電気自動車(電気自動車)は知れば知るほどに実現できるかどうか、それが心配になるのは私だけでしょうか?

 

その心配とは電池性能と充電ステーション数、充電時間問題、そして電池劣化です。

 

私はテスラに乗ったことありませんが、サンフランシスコで輸出入業をしている友人がテスラに同乗しメキシコ国境近くのサンディエゴ市に行った話を昨晩に聞きました。※片道約800キロの走行、所要時間10時間弱

 

800 キロも走る用事は、サンディエゴ動物園を見て童心に帰る!? 

 

メキシコ国境近くの街で昼間からテキーラを飲む、それだけだと!?

 

裏山鹿!? = うらやましい!

 

その話で興味を持ったのはテキーラでなく、テスラ乗り心地でもなく、充電の苦労話でした。

テスラはアメリカ西海岸だから売れる車

テスラはアメリカの会社、そして本拠地カリフォルニアのサンフランシスコにあります。

 

テスラ社はそんなカリフォルニアで長年ロビー活動(政府政策が個人&団体へ有利に働く活動)を行い、電気自動車(電気自動車)の法案であるZ電気自動車規制を推進した。※Z電気自動車規制=電気自動車を有利にする規制

 

だからテスラは;

 

  1. アメリカ西海岸で良く売れている、
  2. 売れているからテスラの充電ステーションが多く点在している、
  3. テスラ搭載の電池は日本電気自動車より大きく、電気を沢山貯められる(韓国LG電池)
  4. 超距離移動が可能になる、

 

テスラ現状説明でした。

 

次は本題の充電が本当に大変だったお話です。

電気自動車電池消費量はガソリン燃費と同じ

友人の話から電気自動車の電池消費量とガソリン車の燃費は同じ意味だった、そう教えてもらいました。

 

それはこれらです。

 

  1. エアコンなど電気モノをONにすると電池の減りが早い、
  2. アクセルを丁寧に踏まないと電池の減りが早い、
  3. あまり高速で走り続けると(速度未確認)電池がとても早く減る、

 

それを聞いて、電池が早く減る上記3つの組合わせ運転すれば、テスラのメーカー燃費(電池消費率)とは大違い、そうなります。

電気自動車は充電に時間がかかり過ぎる

お伝えしましたが、テスラはアメリカ西海岸、カリフォルニア州のサンフランシスコが本社の会社です。

 

カリフォルニア州の政治家や環境団体等々に多くのロビー活動を長年続けたおかげでEテテスラにとても有利なZ電気自動車規制(電気自動車を有利にする規制)の法案化に成功しました。

 

そんなテスラ本拠地の西海岸だから電気自動車充電ステーション数も多くあり、充電自体は困らなかった、しかし寄り道&休息時間が予定を狂わせた、です。

 

出発地サンフランシスコからサンディエゴ片道約800キロ(約500マイル)は高速道路のみであり、予めチェックした充電ステーション近くの高速道路を降りて沢山走り、やっと充電開始。

 

充電には40分ほど必要なので、仕方なくコーヒーショップで1時間ほど休憩の繰り返しになる。

 

もし少しでも航続距離を伸ばしたいのであれば;

 

  • 一定速度の安定運転(大きな加減速はしない)、
  • エアコンなど大量になる電気はあまり使わない、

 

上記が電気自動車で航続距離を伸ばす良い方法になります。

 

考えて見ればガソリン車でも燃料残が少なくなれば、次のガソリンスタンドまではアクセルをあまり強く踏まない、そうしませんか?

 

しかし、電気自動車とガソリンエンジンの電気&ガソリン減り具合には大きな差がある、慣れない電気の減り方には学習が必要なのは確かです。

 

もう1つ、大切な電池減り具合チェックがあります。

 

それはリチウムイオン電池の劣化スピードです。

電池劣化スピードで走行距離が短くなる

どんな優秀な電池でも基本原理は同じであり、充電地は使えば使うほどに充電容量が少しずつ小さく&少なくなっていきます。

 

電池充電率が少なくなっても走行には問題ありません。

 

し・か・し・走行距離が短くなるのは確かです。

 

そして電池寿命と言われる8年〜10年で劣化ピーク、そして電池交換か新車購入のどちらかになるのは確かでしょう。

 

10万ドルもするテスラなら、大きなリチウムイオン電池+パワーも走行距離もスゴイ(日本製電気自動車 比較)のでしょう。

 

2017年12月現在、日産など国産電気自動車価格300万円、400万円が高いといってもテスラの1000万円越えとは数倍の金額差があります。

 

それら金額差はリチウムイオン電池によるものが大きい、そう考えて間違いありません。

 

実は、リチウムイオン電池自体がとても高価で、日本製電気自動車なら車両価格の約半分が電池代金、その発言が電池供給元のパナソニックからありました(週間ダイアモンド記事より)。

電気自動車データ燃費と実燃費に驚く

日産のCMにある「ワン充電で400Km走行」はご存知でしょう。

 

それってガソリン車のJC08データ燃費と実燃費の構造と全く同じではありませんか?

 

電気自動車燃費データも実験室でこの様に行われいます。

 

空位抵抗ゼロの室内の回転ローラーに電気自動車を乗せて走らせる

ドライバーはプロ

決められた平地、街中、山坂道、高速道路等の走行指示モニターでアクセルON/OFF

 

そんなエアコン、ライト、オーディオ全てOFFにした無風(空気抵抗ゼロ)の実験室でワン充電400Km。

 

つまりガソリン車のJC08と実燃費データを電気自動車に応用すると、電気自動車テスト400Km走行=240Kmとなります。

 

その実(じつ)電気自動車走行距離は電池劣化によって200Km、150Km、100Kmとなり、最後は電池交費用120万円でしょうか?

電気自動車走行距離のまとめ

全部が電気で動く&作動する電気自動車だからこそ、走行距離を意識したアクセル開放度、そしてエアコンなど電気製品の使用を控えざるを得ません。

 

ガソリン車ならどんな地方に行っても給油場所が見つかり、5分以内にガソリン満タンでGO。

 

電気自動車充電ステーション数は数時間走って1カ所ならまだマシであり、急速充電に30分、40分は必要になる。

 

もしそこで充電待ちの電気自動車が5台あったら、、ザンザンです。

 

アメリカの友人が最後に語ってくれたのは、電気自動車は街中で乗る短距離用、ガソリン車は長距離用、でした。

 

本日も最後までお読み頂き、本当にありがとうございました。

 

「車の買い方【119番】」でまたお会いしましょう。

あなたは車選びに自信がありますか?

良い車を購入するためには多くの中古車を比べることが必要です。

 

しかしながら、スマホでGooやカーセンサーなどを見たりしますが、これが中古車の3割しか見られないことをあまり知られていません。

 

実は残りの7割は業者間の流通段階にあり、ここも比較対象に入れることであなたの車選びを劇的に変えることができます!!

 

ただ業者ではない人が非公開情報を自由に見ることは当然出来ませんが、あなたはある車選びサービスを使うことで非公開車両を部分的に見れるのです。

 

最近は多くの方が利用していますので、次はあなたが使ってよい車選びをしてください。

 

⇒非公開車両もみて車選びをしたいならこちら【無料】