バッテリーが上がってしまい、急いで駆け込んだ店で薦められるがままに高いバッテリーを買ったことありませんか?

 

そうならない為に最善のおすすめバッテリーの選び方と充電方法をお教えします。

 

⇒関連記事「コンチネンタルとミシュラン」タイヤ比較

⇒関連記事「ハイオクとレギュラー比較」完全燃焼でCO2削減はどっち?」

 

読み時間3分のプロのバッテリー知識スタート

バッテリーを買う最も多いケースとは

  • エンジンがうんともすんとも言わない
  • エンジンが全然かからない

 

そんな時に頭に浮かぶ言葉は「マズイ、バッテリーが死んだ」。

 

少し焦り気味でオートショップやガソリンスタンドに飛び込み、バッテリー選び開始!

 

バッテリー上がり直後なら 「こんどは長持ちするバッテリーにしよう」、そう考えるのが普通です。

 

そんな我々の心を見透かすように店員から、「大き目のバッテリーがお勧めですよ」と決めの一言が。

 

そんな店員のささやきに負けない得する方法を説明します。

バッテリーサイズと価格

交換用バッテリーは自分の車が新車時に装着されてのと同じサイズにしてください。

 

中古車購入でそれが不明であれば、お店で教えてくれます。

 

我々の思い込みもあり ;

 

「バッテリーは大きい方がもつ」

「値段が高い方が高性能」

 

そんなセールストークについつい陥落し買ってしまいそうですが、それらは事実ではありません。

 

販売店にとってバッテリーは高単価=高利益商品なんです。

 

そしてバッテリーを買換える大多数が今すぐ交換したい、だから店員の言葉にダマされてしまいます。

 

そんな我々多くの不安心理+知識不足を見越して、高く、大きいバッテリーを勧めてくる訳なんです。

 

バッテリー選択では悩まずに適合するオリジナルサイズを購入してください!キッパリ。

バッテリー性能と価格

ごく一部のユーザーでは大パワーアンプとスピーカー装着、加えて多くの電装品搭載している。

 

もう1つは寒冷地仕様車などではバッテリーサイズを大きくする必要があります。

 

しかし、それ以外では標準以上のバッテリー装着は不要です。

 

一般的にバッテリー性能は気温25°で100%の性能を発揮します。

 

と言うことは冬の都心の早朝気温0°であれば75%の性能ですね。

 

これが寒冷地がマイナス10°なら65%のパワーしか使えません。

 

従って寒冷地仕様のバッテリーが必要となります。

 

バッテリー価格では普通適合サイズと大きい高性能バッテリーの金額差は約2倍以上にもなってしまいます。

 

しかしバッテリーの大型化&高性能化と寿命は無関係なのをご存知ですか?

 

そうであれば&そして普通環境での使用であれば、大きく高いバッテリーは不要です。

バッテリー上がりの予兆

ハロゲンランプであれば照度が下がり暗く感じますが、最近のHIDやLEDはそれがありません。

 

パワーウインドウの動きが少し鈍い、そしてエンジン始動がスムースでない、一発始動しないも予兆です。

バッテリー上がりの原因

バッテリーの選び方よりも大切なのが 「バッテリー上がりを起こさせない」 です。

 

バッテリー寿命は3、4年、または5年と頭にあっても、その使用頻度で寿命が変化します。

 

バッテリー寿命を短くする原因

 

  • 一般的原因は「夜間走行が多い」「電装品が多い」「シガーライターから良く電源をとる」
  • 意外な原因は「長く乗らない」「月に数回ほどの短い買い物」
  • 気づき難い原因は 「ヘッドライト消し忘れ」 「ルームライト消し忘れ」

 

思い当たる原因ありませんか? 

 

もしルームライト消し忘れで1カ月も放置すればバッテリーはダウンします。

バッテリー上がり対処方法

バッテリーが上がった時の救援車は同じ車種から選びましょう。

 

例えば、普通車であれば普通車に援助をお願いしてください。

 

普通車のほとんどが12Vなので電圧OKです。

 

愛車が普通車なのにトラックや大型SUVの電圧は24Vなのでダメです。

 

「12Vと12V、 24Vと24V 同士の車でケーブルをつなぐ」

 

これが充電をお願いするルールです。

 

では実践編スタートします。

 

ブースターケーブルを自車と救援車のバッテリー+-につなぎます

 

赤コードは+/黒コードは-と覚えて下さい!

 

  • 始めに救援される車の+端子に赤クリップをし、次に救援車の+端子に赤。
  • 次に救援される車の-端子に黒クリップをし、次に救援車の+端子に黒クリップ。

注意:クリップは絶対に車ボディに接触させてはダメです。

  • ケーブル接続後に救援車のエンジン始動。
  • 1,2分待ってから救援される車のエンジン始動。

 

エンジン始動確認したら、つないだケーブルを外します。

 

ケーブルを外す順序は;

 

  1. 救援される車の黒-
  2. 救援車の黒-
  3. 救援車の赤+
  4. 救援される車の赤+

 

エンジンがかかっても1時間ほどは止めずに運転するとである程度の充電がされます。

 

但し、バッテリーの減り具合がひどければ、一度エンジンを停止し再度トライしても動かない場合が多く見受けられます。

 

その時には、カーショップで電圧チェックや充電、必要であれば新品購入をお勧めします。

車バッテリー上がりのまとめ

昔、車のエンジンがかかならくJAFをお願いしました。

 

チャージしてもらった直後はエンジン始動ができましたが、出先でエンジンをかけようとしてもダメでした。

 

理由はバッテリー寿命で死んでいる、そうディーラーから宣告されてしまいました。

 

大型車もありバッテリー代金5万円、ショック。

 

そこで理解したのは、バッテリー、タイヤ、オイルなど走行距離とは関係のない経年劣化があるんだでした。

 

この記事を読まれたアナタは使用&不使用ではなく指定年数で交換することをお勧めします。

 

如何でしたか? 少しでもお役に立ったでしょうか?

 

また、いつか、この車の買い方【119番】でお会いしましょう! 

気づいていましたか?
『あなたが良い車を見つけられない理由』

あなたは車選びをしたときに、「良い車がないなぁ・・・」と思ったことはありませんか?

実はこれ、考えてみれば当然のことであり、良い中古車はすでに買われてしまって、あなたは売れ残りのリストを見ているようなものなのです!

中古車を探しているのは、あなただけでなく、しかも一般の人以外にも業者や、また世界的に見ても日本車は人気がありますので、海外の人や業者も目を光らせているわけです。

こういった状況で出来ることといえば、他の人に買われる前の車情報を見て車選びをするしかありません。

流通前の車情報を見ることは、過去において業者だけの特権だったのですが、現在ではその一部をあなたも見ることが出来ます。

もしあなたが車選びで失敗したくないということならば、市場に出回る前の非公開情報を確認して、良質な情報で車選びをしてみてください。

今すぐ「非公開車両」から良い車を探す【無料】

中古車探しサービス

なお、ネット完結で車選びをすることもできます。今の時代は電話でやり取りするのは何かと面倒ですものね^^;

⇒ネットだけで車選びをしたい場合はこちら【無料】