電気自動車EV価格が大暴落中なのをご存知ですか?※電気自動車=EVと明記します。

 

2016年に300万円以上もした日産リーフの2017年7月の中古価格は約100万円台と驚く値下がり率、、、唖然。

 

それより古い年式のリーフであれば10万円、20万円コースであり、さらに唖然!

 

その原因は電池の劣化スピードが早いこと、そして日産やホンダの電池保証が実質ゼロe円だからです。

 

アナタが気になるEVの現実と対応方法を知ってください!

 

あなたが知っている中古車情報は3割だけ
中古車を探すときはネットで調べたり、雑誌などを買って調べることが普通ですが、これは全体の3割だけしか見れていないことをご存知でしたか?
残りの7割は流通段階にあって、一般の人が知ることもなく車が売り買いされているのです。
業者でもない限りはすべての非公開情報を見ることはできませんが、実は最近その一部だけなら見ることができるようになりました!!
現在は無料で使えることもあって、多くの人が使い始めていますから、あなたも今すぐ利用して限定情報を逃さないようにしましょう!

限定情報も見て車選びしたい方はこちら【無料】

ズバット車販売バナー

電池寿命問題と少ない電池資源の現実

トヨタだけがプリウスハイブリッドなどの電池交換費用を格安15万円位でサポートをしていますが、ホンダ、日産などは保証内容が非常に曖昧であり、万が一の電池交換に50万円、60万円を支払わなければなりません。

 

ハイブリッド(HV)なら電池サイズ小さく安くても、100%電気のEVなら電池サイズが大きく、もしもの交換費用が100万円単位なのをご存知ですか?

 

そんなEVに使うリチウム電池材料価格は2年程で倍にもなってしまいました。

 

2018年からがEV本番なのに、電池材料価格が下がるどころかどんどん上がってるなんて・・・

 

今でもEVは車両価格が高く、申請すれば国の補助金や自治体の援助も受けられます。

 

でも&しかしEV補助金申請は電池価格高騰により、ある日突然の予算終了で受けられなくなる、そんな日が来るかもしれません。

 

さらに国の補助金を受けるためには4年間もの車保有義務があり、もし4年以内に問題が発生すれば終わってしまうでしょう。

 

100%EVはおススメしませんが、もし購入するのであれば今はトヨタのHVハイブリッドかPHVプラグイン・ハイブリッドしか選択肢はないとお考え下さい!※ハイブリッド=HVはトヨタ独自の素晴らしい技術です。

 

電池のお話は少しムズカシクても、少しでも知ってもらえれば役立つのは間違いありません。

電池は発展途上のエネルギー

充電式電池は必ず劣化します。

 

充電を繰り返せば繰り返すほどに劣化具合が進行する、それが充電池です。

 

リチウムイオンだろうが家で使う乾電池であろうが基本構造は全て同じだとお考えください。

 

昔、電池と充電器を扱うメーカーに勤務したこともあり、2018年現在なら私がEV選択することは絶対にありません。

 

それがハイブリッドカーであっても少し?になってしまいます。

 

電池には1次電池(使い捨て乾電池)と2次電池(充電式可能)の2種類があり、EVには2次電池が使われています

 

その2次電池は素材となる材料によってさらに2種類に別れます。

 

  • ニッケル水素電池 ⇒ 安価 ⇒ 重い ⇒ 低温に強い = 寒冷地用
  • リチウムイオン電池 ⇒ 高価 ⇒ 軽い ⇒ 大パワー = 用途が広い

 

上記のような特徴があります。

 

各メーカーとも車タイプに合わせながら、2種類の電池を使い分けると同時に電池開発に莫大な資金を投じています。

 

地球環境を考えれば電気だけの動力源は絶対に必要であり、企業の最大セールスポイントになるのは確かですが、今一歩のところで長く停滞している技術んなです。

 

だから!?小出しするようにEVや電池の話題作りに苦労している車メーカーがあります。

車には適さない電池劣化スピード

ニッケル水素またはリチウムイオンのどちらを使おうが、安い電池交換プログラムがあろうとも、EV価格と電池費用はまだまだ高過ぎます。

 

電池は充放電を繰り返すたびに必ず劣化し、電池充電容量もこのように落ちて行くので、パワーも走行距離もその劣化度合いに比例して悪くなっていくのは確かです。

 

100%

90%

80%

70%

 

これら電池性能劣化が進めば交換となりますが、コストはHVで60万円、70万円、80万円、そして100%のEVなら100万円単位と高価なのが問題です。

 

それら電池劣化期間は昔で5年から7年、現在は8年から10年と言われています。

 

もちろん、電池充電容量や能力が劣化しない研究、電池の充電学習能力も研究されていますが、まだまだ不十分であるのは確かでしょう。

 

テスラでさえ、大型(=大量)電池にモノを言わせながら500キロ走行がやっとです。

 

それも渋滞も信号も少ない北米テストのデータなので、日本の渋滞では違う数字になるのは間違いありません。

電池を車に使うための条件とは

EVは電池性能を良くし価格さえ安くできれば、普及するのは確かです。

 

普及に必要な条件はこれらです。

 

  • 電池の小型化、
  • 蓄電能力アップ、
  • 電池消費量の削減=効率的利用
  • 電池性能劣化スピードを下げる=遅くする
  • 製造コストダウン、
  • 非接触充電、
  • 超短時間充電、
  • 充電ステーションをどんどん増やす

 

もう1つは電池成分は毒性が高いので、製造過程と最終処分での環境問題があります。

 

電池なら電気なら環境に良いと宣伝されていても、電池成分(原料)はとても有害、有毒です。

 

家のゴミでも電池だけ分別するのには理由があったんです。

 

現時点の電池パワーと容量でも車を短時間で最高速度まで持っていく力はありますが、電池劣化に伴う交換費用が見合っていません、全然。

 

電池の基本構造も使用するモーター原理も同様に大昔のまま、そこから中々進化できていません。

 

電池&モーターは単純構造なので壊れません。

 

従って、EVが普及すれば車屋さんの稼ぎ頭である修理部門収益は悪くなります。

 

メーカー各社はその収益不足を車価格に転嫁するのではないか、そう考えるは私だけではありません。

 

その最たるモノはテスラの1,000万円超えや、日本車EV価格にも隠されているのではないでしょうか?

 

日本車EV価格はメーカーが(日産)が意図的に安くしている+補助金もあり、本来は決して安い車ではありません。

 

日産の新型リーフも400Km走行が可能であっても、電池劣化速度と万が一の電池保証問題を解決しない限り、まだまだ様子見期間であると考えます。

 

新型リーフも実電費はと言えば、ガソリン車と同じ65%であるテスト結果が発表されました。

 

従って400Km x 0.65 = 260Kmが実電費

 

電池パックは大量生産品であり1セット毎の性能テストや製品検査はムズカシイ、従って最低でも保証期間内での完全無料交換は必要であるとお考え下さい。

 

その条件に一番近いサービスがあるのはトヨタだけです。

 

その点はさすがトヨタと言えます。

 

従って2018年時点で購入しても良いHVは電池交換プログラムがあるトヨタしかありません。

 

⇒電池コストが小さいトヨタHVの中古価格を確認する

少なすぎる充電ステーション

もう1つの問題は、長い充電時間と充電ステーションの少なさです。

 

家では夜に充電し翌日に使えますが、外出先でステーションを探しに40分、そして40分充電は大変過ぎると思いませんか?

 

充電待ち長蛇の列なんて考えたくもありません。

 

1台の充電40分 x 5台 =200分の待ち時間、、残ザンです。

 

EVが増えるほどステーションも増えなければ大問題になるのは確かです。

 

もしEVを夏のレジャーシーズンに使ったとしたら?

 

渋滞+エアコン+オーディオ=走行可能距離は200キロ⇒170キロ⇒120キロ⇒??

 

渋滞の高速を降りて充電ステーションにやっとたどり着いたら、長蛇の充電待ち、、EVは旅行に使えません。

 

遠乗りに使えないEV、街乗り中心のEVに数百万円はダメです。

 

車の動力源として相応しい短時間充電&高寿命、そして安価な電池開発には数年以上もっと必要かもしれません。

 

それが可能になればガソリンから電気への動力移管はあっという間だと考えられます。

 

でも&しかしEV充電には、こんな巨大な問題が残っていました。

EVは家充電がムズカシすぎるにあ然!

家で充電するには200Vコンセントが無ければできません。

 

一軒家で芝刈り機や大型家電を外で使うのなら、外壁に200V電源用コンセントは設置済かもしれません。

 

し・か・し・普通の家(古い家含め)なら100V電源設置しかありません、EV充電はできません。

 

そして最大の問題はマンションです。

 

超高級マンションの駐車場で無い限り200V電源設置はありません。

 

それが有ったしても数カ所以内、そして普通のマンションなら設置がありません。

 

EV普及が進む段階で、マンション住人が200V設置希望をしても遅々として進まない可能性が大!

 

理由はマンション組合に「コンセント設置提議」しても、これら反対票が必ずあるからです。

 

EV所有に興味のない人、

ガソリン車の人、

車を持ってない人、

外に駐車場を借りている人、

 

マンション規約にもよりますが、全体の3/4の賛成票が必要となります。

 

もし200V電源工事の賛成多数で可決されても、コスト負担の大きさが問題になるかもしれません。

 

それは設置場所数から来るコストとお考えください。

 

やはりEVはムズカシイ、そう考えてしまうのはアナタや私だけではありません、きっと!

誰も語らないテスラモーターの赤字

EV販売100%のテスラでさえ黒字転換してない赤字のままなのがモーターカー、EVの難しさを物語っています。

 

1,000万円で売っても儲かってません、生産コスト、先行開発コストがかかりすぎています。

 

2018年のニュースではテスラを受注できても納期が掛かり過ぎる、そうテスラ工場関係者が語っていました。

 

「ほぼ100%の車に不備があり、再検査を行っている」、です。

 

これでは予定納期なんて意味がありません、管理できていません。

 

それ以前に、どんな巨額投資をしても電池の小型化、蓄電能力アップ、製造コストダウン、非接触充電&超短時間充電の課題は何もクリアできていません。

 

あと何年どころか、いや5年やもっとかかるかもしれません。

テスラモーターと排出権取引

テスラ―モーターがカリフォルニア州議会で行ったロビー活動によって、2018年からは水素や電気で動く車の販売を主要に行うことが決まっています。

 

その決められたルールはZEV規制と呼ばれています。

 

そのZEV規制を簡単に説明すればこうです。

 

水素や電気100%の車には罰金ゼロ、

ガソリン車には大きな罰金、

PHVなら半額罰金、

 

などとなっています。

 

実際は罰金ではなくクレジットと呼ばれますが、環境に適さない車を販売するので罰金が分かりやすいと思い使いました。

 

その罰金はどこへ支払われるかと言えば、罰金ゼロでクレジット点数が貯まり続けるテスラモーター、またはカリフォルニア州政府のどちらかになります。

 

義務により(ZEV規制)水素または電気100%の車を販売しているテスラは罰金ゼロですが、ほとんど多くのメーカーはガソリン、PHV、HV、EVなどの車種を混ぜて販売するしかなく巨額な罰金を払うしかありません。

 

その罰金分はテスラモーターまたは州政府へ支払わなければなりません※テスラが長年に渡り行ったロビー活動の結果

 

つまり2018年からテスラは車を売らなくても、保有しているクレジッを他メーカーに売って大儲け!?

 

テスラモーターは車販売より、巨額な排出権取引に似たZEV規制により発生する罰金(クレジット)報酬を初めから考えていたのでは!? そうも想像してしまいます。

 

理由は電気の長距離走行に対して短時間充電システムの開発遅れ、電池材料が枯渇しやすく価格高騰などもっと多くの解決困難な問題を知っいた!?からです。

 

そんなさなかにも、2017年日産の無資格検査問題から日産EV含め販売数が急落しています。

 

そして2018年の夏でも同社の無資格検査問題が新たに指摘されました。

 

従って2018年秋冬はキャンペーン金利はもちろん、大幅値引してでも巨額損失の一部でも取り戻そうとする日産がイメージできませんか?

テスラに乗る人達の特徴とは

北米在住の友人からも聞きましたが、テスラはお金持ちが乗る車です。

 

一般のアメリカ人が購入する車は2万ドル~3万ドルであり、テスラ10万ドルはありません。

 

お金持ち達は大きな庭付き一軒家、充電問題はありません。

 

さらに車は必ず数台保有している。

 

テスラ購入層は皆お金持ちで環境問題に意識があり、それらをビジネス含めた環境団体にアピールする目的もある。

 

だから!? 現地(カリフォルニア州)では お金持ちや芸能人に人気がある車、そう言われています。

 

これからもアメリカでのEV人気は限定的である、そう考えてしまいます。※個人の感想

日本でEV購入する意味とは

日本も政府補助金でEVを安く買えても、補助金は我々の税金であり、我々の払ったお金をいつまでも未完成車に流用されてはたまりません。

 

HV、PHV、PHEV、そしてマツダのエンジン革命「スカイアクティブ-X」なら現在の環境とコスト問題がバランスしそうに感じています。

 

最近では日産の直4ターボエンジン「VC-T」も素晴らしいと感じました。

 

「走行中に圧縮比を8:1(高性能)から14:1(高効率)の間で自在に変化させることが可能で、4気筒で6気筒エンジン並み(272ps/390Nm)のパフォーマンスを発揮」

 

これら高効率エンジン&CO2排出を極限まで下げる超高出力エンジン技術はマツダ、日産、トヨタも持っています。

 

ホンダは未発表でも新しいエンジン技術を絶対に開発しているはずです。

 

そんな中、EVは各国の政治色が先に&前に強く出過ぎていて、技術が追いついていない現状です。

 

どこの国も同様に、国内政治に不満が一杯になると、その反動エネルギーをどこかへシフする傾向があります。

 

今なら欧米の政治不満を環境問題にシフトしている、だからEVと考えるのは私だけではありません。

 

定価で300万円、400万円のEVを補助金や減税で買うのではなく、100万円、200万円で全て問題解決した完成車を希望します。

 

従ってそれらEV問題が解決されない2018年度なら、トヨタのHVを選べば使えます。

 

⇒便利に使えて電池交換も安い中古トヨタHVを確認する

EVの電池劣化スピードが早過ぎるまとめ

冒頭にHVプリウスの電池交換費用が15万円で格安と書きました。

 

それはトヨタのバーゲンプライス、未開発のモノを売った責任価格だったかも考えられます。

 

現実にはHV(ハイブリッド)電池はEVより小さくても、50万円以上はすると言われています。

 

それがEV専用の大型リチウム電池なら100万円はしてしまいます(パナソニック製)

 

電池価格が高価でも、電池寿命がもっと延びて短時間充電可能ならOKなんですが・・・

 

従って2018年現在ではEVが主流になる迄には長い時間が必要と考えます。

 

EVの代わりに燃費が良くて安価な車、それが軽であっても小型車であっても構いません。

 

HV含めガソリン車をしばらく使う選択をお考えください。

 

アナタに必要で便利で壊れない車、そんな車と出会えることを願っています。

 

最後までお読み頂き、本当にありがとうございました。

 

また、「車の買い方【119番】」でお会いしましょう!

 

⇒関連記事「EV価格は下がらないどころか上がってしまう!」

⇒関連記事「EV購入可能な時期は5年後か10年後か?」

⇒関連記事「日産リーフ!新型になっても買ってはダメな理由」

車ローン審査の予約が始まりました!

低金利ローンは審査が1ヶ月近くと長く待たされることがありますが、今は事前に仮審査をしておくというローンがありますので、長い間審査が受かるかどうかを待つ必要がなくなります。

 

仮審査の有効期限は1年間ですから、申し込んでおいて困ることはありませんし、結局使わなくても無料でキャンセルできます。

 

いくら借りることが出来るのか5秒ぐらいで分かりますので、今すぐ確認してください。

  静岡銀行マイカーローンバナー1
気づいていましたか?
『あなたが良い車を見つけられない理由』

あなたは車選びをしたときに、「良い車がないなぁ・・・」と思ったことはありませんか?

実はこれ、考えてみれば当然のことであり、良い中古車はすでに買われてしまって、あなたは売れ残りのリストを見ているようなものなのです!

中古車を探しているのは、あなただけでなく、しかも一般の人以外にも業者や、また世界的に見ても日本車は人気がありますので、海外の人や業者も目を光らせているわけです。

こういった状況で出来ることといえば、他の人に買われる前の車情報を見て車選びをするしかありません。

流通前の車情報を見ることは、過去において業者だけの特権だったのですが、現在ではその一部をあなたも見ることが出来ます。

もしあなたが車選びで失敗したくないということならば、市場に出回る前の非公開情報を確認して、良質な情報で車選びをしてみてください。

今すぐ「非公開車両」から良い車を探す【無料】

中古車探しサービス

なお、ネット完結で車選びをすることもできます。今の時代は電話でやり取りするのは何かと面倒ですものね^^;

⇒ネットだけで車選びをしたい場合はこちら【無料】