日頃から車があればこんなに楽しい、役立つ、人生も変わるお話ばかりしています。

 

銀行オートローンや信販系クレジット(ディーラーローン)の借り方テクニックもお伝えしてきました。※自社ローンはダメと書きました。

 

今日は、車を無理して買おうとしているアナタにアドバイスをさせて下さい。

 

万が一にローン破産をすれば、金融機関共通のブラックリストにアップされ、破産や不払い程度によって5年、10年とアナタの名前がリストに存在し続ける、信用に問題ありと判断されてしまうからです。

 

⇒関連記事「ガリバーで車を買うのには理由があった」

 

読み時間2分です。

無理しての車購入リスクとは

車購入資金に無理があっても強行すれば、こんな問題が起きる場合いがあります。

 

車を購入したらアレもコレもできる、そう考えるのはごく自然です。

 

考えを実行するには、ローンを支払える定期収入や現金購入できる貯蓄があるかどうかしかありません。

 

収入や貯蓄が少なくてもローンを組める場合があっても、親族か知り合いで保証人を立てなければなりません。

 

万が一、ローン支払いが困難なアナタが自己破産すれば、債務全ては保証人に支払い義務が移ります。

 

保証人も支払不能になれば財産は取り上げられ、アナタも保証人も長くブラックリストに載り新たな就職や起業にも大問題となります。

 

もっと怖いのは、支払い不能&破産しても車返却だけでは済みません。

車返却後も大きく残る残債

ローン返済ができなくなったら車返却だけで済むをお考えですか?

 

現実にローン支払不能と判断されても、車を持っていく金融会社もあれば、そうしないとこもあります。※法的強制はありません。

 

支払不能になって車を持って行かれたとしても、こんな多くの返済しなくてはなりません。

 

  1. 金融会社が車を売却して返済金の一部にあてる
  2. ローン金額-車売却価格=残債額
  3. 残債額には新たな金利がかかる

 

万が一の例:

  • 新車300万円で購入
  • ローン金額300万円
  • ローン期間5年(60回)
  • ローン金利6%
  • 5年間の支払い総額 3,479,904円
  • 毎月の返済額57,998円 ※ボーナス返済なし

 

もし車購入1年(12カ月)で支払い不能になれば、こんな状況になってしまいます!

 

  1. 新車購入1年後に返済不能となり車返却
  2. 金融会社の車売却額は190万円
  3. 車売却金額190万円+支払済分695,976円(1年分)=2,595,976円(残債合計)

 

新車には1年乗っただけ+ガソリンや駐車場代金1年分などで300万円近く使ってしまったかもしれません。

 

車と取られ返却されても、ま2,595,976万円も返却するなんてと必ず思うでしょう。

 

現実は更にキビシク、残債2,595,976円の支払い完了するために、新たに返済期間設定し金利も払い続けることになります。

 

万が一のローン返済不能では、こんなに大きいペナルティーリスクがあることを覚えておいて下さい。

 

『下取り額が安すぎ!』その理由とは・・・
実は下取り基準は低く作られていて、高い査定を期待することは難しく、車を高く売ろうとしても売れないのは低い基準の中で交渉しているからなのです。
そのため、車を高く売りたいならもっと査定額基準の高い、下取り以外の査定を利用しなければいけません。
もしあなたが車を高く売りたいなら、下取り以外の査定で本当の車価値を確認してください!

今すぐ車価値を確かめるならこちら【無料】

エイチーム車査定

車購入理由と支払リスク

たかが車購入であっても、アナタの人生や家族&友人を巻き込む大問題になる可能性があることは感じてもらえましたか?

 

そんな大きなリスクを取ってまで車を購入する必要はありません。

 

私は昔に、オンボロ車を弟からタダでもらいました。

 

だってお金が無いんだもん!?

 

お金がなければ、それに沿った単純理由で行動して全く問題ありません!

 

もし問題あるとすれば、アナタが安くて古い車をどう取らえるか、それだけとお考えください。

 

私の場合はオンボロが少し恥ずかしかったのもあり、どこかに出かけても車は少し離れた場所に駐車していました。

 

アナタに問題なければ、廃車置き場にある車を数万円や10万円以内で譲ってもらえばOKです。

 

タダか数万円、10万円ほどの車購入なら、整備士の資格を持っている誰かに有償で同伴をお願いしチェックしてもらえば安心です。

 

その人が誠意ある整備士なら、安くて上手に修理&調整&アドバイスをしてくれる工場も紹介するでしょう。

 

そんな整備士と知り合いになれれば、これからのカーライフはOKになる可能性もあります。

 

あなたが知っている中古車情報は3割だけ
中古車を探すときはネットで調べたり、雑誌などを買って調べることが普通ですが、これは全体の3割だけしか見れていないことをご存知でしたか?
残りの7割は流通段階にあって、一般の人が知ることもなく車が売り買いされているのです。
業者でもない限りはすべての非公開情報を見ることはできませんが、実は最近その一部だけなら見ることができるようになりました!!
現在は無料で使えることもあって、多くの人が使い始めていますから、あなたも今すぐ利用して限定情報を逃さないようにしましょう!

限定情報も見て車選びしたい方はこちら【無料】

ズバット車販売バナー

車ローン破産前アドバイスまとめ

個人的なアドバイスには廃車も含めました。

 

廃車でなくても、3年、5年、7年落ちの中古車を購入する資金があればおススメします。

 

理由は、アナタが車修理などケアに時間を使わなくて済むからです。

 

車の補償&修理は中古車店が車価格と年式によって、最長10年、7年、5年、3年、半年、数カ月とサポートしてくれるからです。

 

新車は定価販売でも、中古車はアフターに必要になるであろう無償修理コストも含めた販売価格になっているとお考えください。

 

従って、アフターサービスが弱い中古車店から買ってはダメです。

 

中古車店にどんなケアサポートがあるのご自身での比較、またはトップの関連記事をお読み下さい。

 

いつも記事を読んでくれるアナタの参考になったのであれば幸いです。

 

本日も最後までお読み頂き、本当にありがとうございました。

 

また「車の買い方【119番】」でお会いしましょう。

気づいていましたか?
『あなたが良い車を見つけられない理由』

あなたは車選びをしたときに、「良い車がないなぁ・・・」と思ったことはありませんか?

実はこれ、考えてみれば当然のことであり、良い中古車はすでに買われてしまって、あなたは売れ残りのリストを見ているようなものなのです!

中古車を探しているのは、あなただけでなく、しかも一般の人以外にも業者や、また世界的に見ても日本車は人気がありますので、海外の人や業者も目を光らせているわけです。

こういった状況で出来ることといえば、他の人に買われる前の車情報を見て車選びをするしかありません。

流通前の車情報を見ることは、過去において業者だけの特権だったのですが、現在ではその一部をあなたも見ることが出来ます。

もしあなたが車選びで失敗したくないということならば、市場に出回る前の非公開情報を確認して、良質な情報で車選びをしてみてください。

今すぐ「非公開車両」から良い車を探す【無料】

中古車探しサービス

なお、ネット完結で車選びをすることもできます。今の時代は電話でやり取りするのは何かと面倒ですものね^^;

⇒ネットだけで車選びをしたい場合はこちら【無料】