日本は海外比較で交通手段がとても多く運行スケジュールも完璧、そんな国なのはご存知でしたか?

 

極端に言えば、車なんて無くても生活できる日本での車は贅沢品かもしれません。

 

贅沢品とするからこそ、人は車を必要以上に意識しているとも考えられます。

 

アナタも車を意識し過ぎているなら今すぐ中和して解決しましょう。

 

人の車を意識しないで自分だけの車を選べる&納得できる、アナタがそんな車価値感を持てるお話です。

 

あの業者が中古車保証を付けたがらない理由
中古車を探すときはネットで調べたりしますが、これは一部だけしか見れていないことを知っていましたか?
実は良い車は市場に出回る前に買われてしまうことが多く、あなたがいつも見ているのは中古車市場の【残りかす】のようなものです。
良い中古車を買うためには、良い車は流通前から買われてしまうので、流通前の非公開情報を見る必要があります。
最長10年保証を付けられたり、返品まで対応できる業者もいますので、あなたが中古車選びで失敗したくないならば、非公開車両を見れる中古車屋を使うべきです!

スマホから簡単1分入力で非公開車両を見る【完全無料】

ズバット車販売バナー

車を大好きになれば優劣感はなくなる

自分の車価値感を知らずに何となく車を選べば、無意識に周りと自分の車を比較するようになってしまいます。

 

もし現状の自分に対してベストな車を選んだ自負さえあれば、こんな他車との比較も優劣感も感じなくなります。

 

  • 軽なら普通車を意識する、
  • 普通車なら普通レクサスを意識する、

  • 普通レクサスなら高級レクサスを意識する、
  • ベンツAならCクラスを意識する、
  • ベンツCならEクラスに意識する、
  • ベンツEならSクラスを意識する、
  • ベンツSは中型&大型AMGと並走されれば負けた感じになる!?

 

私も日本人なので分かるんですが、日本人は他者主義!?というか、周りを意識し過ぎる民族です。

 

外国人から日本人は優しいとか言われますが、我々の内心は人の世話をするどころではありません、アタフタで疲れ切っています!

 

それなのに周囲を意識する&気にし過ぎてしまう悲しい性格の民族なんです。※個人的感想

 

それに対して欧米人(大陸人)は超利己主義、自分と家族が何よりも大切、そう考えています。

 

ドイツ人なんか機嫌が悪ければムッとしている、怒ると本当に怖い顔をしている、だから笑った顔はあまり見たことありせん(笑)

 

他を気にしないドイツ人だから、オシャレも化粧も料理のセンスもありません!※個人的感想

 

それ程シビアに自分に取っての利益&不利益を判断できるのはウラヤマシイかもしれません。

 

そんな意識の違いが愛車購入にもシッカリと現れてしまう日本人、人の車を意識してしまうのも日本人、そう考えます。

人目を気にしない車選び

日本の車選びではどうしても人目を気にし過ぎる傾向があります。

 

それは日本人だから、それしか説明不能です。

 

欧米他はある意味の階級社会なので、その人の階級に相応しい車に乗っている&それを誰も気にしません。

 

日本は一応&表面的に民主主義で階級社会も存在していないことになっているので、人の乗っている車が気になって仕方ありません。

 

困ったもんです・・・。

 

そんな私は、こうしながら人の車を意識する感覚が弱まって行きました。

 

私が初めて乗った車はボロボロのホンダアコードを弟からもらいました。

 

塗装も自然つや消し状態でカッコ悪い、人に見せられたモノではありません。

 

いつも調子悪そうにしていても、何とか1年以上も無事に走り続けてくれて本当に助かりました。

 

本当に助かったの意味は、お金が全然なく車が買えなかったから、どんな車でも家にあれば助かるのになぁあ、そう考えていたからです。

 

アコードは生活の車として任務まっとうしてくれたので、それが彼(アコード)の唯一&最大の役目だったんだなぁあとも考えました。

 

今のアナタが必要と考える購入可能な車(タダでもらうのも有ります)、選んだ車が最大利益をアナタに与えてくれる、そう考えるだけで他車&他者を意識する必要性がとても小さく薄くなります。

 

他人を一切気にしないドイツ人見のように車は他人に見せるモノではない、便利な生活道具として存在するモノ、そう考えることが大切です。

 

従ってルックスの良さも年式も塗装がくたびれていても関係ありません、今のアナタには!

 

周りを気にしやすい日本人を書いたので、周りを全然気にしないアメリカ人のことも少しだけお伝えします。

キズだらけで凹んでいても車は車

車がどれほど人の生活に密着しているか、働く車なのかをアメリカ話で知ってください。

 

ダメージが沢山ある車に出会ったのは4年間のアメリカ生活中です。

 

一番初めは傷だらけ穴だらけ(後で聞いたら銃痕でした)、それらが安いレンタカー屋に並んでいたからもっと驚きました。

 

街中を走る車、信号待ちで止まる車、スーパー駐車場でもピカピカ&キレイな車なんて知りません。

 

全て(90%)が働く車ぁあ~、生活のクルマぁあ~、だから日本のピカピカ車とは全然違うんだ、そう理解した昔です。

 

日本のように小さな傷で板金屋に持って行く人なんて一部の金持ちだけです。

 

それ以前に高額な任意保険加入率が少ないので、修理になんか出せない(かった)のかもしれません。

 

ちなみに私のアメリカ1号車も安かったせいか傷だらけ&故障だらけで大変でしたが、お金が無いので故障修理だけ友達の友達に頼んでいました。

 

結論として日本人のアナタは周りの目を気にし過ぎています。

 

アメリカ人達のように働く車を普通に認識していれば、その時点での車最大有効活用方法を考えるしかありません。

 

どんな古くても安くても、車が出すパワー、短時間でA地点からB地点への移動能力それはスゴイものです。

 

その移動能力は24時間&雨でも熱波でも関係ありません。

 

車検さえある車なら10万円でも100万円でも、ほとんど同じパワーがあるので問題ありません。

 

まあ車のリックスさえ気にしなければですが!?

 

私は気にしませんでした。

徐々にベターな車にする喜び

もしアナタが保有している&購入しようとしている車が、私のオンボロアコードの容姿であっても楽しみがあります。

 

それ以上オンボロの車がないとこからスタートすれば、あとはアナタの頑張り次第でどうにでもなるからです。

 

これから必要に応じ&段階的に良い車に変える喜びがあるんです!

 

この例の様に車を買い替えられるのは、アナタがより良い仕事をしてきた証拠にもなります。

 

  • 初めは10年落ちの車(もらった車)、

  • 次に4年落ちのメーカー保証が残っている車、

  • なんとか未使用車、

  • ガンバって新車、

  • ついに大型外車、

 

上記はとても単純なことです。

 

頑張った時間軸経過と伴にベターと感じられる車に乗り替えられるのは大きな喜びです。※経験者は語る

 

そんな車乗りかえでは、軽自動車、コンパクトカー、普通車、ミニバン、ベンツなど段階的に乗りかえると納得する部分があります。

 

納得するとは、必要とする車に買い替えられる自分の努力を思えるからです。

 

そこまでなれば他人がどんな車に乗っていようと気にならない、若しくはその車を運転している人を想える自分になっているかもしれません。

 

そんな様に人を想える&考えられるなら、どんな高級車に乗るようになっても「前の車遅い、ドケ」そんなドライバーにはなりません。

 

まぁあ、高級車に乗っている優越感位はあるかもしれませんが・・・

 

次に、究極の車乗り換え方法を知ってください!

いきなり外車に乗る方法

初めからベンツCやEの中古車に乗れば、段階的な乗り替えをしない大幅スキップができます。

 

し・か・し・車乗り換えの段階的な喜びがない&色んな車を運転するドライバーの気持ちを強く意識できなくなる可能性はあります。

 

そうであっても、外車にはこんなメリットあるのも確かです。

 

ベンツなどドイツ車は日本車より短期間で大きく値下がるので、中古車はとても安く買える。

 

安全装置も日本車より進んでいて、2010年以降からのベンツはねらい目です。※安全装置他の優位性

 

自動車税は排気量基準なので日本車と全く変わりません。※関連記事に税金と維持費試算方法があります。

 

どうして中古ベンツ(ドイツ車)を車初心者に勧めるかを読んでください。

 

  • 車が古くても新しくても運転しやすい(視点移動の安全確認や車幅がつかみやすい)
  • 何代モデルチェンジしたベンツでも古さを感じない(ベンツはベンツです)
  • アウトバーン200キロ以上で走行する強いボディ&シャーシ、
  • 長距離&高速運転でも疲れにくい、とても、
  • 万が一の大事故でも生存確率が高い(日本車比較)、
  • 低回転から高トルク発生し運転に余裕がある、
  • 故障をほとんどしない(2007年以降の製造モデル)、
  • 必要メンテだけで50万キロも普通に走る高耐久性能、
  • 燃費は同排気量の日本車と同等か少し落ちる、
  • どんな古くてもベンツはベンツ、BMWはBMWの価値感、
  • 日本車より早い値下がり率(=新車購入は損になる)、

 

ベンツ中古車購入なら良いことばかりのようですが、1つ問題があります。

 

もしもの故障では、部品代と工賃が日本車より高い、とても。

 

従って故障の際は中古車店やディーラーに持って行かずに、ネット検索で「ベンツ修理」と入力します。

 

そうするとベンツ修理を得意とする整備工場がずらっと現れるので、そこから選べば安くて早くて、安心となるでしょう。

 

外車購入はディーラー系の中古車店なら高く、大手中古車販売店ならそこそこ値段がこなれている、安くなっています。

 

ではどこの店で買うかと言えば、価格と保証内容を比較するしかありません。

 

⇒大手中古車販売店の非公車開情報で保証内容を確認する

車選びで人目が気にならない方法まとめ

日本では乗っている車の良し悪しで、ドライバーを判断する傾向があります。※日本人発想のマイナー気質か!?

 

そんな中どんな車でも所有する目的意識を明確にすることで周囲の目が気にならなくなる、そんなお話をしてきました。

 

その目的意識を強く持つことで、アナタに相応しい&より良い車と出会える確率アップとなります。

 

いくら人の目を気にしても意味も何もありません。

 

アナタに一番役立って楽しめる車が大切なのは言うまでもありません。

 

車は道具であり贅沢品などではありません!

 

もし購入金額に対して走行距離10万キロで元が取れなければ、20万キロ、30万キロでもペイするまで乗っあげると車は喜びますよ!

 

それは車が道具だから。

 

最後までお読み頂き、本当にありがとうございました。

 

また「車の買い方【119番】」でお会いしましょう。

⇒関連記事「13年経過で増税になる自動車税と重量税がキツイ!」

⇒関連記事「ゴルフGTI!良かった所と悪かった所」

⇒関連記事「ベンツCクラス!良かった所と悪かった所」

気づいていましたか?
『あなたが良い車を見つけられない理由』

あなたは車選びをしたときに、「良い車がないなぁ・・・」と思ったことはありませんか?

実はこれ、考えてみれば当然のことであり、良い中古車はすでに買われてしまって、あなたは売れ残りのリストを見ているようなものなのです!

中古車を探しているのは、あなただけでなく、しかも一般の人以外にも業者や、また世界的に見ても日本車は人気がありますので、海外の人や業者も目を光らせているわけです。

こういった状況で出来ることといえば、他の人に買われる前の車情報を見て車選びをするしかありません。

流通前の車情報を見ることは、過去において業者だけの特権だったのですが、現在ではその一部をあなたも見ることが出来ます。

もしあなたが車選びで失敗したくないということならば、市場に出回る前の非公開情報を確認して、良質な情報で車選びをしてみてください。

今すぐ「非公開車両」から良い車を探す【無料】

中古車探しサービス

なお、ネット完結で車選びをすることもできます。今の時代は電話でやり取りするのは何かと面倒ですものね^^;

⇒ネットだけで車選びをしたい場合はこちら【無料】