アナタの車はアイドリングストップ車ですか? 

 

そうであればアイドリングストップ車専用バッテリーが搭載されています!

 

そんな専用バッテリーは型式と容量も指定されているのも存知でしたか?

 

良く質問を受けるのが;

 

  • 「軽自動車を長く放置」
  • 「バッテリー放電状態か死にそう」
  • 「充電しても直ぐにエンジン停止」

 

これら問題です。

 

エンジンがかかったとしても、一度、放電しきったバッテリーはアイドリング程度では十分な電気を蓄えられません。 

 

この場合はバッテリー交換する、それしか方法がありません。

 

軽自動車にも多用されてきているアイドリングストップ専用バッテリーですが、いざ交換する際は値段に驚かされます。

 

しかもアイドリングストップ車における専用バッテリーの使われ方は通常と違うために、適正な性能を確保した専用バッテリーであることが求められます。

 

基本的でも、とても大切なお話です。

 

3分間だけお付き合い下さい。

アイドリングストップ車と普通車の違いとは

アイドリングストップとは信号待ち&停止時にエンジンを止めるシステムであり、これによってCO2排出削減及び燃料消費をおさえています。

 

エンジンが頻繁に停止と始動を繰り返すには、通常より高いバッテリー耐久性はもとより、アイドリングストップ独自の発電方法に対応するバッテリーシステムが必要となります。

 

普通のクルマは、エンジンが動いている間じゅうバッテリーに充電し続け満充電状態を保っています。

 

アイドリングストップ車のバッテリーには充電制御システムが搭載されています。

 

このシステムは「一定の充電量になれば発電制御、そして燃費向上へと繋げる」

 

つまりアイドリングストップ中はエンジンが停止され、その間はカーバッテリーからカーナビ、エアコン、ライトなどに電力が供給されます。

 

そして走行開始したなら素早く電気を蓄える必要がある訳なんです。

 

このような特殊な使われ方をするアイドリングストップ専用バッテリーは、充電制御システムのおかげで;

 

「いつもお腹が少し空いている=満充電にはならない」

 

そうご理解ください。

 

アイドリングストップ専用バッテリーは、その厳しい使用環境に耐えるためのスタミナはもちろん、放電してしまったバッテリーを素早く充電&体力回復させる努力を絶えずしています。

アイドリングストップのバッテリー消耗度

赤信号や渋滞で止まるアイドリングストップですが、もし通常バッテリーをアイドリングストップ車に使ったらどうなるでしょうか?

 

あるテストでは、直ぐにパワー不足になってしまいました。

 

このことからも普通車に装備されるバッテリーでは全く役に立ちません。

 

アイドリングストップ車専用のバッテリーが必ず求められます。

 

『下取り額が安すぎ!』その理由とは・・・
下取り基準は低く作られていて、高い査定を期待することは難しいのです。
そのため、車を高く売りたいなら下取り以外の査定を利用しなければいけません。
もし高く売りたいなら、下取り以外の査定を受けて本当の車価値を確認してください!

下取り以外の査定申込み詳細

エイチーム車査定

アイドリングストップバッテリーのメンテナンス

アイドリングストップ専用バッテリーの交換目安は3年です。

 

価格は色々ありますが、軽であれば1万円前後です。

 

交換時期に気を使わなくても、バッテリーが弱くなり始めるとアイドリングストップ機能が働かない=エンジン停止しないので直ぐに分かります。

 

あなたが知っている中古車情報は3割だけ
中古車を探すときはネットで調べたり、雑誌などを買って調べることが普通ですが、これは全体の3割だけしか見れていないことをご存知でしたか?
残りの7割は流通段階にあって、一般の人が知ることもなく車が売り買いされているのです。
業者でもない限りはすべての非公開情報を見ることはできませんが、実は最近その一部だけなら見ることができるようになりました!!
現在は無料で使えることもあって、多くの人が使い始めていますから、あなたも今すぐ利用して限定情報を逃さないようにしましょう!

限定情報も見て車選びしたい方はこちら【無料】

なびくる+バナー

アイドリングストップの効果

アイドリングストップには、メーカー指定のバッテリーを使用する理由もご理解頂けたと考えます。

 

少なくともクルマが停止している間はCO2排出ゼロであり、ガソリン消費も抑えてくれる優れたシステムが日本中にあるのは少し誇らしい気さえしてきます。

 

そんな素晴らしいCO2削減、燃費を良くするアイドリングストップ以外にもさらに効果的な方法があるのをご存知ですか?

 

軽自動車含めエンジン、排気量の小さいクルマを所有する、そして運転方法によっても燃費は大きく改善されます。

 

これらは燃費改善に効果的方法です。

 

  • アクセルワークに気を使う
  • エンジンブレーキを適時に使う  
  • 両手での優しいハンドリング
  • エアコンは必要時のみ使う
  • カーナビでの効率的なルート設定
  • タイヤ空気圧管理+適時なタイヤ交換による燃費維持

 

上記全ては燃費改善や資源の有効活用につながるでしょう。

 

そして、何よりも大切なのは燃費改善、洗車含めクルマを定期的に良く見て、触ることが、愛車を安全で長持ちさせることにつながります。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

いつか、また、この車の買い方【119番】でお会いしましょう! 

 

あなたは車選びに自信がありますか?

良い車を購入するためには多くの中古車を比べることが必要です。

 

しかしながら、スマホでGooやカーセンサーなどを見たりしますが、これが中古車の3割しか見られないことをあまり知られていません。

 

実は残りの7割は業者間の流通段階にあり、ここも比較対象に入れることであなたの車選びを劇的に変えることができます!!

 

ただ業者ではない人が非公開情報を自由に見ることは当然出来ませんが、あなたはある車選びサービスを使うことで非公開車両を部分的に見れるのです。

 

最近は多くの方が利用していますので、次はあなたが使ってよい車選びをしてください。

 

⇒非公開車両もみて車選びをしたいならこちら【無料】