どこで廃車するにしても、車や税金知識さえあれば還付金+でお金が手に入ります。

 

ガリバーでも廃車専門業者でも中古買取業者でも同じです。

 

そうであっても一切の車予備知識がなければ、還付金あるべき車なのに3万円など手数料を逆に取られてしまう可能性も大。

 

じゃあどうすれば良いのでしょうか?

 

ガリバー以外の売却ならOKなのでしょうか?

 

それは廃車とされる車の行き先&用途を想定することでOKになります。

 

想定するだけでお金なる、ならない、損をする、それら別れ道ができるとお考え下さい。

 

読み時間2分です。

廃車する前に考えることは1つだけ

考えることは自分の車にどれだけの価値があるんだろう?

 

それしかありません!

 

  • 廃車にするしかないのか、
  • 廃車なら税金や保険はいくら戻るのか、
  • 廃車するのに費用はかかるのか、
  • 整備されて中古車販売されるのか、
  • 未整備のまま輸出されるのか、
  • 中古部品として売られるのか、
  • 鉄くずになるのか、

 

などを想定するかしないかで車価値が値段が全然違ってきます。

 

そんな車の運命となる行き先はアナタが決められます!

 

廃車にする業者探しの前に、愛車だった車の価値を調べてください、考えてください!

 

そんな廃車価値を調べる方法をお伝えする前に、もしもの廃車ではこんな可能性大です。

廃車知識が無ければ往復ビンタ

どんな車の売買や廃車であっても、車知識に乏しければ相手に負けてしまいます。

 

ビジネスなので車知識の有る無しがお金の差になって返ってくる、そうお考え下さい。

 

TVコマーシャルの「高価買取」「買取台数が日本一」を信じてはいけません。

 

中古車買取店で言われる、これらを信じてはダメです。

 

「お車が古すぎて価値がありません」

「お車を引き受けても廃車費用で赤字になってしまいます」

「登録抹消&完全廃棄するので3万円頂ければお受けいたします」

 

とても多くに人達が信じてしまう中古車買取店のセリフでも、現実はこうです。

 

100%廃車でも、税金還付や部品売却でこんなに価値があります!

 

自動車税

自動車重量税、

自賠責保険などの還付金

リサイクル預託金

鉄クズとしての価値

中古部品としての価値

 

こんなに価値ある車なのに、廃車業者に渡すだけなら還付金をもらえるどころか「廃車手続き費用3万円、4万円」引き取り費用を要求してくるかもしれません。

 

アウトです。

 

ちなみに中古部品には多くの種類があるので、中古部品価格合計は10万円や20万円などでは済みません。

 

各ボディーパーツ(ドア、トランク、ボンネット、バンパーなど)

小部品としてライト類、ミラー、ハンドル装置、フロント&リヤガラスなど

駆動関係ではエンジン、トランスミッション、燃料タンク、マフラー

足回りではサスペンション系パーツ、ホイール、タイヤ等々

 

アナタの車が数十年前から廃車状態なら鉄の重量価値だけしなくても、10年や20年落ち程度の車なら上記価値を考えてみてください!

 

もしそれが旧式スカイラインGTなら、モー大変なのは間違いありません!

 

次はまさかのガリバーで3万円のお話です。

まさかのガリバーで3万円買取ならどうする?

もしガリバーで買取3万円と言われたらどうしますか?

 

3万円でなくて5万円でも同じです。

 

そんな低い買取金額なら買取店としてアウト、そう判断して間違いありません。

 

どうしてそう言えるのか?

 

車は鉄くずにしても2万円~3万円の価値があるからです。

 

さらに廃車時期によって還付される自動車税、重量税、自賠責保険を考えれば5万円や6万円もあります。

 

下記でアナタの還付金を計算してください。

自動車税の還付

自動車税は4月1日時点の車所有者に請求される、4月1日起算の税金です。

 

従って4月1日までの残存期間分がアナタに返却されます。

重量税の還付

重量税は新車なら3年分を前払い、中古車なら車検時に2年分を前払いしています。

 

重量税も自動車税と同じに、次の支払迄の残存期間分が還付されます。

 

ただし、エコカー制度で重量税免税された車は対象外となります。

自賠責保険の還付

自賠責保険の解約返戻金は、保険残り期間の月割りで還付されます。

 

新車なら3年36カ月で加入、中古車なら2年24カ月加入なので、残存期間分が還付されます。

 

従って、還付される自動車税+重量税+自賠責保険+鉄くず代金=4万円以上、そうではありませんか?

 

だ・か・ら・ガリバー買取3万円はあり得ません。

廃車前に車価値を知る方法がある

廃車と考えてる車でも、立場の違う買取業者に査定してもらってください!

 

廃車のはずだったのに複数業者に査定してもうことで、「車用途や販路」それら違いがある、買取価格の差となります。

 

つまり買取業者が違えば買取価格に大きな差がある、それです。

 

買取業者の違いで、これら販路と可能性があります。

 

  • 車整備されて中古車店で販売される
  • 未整備のまま輸出される
  • 部品として売られる
  • 鉄くずになる

 

そんな販路は業者毎に確認するしか方法がありません。

 

例えばこれらです。

 

  • 大手中古車店、
  • ガリバー、
  • イエローハット、
  • ネットの廃車業者
  • 一括査定買取
  • ネットの中古輸出専門会社

 

そんな各買取業者の査定士には得意分野を持つ人が多くいます。

 

得意な分野とは、大型トラック、外車、一般中古車、事故車、古く動かなくなった車(廃車含む)等々。

 

どうして得意分野があるかと言えば、一般的な中古車用オートオークション(USSなど)以外にも仕入れた車を高く売る販路を持っているからです。

 

そうであるから、得意分野なりの買取価格がシッカリ存在している、そうお考え下さい。

 

次にどこでどの得意分野の査定士を見つけるかお伝えします。

何社か廻り優先順位を付ける方法

ネットや電話で買取可能業者が廃車査定&買取を引き受けるとかどうか確認してください。

 

確認内容はこうです。

 

廃車を買い取ってもらえるかどうか

必要ならスマホで外装、内装、ボンネット中身を写真に撮り、相手に送信

その写真内容でお金をもらえるどうか、

税金等の還付は可能かどうか

車確認&査定に来てくれるかどうか

出張手数料は無料かどうか

もし引き渡さなくても料金発生しないかどうか

 

上記の問い合わせに対して「好意的=査定する=買取たい」を強く表現した数社を呼べば半分は成功です。

 

そんな業者は呼んでも、アナタから出向いても構いません。
※もし車が動くの
なら

 

アナタがどの業者を良しとするかは不明でも、経験ある一括査定をお伝えします。

同時に複数査定が可能になる業者を考えた

廃車を考えていた車に価値があると分かれば、少しでも高く引き取ってもらいたい、そう誰でも考えます。

 

そうであっても1社ずつの査定、1社ずつの交渉と見積もりなら時間も手間もかかり過ぎて大変しかありません。

 

だったらタダでも引き取って欲しい、そんな気持ちになるのも仕方ありません。

 

でも&しかし、そうすれば5万円や10万円ゲットするどころか、逆に出費になる&赤字になるかもしれません。

 

アナタの労働対価が時給換算で1,800円だとしたら、廃車買取交渉に費やす数十時間は何万円どこではありません、ペイしません。

 

そうであれば「廃車でも引き受ける」、そう確認できた業者の中から一括査定を頼むかしかありません。

 

理由はこれらです。

 

一括査定なら複数査定士(複数社)を同時に呼べる、

その中には廃車買取後の販路を得意とする会社が含まれている可能性大、

想定より高く買い取ってもらえる可能性アップ、

 

年間で数百台も査定している人達が3人くれば(経験年数により)、大型トラックでも外車でも廃車でも何でも査定しているからです。

 

さらに廃車査定で申し込んであるので、廃車査定の経験者が来る確率大となります。

 

⇒廃車予定でもどれだけ高く売れるか一括査定で確認してみる【利用無料】

 

もしその中に中古車輸出会社を顧客に持つ査定士が含まれたいたらどうなるでしょうか?

どんな車にも価値があると考える輸出業者

日本の大地震で津波被害にあったり、車内が泥で埋まっているような車でも10万円や15万円で購入する買取業者をTV番組で見ました。

 

それは中古車の輸出業者でした。

 

日本は国土も狭く、車使用環境もOKなので良い中古車しかありません。

 

だから日本のどんな中古車であっても、世界100ヵ国以上に輸出されているのが現実です。

 

災害にあった車でも問題なく買い取ってくれる輸出業者です。

 

それ以外の例では、廃車になったタクシー第二の車生が分かりやすいと考えお伝えします。

 

タクシーが廃車とになる走行距離は70万キロ前後からです。

 

いくら月点検が義務になっているタクシーでも、70万キロはスゴイ走行距離としか言えません。

 

つまり日本車性能は高い、車はメンテさえ続ければ何十万キロでも問題なく走る、それです。

 

従って、車メーカーを持たない貧しい(想像部分)国々で、燃費が良く整備された日本の中古車が大人気な訳です。

 

昔に仕事でドイツのタクシーによく乗る機会がありましたが、あるタクシー(ベンツEワゴン、ベージュ色)の走行距離を聞いたらこの返事でした。

 

「今はまだ50万キロしか走ってないよ」

「タクシーならもっと長く走れるよ」

 

そうなんです!

 

日本人だけが10万キロも走った、そう考えるんです。

 

それが国土の大きい欧米なら20万キロ、30マンキロは普通の走行距離でしかありません。

 

アナタの車は何万キロ走っていましたか?

 

きっと50万キロは走っていません!

 

だから価値があります、売れます!

 

⇒輸出業と取引ある一括査定士が来れるか確認してみる【利用無料】

廃車の買取先がまさかのガリバーまとめ

廃車だと思い込んでいても、そのまま廃車にしてはダメなお話でした。

 

アナタが税金還付だけでも知っていれば、業者も足元は見てきません。

 

加えて同時に複数買取業者にみてもらえれば、各業者間での競争意識、タダでは帰れない意識が手伝って高値買取の可能性があるでしょう。

 

一括査定に限りませんが、どんな業者でも「比較する」それしかありません。

 

仕事と同じに、時間と手間と少の我慢をしないと比較できません、成果を得られません。

 

アナタの車が良い査定士達と巡り合うことを願います。

 

本日も、最後までお読み頂き、本当にありがとうございました。

 

「車の買い方【119番】」でまたお会いしましょう。

『下取り額が安すぎ!』その理由とは・・・
実は下取り基準は低く作られていて、高い査定を期待することは難しく、車を高く売ろうとしても売れないのは低い基準の中で交渉しているからなのです。
そのため、車を高く売りたいならもっと査定額基準の高い、下取り以外の査定を利用しなければいけません。
もしあなたが車を高く売りたいなら、下取り以外の査定で本当の車価値を確認してください!

今すぐ車価値を確かめるならこちら【無料】

エイチーム車査定
気づいていましたか?
『あなたが良い車を見つけられない理由』

あなたは車選びをしたときに、「良い車がないなぁ・・・」と思ったことはありませんか?

実はこれ、考えてみれば当然のことであり、良い中古車はすでに買われてしまって、あなたは売れ残りのリストを見ているようなものなのです!

中古車を探しているのは、あなただけでなく、しかも一般の人以外にも業者や、また世界的に見ても日本車は人気がありますので、海外の人や業者も目を光らせているわけです。

こういった状況で出来ることといえば、他の人に買われる前の車情報を見て車選びをするしかありません。

流通前の車情報を見ることは、過去において業者だけの特権だったのですが、現在ではその一部をあなたも見ることが出来ます。

もしあなたが車選びで失敗したくないということならば、市場に出回る前の非公開情報を確認して、良質な情報で車選びをしてみてください。

今すぐ「非公開車両」から良い車を探す【無料】

中古車探しサービス

なお、ネット完結で車選びをすることもできます。今の時代は電話でやり取りするのは何かと面倒ですものね^^;

⇒ネットだけで車選びをしたい場合はこちら【無料】