ドイツ人がベンツやBMWを高いお金を払ってまで買う理由は、何十万キロ走っても壊れない、長く安全に走り続けられるからしかありません。

 

ケチで有名なドイツ人は、本当に価値あるモノしか買いません。

 

そんなドイツ人に価値があると認められるているのは家と車、それは絶対です。

 

安くて性能の悪い車を5,6年おきに買いかえるなら、高くても10年や数十万キロ以上は乗れる車を買うのがドイツ人です。

 

日本では車税金など維持費全般が高いので、軽自動車に人気があります。

 

そんな日本でもベンツやBMWを買って大丈夫なのでしょうか?

 

⇒関連記事「レクサスとベンツで損しないのはどっち?」

⇒関連記事「ベンツEクラス!良かった所と悪かった所」

⇒関連記事「ベンツCクラス!良かった所と悪かった所」

⇒関連記事「ゴルフGTI!良かった所と悪かった所」

 

回答は2分で読めます!

 

あの業者が中古車保証を付けたがらない理由
中古車を探すときはネットで調べたりしますが、これは一部だけしか見れていないことを知っていましたか?
実は良い車は市場に出回る前に買われてしまうことが多く、あなたがいつも見ているのは中古車市場の【残りかす】のようなものです。
良い中古車を買うためには、良い車は流通前から買われてしまうので、流通前の非公開情報を見る必要があります。
最長10年保証を付けられたり、返品まで対応できる業者もいますので、あなたが中古車選びで失敗したくないならば、非公開車両を見れる中古車屋を使うべきです!

スマホから簡単1分入力で非公開車両を見る【完全無料】

ズバット車販売バナー

ドイツ車以外の車は寿命が短い

ドイツ車は高くても、とても長く安全に乗り続けられるので、結果的に大きくペイします。

 

ドイツの輸入車販売比率はとても低く、2017年のレスサスは3,000台(シェア率0.1%)しか売れていません。※関連記事参照

 

ドイツで販売されるトヨタ、日産、ホンダ、マツダなどもシェア率1%~2%前後と低迷しています。

 

レスサスはドイツ車より性能が悪い、長持ちしない、デザインが好きじゃない(米国人には受けます)、それが理由です。

 

もっと言えば、レスサスなど日本車でのアウトバーン200キロ走行に不安がある、長時間を高速で走るり続けられない、となります。

 

そうならレスサスなどの輸入車を買う理由がありません、ドイツ人にとって。

 

ドイツ人の合否感覚はとても単純なので、ベンツやBMWばかり売れる意味は性能差(耐久性能含め)しかありません。

 

次では、ドイツ2017年1月から12月の乗用車登録台数をお伝えします。

ドイツのメーカー別販売比率

ドイツ国内で2017年の1年間に登録された乗用車台数を見れば、全てを感じてもらえます。

 

2017年のドイツ乗用車登録台数

メーカー 台数 市場シェア率 %
VW 634,270 18.4
BENZ 326,188 9.5
AUDI 283,196 8.2
BMW 261,864 7.6
FORD 246,589 7.2
OPEL 243,715 7.1
Skoda 194,230 5.6
RENAULT 135,456 3.9
HYUNDAI 105,518 3.2
SEAT 108,203 3.1
FIAT 84,324 2.5
トヨタ 81,086 2.4
PEUGEOT 70,930 2.1
日産 68,019 2.0
マツダ 67,262 2.0
KIA  64,068  1.9
DACIA  62,678  1.8
CITROEN  52,760  1.5
MINI  46,706  1.4
三菱  43,367  1.3
VOLVO  40,857  1.2
スズキ  38,165  1.1
SMART  36,723  1.1
PORSCHE  29,276  0.9
LAND ROVER  23,656  0.7
ホンダ  20,199  0.6
JEEP  13,390  0.4
JAGUAR  8,987  0.3
スバル  7,440  0.2
ALFA ROMEO  6,096  0.2
TESLA  3,332  0.1
DS  3,309  0.1
SANGYONG  3,232  0.1
レクサス  3,002  0.1
その他  20,169  0.6
合計  3,441,262  100%

※ドイツ連邦陸運局(KBA)2018年1月4日発表データ

 

最新データのトップ4はドイツ勢、そして日本車の筆頭はトヨタの2%台からレクサス0.1%です。

 

ドイツで日本車が売れない理由は性能差だけではなく、宣伝も価格設定もあるでしょう。

 

でも&しかし、日本車がとても良い性能なら売れます、価格設定に対する性能が良ければ売れます。

 

次に、気になる新車販売台数ベスト10をご紹介します。

ドイツ新車販売台数ベスト10

やはりというべきか、VW(フォルクスワーゲン)がドイツ市場を独占しています。

 

2017年ドイツ新車販売台数ベスト10

順位 メーカー 車種 販売台数
1 VW GOLF 228,227
2 VW PASSAT(SANTANA) 72,430
3 VW TIGUAN 71,436
4 BENZ C-CLASS 68,584
5 VW POLO 61,378
6 AUDI A4 59,469
7 SKODA OCTAVIA(LAURA) 59,147
8 OPEL ASTRA 56,327
9 BENZ E-CLASS 53,444
10 VW TOURAN 52,182

※ドイツ連邦陸運局(KBA)2018年1月4日発表データ

 

VWはやはりドイツ最強メーカーなのが販売データで分かります。

 

VWどの車に乗っても、強固なシャーシ&ボディ性能から強い守られ感、安心感があります。

 

次に気付くのはBENZのCクラスとEクラスの販売台数です。

 

価格的にゴルフの2倍から3倍するベンツCとEなのに、各6万台と5万台を売るのは高い信頼性しかありません。

 

つまりベンツは高いお金を払ってもペイする車となります。

 

少し気になるのは、BMW新車がベスト10入りしてないことですが、新車発売タイミングが関係しているかもしれません。

 

日本のBMWでも新型車ニュースが少ないので、そう考えられます。

 

次は、1台の車に長く乗ることが省エネとお金が貯まることに関係するお話です。

日本人とドイツ人で大きく違うコスト意識

個人的にドイツ人を2人ほど知っているのでお伝えします。

 

ドイツ人が良しとするのは、自分や家族に役立つ&大切なモノにはお金を使っても、そうでないモノには極端にお金を使わない、、です。

 

その代表が家と車なのはドイツ人から聞かされました。

 

高価な車であればあるほど使い倒す、メンテ&修理しながら20万キロ、30万キロ、50万キロでも乗り続ける。

 

ドイツでは家に次いで長期保有するのが車なんです。

 

個人&家族を安全に速く運ぶ車にはコストを惜しみません。※多くのドイツ人はそう考えます。

 

時間が大切なドイツ人にとって、長距離を短時間で速く移動できるのは大きな利益なんです。

 

上記ドイツ車販売データにあるように、ベンツで売れるは中級Cクラスから上級Eクラスが中心なのは昔から変わりません。

 

理由はこうです。

 

  • アウトバーンを200キロ以上でも安全&快適に走れる、
  • 長い距離を短時間で走行できることは大きな利益である、
  • 万が一の事故でも、大切な命を守ってくれる可能性が他車よりも高い、
  • 強い車体構造&システムなので、10年、20年と修理しながらでも乗り続けられる、
  • 長年所有することで、高価な車コストをペイできる、

 

さらに付け加えますと、個人&家族主義のドイツ人にオシャレな人は男女ともほとんど見ません。

 

化粧さえしない女性も多いです。

 

ドイツ人の価値感は日本人とは真逆なのを感じて頂けましたか?

 

我々は人の目を気にし過ぎる、自分より周りの人や状況をまず考えてしまう民族なんです。

 

だ・か・ら、日本人は男女ともオシャレな人が多く(ドイツ人比較)、車の乗りかえ頻度も高いとなります。

 

走行距離7万キロで車価値ゼロなんて、あり得ません。

 

そんな中古日本車の多くは海外へ輸出され、新たな車生を5年、10年と過ごすんです。

 

個人的な考えですが、日本車は対外マーケティング中心でデザイン&性能を決める。

 

ドイツ車は、基本マーケティングはしても自分達が欲しい乗りたい車としてデザイン&性能を決める。

 

そうならば、もしドイツ人の対外マーケティング範囲が少し狭くても、ドイツ民族が望む車性能を深く強く考え続けている、そうなります。

 

その性能とは、アウトバーン200キロ以上走行でも安全&安心&快適に運転できて、何十万キロでも楽に走れる耐久性しかありません。

 

つまり高額でもペイする車です。

 

そんなペイするドイツ車は5年や10年の長期保有はもちろん、事故にも強いので安心です。

 

⇒長期保有でペイする中古ドイツ車を見てみる【検索無料】

ドイツ人がドイツ車を好むまとめ

日本人は日本車を好むから長く多く売れ続けています。

 

でも&しかし、日本人の多くはドイツ車を好みますが、ドイツ人のほとんどは日本車に興味がありません。

 

その理由はご説明してきました。

 

説明は私の主観&経験によるものです。

 

そうであれば、ドイツ人が高く評価する&好むベンツやBMWに興味を持つのも悪いことではありません。

 

よろしければ、私が所有したドイツ車を関連記事よりお読みください。

 

試乗しなくても、読みだけでベンツやゴルフを感じられるのは保証します。

 

最後までお読み頂き、本当にありがとうございました。

 

また「車の買い方【119番】」でお会いしましょう。

低金利ローンをあきらめていませんか?

せっかく低金利で借りられるのに高い金利でローンを組む方は多く、これってもったいないと思いませんか?

 

↓融資できるか「5秒かんたん診断結果」↓静岡銀行マイカーローン診断2

 

このように意外に融資可能な結果が出ることも多く、今すぐ無料で確認できますので審査が不安な人ほど確認してみましょう!

  静岡銀行マイカーローンバナー1
気づいていましたか?
『あなたが良い車を見つけられない理由』

あなたは車選びをしたときに、「良い車がないなぁ・・・」と思ったことはありませんか?

実はこれ、考えてみれば当然のことであり、良い中古車はすでに買われてしまって、あなたは売れ残りのリストを見ているようなものなのです!

中古車を探しているのは、あなただけでなく、しかも一般の人以外にも業者や、また世界的に見ても日本車は人気がありますので、海外の人や業者も目を光らせているわけです。

こういった状況で出来ることといえば、他の人に買われる前の車情報を見て車選びをするしかありません。

流通前の車情報を見ることは、過去において業者だけの特権だったのですが、現在ではその一部をあなたも見ることが出来ます。

もしあなたが車選びで失敗したくないということならば、市場に出回る前の非公開情報を確認して、良質な情報で車選びをしてみてください。

今すぐ「非公開車両」から良い車を探す【無料】

中古車探しサービス

なお、ネット完結で車選びをすることもできます。今の時代は電話でやり取りするのは何かと面倒ですものね^^;

⇒ネットだけで車選びをしたい場合はこちら【無料】