マツダの新型エンジン「スカイアクティブ-X」を2019年から投入するのをご存知ですか?

 

電気、ハイブリッドには興味を示さないマツダが長年研究し続けた結果がスカイアクティブ-Xなんです。

 

ベンツ、フォルクスワーゲン他も理想のエンジン、究極のエンジンとして長年に渡り挑戦し続けても失敗続き、そしてあきらめたエンジンシステム。

 

電気、ハイブリッドが苦手なアナタには最適なエンジンになるかもしれませんよ!

 

⇒関連記事「ツダCX-8を知るにはCX-5と比較するしかない」

⇒関連記事「マツダ地獄からマツダ天国へ大変身できた理由」

新型エンジン最大の特徴

新型エンジン「スカイアクティブ-X」はガソリンをスパークプラグだけの点火着火ではなく圧縮着火(部分的に)させることで燃焼効率を上げています。

 

それにより高回転&ディーゼルのパワーを最大に引き出せ運転性能を大幅に向上させる!

 

例として2.0ℓガソリンエンジンで2.5ℓのパワーを発揮、燃費は1.5ℓと同等となる小さくても力持ち、でも大食いではない、、そんなスーパーなエンジンなんです。

 

スカイアクティブ-Xはまさに夢の様なエンジン、、それをマツダは量産しようとしています!

ガソリンとディーゼルの良いとこ取り

スカイアクティブ-Xの良さが一目で分かります!

ガソリンエンジン スカイアクティブ-X ディーゼルエンジン
燃費消費
トルク
レスポンス
走りの伸び
暖房性能
排気浄化性能

※参考資料は月間自動車より

 

ガソリンエンジンが不得意なのは燃費、トルク、レスポンスが悪い、それらはディーゼルにかないません。

 

ディーゼルはと言えば、出力の伸び(最高速度)、暖房性能、排気浄化性能がガソリンに比較し大きく劣っています。

 

スカイアクティブ-Xはガソリンとディーゼルを足して2で割った、究極のエンジンとご理解ください。

 

この革命的エンジンが2019年発売予定のアクセラに搭載されることが発表されました。

エンジン性能はどうなるのか

まだ試作エンジンでの走行試験中でありますが、過去の情報からこうなるでしょう。

 

  • エンジン音はガソリン車より少し低いか!?
  • 出力はアクセルに素早く反応し、どんどん伸びて行く出力感はガソリン車のそれである
  • 出だしトルクがディーゼル並みに高まっているで、0 Km –  100 Kmは高級スポーツカー

次に燃費性能や環境性能がどうかを見て行きましょう。

燃費と環境性能はどうなのか

スカイアクティブ-Xはリーンバーンを極めるエンジン方式です。

 

リーンバーンは燃料が少ない&薄い状態で燃焼させる技術なので、軽油よりはるかに着火しにくいガソリンを更に薄めた状態でのエンジン内着火はドイツメーカーではギブアップしていました。

 

ディーゼルはガソリンと真逆で着火しやすい燃料、自己着火するので大きなトルクを得ています。

 

そんなスカイアクティブ-Xのガソリン燃費や環境性能はどうなるかをご覧下さい。

 

  • ジェットエンジンと同じリーンバーン方式で、少ない&薄いガソリンを完全燃焼することで排気浄化性能が高い
  • 少ない&薄いガソリンを完全燃焼するので燃費も伸びる

 

スカイアクティブ-Xは燃費の良さ+高い環境性能も持っていることが分かりました。

 

こんなスーパーなエンジンにスーパーチャージャーが装備されたらどうなるでしょうか?

スーパーチャージャーも装備

マツダはスーパーチャージャーもスカイアクティブ-Xに装備するとの説明もしていました。

 

高出力、高レスポンス、高燃費に+スーパーチャージャーなら現在のスポーツカー越え&超えかもしれません。

 

いや、そうなるのは確かです。

 

多くの意味でスーパーなスカイアクティブ-Xでも1つ気になるのは排気サウンドなんですが、、まあ、物足りない場合はマフラー交換でなんとかしましょう!?

 

記事を書いている最中にも早く乗ってみたい、そう思わせるマツダの技術です。

 

エンジントルク特性がとても高くなり、燃費大幅アップ、夢の様なエンジン、それがスカイアクティブ-Xなんです。

EVは仕方ない程度でやる

2017年5月にトヨタとマツダは技術提携をしました。

 

その理由はマツダがエンジン効率を最大化するスカイアクティブ技術を持っていたからです。

 

車の世界最大市場であるアメリカ西海岸でEVに関するZEV規制が2018年から施行されます。※ZEV規制=排ガスを一切出さない車

 

日本や世界メーカー全てはZEV規制に基づいたEVを生産しなくてはなりません。

 

日本もZEVに合わせてトヨタ、マツダ、スズキ、スバル、デンソー、日野が共同でEV開発に協力することになりました。

 

し・か・し・トヨタもマツダもEVが世界の車市場を席捲するとは考えていません。※トヨタもマスコミ各社もそれを意味する発言&ニュースを流しています。

 

トヨタはHV技術やガソリンエンジン効率化をずっと進めていて、それが本命だと考えているからです。

 

マツダも同様に可能な限りの化石燃料の最大効率化を突き進める、そう発言しました。

 

従って日本メーカーはEVはやるけど、エンジン効率化の研究を続ける、そうなります。

 

マツダのスカイアクティブXは「最大効率化のエンジンで進めるぞ」、その象徴であるとお考えください。

スカイアクティブ-Xまとめ

フランス、イギリスは2040年までに完全電気自動車社会にすると宣言、アメリカのカリフォルニア州はもっとキビシク2018年から電気自動車、PHVのメーカー毎の販売比率を設定しています。

 

電気自動車メーカーのテスラは100%電気なので、ガソリン車メーカーに排出権を売る、そんな手段まで構築しました。

 

これって4、5年前にあった先進国と発展途上国での排出権取引そのまんまなのが悲しい、そう思ってしまいます。

 

各国の政治判断である2040年までにガソリンエンジン廃止、それができるかどうかは誰にも分かりません。

 

そんな中でマツダの革命的技術スカイアクティブ-Xがアメリカ、ヨーロッパでも受け入れられることを願います、、それ以前にマツダの勇気ある行動を称えたいと思います。

 

最後までお読み頂き、本当にありがとうございました。

 

また「車の買い方【119番】」でお会いしましょう!

あなたは車選びに自信がありますか?

良い車を購入するためには多くの中古車を比べることが必要です。

 

しかしながら、スマホでGooやカーセンサーなどを見たりしますが、これが中古車の3割しか見られないことをあまり知られていません。

 

実は残りの7割は業者間の流通段階にあり、ここも比較対象に入れることであなたの車選びを劇的に変えることができます!!

 

ただ業者ではない人が非公開情報を自由に見ることは当然出来ませんが、あなたはある車選びサービスを使うことで非公開車両を部分的に見れるのです。

 

最近は多くの方が利用していますので、次はあなたが使ってよい車選びをしてください。

 

⇒非公開車両もみて車選びをしたいならこちら【無料】