にもなる買い物が車なんです。

 

でも&しかし、ディーラー新車仕入れ金額と販売価格差である販売利益に対する5%はとても大きな数字になる、だからクレジットカードは使えません。

 

さらにカード支払OKにしたら信販会社からのローン手数料がもらえない、つまり往復ビンタで損するからです。※往=カード会社への手数料支払、復=信販買から手数料をもらえない

 

ここでの結論として、ディーラーローン(中古車ローン)は銀行などから借りる正式な借金ではなく、月賦で車購入する意味でした。

 

なぁあーんだ、そうだったのか、ですよね?

 

少なくともディーラーや中古車店の信販ローンなら、「やれるぞ」の気持ちになったのではありませんか?

 

だって月賦なんだから!?

 

もう少し後で、銀行自動車ローンでも月賦の信販ローンでも、アナタが借りられる方法をお伝えします。

 

その前に中古車店だけクレジットカード支払可能な理由とメリットをいくつかお伝えします。

 

この方法は中古車購入に限らず一生役に立つ、それは間違いありません。

中古車店だけ使えるクレジットカードのナゼ?

新車ディーラーで使えなくても、中古車店ならクレジットカードを使える理由は販売の利益差にあります。

 

新車に定価があっても、中古車にはありません。

 

新車は車ごとに仕入れ価格が決まっていても、中古車は仕入れ価格も販売価格も決まっていません。

 

  • 仕入れ価格が決まっていない中古車ならは自由に値段を付けられる、
  • 多くの利益が含まれてる中古車なら、カード会社に支払う5%手数料は問題ない、

 

そうお考えください。

 

そんな便利なクレジットカード支払は1回払いが一番お得です。

 

1回払いでカード締日直後に使えば請求は1カ月または2カ月後になるので、銀行口座引き落としまでに時間的余裕があります。

 

そして使えるクレジットカードでも、絶対してはダメなのが分割のリボルビング払いです。

 

理由は金利15%~18%などと高く大損になるからです。

 

ここでクレジットカード1回払いの有効利用方法をお伝えしたくなりました。

 

私が使った方法なので誰にでも使えます、間違いありません。

クレジットカード利用限度額アップその1

クレジットカード利用限度額が30万円なら、70万円の車はカード購入できません。

 

じゃあリボルビングかと言えば、金利が15%や18%など超高金利なので使ってはダメです、アウトになってしまいます。

 

この手があります!

 

カード会社のカスタマーサービスに電話してこう伝えてください。

 

〇月〇日頃に買い物があるので利用限度額を〇〇万円アップしてください!

 

これだけで、アナタのカード利用限度額が直ぐにアップされます。

 

カード会社は顧客に1円でも多くカードを利用してもらいたい、だから簡単に許可され&実行される訳なんです。

 

個人的には海外へ出発する前に同手続きをしてからGOします。

 

実はもう1つやり方があります。

クレジットカード利用限度額アップその2

1枚のクレジットカードで利用限度額アップしても限界ある場合もあります。

 

そうなら、もう1枚のカード会社にも電話して利用限度額アップの手続きをしてください。

 

合計2枚のカードで車購入をする。

 

中古車店は何枚のカードを使われても合計利用額の5%手数料支払いは変わりません。

 

従って2枚でも3枚でもカードが使えます。

 

さらにアナタが今までに見たこともない大量ポイントがもらえるので、ラッキーしかありません。

 

ただし1~2カ月後に届くカード請求書を見て驚かないでくださいね!

 

こっ、この金額を払うのか、そんな感じだからです。

 

もう1つだけ、クレジットカードのメリットを知ってください。

クレジットカード利用限度額アップその3

クレジットカードは利用頻度や利用額が増えると信用につながります。

 

昔、個人で経験したのは、こんな変化です。※個人差ある

 

  • カード申し込み初年度の月間利用限度額80万円
  • 2年目から月間利用限度額120万円にアップ
  • 3年目以降は200万円にアップ

 

これら利用限度額アップになる要因は、個人の信用度がアップした、それしかありません。

 

カード購入のお話は以上です。

 

次にやっと本題の信用力をお伝えします。

 

個人に信用力があれば、そのパワーはクレジットカードどころではありません!

 

お待たせしましたが、ローンに必要な個人信用力を使える方法をお伝えします。

信用力とローンの関係

ローン審査を通すのに必要なことは個人の信用力を上げることです。

 

それ以上も、それ以下もありません。

 

アナタの勤務歴が同一会社で1年以上あれば信販ローンはもちろん、銀行自動車ローンでも審査が通るのは当然です。

 

2019年も大不況であり、信販ローンや銀行自動車ローン審査基準はさらに緩和されているのでチャンスです。

 

そんな中でもメガバンク(3大銀行)と地方銀行の審査内容がどんどん違ってきている、それは審査がキビシイと甘いの違いです。

 

  • ガバンクは資金的余裕から昔と同じ様な厳しいローン審査のまま、
  • 地方銀行は法人融資が激減し頼れるのは個人融資だけ、従ってローン審査基準が甘くなりつつある、

 

そんな中、アナタの過去にあった支払遅延などの理由で融資を受けられない現状があれば、新たに信用力回復を図る行動をスグ開始してください!

 

信用力回復には日々の簡単な行動をルール化するだけです。

信用力回復する具体的な方法

どうすれば信用回復につながるのか、信用力を付けられるのか?

 

答えは、支払い全てを銀行振替&クレジット自動支払いにするだけです!

 

ディーラーや中古車店の信販ローン、そして銀行自動車ローン審査が通らない人達には共通点があります!

 

それは、公共料金、クレジットカードなどの請求他をコンビニ支払にしていることです!

 

日々の生活に必要な支払方法とローン審査が密接な関係にある」、それを多くの人達は知りません。

 

公共料金などの支払いが銀行口座自動引落なら(口座残高さえ気を付ければ)未払いは起こりません。

 

コンビニ等で手払いするなら請求書に支払漏れが出てくるのは仕方ありません。

 

例えば請求書が届かなかった、届いた請求書を無くしても気付かなった等々もあるでしょう。

 

毎日が忙しすぎる、時間がなく分かっていても支払えなかったこともあるのではありませんか?

 

でも&しかし、1つの1回の支払いミス全てが記録され、金融機関でデータ共有されてしまうとしたら、とても恐いと思いませんか?

 

単なる支払遅延記録だけならまだ良いのでしょうが、もし支払要請&督促があっても期日までに支払えなければ、ブラックリスト仲間入りは必然だとお考えください。

 

アナタが意図しないミスであっても個人信用情報としてデータ共有するなんて腹が立つ、でも社会ルールなので誰も逆らえません。

 

毎年、毎月、約束された期日に支払いが確実に実行される、それが数か月、1年、数年とエラー無しの支払いが長ければ長いほど信用力は強く増して行くシステム、そうご理解ください!

 

約束の支払期日を必ず守る、履行しつづけるこれこそが金融機関から1番に審査する内容であり、その単純なことを積み上げることでアナタの信用回復はなされます。

 

ブラックリストに載る期間は内容によりますが、もし支払い遅延だけであれば発生日から1年程と思われます。※リスト登録期間の長短は遅延金額と頻度等による

 

そんな期間中でも、アナタの全支払いが約束された期日に自動引落されれば、その分の信用力は必ず増大していく回復していくので継続は必然、そう認識してください。

 

そんな信用力では、もう1つお伝えします。

信用力はお金の有る無しとは無関係

ずいぶん前になりますが、2005年頃のTVインタビュー、有名ミュージシャンがこう語っていました。

 

自宅の電気や水道がよく止められるんですよね!

ツアーなど出張が多いと郵便箱に請求書やら何やら沢山貯まってしまう

 

その人が有名人だろうが億単位の収入があろうが公共料金などの支払い漏れ&遅延あれば直ぐに信用問題に影響を及ぼします

 

アナタが良い人や悪い人は無関係であり、決まっている支払い期日を守れるかどうか、金融機関のアナタ評価はそれしかありません。

 

従ってどんな請求であっても、支払い日までに必ず手続きをする、自動で支払える方法を手配する、それが重要なんです。

 

信用とは日々の小さい積み重ねでしかありません。

 

もし支払ミスが一度でもあったのなら、自動引き落としを使えば間違いありません。

 

信用力の回復方法をお伝えしていますが、日本人は初めから信用を与えられている話を海外比較から知ってください。

 

昔の話ですが、私個人も経験した北米クレジットカードのお話です。

信用力を与えられない国がある

アメリカは日本ほど簡単に信用力を得られない&与えられない国なんです。

 

アメリカはギブ&テイクの国なので、まず最初に自分が相手側にギブ(与える)しなくては何も始まりません。

 

日本ならクレジットカードを申し込めば直ぐに使えると同時に、毎月〇〇万円迄の利用限度額が自動的に付いてきます。

 

つまり初めから信用を与えられているのが日本であり、日本のクレジットカードだとお考えください。

 

アメリカもクレジットカードは普通に入手できても、初めに使える金額は少しだけしかありません

 

特に大学生などは毎月300ドル、500ドルを使ったら、引き落とし日前迄に利用金額を口座に用意します、かなり意識的に。

 

そうしなければならない理由はクレジットスコアです。

 

クレジットスコアは信用評価に利用され、使ったカードの支払いを1年、2年、3年と問題なく続けている人をスコア評価すると同時に、利用限度額をアップするシステムです。

 

クレジットスコアは300~750まであり、常に720前後をキープすれば良いお客=問題のないお客と判断されているようです。

 

クレジットスコア720の意味は、支払い漏れがほとんどゼロだということです。

 

クレジットカード利用と支払に問題なければ個人信用情報も安心です。

 

もし、そうでなければクレジットスコアがどんどん下がりカード利用範囲が狭まったり、新たなカード取得にも問題が生じます

 

つまり日本よりアメリカの方が「信用」に対して相当にキビシイ判断をする、そのことを知ってください。

 

日本でローン審査が通らなかったとしても、意図的な信用構築さえすればアメリカより楽に早くに信用回復となるのは間違いないでしょう。

試せば意外に通るローンもある

職歴問題や過去の支払い漏れなどあってもローン審査に通る人がいます。

 

その理由は銀行や信販会社の審査基準の違い(審査基準を意図的にゆるめた等)もあります。

 

または偶然にローン審査が通ってしまったのも稀にあるようです。

 

そうであれば銀行自動車ローンでも信販ローンでも、違う何社かに申込むことでローン審査が通る可能性があります。

 

偶然性(ラッキー)チェックで一番簡単な効果測定は銀行自動車ローンの5秒診断や簡単診断です。

 

ただしメガバンクはキビシク使えないので、地方銀行でトライするしかありません。

 

地方銀行は経営難もあり、偶然を装った必然!?こうなります。

 

  • 5秒診断通過、
  • 次は数分間の仮審査、
  • 仮審査さえ通ればローン契約できる、
    ※仮審査OK=本審査もOKとなる
    ※仮審査に通ったまま、使わないまま1年間放置できるシステム

 

他の銀行より1人でも多くのローン顧客をゲットし、融資金額を可能な限り増やす、それが地方銀行に与えられた使命なんです。

 

従ってアナタがローン審査に通らない不安があっても、まず試さないと何も分かりません。

 

その場でYESかNOの結果が出るのでトライしてください。

 

仮審査前に、借りられるかどうかが判明するのが簡単5秒診断なんです

 

⇒銀行の自動車ローン:簡単5秒診断を試してみる【利用無料】

仮審査にある有効期間を利用する

5秒診断でOKとなれば、次は仮審査に進めます。

 

そして仮審査に通れば、実際に借りられる金額や金利条件などが明確に提示されるので安心です。

 

さらに仮審査通れば本審査へ進めても良いし、しばらく様子を見ても構いません。※仮審査に通れば本審査=借入手続きとなります。

 

どうしてしばらく様子見ができるのでしょうか?

 

理由は仮審査に通ったままで使わない、利用猶予期間が1年間もあるからです。

 

1年間の利用猶予期間には、こんな準備ができます。

 

  • もう少し頭金などお金を貯める
  • 購入予定車を時間をかけて探す
  • やはり車購入を見送ることにする
  • 仮審査自体をキャンセルする(無料)

 

便利だと思いませんか?

 

そんな仮審査猶予状態にはメリットがあります。

 

仮審査猶予期間に好きな車が見つかった時点でローンが組める、それです。

 

まずは5秒診断の後に仮審査を受けてスタンバイすることです。※仮審査に落ちても個人の信用情報履歴には何も残りません。

 

⇒仮審査後の利用猶予期間が1年間もある銀行自動車ローンを確認する【利用無料】

 

※仮審査の猶予期間=仮審査が通っても1年間は使わないままでいられる

絶対使ってはダメな残価設定ローン

ローン申し込みで残価設定ローン審査が通ったとしても使ってはダメです。

 

アメリカ発祥の残価設定ローンですが、アメリカでは大問題となり第二のサブプライムローンと呼ばれているからです。

 

残価設定ローンは金利は安目でもそれは人を呼び寄せるエサでしかありません。

 

残価設定ローンは車値引も金利値引もほぼゼロです。

 

従ってローン完済する頃までには、一般的なディーラーローン(信販ローン)よりもっと高い支払総額になってしまいます。

 

最終回支払い完了しなければ下記の何もできません。

 

  • 車改造もできない、
  • キズもつけられない、
  • 毎月決まった走行距離の指定がある、
  • 走行距離の指定を破れば、3年か5年後の残価が下がってしまう

 

車は楽しむモノ、役立てるモノであるはずなのに、オモイッキリ運転もできない不安だらけの残価設定ローン、そう認識してください。

 

北米では、残価設定ローンが社会問題化しています。

 

不景気の影響で、ディーラーがローン最終回の買取り価格を低く設定したために、最終返済金が支払えない、そんなユーザーが大量発生中。
最終の車買取価格を契約時に設定と非設定二つの残価設定ローンがあります。

 

日本も景気後退真っ只中であり、新車の数年後価値がどうなるかは不明です。

 

従って、ディーラーや中古車店の残価設定型ローンを気軽に使ってダメです。

生命保険は自動車ローンの最終兵器

車が直ぐに必要な時、借り入れ可能なローン探しに時間がかけられない!

 

そうであれば加入している生命保険積み立て金の70%〜90%を必要な期間だけ借り入れする方法があります。

 

利用に際しては、保険屋さんに電話するだけで手続開始となるので簡単です。

 

車は日々の生活に便利であっても、特殊事情を除いては絶対に無くては困るとは言えません。

 

そうであれば、少しの我慢と手間を要したとしても、車が買えるその時をユックリ待つのも良い経験、そう考えられませんか?

 

生命保険の積立金を使うのか?

 

ローンを組める信用構築をするのか?

 

アナタなら、どちらを選びますか?

 

まとめ前にもう1つお伝えします。

超不景気だから中古車ローン購入する

ローンの話をしてますが、ローンで買うのは新車とは限りません。

 

ローン購入で一番得するのは、購入後ペイするのは中古車だからです。

 

新車は3年数少し経つと査定額50%かもっと下がる。

 

査定額がそんなにも下がれば、ローン残債も残っている、売りたくても売れません、売ったら損するしかありません。

 

3年や5年落ちの中古車なら毎年15%ずつしか値下がりしません。

 

さらに車性能は3年~5年落ち程度なら安全装置を見ても全く問題ありません。

 

一番のメリットは日本車の走行距離が少ないことです。

 

1年1万キロが走行基準とされますが、それは国土が狭い日本だけのお話です。

 

国土の広い欧米なら1年2万キロ~3万キロ走行は常識だからです。

 

そんな欧米比較で走行距離がとても短い日本車は価値がある、安い、そう言われています。

 

アナタが車ローン購入を考えているなら、3~5年以内の中古車検討すれば良いと考えます。

 

理由は3年若しくは5年間の新車保証期間が残っているからです。

 

⇒走行距離に関係なく新車保証期間にある中古車を確認してみる【利用無料】

誰でも通る自動車ローン審査まとめ

もしローン審査が通る信用力をつける期間の目安を知りたい、過去の何がどう影響してローン審査が通らないのかを知りたい。

 

そうであれば下記へ問合せてください。

 

下記は銀行や信販会社が個人信用情報を問い合わせる3社です。

 

個人での利用料金は千円前後なので、必要に応じて使えば役立ちます。

 

全国銀行個人信用情報センター(KSC) http://www.zenginkyo.or.jp/pcic/

株)シー・アイ・シー(CIC) http://www.cic.co.jp/

(株)日本信用情報機構  http://www.jicc.co.jp

 

アナタに必要な車だから、「車の買い方【119番】」記事を読んでもらえたのだと考えます。

 

記事内容が少しでもアナタのお役に立てたのなら幸いです。

 

個人的にした活動や社会経験から多くの人達に遭いました。

 

子供でも、若くても、中年でも、高齢でも、男でも女でも、普通に見えても貧しかったり精神ハンディを抱えている、みんなそれぞれあります。

 

頑張りましょう!

 

最後までお読み頂き、本当にありがとうございました。

 

また「車の買い方【119番】」でお会いしましょう!

低金利ローンをあきらめていませんか?

せっかく低金利で借りられるのに高い金利でローンを組む方は多く、これってもったいないと思いませんか?

 

↓融資できるか「5秒かんたん診断結果」↓静岡銀行マイカーローン診断2

 

このように意外に融資可能な結果が出ることも多く、今すぐ無料で確認できますので審査が不安な人ほど確認してみましょう!

  静岡銀行マイカーローンバナー1
気づいていましたか?
『あなたが良い車を見つけられない理由』

あなたは車選びをしたときに、「良い車がないなぁ・・・」と思ったことはありませんか?

実はこれ、考えてみれば当然のことであり、良い中古車はすでに買われてしまって、あなたは売れ残りのリストを見ているようなものなのです!

中古車を探しているのは、あなただけでなく、しかも一般の人以外にも業者や、また世界的に見ても日本車は人気がありますので、海外の人や業者も目を光らせているわけです。

こういった状況で出来ることといえば、他の人に買われる前の車情報を見て車選びをするしかありません。

流通前の車情報を見ることは、過去において業者だけの特権だったのですが、現在ではその一部をあなたも見ることが出来ます。

もしあなたが車選びで失敗したくないということならば、市場に出回る前の非公開情報を確認して、良質な情報で車選びをしてみてください。

今すぐ「非公開車両」から良い車を探す【無料】

中古車探しサービス

なお、ネット完結で車選びをすることもできます。今の時代は電話でやり取りするのは何かと面倒ですものね^^;

⇒ネットだけで車選びをしたい場合はこちら【無料】