運転に自信がなくても車を買わなければならない、そんな必要に迫れているのはアナタだけではありません。

 

  • 車幅がつかめない、
  • 細い道でボディーをこすりそう&Uターンが大変過ぎる、
  • 後ろ向き駐車が超苦手、
  • 縦列駐車なんてあり得ない、
  • 高速での車線変更で振り向いてしまう、
  • 高速道路の運転自体が怖すぎる、

 

実は男性だって女性と同じようにそれら全てが苦手なのをご存知でしたか?

 

単に運転し続けたから出来るようになっただけです。

 

日本で教習所中退した直後にアメリカでいきなり免許取得&フリーウェイ爆走を4年間続け、帰国すれば死ぬほど狭い日本の道に苦しんだ経験からアドバイスします。※私は男性です。

 

読み時間2分です。

 

あなたが知っている中古車情報は3割だけ
中古車を探すときはネットで調べたり、雑誌などを買って調べることが普通ですが、これは全体の3割だけしか見れていないことをご存知でしたか?
残りの7割は流通段階にあって、一般の人が知ることもなく車が売り買いされているのです。
業者でもない限りはすべての非公開情報を見ることはできませんが、実は最近その一部だけなら見ることができるようになりました!!
現在は無料で使えることもあって、多くの人が使い始めていますから、あなたも今すぐ利用して限定情報を逃さないようにしましょう!

限定情報も見て車選びしたい方はこちら【無料】

なびくる+バナー

車選びの前に運転に慣れるしかない

帰国し就職できたら都内を苦手な車で超狭い初めての道を走る日々&日々では泣きが入りました。

 

渋滞、狭い道ですれ違えない、タイミングが合わず渋谷交差点で信号無視的な!?!?

 

怒鳴られたり、クラクション攻撃、横に乗っている同僚には「車左側が壁と数センチで怖かった」等々。

 

男性でもこうなので女性なら尚更な部分があるのは分かります。

 

そんな運転に慣れるための練習車を誰かが持っていれば安心でも、そうでなければ車購入が先決となるのは間違いありません。

 

では安心&安全に可能な限り近い車を選びましょう。

選ぶ車は最小&高性能しかない

いろんなサイトに初心者はあの車やこの車とあっても選ぶのは軽自動車しかありません。

 

運転ヘタな私が初めて北米で購入した車は全長5mx車幅2m、それから13台以上も乗り継ぎ今は軽自動車の愛好家なので確かです。

 

そんな軽自動車のメリットを維持コストと安全面他でお伝えします。

 

維持コスト他のメリット

  1. 最小排気量660㏄
  2. 最小サイズ 全長3.4m以下 x 全幅1.48m以下 x 2.0m以下
  3. 全車種中で最小の回転半径(狭い道のUターンが可能)
  4. 一番安い自動車税¥10,800(乗用として)
  5. 一番か二番目に良い燃費
  6. 首都高以外なら高速&有料道路料金が安い
  7. フェリーなど料金が安い
  8. 一般駐車場が安い
  9. 地方の一部地域では車庫証明不要
  10. 車購入時に義務の自賠責保険が一番安い
  11. 任意保険も一番安い
  12. 車検費用が一番安い
  13. タイヤ、オイルなど定期交換部品や一番安い(整備費用全般含む)
  14. 車サイズに対しての荷物積載量が最大に近い(軽ワゴン限定)
  15. 軽ワゴンなら長四角で運転席が高いので前後左右の車幅が簡単に把握できる
  16. 軽ワゴンなら荷室長さが190㎝近く確保できるので大量貨物を積める(2名乗車時)
  17. 軽自動車の乗車定員4名(普通車は5名)

 

安全面でのメリット

軽自動車が危険と言われても安全と言われることはありません。

 

しかし安全面では誰も知ら無い事実があります。

 

それは車購入で必ず加入義務のある「自賠責保険」も個人の意思で加入する「任意保険」も軽自動車が一番安い事実です。

 

その決定は保険会社が行います。

 

シビアな保険業界は徹底的に過去の軽自動車事故データからその保険料を算出しているで、こう定義っしているはずです。

 

安い保険料=軽自動車の事故率が少ない

しかし安全面では誰も知ら無い事実があります。

 

それは車購入で必ず加入義務のある「自賠責保険」も個人の意思で加入する「任意保険」も軽自動車が安い事実です。

 

その決定は保険会社が行います。

 

シビアな保険業界では徹底的に過去の軽自動車事故データからその保険料を算出していると考えます。

 

一番安い保険料=軽自動車の事故率が少ない(普通車比較)=安全な車

 

その保険料になる理由はこれらと考えられます。

 

  • 軽自動車性能&個性から無謀運転が少ない
  • 軽自動車の高速道路使用率が低い
  • 軽自動車を選ぶ人達の多くは競争含め過激性を求めない
  • 軽自動車は車内音が大きい為にスピードを自然抑制している

 

そうなんです、軽自動車は安全な車と保険会社が定義しているんです。

 

次はどうこで購入するかです。

大手中古車販売店で購入する理由

ディーラーで新車購入ではなく大手中古車販売店で中古車を選んでください。

 

理由はこうです。

 

  • 新車は高過ぎる
  • 新車の値下がり率は最初の3年間で50%以上も下がる
  • 3年以上経過した中古車の値下がり率は毎年15%ほどと小さい
  • 大手中古車販売店なら納車前点検が完璧に行われる(含む部品交換やオイル交換)
  • 大手中古車販売店なら100項目以上の保証が年単位で供与される※中小店と比較
  • 安い中古車なら個人や家族の変化に併せて数年後に買い替え可能!?

 

大手中古車販売店で購入するなら価格的に中小店より少し高い場合いがあります。

 

その理由は保証の差とお考えください。

 

いくら価格が安くても半年や1年足らずで故障してしまえば保証が切れ、自腹で修理の可能性もあります。

 

新車以上に中古車には保証が必要であり、それは安心を買うとも言えます。

 

しかし金額的に高ければ値引交渉をしなくてはなりません。

 

若いアナタは値引交渉なんてしたことないのではありませんか?

 

車に詳しくもない、値引交渉も経験してなければ次の記事を確認してください。

 

⇒大手中古車販売店の未公開車情報を確認 [利用無料]

簡単な値引き方法を使う

大手中古車販売店なら納車前整備がキチンとされている、保証範囲も期間も長く付いている(中小店比較)。

 

そうであれば車両本体値引とは違っても、これらを値引代わりに要求してください。

 

  1. 保証範囲&期間を無料で拡大してもらう
  2. 車庫証明+納車費用+登録代行費用を完全無料にしてもらう
  3. 高いローン金利10%を値引いてもらう

 

特に1と2は手続きだけなので必ずお願いしてください。

 

3も簡単にOKすれば良いのですが、ローン金利を数%ほど値引いてもらって7%になってもメリットが小さすぎます。

 

理由は銀行マイカーローンなら金利3%以内で借りられるからです。

 

つまり中古車店のローン金利は異常に高過ぎることを知ってください。

 

アドバイスとしては、中古車店の営業マンにどんな値引交渉をしても「驚きの表情」それしか提示!?してきません。

 

そんな表情&言葉は完全に営業なので無視して進めましょう。

 

それでも進展がなければ「銀行マイカーローンを使います」、その一言で店側の態度が大きく変わります。

 

理由は中古車店のローン金利10%には信販会社(実際にローンを引き受ける)の顧客紹介手数料が含まれているから、つまりもらえる手数料が無くなるからです。

 

⇒値引交渉前に銀行マイカーローン金利を確認する

記事最後となりましたが、ここで運転方法をお伝えします。

簡単で安上がりな運転練習とは

誰もが運転は慣れるしかない、そう冒頭記事でお伝えしました。

 

そうであれば、自動車教習所を卒業して久しいアナタには運転練習が必要です。

 

路上でのアクセル踏み加減での加減速調整、様々なスピードからブレーキを踏む力加減での減速感など多くを学べ直ぐ習得できます。

 

さらに重要なのは車両感覚をつかむ&感じることです!

 

ご存知ですか?

 

レンタカーで一番多い事故は駐車場で車を駐車させる時に起こっている事実を!

 

初めて&慣れない車での車両間隔不足から起こる事故だとお考えください。

 

こんな状況では、アナタの車両間隔が必要になります。

 

  • こんな狭い道を通れるのか、すれ違えるのか?
  • 道路左側の水路にタイヤが落ちないか
  • あとどの位バックできるか

 

いろいろありますね?

 

それら問題を解決する方法は車両感覚を付ける、それも左側と後方だけです。

 

どこかの広い敷地か人のいない場所でカンタンな練習をしましょう。

 

方法は真っ直ぐに線を引くか、空き缶またはペットボトルを縦に並べて、そこに車の左側=タイヤをピッタリと寄せるだけの練習です。

 

空き缶かペットボトルなら倒れた際に音がするので、寄せ幅の感覚を感じやすくなります。

 

ポイントは左側ミラーがその線か障害物にこする距離=ギリギリ当たらない、、その距離感を感じる様に成れることです。※練習前にシート&ミラー調整をします。

 

理由は、ミラーがモノに当たるか当たらないか、それが一番左側に寄れる限界ラインだからと覚えて下さい!

 

大体、10回くらい繰り返せば感覚が出てきます。

 

練習初めは缶やペットボトルをつぶしたり転がしたりするので、何回も並べる手間で車を出たり入ったり忙しいのは我慢してください。

車線変更での後方確認は必ず

車線変更時での後方確認は絶対です。

 

  1. まずルームミラーで後方確認、
  2. 直ぐサイドミラーで車線変更する側の車線確認、
  3. 同時に目で真横から少し後ろまでを一瞬で確認、

 

その確認方法で変わっている人をたまに見ます。

 

ミラー確認する前にオモイッキリ後ろにを振り返りながら確認している人がいました。

 

振り返る行為は「前方不注意につながり危険です」、従って一瞬の目視は真横くらい迄とします。

 

大きく振り返る行為は危ないから止めましょう。

 

教習所(学科だけは受けたので覚えています)では、車線変更の際はミラーと一瞬の目視で確認するとあったはずです。

 

決して振り返ってはいけません。

 

正しい確認方法はサイドミラーで車の真横辺りは確認できるので、ミラーでは見えない真横より少し後方の死角部分は目視で一瞬に確認するです。

女性が苦手な車選びと運転まとめ

最後にお詫びがあります。

 

それは運転方法に縦列駐車方法をお伝えしていなかったからです。

 

アメリカではほとんど必要が無かった縦列駐車、もし必要あっても駐車前後スペースが広いので何とかできていました。

 

それが都内ではムズカシ過ぎる、苦労し過ぎてどこをどう教えてよいのかわかりません。

 

そう言えば教習所内の縦列駐車では目印があって簡単でも、路上教習では大変だったことを思い出しました。

 

それと軽自動車なら必ずターボ仕様を選んでください。

 

高速道路走行や坂道でノンターボはパワー不足で使えません、危険かもしれません。

 

私はN-WGNターボで良いのですが、女性が使うには小物入れが少なく無理かもしれません。

 

アナタが良い車と出会えることを願っています。

 

最後までお読み頂き本当にありがとうございました。

 

また、いつか「車の買い方【119番】」でお会いしましょう!

あなたは車選びに自信がありますか?

良い車を購入するためには多くの中古車を比べることが必要です。

 

しかしながら、スマホでGooやカーセンサーなどを見たりしますが、これが中古車の3割しか見られないことをあまり知られていません。

 

実は残りの7割は業者間の流通段階にあり、ここも比較対象に入れることであなたの車選びを劇的に変えることができます!!

 

ただ業者ではない人が非公開情報を自由に見ることは当然出来ませんが、あなたはある車選びサービスを使うことで非公開車両を部分的に見れるのです。

 

最近は多くの方が利用していますので、次はあなたが使ってよい車選びをしてください。

 

⇒非公開車両もみて車選びをしたいならこちら【無料】