大型駐車場で車が見つからずに焦ったことはありませんか?

 

個人的には成田空港と地方のショッピングモール駐車場の二カ所で焦りまくりました。

 

そんな時は急いでいたり&何気なく車を止めたので記憶の手ががり一切無しの状態。

 

どちらも見つけるのに1時間以上もかかり、オジサンは疲れ切ってしまいました。

 

今回は駐車した車を超簡単に見つける方法を発見したのでお伝えします。

 

簡単過ぎる方法なので読み時間30秒です。

その方法とは写真に撮るだけ

どこにどう車を止めようと、その場所を写真に撮るだけで何も覚える必要はありません。

 

駐車位置の手がかりとなるフロア&場所番号など関連あるモノをスマートフォンで写真に撮ってください、それだけです。

 

私はこうしてます。

 

駐車フロア階数、駐車場所(A2とかB6とか)を写真しますが、空港など何棟も同じ駐車ビルがあれば外観も写してして完了。

 

たったこれだけで、あとは全てを忘れ飛行機に乗れたり、買い物に専念できてしまいます。

 

もう説明は終わってしまいましたが、応用編もお伝えします。

ピッピッピは使えない

車を見失った際に駐車場でリモコンを何回もピッピしたことはありませんか?

 

それで直ぐに見つかる場合もあれば、探しまくることもあって気づいたことが1つありました。

 

それはリモコンによって(メーカーによって)、電波到達距離が全然違うことです。

 

半分は憶測ですが電波が数十メールしか届かないモノ、100メートルでもピッピするモノもあることです。

 

ちなみに5階の自宅ドアを開けて、100メールほど先の愛車にリモコンするとピッと光りました。※昔に所有した外車では

 

でも&しかし車との距離が離れ過ぎていたり、駐車階が違えばピッピは使えません。

 

次はレンタカーが見つからずに焦ったお話です。

レンタカーを発見できない理由

国内でも国外でも、レンタカーしたばかりの車を覚えていない、忘れてしまった経験はありませんか?

 

そうなら見つけるは大変です。

 

借りた車なので何も気にせず速攻で運転し、目的地近辺の大きな駐車場にしばらく止めていたら車種も頭から消えてしまった。

 

レンタカー契約書は車ダッシュボードなので、「わナンバー」と記憶にあるカラーを頼りに探した経験が北の大地でありました。

 

し・か・し海外では「わナンバー」も「ピッピ」作戦も使えません。

 

アメリカで真面目に焦った経験はこうです。

 

  • 馴染みが一切ないアメ車のレンタカー(メーカーと車種)、
  • ナンバープレートでレンタカーかどうか一切分からないシステム、
  • レンタカー屋さんステッカーも貼っていない(犯罪防止目的で張らない)、
  • 巨大コンベンションセンター駐車場なので広すぎる、探せない、

 

この時ばかりは時差と仕事の疲れから少し泣きが入りました。

 

巨大で何階層もある駐車場から徐々に車の数が減り、外はだんだん暗くなって行く、焦りました。

 

駐車場所を強く意識しなかったことを、これほど後悔したことはありません。

 

従って、愛車よりもレンタカーにこそスマートフォン撮影を使うべきだと結論します。

駐車場で車がみつからないまとめ

駐車した車の場所を見つけるソフトシステムもあるそうですが、写真さえ撮ればOKです。

 

この方法は昨年から使い始めて、愛車と多くのレンタカー(含むカーリース)写真がたまりました。

 

それらを見る度に、あそこはああだった&こうだったと思いだすのも楽しいもんです。

 

アナタも駐車場に限らず、車で行く先々を写真に撮れば楽しい思い出ができます。

 

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

また、いつか「車の買い方【119番】」でお会いしましょう!

気づいていましたか?
『あなたが良い車を見つけられない理由』

あなたは車選びをしたときに、「良い車がないなぁ・・・」と思ったことはありませんか?

実はこれ、考えてみれば当然のことであり、良い中古車はすでに買われてしまって、あなたは売れ残りのリストを見ているようなものなのです!

中古車を探しているのは、あなただけでなく、しかも一般の人以外にも業者や、また世界的に見ても日本車は人気がありますので、海外の人や業者も目を光らせているわけです。

こういった状況で出来ることといえば、他の人に買われる前の車情報を見て車選びをするしかありません。

流通前の車情報を見ることは、過去において業者だけの特権だったのですが、現在ではその一部をあなたも見ることが出来ます。

もしあなたが車選びで失敗したくないということならば、市場に出回る前の非公開情報を確認して、良質な情報で車選びをしてみてください。

今すぐ「非公開車両」から良い車を探す【無料】

中古車探しサービス

なお、ネット完結で車選びをすることもできます。今の時代は電話でやり取りするのは何かと面倒ですものね^^;

⇒ネットだけで車選びをしたい場合はこちら【無料】