軽ホンダN-WGNに乗っている私が、見かける度にカッコイイと感じるのが4人乗り軽トラックです!

 

この4人乗りトラックはデッキバンとも呼ばれ日本で1車種のみ販売されています。

 

その唯一がダイハツの「ハイゼット デッキバン」これしかありません。
※スバル「サンバーバン」はダイハツのOEM 車

 

⇒ダイハツホームページ 「ハイゼット デッキバン」

 

4人シッカリ乗れて、オープンの荷室に何でも積める優れものを自家用で使わない手はありません。

 

そんなハイゼット デッキバンの何が普通の軽自動車より優れているかをチェックしていきましょう。

 

あの業者が中古車保証を付けたがらない理由
中古車を探すときはネットで調べたりしますが、これは一部だけしか見れていないことを知っていましたか?
実は良い車は市場に出回る前に買われてしまうことが多く、あなたがいつも見ているのは中古車市場の【残りかす】のようなものです。
良い中古車を買うためには、良い車は流通前から買われてしまうので、流通前の非公開情報を見る必要があります。
最長10年保証を付けられたり、返品まで対応できる業者もいますので、あなたが中古車選びで失敗したくないならば、非公開車両を見れる中古車屋を使うべきです!

スマホから簡単1分入力で非公開車両を見る【完全無料】

ズバット車販売バナー

軽トラックには最強の理由がある

軽トラックのハイゼット デッキバン(貨物車)は、乗用軽自動車に比べ、素材から組み立てまでこんなに頑丈で使いやすいんです。

 

  1. マルチデザインなので多目的に使える、
  2. シンプル構造で壊れない、
  3. 車高が高くソリッドボディなので運転しやすい、
  4. サスペンションが強化されている、
  5. 強化材や太いネジが採用されている、
  6. どんな道でも走れる、
  7. メンテがとても楽、
  8. 価格が安い、
  9. 自動車税が一番安い(5000円など)
  10. 10年や20年でも乗り続けられる、

 

さらに安全装置は「スマートアシストⅢ」なので前後誤発進抑制装置まで搭載されている。

 

軽トラでここまでスゴイ車は他にありません。

 

新車価格も1,339,200円~~1,617,840円と安く、中古価格も同様に安くなります。

 

やはり最強です!

 

そんなスーパー性能で税金など維持費も安ければ買いなのですが、まず気になる税金面を先にお伝えします。

軽は4か5ナンバーで変わる税金が大きい

一番やすい軽自動車税でも、自家用(5ナンバー)と営業(4ナンバー)では税金がこのように違います。

 

使用目的 軽自動車税(円) 13年目以降
自家用乗用 10,800 12,900
営業用乗用 6,900 8,200
自家用貨物 5,000 6,000
営業用貨物 3,800 4,500

 

私が軽トラックを自家用として使うのなら、自家用貨物の自動車税5,000円を選びます。

 

現在のホンダN-WGNは自家用乗用10,800円なので半分以下になります。

 

もし軽自動車税5,000円を普通車と比較するのなら、普通乗用車の1/6~1/22だけで済んでしまいます。

 

乗用車の自動車税一覧

排気量(ℓ) 自動車税
1.0ℓ以下 29,500
1.5ℓ以下 34,500
2.0ℓ以下 39,500
2.5ℓ以下 45,000
3.0ℓ以下 51,000
3.5ℓ以下 58,000
4.0ℓ以下 66,500
4.5ℓ以下 76,500
6.0ℓ以下 88,000
6.0ℓ以上 111,000

 

それにしても、一般自動車税は高すぎます!

 

6ℓで年間88,000円なんて信じられません、大排気量の車は買えません!?

 

2018年以降は増税ラッシュであり、税金含め維持コストの安い車しか選べないのはお分かり頂けたと考えます。

 

特に2019年10月1日からの消費税10%は確定され、可能な限り安くて丈夫で走る車を選ぶしかありません。

 

従って、これから求められるのは安くて安全な車&楽しめる車です。

軽トラックの楽しみ方

乗用軽ワゴンでも荷室容量が大きくなんでも積めて、とても重宝します。

 

それが4人乗り軽トラックなら、もっと何がどう良いのでしょうか?

 

そのキーワードはオープン(開放)だと考えます。

 

  • どんな汚れた荷物でも荷室に投げ込み、荒れた道でも走れる車
  • 実用から趣味までカバーする車、一般道からラフな道まで走れる車
  • 1人でない3人や4人乗っていても、開放感ある楽しみ方ができる車

 

上記の全て、または多くをカバーするような車は超高級車だったのかもしれません。

 

しかし我々にはコスト意識があり、そうなら安い軽自動車、それも何にでも使える荷室オープン+4人乗り、それならもっと安いコストで便利に使えるのは間違いありません。

 

荷室オープンの軽トラック4人乗りなら、アウトドアで楽しんだ道具&汚れた道具も洗わず、そのまま荷室に投げ入れて帰宅となります。

 

レジャーを楽しんでも、きつい現場作業をしても、目的が終わればそのまま汚れた荷物を積んで帰れる幸せ!

 

それってスゴイことだと思いませんか?

 

1日楽しんだり作業した道具清掃&後片付けを完璧にしてから車に積む、それでは疲れ過ぎです。

 

その作業は家に戻り、体力回復してからがベストではありませんか?

 

私個人の趣味であるロードバイクを地方で楽しんでもこうなります。

 

愛車の軽ワゴンに積み込むためにロードバイク汚れを必要以上にクリーニング、

そしてオモイッキリ疲れ果ててしまう、

 

どうですか?

 

もし軽トラックなら汚れた荷物をポーンと投げ込める&積める、直ぐに帰路につける、そうなります。

 

この車は使えます!

少し疲れている人ほど軽トラックの理由

自由にラフの乗れるのが軽トラックです。

 

ラフに自由に乗れる軽トラックに興味あるアナタはコストの安さより、何にも気を使わないリラックスを求めているのかもしれません。

 

そんな軽トラックは乗用比較で、少し防音材も少なく音が室内に入って来ても、安心&安全なのをご存知ですか?

 

こんなメリットが軽トラックにはあります。

 

  • 使用されている鋼板が部分的に少し厚め
  • 使用されているボルトも太目
  • 荷物を積むので強化されたサスペンション
  • シンプルだけど疲れないシート設計
  • シンプルな車体構造から故障の可能性がとても小さい

 

上記メリットなら、車に必要以上の意識を使う必要がありません、ラフに自由に乗っても扱っても壊れません。

 

そうなら少し疲れたアナタも自由にラフに乗れて楽しめる、でも疲れません。

 

⇒中古軽トラック種類を確認してみる【利用無料】

 

まとめに行く前に、軽トラックの安全性を私見でお伝えします。

軽トラックだからこその安全性

軽トラックに4人乗れて、オープン荷室に何でも積める、車両や維持費も安い、これ以上は不要と考えます。

 

では安全面はどうなのでしょうか?

 

ハイゼット デッキバンの安全性能はトップのメーカーホームページありますが、個人的にお伝えします。

 

最新の「スマートアシストⅢ」が装備されているので、前後誤発進抑制装置も完璧です。

 

それ以外で安心な部分です。

 

軽の貨物用車は乗用とは違ったコンセプトで製造されているので、より安全&安心な部分があります。

 

貨物用は重い荷物を運ぶ目的の車なので、使用される鋼板強度(厚み)や組み上げるネジ強度(太さ)、足回りが強化されています。

 

だから10年、15年、20年と乗り続けられている、そうお考えください。

 

壊れない&事故にもあまり遭わない(起こさない)から長く乗る続けることができる、そうなります。

 

そんな丈夫な軽トラックに、4WD仕様を選べばどこでも走れてしまうでしょう。

 

農道、林道、河川敷をガンガン走っている軽トラックがその証明です!

 

そんな頑丈な基本構造&性能に加えて2018年では安全装置搭載され最強です。

 

軽トラックは使えます。

 

⇒大手中古車販売店で中古軽トラック価格を確認してみる【利用無料】

軽トラック4人乗りまとめ

今回はハイゼット デッキバン(軽トラック4人乗り)の宣伝になってしまいましたがカッコ良すぎます、使えます、それは間違いありません。

 

ただし軽トラックは元々の生産台数が少なく、モデルチェンジも10年に1度ほどなので中古車数が限られます。

 

しかし新車で買っても中古で買っても今のデザインなら長く乗れる=古くならない=使える、この論理になります!

 

もし中古軽トラックを探すのなら、ネット検索+地元のダイハツ販売店&整備工場に声を掛けると以外に早く見つかります。

 

最後までお読み頂き、本当にありがとうございました。

 

また「車の買い方【119番】」でお会いしましょう。

⇒もし車選びに迷ったら、何でもチャット相談のサイトで確認する【利用無料】

気づいていましたか?
『あなたが良い車を見つけられない理由』

あなたは車選びをしたときに、「良い車がないなぁ・・・」と思ったことはありませんか?

実はこれ、考えてみれば当然のことであり、良い中古車はすでに買われてしまって、あなたは売れ残りのリストを見ているようなものなのです!

中古車を探しているのは、あなただけでなく、しかも一般の人以外にも業者や、また世界的に見ても日本車は人気がありますので、海外の人や業者も目を光らせているわけです。

こういった状況で出来ることといえば、他の人に買われる前の車情報を見て車選びをするしかありません。

流通前の車情報を見ることは、過去において業者だけの特権だったのですが、現在ではその一部をあなたも見ることが出来ます。

もしあなたが車選びで失敗したくないということならば、市場に出回る前の非公開情報を確認して、良質な情報で車選びをしてみてください。

今すぐ「非公開車両」から良い車を探す【無料】

中古車探しサービス

なお、ネット完結で車選びをすることもできます。今の時代は電話でやり取りするのは何かと面倒ですものね^^;

⇒ネットだけで車選びをしたい場合はこちら【無料】