軽自動車不満の第一位はパワー不足です。

 

軽自動車の安い維持費と便利さに満足でも「もっとパワーを」、を運転しながら発するのはアナタだけではありません。

 

4人乗車の上り坂や高速道路進入時の加速不足のヒヤヒヤ解消にはターボ仕様の軽自動車が必要です。

 

力持ちのターボでも、バーベル100キロを上げられる車と70キロしか上げられない車があることから知ってください。

 

そうすればアナタに必要な軽ターボが必ず見つかります。

 

あなたが知っている中古車情報は3割だけ
中古車を探すときはネットで調べたり、雑誌などを買って調べることが普通ですが、これは全体の3割だけしか見れていないことをご存知でしたか?
残りの7割は流通段階にあって、一般の人が知ることもなく車が売り買いされているのです。
業者でもない限りはすべての非公開情報を見ることはできませんが、実は最近その一部だけなら見ることができるようになりました!!
現在は無料で使えることもあって、多くの人が使い始めていますから、あなたも今すぐ利用して限定情報を逃さないようにしましょう!

限定情報も見て車選びしたい方はこちら【無料】

なびくる+バナー

ターボ性能はトルクと回転数で分かる

軽自動車ターボは法律で64馬力に統一されています。

 

軽自動車ターボの全てが64馬力でも、坂道や高速を楽に走れるのと走れないの違いはトルク差にありました。

 

  • トルクとはタイヤを回す瞬間的な力
  • 馬力とはトルクを長く維持しようとする力

 

従って軽自動車に必要な一瞬の強い加速力には高トルクの車を選ぶしかありません。※64馬力は全軽ターボ共通なので

 

アナタの軽自動車に必要なのは瞬発力であるトルクなんです。

 

さらに低い回転数から強くトルクが立ち上がる軽自動車なら、さらなるパワー走行と低騒音が両立するは間違いありません。

 

そんな低回転から高トルクを発生する軽自動車ターボを確認して行きましょう。

各車のトルクと回転数に差があり過ぎる

車重が700キロから1000キロ前後の軽自動車ターボ仕様に、これほどのトルクと回転数の違いがあれば大きな性能差となるのは間違いありません。

 

各車ターボトルクと回転数比較

ホンダ
N-BOX 10.6 Kgm/ 2600回転
N-BOXカスタム
N-WGN
N-ONE
ダイハツ
タント 9.4 kgm / 3400回転
タント カスタム
ムーヴ
ムーヴ カスタム
アトレー ワゴン 9.3 kgm / 2800回転
スズキ
アルト ワークス 10.2 kgm / 3000回転
ワゴンRスティングレー 10.0 kgm / 3000回転
スペーシア カスタム
ハスラー 9.7 kgm / 3000回転
エブリイ ワゴン

 

上記で一番少ない回転数で一番高いトルク(力)を発生するのはホンダのターボです。

 

実際はもっと多くの軽ターボが発売されていても、ホンダターボ性能を上回る車はありません。

 

他社はホンダよりもっと高い回転数を使っても低いトルクしか得られていません。

 

そんな一番低い回転数で一番高いトルクを出せればこんなメリットがあります。

低回転&高トルクのターボメリットがスゴイ

軽自動車ターボの低回転&高トルクなら、こんなに安心。

 

  • 低い回転数で最大パワーが出せる
  • 低い回転数なので室内騒音レベルも低い
  • 低い回転数なら燃費にも良い影響がある
  • アクセルを床まで踏み込まなくても瞬時に高パワーが得られる
  • 特に高速道路進入時や継続的な高速運転が楽になる
  • 一般道でも高速道路でも長い坂道の走行を楽にこなせる&怖くない
  • アクセルを深く踏み込まないので疲れにくい運転ができる

 

低回転でトルク十分のターボパワーが得られれば、一般道&高速道路での運転ストレスや恐怖が大きく減少するのは間違いありません。

 

そんなアクセル踏み加減からは、こんな運転ストレスがあるのを知ってください。

 

もしV8気筒で排気量5000㏄の車なら、アクセルを数センチ踏むだけで走行スピード100キロなどカンタンに到達し、高速道路進入でのストレスも恐怖もありません。

 

それと同様に軽自動車660㏄でもターボパワーさえあれば、楽でストレス無い走行が可能になります。

 

こんな素晴らしいターボでも、アナタが心配するターボ特有のメンテナンスや寿命はどうなんでしょうか?

 

そんな「ターボだから・・・」の常識&非常識をお伝えします。

軽ターボ燃費を考える

軽自動車ターボ燃費はノンターボより1割以上悪いのは、安全に寄与する走行性能もあり仕方ありません。

 

悪い燃費を数字換算すればリッターあたりの走行距離で数キロ(2キロ〜3キロ)ほど落ちると考えてください。

 

もし一番燃費性能が良い軽自動車ターボでも、スズキのマイルドハイブリッド(Sエネチャージ)に敵う車はありません。※関連記事参照

 

マイルドハイブリッドはターボ仕様ではなく、減速エネルギー利用=発電し加速時にモーターパワーでエンジンアシストするので安心走行が可能です。※モーターなら一瞬で最大パワーを発揮します

 

しかし、マイルドハイブリッドなら総体的な価格比較をしてから購入するしかありません。

 

理由は燃費以上に大切な安全装備の多くをオプション購入する軽自動車ばかりだからです。

 

多くのメーカーで安全装備がオプションなら、お店で最終見積もりをもらうまで価格比較もできません。

 

初めから安全装置が標準装備なのはホンダ軽しかありません。

 

⇒安全装置標準の中古ホンダ軽ターボ価格を確認する

軽ターボの維持費はどうなのか

ネットで良く見られる「軽ターボのオイル交換頻度が早い」などありますが本当ではありません。

 

その様な軽ターボがあったとしても、2000年前後モデルなどの古い車種に限定されます。

 

従って3000キロではなく普通に5000キロで1回程度のオイル交換となります。

 

オイル交換だけでなくオイルエレメントもノンターボ(普通車)と同じなので10000キロに一度です。

 

例外があるとすれば、毎日ビシバシ乗る人&長距離を走る人なら、早目のオイル&エレメント交換もあるでしょう。

 

つまりターボとノンターボでメンテが大きく変わることはありません。※私がホンダN-WGNターボなので分かります。

 

ここで「ターボはエンジン寿命が短い」そんな質問が聞こえた気がしました。

軽ターボの寿命は短いのか

軽自動車ターボ付きだから壊れやすい&故障しやすい&寿命が短いなんてはことはありません。

 

もしそうならロードバイク仲間が所有する20万キロも走っている軽ターボは何なんでしょうか?

 

ただ1つ言えることは、ロードバイクのメンテ同様に軽ターボもメンテしていることです。

 

もし走行距離が短い軽ターボでも、メンテをしなければ故障もします。

 

数十万キロ走っていてもメンテさえしてあれば何も問題ありません。

 

余計なコメントですが、車屋さんはターボだから寿命が短い&短い頻度でオイル交換必要などなど言っているようですが違います。

 

営業収益を上げる為にそう発言しているんだと考えます。

 

ターボ使用頻度が高ければオイル交換頻度も上がりますが、それはノンターボ車でも同じです。

軽自動車にターボは最強コンビ

安い、小さい、便利、低燃費、高性能、高安全性能、その全てを軽自動車は持っています。

 

でも&しかし完全な車などありません。

 

それでもホンダ軽のように普通車メーカーが持てる技術の限りを投入して作った車もあります。

 

そうではない軽自動車メーカーが多くあっても、全ての軽自動車に求めらるのはターボの「高トルク=高加速性能」なのは間違いありません。

 

ターボ=高トルク=高加速性能があれば危険回避(安全)につながり、アナタの命を守る安全に大きく寄与することになるからです。

 

⇒危険回避可能なターボとノンターボの価格差を確認する【利用無料】

軽自動車にターボパワーまとめ

軽ターボならキューンと泣きながら速く加速してくれるので短時間で高速域まで到達してくれます。

 

高速域に到達してからも加速が楽なので、一番心配な高速道路走行でも一切の不安無しに安全運転を続けられるスーパーアイテムなんです。

 

不安無し=心が楽な状態で高速運転を続けられるなら長時間運転でも疲れません。

 

一般道でも高速道路でも後ろからあおられません。

 

長い坂道走行でも不安になりません。

 

ターボは軽自動車にこそ必要な装備だと思いませんか?

 

いつも最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

「車の買い方【119番】」でおまた会いしましょう。

⇒関連記事「Sエネチャージとエネチャージの違い!どっちが良いの?」

あなたは車選びに自信がありますか?

良い車を購入するためには多くの中古車を比べることが必要です。

 

しかしながら、スマホでGooやカーセンサーなどを見たりしますが、これが中古車の3割しか見られないことをあまり知られていません。

 

実は残りの7割は業者間の流通段階にあり、ここも比較対象に入れることであなたの車選びを劇的に変えることができます!!

 

ただ業者ではない人が非公開情報を自由に見ることは当然出来ませんが、あなたはある車選びサービスを使うことで非公開車両を部分的に見れるのです。

 

最近は多くの方が利用していますので、次はあなたが使ってよい車選びをしてください。

 

⇒非公開車両もみて車選びをしたいならこちら【無料】