マツダCX-8を知るにはまだ情報不足でも、基本データを比較すれば分かることが沢山あります。

 

大き過ぎると言われるCX-8よりCX-5とお考えであれば、このニュースで少し気が変わるかもしれません。

 

特に世界トップレベルの4WD能力や自動ブレーキ搭載は魅力的です。

 

⇒関連記事「マツダCX-8とミニバン比較でカンタンに分かることは?」

⇒関連記事「マツダ夢のエンジン!スカイアクティブ-Xがスゴイ」

⇒関連記事「マツダ地獄からマツダ天国に大変身した理由」

読み時間2分でスタートします。

 

低金利ローンをあきらめていませんか?

せっかく低金利で借りられるのに高い金利でローンを組む方は多く、これってもったいないと思いませんか?

 

↓融資できるか「5秒かんたん診断結果」↓静岡銀行マイカーローン診断2

 

このように意外に融資可能な結果が出ることも多く、今すぐ無料で確認できますので審査が不安な人ほど確認してみましょう!

  静岡銀行マイカーローンバナー1

ミニバンの進化形がCX-8のデザイン

ミニバンは昔のアメリカからブームが起こり、マツダも長年に渡りミニバンMPV販売をしていましたが、製造終了しました。

 

ミニバン撤退の理由は主に3つあります。

 

  • 北米市場はミニバン人気がなくなり、完全にSUVにシフトしている
  • ミニバンは事故の際にスライドドアが開く危険性がある
  • ミニバンはスライドドア破損など横方向からの衝撃に弱い

 

実際にアメリカ西海岸はもちろん中西部、そしてニューヨーク東海岸でもSUVだけらです。

 

スライドドアが開いている事故車の写真は日本でも北米でも見かける頻度が高かったのを覚えています。

 

便利なスライドドアでも安全性が担保できなければ売るべきではない、そうマツダは判断したと考えます、

 

そんなミニバンを止めて、アメリカ向けにはCX-8と同じホイールベースのCX-9を輸出していますが、ホイールベースが同じであってもサイズはこんなに大きく、日本ではベンツSクラスのレベルです。

 

CX-9は全長5065x全幅1969x全高さ1716㎜、ホイールベース2930㎜

 

巨大ではあっても、相当に広い室内を魅力と感じるのは私だけでしょうか?

 

次はCX-8とCX5のサイズと性能比較を表にまとめました

CX-8とCX-5の全比較で分かること

多項目で比較してあります。

 

CX-8 vs CX-5詳細比較表

主要諸元他 CX-8
XD Lパッケージ
CX-5
XDプロアクティブ
全長/全幅/全高 4900 / 1840 / 1730 4545 / 1840 / 1690
室内長/幅/高 2690 / 1540 / 1250 1890 / 1540 / 1265
ホイールベース 2930 2700
トレッド(前/後) 1595 / 1600 1595 / 1595
車両重量(Kg) 1900 1680
エンジン 直列4気筒DOHCディーゼルターボ 直列4気筒DOHCディーゼルターボ
排気量(cc) 2188 2188
最高出力(ps/rpm) 190 / 4500 175 / 4500
最高トルク(Kgm/rpm) 45.9 / 2000 42.8 / 2000
タンク容量ℓ 74(軽油) 58(軽油)
トランスミッション 6速AT 6速AT
駆動方式 4WD 4WD
タイヤサイズ 225 / 55R19 225 / 55R19
最小回転半径(m) 5.8 5.5
JC08モード燃費 17.0 17.2
価格 419万400円 322万9200円
安全装置 i-ACTIVESENSE

〇=標準 ×=搭載無し

装備名 CX-8
XD Lパッケージ
CX-5
XDプロアクティブ
ステレオカメラ x x
シングルカメラ
ミリ波レーダー
歩行者認識警報
歩行者認識ブレーキ
全車速追従
前方誤発進抑制
後方誤発進抑制
先行車発進通知
オートハイビーム
車線逸脱警報

 

どうですか?

 

サイズ、車重、パワー以外はとても似ている、そう感じませんか?

 

そんな違いで着目したポイントを項目別にお伝えします。

燃料タンク容量がスゴイ

国内メーカー最大量となる燃料タンク72ℓはスゴイしかありません。

 

メーカー発表では、東京ー九州の1137kmをノンストップ走行が可能。

 

CX-8には2トン近い北米輸出用のCX-9のタンクを使ったのでは?そう勝手に疑っています。

 

北米なら数時間もガソリンスタンドを見ない地域もあるので、大型タンクは必要だからです。

 

そんな高燃費でビッグタンクはドライバーメリットなのは間違いありません。

大きなボディサイズのメリット

昔は大きい車、特に180センチ超える車幅は日本では良い悪い言われていましたが、今では広い室内は安全性に寄与するので受け入れられつつあります。

 

CX-8ボディの車高以外は、ベンツEクラスを少し短くしたようなサイズなのは確かです。

 

実際はCX-8の車高も手伝って、もう少し大きなボリュームに感じられるかもしれません。

 

広い室内はウォークスルー可能であり、オプションBOSEサウンドと10スピーカー、リラックスは確実です。

 

広さ最大メリットは2列目、3列目を倒せば奥行2200mm x 幅1015mmなので大人2人が楽々と横になれる、これは気に入りました。

 

簡易キャンプさえ可能にする広さです。

視界の広さがスゴイ

  • CX-8ではボンネット形状を研究し、CX-5より信号などで止まる停止線の位置が把握しやすいデザイン
  • 両サイドのAピラーを後退させた位置にすることで、左右の視界が広くした
  • サイドミラーがAピラーではなくドアに取り付けられているので、Aピラーとミラーの隙間であってシッカリ視界確保している!

 

CX-8の車高が高いだけでも視認性、視界確保にプラスになのに、Aピラーがドライバー側に移動しているので右左折の視界確保に有効なのは間違いありません。

 

新しいホンダN-BOXシリーズでも、Aピラーの中をくり抜くことで空間を作り視界確保をしてました。

最新&最強の安全装置

安全装置はCX-8とCX-5が同じ内容なのは表で確認されましたか?

 

同じ内容でも、最新CPUやプログラム変更でその処理スピード&安全性はCX-8が勝っています。

 

マツダでも現状市販車最上レベルと語っており、それは3つのレーダー、5つのカメラ、そして7つのセンサーで構成されています。

 

そんな安全装置は新しい車が発売される度に改良されていて、古い車システムが変更できないのは残念ですが、今は最新&最良の基準で選ばざるを得ません。

CX-8ボディサイズには意味がある

上記でも大きなボディサイズのメリットをお伝えしました。

 

大きさには安全性や実用性などの用途以外にも大切な部分があります。

 

車が大きくユッタリしていれば、ドライバーの精神もユッタリして運転に疲れません、飛ばしません。

 

飛ばして競争する気にならない、それが不思議です。※経験済です。

 

そんなドライバーの心までいやしてくれる車なら、同乗するパートナー、家族、友達も必ず同じ気持ちになります(断言)!

 

理由は車もアナタもユッタリ&リラックスしているのが同乗者にも伝わるからです。

若い世代に大ウケけしている理由

12月14日の発表から月間目標販売台数の6倍になる7362台を受注となりました。

 

現在までに判明している人気の原因&客層はこうです。

 

  1. マツダMPV(ミニバン)からの乗り換え
  2. 一般ミニバンのファミリー用途に飽きた人達にアピールした
  3. 若い世代にアピールするサイズとデザイン(カッコイイ)
  4. SUVでの3列シートの新鮮さと使い勝手
  5. 最大7人乗れるのにカッコイイデザイン
  6. 新型ディーゼルによる素晴らしい燃費効率
  7. 価格帯が319万6800~419万0400円と買いやすい

 

もっとアピールポイントはあるでしょが、納車がほとんどされてない2017年12月下旬では走りも乗り心地も含めコメントできません。

 

そしてマツダ発表では、若いファミリー層にSUV3列目シート需要の活路を見出したとありました。

 

ドライバーは誰でもカッコイイ、高性能な車に乗りたい!

 

そんな若い世代にCX-8はデザイン、現在に望めるほとんどの安全装備、7人乗車、車中泊可能、購入可能な価格帯を実現した、だから人気が高いと考えます。

 

つまり若くても年配でも、オジサン的なミニバンには飽きてしまった、年齢に関係なくカッコ良くて使い勝手の良い車を探していた。

 

その答えがCX-8だった。

 

それを証明するのが異例と言われる受注数が現しています。※マツダ月間売上目標1200台に対して7362台受注

 

さらに受注数の高さがこれから数か月、半年、1年と続けば本物の人気、スゴイ車となります。

お店で見て触ったCX-8がスゴイ

1月休み明け、予約なしでCX-8を見に行きました。

 

試乗車には乗れませんが、営業マンがとても自身ありげにこんな説明をしてくれました。

 

  • CX-8とCX-5は似ていても、CX-8のボディ剛性&強度は計算値より数段上の強度に製造されています。
  • XDとPROACTIVEの6人乗りはウォークスルーができます。
  • ホイールベースの長さは北米へ輸出しているCX-9と同じなんです。
  • 最大奥行2200㎜は便利に使えます&寝れます。※2列目が完全フラットにできない
  • スライドドアは重く万が一の強度確保が無理なので完全廃止しました(自信ありげ)。
  • CX-8をCX-5と比較すれば、全く別モノと言える性能です(少し言い過ぎた感を漂わせ)。
  • 3列目シートも十分に使えます。

 

CX-8は外見からも車に乗りこんでからも美しさと強い剛性を感じる車でした。

助手席でも分かった性能

試乗は無理でしたが、CX-8で数キロ先まで送ってもらった時に分かりました。

 

  • 車内がとても静かでミシリとも言わないボディ
  • 輸出用のCX-9と同じ安全設計だから高い剛性を感じられるんだろう
  • 営業マンはほとんど力を入れず、とてもリラックスしてハンドリングしている
  • 車が止まる時のショックがとても小さい、すぅーーっと止まる
  • とても視界が良く、助手席からボンネットの3分の2は見える

 

それらを感じたので、営業マンさんに「大きな車を運転しいるとは思えない楽なハンドリングしますね?」と聞きました。

 

答えは「CX-5より長いホイールベースのCX-8には、より厚いボディ鋼板&補強材が多用されているから」でした。

 

個人的は国内最大の燃料タンク72ℓなので、無給油でとても楽に超距離を走れる、そう感じていました。

 

※ディーゼル音は後方のどこかでほんの少しだけ聞こえたような。

CX-8はCX-5とCX-9の中間

今回の比較ではCX-5のデータを使いましたが、本当は2016年からアメリカに輸出されているCX-9と比較しなければCX-8の意味が分かりません。

 

日本の道は狭く交通量も多いのでCX-5の方が使いがっての良い車と言えます。

 

そこに全長5m近いCX-8の意味は、乗員安全確保とライフスタイルの変化をシッカリ考えられた、それが答えです。

 

安全性能ではボディ剛性と高レベル自動ブレーキがあっても、万が一の余裕ある室内スペースは必ず乗員にメリットがあります。

 

もう1度、全てまとめてCXサイズ比較をして見ましょう。

車種 全長 全幅 全高
CX-3 4275mm 1765mm 1550mm
CX-5 4633mm 1840mm 1690mm
CX-8 4900mm 1840mm 1730mm
CX-9 5065mm 1930mm 1728mm

 

これで車種毎のサイズが一目で分かります。

 

車のサイズは小さくても大きくても、直ぐに慣れてしまいます。

 

でも&しかし、全幅が1900㎜を超えると通ちにくい小道があり、さらに全長5000㎜以上だと少しだけ曲がりにくい角度の小道があるのが日本の現状です。

 

そんな中でも、CX-8サイズはベストかギリギリの表現ができると考えます。

 

理由は、昔に保有したベンツEステーションワゴンが全長4950㎜、全幅1850㎜だったので、ギリギリで近所の裏道&小道を通れていたらかです。

 

生意気なコメントですが、マツダはCX-8サイズをヨーーーーック考えたんだなぁあ、です。

 

でも北米輸出用のCX-9が日本で発売されることがあれば買いたいです。※現在はCX-8希望。

 

※トップのCX-8関連記事に2回目試乗の最新レポートを追加しました。

マツダCX-8のまとめ

昔にマツダMPV(ミニバン)に乗っていて、室内は広く、乗降りしやすい、高速道路の直進安定性も良かったのを覚えてます。

 

昔のMPV性能は良かったのですが、何か味気ない車だったとの記憶も残っています。

 

しかしマツダ地獄にはまるのが嫌で悔しくて、全く違う車にしたことがありました。※トップ関連記事

 

今のマツダは素晴らしいオリジナリティーで魅力的なメーカーに生まれ変わったと感じてます。

 

将来、私は中古になったCX-8を買うかもしれません、欲しい、そう久々に思わせる車です。

 

この記事が少しでもアナタの参考になったのであれば幸いです。

 

本日も最後までお読み頂き、本当にありがとうございました。

 

「車の買い方【119番】」でまたお会いしましょう。

『下取り額が安すぎ!』その理由とは・・・
下取り基準は低く作られていて、高い査定を期待することは難しいのです。
そのため、車を高く売りたいなら下取り以外の査定を利用しなければいけません。
もし高く売りたいなら、下取り以外の査定を受けて本当の車価値を確認してください!

下取り以外の査定申込み詳細

エイチーム車査定
あなたは車選びに自信がありますか?

良い車を購入するためには多くの中古車を比べることが必要です。

 

しかしながら、スマホでGooやカーセンサーなどを見たりしますが、これが中古車の3割しか見られないことをあまり知られていません。

 

実は残りの7割は業者間の流通段階にあり、ここも比較対象に入れることであなたの車選びを劇的に変えることができます!!

 

ただ業者ではない人が非公開情報を自由に見ることは当然出来ませんが、あなたはある車選びサービスを使うことで非公開車両を部分的に見れるのです。

 

最近は多くの方が利用していますので、次はあなたが使ってよい車選びをしてください。

 

⇒非公開車両もみて車選びをしたいならこちら【無料】